【2022年最新】フリーランスデザイナーとは?仕事内容・年収・独立方法

「フリーランスデザイナーってどんな仕事?」

「フリーランスデザイナーになるにはどうしたらいいの?」

「フリーランスデザイナーってどうやって案件を獲得していくの?」

あなたは上記のような疑問を解決したいと考えていませんか?

フリーランスデザイナーに興味を持ったからこそ、これから目指していくべき職業なのか見極めたいと感じているのでしょう。

まずはフリーランスデザイナーに関してより多くの情報を知りたいと思っているはず。

そこで今回は、フリーランスデザイナーに関して詳しく解説していきます。フリーランスデザイナーになる方法や案件獲得方法、デザイナーとして参考にするべきことを紹介!

この記事を読めば、フリーランスデザイナーについてのたくさんの知識を身に着けられ、独立することがあなたに合っているのかを判断できますよ。

フリーランスデザイナーとは

フリーランスデザイナーと聞いてもイメージしにくい方もいるでしょう。というのも仕事内容はさまざまで、業務によって年収やスキルも異なるからです。

だからこそフリーランスデザイナーに興味を持ったら、まず仕事内容や必要なスキル、年収を詳しく知りたいと思いませんか?

あなたに合った職業なのか見極めるにも、まずは必要な情報として以下3つを押さえておきましょう。

  • フリーランスデザイナーの仕事内容
  • フリーランスデザイナーの必須スキル
  • フリーランスデザイナーの平均年収

1つ1つ丁寧に解説していきますね。

フリーランスデザイナーの仕事内容

フリーランスデザイナーの仕事内容は以下の通りです。

WebデザイナーWebサイトのデザインや制作を担当する
グラフィックデザイナー雑誌の広告やポスターなどのデザインを行う
UI・UXデザイナーデジタル機器を使いやすく満足感が得られるデザインにする

上記のようにフリーランスデザイナーと言っても、デザインの種類によって仕事内容は全く異なります。

WebデザイナーはWebサイト全体であり、グラフィックデザイナーは紙媒体のデザインです。

UI・UXデザイナーはアプリなどのメニューバーやボタンを使いやすいように配置する業務を行います。

また、「WebデザイナーとUI・UXデザイナーって何が違うの?」疑問に感じるかもしれません。

簡単に説明すると、Webデザイナーはサイト全体の見た目の美しさを、UI・UXデザイナーはサイトの機能性を設計していますよ。

フリーランスデザイナーの必須スキル

フリーランスデザイナーに必要なスキルを以下に示します。

Webデザイナー・デザインの知識
・デザインツールを使いこなす能力
・コーティングやプログラミングの知識
グラフィックデザイナー・デザインの理論に基づいたデザイン能力
・デザインに関わるソフトを使う技術
・発言力
UI・UXデザイナー・コミュニケーション能力
・ブランディングの知識
・データー分析力

フリーランスデザイナーに共通して必要なスキルは、デザイン能力とコミュニケーション能力です。

デザイン能力と聞くとデザイナーのセンスと思われがちですが、実はデザインの理論を学び今の流行りを分析するなど情報を収集することも行っています。

なので、必ずしもデザイナーにセンスがあるから素敵で素晴らしいデザインが生まれるわけではありません。

情報を収集したり処理する能力も必要とされますよ。

フリーランスデザイナーの平均年収

フリーランスデザイナーの平均年収は以下になります。

Webデザイナー200~400万円
グラフィックデザイナー300~400万円
UI・UXデザイナー400~600万円

Webデザイナー 200~400万円 グラフィックデザイナー 300~400万円 UI・UXデザイナー 400~600万円

フリーランスデザイナーの平均年収は職種によって大きく異なります。特にUI・UXデザイナーの年収が高めなのは、より専門的な知識が必要だからです。

平均年収になりますので、稼いでいる人は800万円以上も収入がある人もいますよ。専門知識が必要な業務ほど年収も上がっていきます。

またフリーランスデザイナーの年収に関して詳しく知りたい方はぜひ以下の記事も一緒にご覧下さい。

年収300万!?フリーランスデザイナーの平均年収と収入を上げる方法、高単価案件も紹介

フリー ランスデザイナーになる前の事前準備5選

フリーランスデザイナーになろうと思ったら、もちろん準備が必要です。「何が必要?」とあなたが事前にやるべき準備に迷わないようにしっかりお伝えしていきますね。

フリー ランスデザイナーになる前の事前準備は以下の5選です。

  • 1:名刺の作成
  • 2:案件獲得サイトへ登録
  • 3:ポートフォリオを制作する
  • 4:開業届・青色申告承認申請書を申請する
  • 5:クレジット・不動産などの審査

順にお伝えしていきますね。

1:名刺の作成

営業ツールになるので、名刺を作成しましょう。

フリーランスデザイナーは会社員とは異なり、企業名に頼ることはできません。

どうすればあなたの名前を覚えてもらい、お仕事をもらえるのかを考える必要があります。

そこで重要になるのが名刺です。名刺がなければ案件を獲得するための営業活動では不利にもなり得ますよ。

なので「この人にお願いしたい!」と思ってもらえるようなインパクトのある名刺を作りましょう。

デザインで個性を出しクライアントの印象に残る名刺があれば、お仕事を獲得しやすくなります。あなたらしい素敵な名刺を作成して下さいね。

フリーランスデザイナーの名刺に関して網羅的に知りたい方は以下の記事も合わせてご覧になってください。

ホントに必要?フリーランスデザイナーの名刺の作り方から注意点を解説

2:案件獲得サイトへ登録

お仕事を取りやすくするために、案件獲得サイトに登録することをおすすめします。

フリーランスになるとあなた自身でお仕事を得なければいけませんよね。どんな求人が出ているのかや案件の報酬などの情報を得るためにも必要です。

案件獲得サイトに登録しなければお仕事を得る選択肢を狭めることにもなります。選べる案件の幅が広がれば、あなたの希望するお仕事が見つかりやすくなるからですよ。

サイト毎に募集しているお仕事が異なりますので、より多くのサイトに登録することがおすすめ。

フリーランスデザイナーの登録に関してさらに詳細な情報を知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

【2022年最新】フリーランスデザイナーが登録しておくべきサイト9選

3:ポートフォリオを制作する

あなたの実績やスキルをアピールできるので、ポートフォリオを作ることも大切なことの1つです。

ポートフォリオを作れば、あなたのこれまでの実績や技術レベルを売り込めます。

「こんなことができます!」と言葉で説明されるより実際の作品を見せた方が早く、説得力が増すからです。

つまりポートフォリオを作らないとクライアントはあなたの情報を得る手段がないことになります。チャンスを失う可能性もありもったいないです。

なのでクライアントに安心してお仕事を任せてもらえるようにするためにもポートフォリオは重要になります。

フリーランスデザイナーのポートフォリオに関してより詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧になって下さい。

【2021最新】フリーランスデザイナーが参考にするべきポートフォリオ10選

4:開業届・青色申告承認申請書を申請する

節税対策になるため、開業届と青色申告承認申請書を申請するといいでしょう。

独立すると避けられないのが確定申告です。「難しくてお金の計算なんてやりたくない!」と感じる方も多いですが、節税効果を最大限にするために青色申告をすることをおすすめします。

青色申告をするには、開業届と青色申告承認申請書を提出しなければなりません。どちらも提出先は税務署なので一緒に申請すると効率が良いですよ。

また開業届を出すと屋号を取得できます。屋号を持っていると社会的信頼を得やすいので、ぜひ屋号も合わせて取得しましょうね。

5:クレジット・不動産などの審査

フリーランスになると社会的信用が低くなるので、クレジットや不動産など審査が必要なことは終えておくといいです。

フリーランスになると会社員時代とは異なり収入が安定しません。案件毎に報酬が異なったり、毎月安定してお仕事を得られるとは限らないからですよ。

収入が安定しないと「毎月支払えないかもしれない」とクレジット会社も不動産からも不安に思われがちになります。

すると信用が低くなり審査に通らない可能性があります。会社員なら収入は安定していますよね。なので、会社員の社会的信用が高いうちに審査を通すことがおすすめです。

フリーランスデザイナーの準備事項に関してより詳しく知りたい方は以下の記事もご覧になってくださいね。

【焦るな危険】フリーランスデザイナーへ独立するまでにやるべき準備13選!

フリー ランスデザイナーになる方法

ここまで読み進めてくれたあなたは、「実際にフリーランスデザイナーになるにはどうしたらいいの?」と疑問が湧いてきているはずです。

フリーランスデザイナーになるには2パターンが考えられますよね。

  • 未経験からなる
  • 経験者からなる

どちらの状況からなるのかによって、ロードマップが異なりますのでそれぞれ分けてお伝えしていきますね。

未経験者のなり方

経験の有無は問われないので、未経験からでもフリーランスのデザイナーになることは可能です。しかし実績やスキルを身に着けている方が案件を取りやすいのも事実になります。

それでも未経験から目指したい方は、まずスキルを身に着けましょう。何よりも業務を確実に行える技術が必要だからです。

お仕事を獲得して実際に作業を始めた時に「できない…」という事態になったらクライアントからの信頼を失ってしまいます。

スキルが身についてきたら、案件をこなし実績を積んでいきましょう。実績が多くなればスキルや報酬も上がり、事業が安定していきますよ。

さらに未経験からフリーランスデザイナーになる方法を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

未経験からフリーランスデザイナーになれる?独立までの方法と大事なことも紹介

経験者のなり方

会社員として実績を積んでいるので、独立をする際にはまずポートフォリオを充実させるところから始めましょう。

クライアントはあなたのポートフォリオを見て「どんな実績や技術を持っている人なのか?」を判断します。

なので、ポートフォリオが昔のままだとせっかくのアピールできるチャンスを逃してしまうんです。

ポートフォリオが最新の状態になったら、案件を獲得する方法を考えていきましょう。お仕事を得る方法はさまざまありますので、次の項目で詳しくお伝えしますね。

会社員からフリーランスデザイナーになる方法を詳しく知りたい方は以下の記事もご覧になってください。

フリーランスデザイナーになるには?会社員から目指す6STEPを解説

フリーランスデザイナーの案件獲得方法3選

フリーランスデザイナーに必要な準備やなる方法を知ると、いよいよ案件を獲得する方法を知りたくなるでしょう。

でもいままでお仕事は与えられるものだったので「自分で取りにいくにはどうすればいいの?」と疑問に思っている方も多いはず。

そこでお仕事を得る方法を3つ紹介しますね。

  • 1:知人から紹介してもらう
  • 2:マッチングサービスを活用する
  • 3:エージェントを利用する

詳しく見ていきましょう。

1:知人から紹介してもらう

お仕事のミスマッチが起こりにくいので、知人から案件を紹介してもらうことをおすすめします。

あなたのことを知っている人なら、あなたの実績や実力も分かっているはずです。するとお互いに問題なく案件をこなせるとわかるでしょう。お互いにとって良いことですよね。

また継続的に案件をもらえる可能性もあるので「お仕事を引き続きお願いね!」と言ってもらえたら大変な営業活動をしていかなくても良いというメリットもありますよ。

なので頼れる知り合いがいるなら積極的に声をかけてみましょう。

フリーランスデザイナーの仕事の探し方について詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧になってください。

初心者必見!フリーランスデザイナーの仕事がない原因と探し方9選もご紹介

2:マッチングサービスを活用する

多くの案件があり必要とされるレベルもさまざまなので、クラウドソーシングなどのマッチングサービスを利用するのも有効です。

サイトに登録すると、たくさんのお仕事の中からあなたに合うお仕事を探すことができます。

しかしクライアントとは顔を合わすことはありませんので、トラブルにならないためにもクライアント情報には必ず目を通しましょう。

さらにあなた自身がお仕事に応募するだけでなく、クライアントからスカウトをしてもらえることもあるんです。役立つ機能なので有効活用してくださいね。

なのでサイトに登録をしたらプロフィールを充実させておくことをおすすめしますよ。

フリーランスデザイナーのマッチングサービスについてさらに詳細に知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

【2021年最新】フリーランスデザイナーおすすめマッチングサービス10選

3:エージェントを利用する

案件を獲得しやすくなるので、エージェントを利用するのも1つの手です。

エージェントに登録すると担当者があなたに代わって、お仕事を探してくれます。

希望に合う求人が見つかると、紹介や面接対策、提出書類の添削などさまざまなサポートをしてくれるんです。

なので、あなたが案件を探す手間も減り各種サポートをしてくれるのでお仕事を得られやすいですよ。

「案件が取れないかもしれない…」と不安に感じるなら登録することをおすすめしますよ。

フリーランスデザイナーのエージェントについて詳細に知りたい方は以下の記事も一緒にご覧ください。

フリーランスデザイナーおすすめエージェント10選!選ぶポイントや注意点も

フリーランスデザイナーが案件獲得時に必要とされる書類3選

案件を獲得すると必要になってくるのが書類です。「必要なことってなに?」「書類がないとどうなるの?」とたくさん疑問に感じるはずです。

のちに慌てることもなくなるので、いまのうちに確認しておきましょう。

お仕事を獲得すると必要となる書類が3つあります。

  • 契約書
  • 見積書
  • 請求書

詳細にみていきましょう。

契約書

案件が途中で打ち切りになったり、最悪のケースでは報酬を受け取れない可能性すらあるため契約書は必ず交わしましょう。

クライアントによっては、口約束やメッセージ等でお仕事の内容を確認して契約を交わさずに業務を行ってしまうこともあります。

ですが、契約書のような業務を証明するものがないとトラブルが発生したときにあなたが泣き寝入りすることも。

クライアントと相談の上、契約書を作りお仕事を開始することをおすすめしますよ。

フリーランスデザイナーの契約書に関しては以下の記事に詳しく記載されていますので、合わせて参考にしてください。

知らないとやばい!フリーランスデザイナーの契約書に必要な項目9選

見積書

お仕事の情報を共有するため、見積書も作成していきましょう。

お仕事の内容と金額を詳細に記載することで、お互いに要望を認識しやすくなりますよ。お仕事の内容と金額を見える形にしておくと、お互いに安心です。

クライアントは見積書を見て納得したら、お仕事を発注してくれます。なので、お仕事を獲得するツールとしても重要ですよ。

のちにトラブルへと発展しないためにも、見積書を作ることをおすすめします。

フリーランスデザイナーの見積書に関してより詳細に知りたい方は以下の記事も一緒にご覧ください。

フリーランスデザイナーの見積書の書き方!記載する項目から注意点まで

請求書

クライアントと認識のズレがないことを再度確認するために、請求書も必要です。

契約書通りの業務が終わったら、請求書を作りクライアントに送付しましょう。

支払い金額の確認だけでなく、支払い期限や源泉徴収の有無なども事前に話を詰めておくことが大切ですよ。

曖昧のままだと、トラブルになりかねません。特に振込手数料をどちらが負担するのかなど、細かいことでも大きなトラブルへと発展させてしまう可能性があるためしっかり決めておきましょう。

フリーランスデザイナーの請求書についてより詳細に知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。

もう失敗しない!フリーランスデザイナーの請求書の書き方からおすすめサービス3選も紹介

フリーランスデザイナーの経理事情

独立をするとあなた自身で経理も行わなくてはなりませんね。でも携わったことがないと内容が把握できないのも確かでしょう。

フリーランスデザイナーにとって経理で必要なことは以下の通りです。

  • 経費の種類
  • 確定申告の方法

慣れていないと難しく感じる内容ですが大丈夫。詳しくお伝えしますので、肩の力を抜いて確認してくださいね。

経費の種類

業務をする上で必要になった費用は経費として計上できるので、経費の種類を把握することが重要です。

経費ってわかりにくいと感じている方は多く、「これって経費になる?」と必ず疑問に感じるでしょう。そこで、のちに困らないように確認する必要があります。

経費として記載できるのは『業務を行うために必要であったかどうかで判断』するんです。在宅勤務の場合は線引きが曖昧なので、迷いそうな経費を具体的に上げていきますね。

  • 打合せ時の食事代
  • 交通費
  • 物品購入費
  • 通信費(業務で使用している分のみ)
  • 家賃(仕事で利用している分)

納税額が安くなるため、経費にできるものは必ず経費として計上することをおすすめします。

確定申告の方法

毎年行わなくてはならないので、確定申告の方法を知っておくことも大切です。

初めての年は「どうすればいいの?」とわからないことだらけで作業が大変になります。

ですが、初年度の確定申告が終われば次の年からは要領がわかっているので作業が楽になりますよ。なので、最初の年にしっかり行うことが重要です。

大切なことは事業の収支を見てわかるようにするために事業用のクレジットカードや口座を利用することです。

プライベート用と一緒に事業用も利用してしまうと、確定申告書を作る時に「どれが事業用?」と迷ってしまうケースがあります。

申告書の作成時間もかかってしまうので、プライベート用とは別に事業用のクレジットカードや口座を用意しましょう。

フリーランスデザイナーの確定申告に関してより詳細に知りたい方は以下の記事も合わせてご覧になって下さい。

【これで安心!】フリーランスデザイナーが確定申告前に用意するもの3選

フリーランスデザイナーが参考にするべき有名人・ブログまとめ

ここまで読み進めてくれたあなたは「どうすればフリーランスデザイナーとして成功できるの?」と感じ始めているでしょう。

成功している人のやり方などを参考にあなたが新しいアイディアを生み出すことも必要なことです。

そこで参考にするべき情報源を以下2つ紹介していきます。

  • 有名人編
  • ブログ編

上記の2つを知ることで、あなたも成功するヒントが得られるでしょう。

有名人編

デザイナーとして成功している人から上手くいくヒントが得られるので、有名な人を知ることも重要です。

まずはどのデザイナーさんを目標にしていくのか決めていきましょう。目標を明確にすることでやる気やモチベーションを維持できるからです。

多くの人から受け入れられているデザインを描いているので、目標にするのは有名な人がおすすめ。

どんなところが世の中に受け入れられているのか、目標とするデザイナーさんのどんなところが素晴らしいのかあなたなりに分析しなければ、スキル向上や新しいアイディアも生まれませんよ。

あなたが成功するヒントはデザイナーとして有名な人から情報を得ることです。

フリーランスデザイナーが知っておくべき有名人を以下の記事に紹介していますので、合わせてお読み下さい。

フリーランスデザイナーが知るべき有名人15選!日本と世界に分けて紹介

ブログ編

デザインのスキル向上や新しいアイディアを得るために、ブログで発信しているデザイナーさんから情報を得ることも大切です。

ブログは過去のブログも振り返ることが簡単にでき、より多くの情報を得られるのでおすすめです。

他のデザイナーさんの情報を得ないと、向上心やスキルが成長しないこともあります。たとえばスポーツ選手もライバルがいるからこそお互いに切磋琢磨していけますよね。

フリーランスデザイナーの世界ももちろん同じです。ライバルや他のデザイナーの情報を常に把握することで、あなたも刺激を受けられますよ。

また、フリーランスデザイナーが読むべきブログについて詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧になってください。

フリーランスデザイナーが読むべきおすすめブログ10選!ブログ運営のポイントまで

まとめ

今回は、フリーランスデザイナーに関して詳細に解説していきました。

フリーランスデザイナーに転身すると、やるべきことが急に増えます。「いままでやってきてないから、これってどうやるの?」と疑問に感じることの連続です。

なので、あなたが迷わないようにフリーランスデザイナーの事前準備や案件取得方法、確定申告に関する話などを詳しく紹介しました。

またあなたがデザイナーとして成功をするための秘訣として、参考にするべき情報源もお伝えしています。

フリーランスデザイナーについてたくさんの情報を得ながら、あなたが目指すべき職業なのか判断していきましょう。