【収入が不安定?!】Webライターがやめとけと言われる理由5選

「Webライターって実際どうなの?」

「Webライターがやめとけと言われる理由ってなに?」

「働いている人の実際の声が知りたい!」

あなたはこのような疑問や悩みを抱えていませんか?

Webライターはいつも納期と隣り合わせの状態で精神的につらいというイメージを持ちやすいでしょう。

ですが納期さえ守れば働き方は自由なので、生活と仕事のバランスを取りやすい職業です。

Webライターやめとけと言われても働きやすいと分かれば目指そうと思うでしょう。

そこで、今回はWebライターがやめとけと言われる理由を徹底解説。合わせて、目指すべきではない動機や実際の体験談、Webライターを目指す際にするべきことを紹介しています。

この記事を読むと、Webライターを目指すべきか判断ができますので、ぜひ参考にしてください。

【結論】Webライターやめとけは全員に当てはまるわけではない

一部の人がやめとけと言っているだけなので、全員に当てはまるわけではありません。

Webライターをやめとけと言っているのは、目的や興味のないままWebライターを始め、やる気ややりがいを感じていない人が発言しているだけなのです。

なんとなくWebライターを始めたからこそ「つまらない!」「もうやりたくない!」と感じている人が言っているだけなので、気にする必要は全くありません。

あなたが具体的な目標を持ち魅力を感じているのなら、Webライターを目指しても問題ないです。周りの意見に惑わされることなく、自分自身を信じて前進してくださいね。

こんな動機でWebライターを目指すのはやめとけ3選

あなたはどんな動機でWebライターを目指したいと考えていますか?

実は目指さない方がいい動機もあるので注意が必要です。「知らなかった…」と気が付くのが遅くならないように、目指さない方がいい動機をお伝えしていきます。

  1. すぐに稼げるから
  2. 簡単に始められるから
  3. 文章を書くことが好きだから

順に詳しく見ていきましょう。

1.すぐに稼げるから

稼げるようになるには時間がかかるため、すぐに稼げるからという動機ならやめておきましょう。

文章を書ける人はたくさんいるのでライバルは多いです。なので実績がほとんどない状態では希望条件に合致した案件を簡単には獲得できません。

案件に応募するとほとんどの場合、これまでの実績を聞かれます。クライアントは実績を確認し、求めるレベルの執筆が可能かどうか判断しているのです。

つまり実績が少ないと判断材料も少ないため、ライバルにお仕事が取られてしまうことが多く、単価の高い案件ほどお仕事を獲得することが難しくなります。

お仕事を得るのに苦労するので、すぐには稼げないでしょう。

2.簡単に始められるから

ライティング技術を身につけなければならないため、簡単に始められるからという動機なら おすすめしません。

Webライターはパソコンとインターネットの環境が整っていれば始められますが、執筆するにはライティング技術が必要になります。

ライティング技術は知識として入れることはそこまで難しいことではありませんが、アウトプットすることは難しいです。

すぐにできるのではなく、実績を積んで少しづつスキルが身に着いていきます。

つまり、上手く書けなくても辛抱強く書き続けなければ、稼げるようにはならないということです。

ライティング技術を身に着けるには辛抱強く執筆経験を積んでいく必要があるので、Webライターは簡単には始められませんよ。

3.文章を書くことが好きだから

リサーチに時間が取られるので、文章を書くことが好きという動機なら検討し直しましょう。

執筆するには内容を深く知る必要があるため、時間をかけてリサーチを行います。知っている内容や得意分野であればサクッと調べて記事にできますが、詳しくない分野ではリサーチだけで何時間も使う場合があるのです。

しっかりと調べて記事を書かないと内容の薄い記事となってしまい、多くの人に読んでもらえません。

文章を書いている時間よりも、リサーチにかける時間の方が多いこともあり時間も体力も使うので、執筆を始める前に心が折れてしまうこともあるのです。

文章を書くことが全てではないので注意しましょう。

Webライターがやめとけと言われる5つの理由

「なぜWebライターがやめとけと言われているの?」という疑問が解決し納得できたら、webライターを目指すべきか決断できるでしょう。

そこでWebライターがやめとけと言われている理由をみていきます。

  1. 収入が安定しないから
  2. 納期に追われるから
  3. 長時間の座り作業で不健康になるから
  4. 修正作業が大変だから
  5. 自己管理ができないと難しいから

1つ1つ確認していきましょう。

1.収入が安定しないから

必ず仕事があるとは限らないので、収入が安定しないことも理由の1つです。

クライアントと契約しているからと言って安定してお仕事が貰えるわけではありません。クライアント側の都合で、毎月の記事数や執筆文字数が変わるからです。

Webライターは毎月クライアントが指示する記事数を執筆するケースがほとんどになりますよ。

なので会社員のように毎月安定して収入を得られるわけではなく、あなたが執筆した記事数や執筆文字数によって報酬が変わるのです。

収入はあなた自身でコントロールできないので思ったより稼げないと感じるかもしれません。

収入が不安定且つどのくらい報酬を受け取れるのかも当月にならないとわからないという不安もありますよ。

2.納期に追われるから

クライアントから信頼されるために、期日までに納品しなければならないことも理由としてあげられます。

記事を製作する前段階のリサーチに思ったよりも時間がかかる場合もあるのです。

しかし納期は待ってくれないので、何としても納期までにあげないとクライアントからの信用を落としてしまいます。

「何時間もかけてこれしか進まなかった…」と感じても執筆をし続ける以外に選択肢はないのです。

執筆し始めてから、リサーチに時間がかかることに気が付くこともあるので、常に納期に追われて精神的に追い込まれやすくなります。

3.長時間の座り作業で不健康になるから

眼精疲労や肩こりなどに悩まされるため、座り作業を長い時間続けることで起こる不健康も理由です。

執筆をする場合、ずっと座ったまま前かがみの姿勢でパソコン操作をしていますよね。集中していると瞬きの回数が減り、姿勢も悪いので眼精疲労や肩こり、腰痛などの痛みが現れるのです。

「目や頭が痛くて辛い…」と思い始めても毎日同じ作業を繰り返すことになるので、慢性化して治りづらくなります。症状が現れると執筆がスムーズに進まなくなるでしょう。

座っていることで血行が悪くなり血栓ができやすくなるエコノミークラス症候群にも注意が必要です。

不健康になるさまざまなリスクを抱えていることを覚えておきましょう。

4.修正作業が大変だから

修正や書き直しにも膨大の時間がかかるため、修正作業が大変ということも理由の1つです。

Webライターは複数の案件を同時に行っている人が多いです。「書き終わった!」とホッとしているのも束の間、クライアントから膨大な修正依頼が返ってくることがありますよ。

クライアントの依頼通りに修正を行わないと納品ができないので、時間を確保して修正作業に対応しなければなりません。

書き直す場合、再度リサーチから始めなければならないので、多くの時間が必要なってしまいますよ。

他の案件とうまくやりくりしながら記事を直すことになるため、修正時間を確保するのが大変なのです。

5.自己管理ができないと難しいから

あなたのタイミングで執筆できるため、自己管理が難しいことも理由としてあげられます。

自己管理が上手にできないと記事の質が落ちたり納期遅れが発生して、クライアントから不信感を抱かれてしまうのです。結果的にお仕事を失うことにも繋がりますよ。

拘束がないからこそ自己管理は大変。納期ギリギリになって焦って執筆した文章にはミスが多くなり、修正や書き直しの箇所がたくさんで悪循環になります。

自由に働けることはうれしいですが、管理をしっかり行わないと続けられないお仕事なので注意しましょう。

Webライターがやめとけという体験談

一方的にWebライターがやめとけと言われる理由に関する情報を伝えられても納得できないこともあるでしょう。「本当にそうなの?」と感じた部分も多いかもしれませんね。

もっとリアルさを出すことで、納得できるはずです。そこでWebライターとして働いている人の実体験を集めましたので、見ていきましょう。

  1. 時給換算すると100円以下の案件もある?
  2. クライアント次第でつらい?
  3. 継続して書かないと文章が書けない?

丁寧にお伝えしていきますね。

1.時給換算すると100円以下の案件もある?

最初のうちは単価が安いという投稿です。

一生懸命執筆しても報酬が少ないと心が折れてしまいますよね。時給単価で計算をしてしまうとなおさらです。

Webライターを始めたばかりの頃は効率良く進められないので、時間ばかり経ってしまうことは仕方のないこと。

数をこなし経験を積めば自分なりのやり方が身に付き、効率もどんどん上がっていくので、要領良くできるようになるまで辛抱強く続けられる人ではないとおすすめできないということでしょう。

2.クライアント次第でつらい?

クライアント次第で大変なお仕事という投稿です。

Webライターはクライアントの指示に基づいて業務を行うので、言われた通りに修正したにもかかわらず真逆のことを返されたら混乱するでしょう。

Webライターもクライアントを選ぶことはできます。あまりにも言うことが二転三転するクライアントなら、案件が終了したタイミングで継続するべきか検討した方がいいでしょう。

スキルも伸びない可能性もありますよ。

3.継続して書かないと文章が書けない?

継続していくことで文章力が伸びるという投稿です。

久しぶりに執筆すると思ったように書けないこともあります。何事も継続は力なりです。スキルを磨いたり執筆にかかる時間を短くする意味でも、継続的に執筆することは重要になります。

執筆の感覚も忘れないようにしていきましょう。

それでもWebライターを目指す際にするべきこと3選

ここまで読み進めてくれた方の中にはネガティブな情報にも納得し、Webライターを目指したいという気持ちが高まった人もいるでしょう。

「目指すためにすることってなに?」

「準備することがあれば知りたい!」

と感じていませんか?

事前に知っておけばスムーズに準備を行えるので、Webライターを目指す際にするべきことを紹介しますね。

  • SEOに関する学習をする
  • PREP法を習得する
  • マッチングサービスに登録する

順に見ていきましょう。

1.SEOに関する学習をする

記事が上位表示されるために、SEOに関して知識を入れておきましょう。

クライアントは狙っているキーワードで上位表示されるような記事を執筆してほしいケースがほとんどになります。記事が上位に来なければサイトに来てくれる人が少なく、集客に繋がらないからです。

そのため検索1~2ページ目に記事が表示されるようにSEO対策を行います。おすすめのSEOに関する学習方法は以下の通りです。

書籍10年つかえるSEOの基本1時間でわかるSEO対策効果がすぐ出るSEO事典
オンライン講座UdemyストアカSchoo
YouTubeSEOの基礎知識【保存版】SEO対策の決定版:Googleで上位表示をさせる為に初心者が理解すべきSEOの原則2021超初⼼者向け】SEO 対策講座~これだけ押さえればSEO 対策基礎はOK!!〜

YouTubeなら無料でスキマ時間に学べますが、情報が断片的である点はデメリットです。書籍やオンライン講座は体系立てて一連の情報を学習できますよ。

2.PREP法を習得する

情報をわかりやすく伝えるため、PREP法も身に着けるといいでしょう。

PREP法では初めに結論を伝えます。そうでなければ、読み手は結論を知るためにいつまでも読み進めなければなりませんね。

いち早く悩みを解決したユーザーにとって、読み始めてから結論までが長いとストレスを感じてしまうのです。

「結論はなに?」と感じながら読み進め、いつまでも結論に辿り着かないとサイトから離脱されてしまいます。

またPREP法で執筆を行わないとクライアントから書き直しを指示されることがほとんどです。

インターネットで検索を行えばPREP法に関する情報はいくらでも出てきますので、調べて知識を得てください。

読み手に伝わりやすい文章を書くために、PREP法を習得していきましょうね。

3.マッチングサービスに登録する

案件を獲得しやすくするために、マッチングサービスを利用しましょう。

Webライターの案件は豊富にありますが、クライアントによってはレスポンスが遅かったり、業務以外のことをお願いしてくる方もいます。

クライアントに疑問を感じたら慎重に業務を引き受けるか検討してください。「まぁいいか!」と流してしまうと報酬未払いなど大きなトラブルに発展してしまうこともありますよ。

Webライターの仕事を獲得する方法を以下に3選紹介します。

フリーランスでWebライターとして活躍して行きたい方にはフリーランスのミカタがおすすめ。在宅案件が豊富で、サポートが手厚いことも特徴です。

また、フリーランスのミカタに関しては以下の記事に詳細に記載されているので、合わせてご一読ください。

フリーランスのミカタとは?サービス内容や特徴、メリット・デメリット、口コミも紹介

まとめ

今回はWebライターがやめとけと言われる理由を紹介しました。

Webライターはクライアントの都合で仕事量を決められる場合があるため、収入が安定しません。ですが実務経験が増えていくと、SEO対策やPREP法などの技術を身に着きますよ。

在宅案件も豊富なので、あなたの生活に合わせた働き方が可能です。

Webライターを目指す際には以下のことを実践してください。

  • SEOに関する学習をする
  • PREP法を習得する
  • マッチングサービスに登録する

実績を積みながら、知識や技術を身に着けていきましょう。スキルがあれば高単価の案件を獲得しやすいため、フリーランスとして活躍でき収入を増やすことも可能になります。