【Webデザイナーはつらいよ?】現役エンジニアの評判から対照法まで

「webデザイナーはつらいって本当?」
「webデザイナーがつらいと言われる理由は?」
「webデザイナーがつらさを乗り切る方法を知りたい!」

こんな疑問を抱えていませんか?

webデザイナーは、『大変・つらい』と言われていますが、実際にどんな事につらさを感じているか分からないですよね。

独立してから後悔しないためにも、現役webデザイナーの経験談も参考にして向き不向きを判断することも重要です。

そこで今回は、webデザイナーがつらいと言われる理由5選を紹介!現役webデザイナーの経験談やつらさを乗り越える対処法、希少価値を高めるおすすめのスキルまで解説します。

この記事を読み終わるとwebデザイナーの良さも分かると思うので最後まで見てくださいね。

webデザイナーがつらいと言われる理由5選

「webデザイナーはつらい」と一度は聞いたことありますよね。必要な資格はないですが、求められるスキルは多くあります。そのため、つらいと感じる時も少なくありません。

そこで、webデザイナーがつらいと言われる理由を5つ紹介します。

  • 納期が近づくにつれて残業が多くなる
  • 仕事が忙しいのに給与が少ない
  • webデザインの修正指示が多い
  • 新しい技術を学び続けなければならない
  • クライアントとの関係が難しい

上記5つのつらい理由について詳しく紹介します。

納期が近づくにつれて残業が多くなる

webデザイナーは、webディレクターや制作チームの管理者からの指示でホームページの作成をします。基本的にホームページのデザインを担当する業務です。

webデザイナーの中には案件を多く抱えている人もいますが、webデザイナーが担当するのはホームページの顔とも言われる場所なので仕事が重なりバタバタすることは少なくありません。

しかし、webデザイナーもクライアントから依頼される納期があるので、納期が近づくにつれて残業が多くなり精神的にストレスが溜まってしまうのでつらいでしょう。

仕事が忙しいのに給与が少ない

webデザイナーの仕事は、ホームページのデザインを担当するだけではありません。制作チームと作成するので常にコミュニケーション能力も必要な職業でもあります。

しかし、webデザイナーの平均年収は※363万円と日本全体の平均収入よりも少ない給与です。その理由として、webデザインしかできない人が多くなっていることが挙げられます。

仕事が忙しいのに給与が少ないと、やりがいを感じなくなるうえに精神的なストレスが溜まりつらいという人が多いです。

※※参照元:令和2年賃金構造基本統計調査

webデザインの修正指示が多い

webデザインはホームページの顔とも言われる場所なので、クライアントから修正依頼が必ずと言ってもいいほどよく来ます。

納品前の修正依頼はもちろん、納品後に細かい修正依頼が入ることも少なくありません。クライアントは常に完璧を求めています。

webデザイナーの労力や作業時間などは把握してくれません。

修正依頼を減らすためには作成前の打ち合わせを綿密に行い、修正回数の上限を提示して依頼を受けると作成時間が減り、作業効率も上がりますよ。

新しい技術を学び続けなければならない

web業界全体にも言えますが、常に新しい技術や知識が増え常に進化しています。

そのため、古いデザインの知識だと周りに置いていかれたり、依頼が少なくなってしまうのです。

webデザイナーは、自身の仕事をしながら両立して新しい勉強するので精神的や肉体的にも疲労やストレスで、つらくなる人が多いですよね。

しかし、常に新しい技術を学び勉強を続けてスキルアップしていくと、給与が上がったり報酬の高い依頼がきますよ。

クライアントとの関係が難しい

webデザイナーの仕事はクライアントに振り回されることがとても多いです。修正依頼もそうですが、クライアントは制作物に対して強いこだわりがある方が多くいます。

クライアントとの関係が難しい1つとして、納期が問題になってきます。基本的にかなり厳しい納期を要望してきますが、作業量と納期が合いません。

そのため納期が近づくにつれて残業や、休日勤務などを使って業務をするので精神的なダメージも多くなります。

しかし、必ずwebデザイナーには納期があるので、精神的なダメージを減らすためにも作成前に必ず打ち合わせをしましょう。

現役webデザイナーが語るつらさ3選

webデザイナーがつらいと思う理由を紹介してきたうえで、実際に現役webデザイナーが語るつらさの声を3名紹介します。

  • 仕事の範囲が広くてつらいと語るmasacaさん
  • 勉強始めて最初は全然うまくいかないと語るこたさん
  • 報酬がよくならないうえ1人じゃ厳しいと語るとっちーさん

上記の3名の現役webデザイナーが語るつらさを詳しく紹介します。

仕事の範囲が広くてつらい

webデザイナーの仕事の範囲は広いです。主な仕事内容は、webデザインの作成やコーディング、webサイトの目的やコンセプトなどを理解して表現することなどが挙げられます。

もちろん、それぞれの仕事のスキルは覚えなければいけません。

しかし、未経験者や駆け出しwebデザイナーが、デザインやコーティングのスキルを一度に覚えていくことはとても時間がかかり効率が悪いです。

まずはデザインの作成から覚えていくなどして、一つ一つの仕事を掴んでいき徐々に覚えていくと効率がいいですよ。

勉強始めて最初は全然うまくいかない

未経験者がwebデザイナーの勉強を始めたての時は全然うまくいかず挫折する人はたくさんいます。

なぜなら最初は、覚えることが多いうえ、コミュニケーションも求められて精神的につらくなるからです。

しかし、投げ出しても状況は変わりません。なにかを始める時は必ず我慢して覚えていかないと成長もしないうえに、つらいことが何回もやってきます。

現役webデザイナーも全て通って来た道なので我慢して乗り越えなければ、得たい理想の将来が来ませんよ。継続していきましょう。

報酬がよくならないうえ1人じゃ厳しい

webデザイナーやっていて、作成が楽しいと感じる人はもちろんいます。webデザイナーはwebデザインしかできない人が多いうえ、多くなってきているので年収が低いです。

webデザイナーはスキルを増やさないと報酬が良くなりにくいので、現状で満足してはいけません。

必ず報酬や給与を上げるには常に新しいスキルを覚えたり、良い環境にしていくのも必要ですよ。

webデザイナーのつらさを乗り切る方法3選

ここまで読まれてきた方の中には、

「webデザイナーがつらい時はどうやって乗り切っているの?」

と気になる方もいるでしょう。

では、どのようにwebデザイナーのつらさを乗り切るのか、その方法を3つ紹介します。

  • 異動や転職をする
  • フリーランスになる
  • コミュニティや講演会に参加する

上記のつらさを乗り切る3つの方法を詳しく紹介していきます。

異動や転職をする

webデザイナーの方で一番転職する理由で多いのは「残業や休日勤務が多いから」です。企業勤めのwebデザイナーで残業や休日勤務が多くつらいと感じている方は、異動や転勤がおすすめですよ。

異動や転職で環境を変えることにとって労働環境が改善されたというケースが多いです。webデザイナーを辞めなくても、つらい場合は環境を変えてみましょう。

さらに、給与が少ない時も企業によっては良くなることが多いので、お金の悩みを抱えている人も一度考えてみましょう。

フリーランスになる

異動や転職もうまくいかない場合や、企業勤めはやめたい場合は、フリーランスがおすすめです。フリーランスは、企業に入らず個人事業主になります。

企業勤めのつらさや残業、休日勤務がなく自身で全て決めていけるので精神的に楽になりますよ。しかしその場合、営業はもちろん税金も自身で支払わなければいけないなど注意すべきポイントは多いです。

下記にフリーランスのwebデザイナーについて紹介しているので、さらに詳しく知りたい方は下記に参考記事を掲載しておくので合わせて見てくださいね。

フリーランスWebデザイナーとは?需要や未経験からなる方法、年収、募集サイトも紹介

コミュニティや講演会に参加する

webデザイナーでつらい時は、コミュニティーや講演会に参加するのもおすすめです。webデザイナー限定のコミュニティーの場合、同じつらさや悩みを抱えた人がいるので話しましょう。

つらいことや悩みを話したり、これからwebデザイナーをするための良いアドバイスがもらえてモチベーションや生産性がアップするので是非おすすめです。

その他にも、講演会やセミナーに参加するのもおすすめです。

webデザイナーは基本的1人で作業するので、同じ仕事をしている方と話すだけでもリラックスやモチベーションが上がるいいきっかけです。

オフライン以外でもオンラインセミナーやコミュニティーが開催しているので、チェックしてみてくださいね。

webデザイナーはつらいけどやりがいも多い

webデザイナーのつらい理由を紹介してきましたが、やりがいも多いです。webデザイナーがやりがいを感じる時は以下のことが挙げられます。

  • 自分の作品が完成して世に送り出せたとき
  • デザインが褒められ新しく仕事の依頼が来たとき
  • 新しい技術を知ったとき
  • クライアントから感謝されたとき

上記の4つの他にも、webデザイナーがやりがいを感じる時はまだあります。一番のやりがいは、自分の作品が世に送り出せたときではないでしょうか。

では、webデザイナーに向いている人はどんな特徴なのかを紹介します。

  • 地道な作業でも平気
  • 客観的に考えられる人
  • こだわりが強い人

上記はwebデザイナーをする上で重要になってくるので当てはまる方は是非webデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

webデザイナーは1人での作業が多いため精神的ストレスが多くなります。おさらいとして、webデザイナーがつらいと思う理由として以下の事が挙げられます。

  • 納期が近づくにつれて残業が多くなる
  • 仕事が忙しいのに給与が少ない
  • webデザインの修正指示が多い
  • 新しい技術を学び続けなければならない
  • クライアントとの関係が難しい

上記5つのつらい理由は、環境変化やコミュニティへの参加によりつらさを減らせるので是非試してみてくださいね。

最後に、webデザイナーは年々増えてきているため希少価値を高める為にも、webデザイン制作の他に様々なスキルを覚えなければなりません。

覚えてほしいおすすめのスキルが2つ紹介します。

  • SEOやマーケティングを考えたデザインを創る
  • UIやUXを理解したデザインを創る

これらのスキルを習得することで、年収UPや報酬UPすること間違いないでしょう。