【焦るな危険】フリーランスエンジニアの未経験案件が過酷な理由を解説

実務未経験からフリーランスエンジニアになることを検討しているあなたは、

「フリーランスエンジニアは未経験で案件獲得できるの?」
「フリーランスエンジニアの未経験案件って実際どうなの?」
「実際に未経験案件を行ったことのあるエンジニアの声を知りたい!」

と多くの不安を感じていませんか?

収入を得るために必ず案件を獲得しなければならないので、未経験案件に関しては一番に疑問や悩みを解決したいと考えているでしょう。

実際に独立する前に未経験案件の実態を知れれば不安は解消できますよね。

そこで今回は、フリーランスエンジニアの未経験案件の現実を解説!未経験案件の口コミ情報も紹介していきますよ。

この記事を読めば、未経験案件を獲得するための方法やスキルアップしていくための行動が理解できますよ。

ぜひ本記事を参考にして下さい。

フリーランスエンジニアの未経験案件は過酷!

結論、フリーランスエンジニアの未経験案件は案件数も少なく単価も安いためとても厳しいのが現実です。

フリーランスになると会社員の時と比較して、収入が多くなり自由な働き方ができるイメージを持っていますよね。

ですが未経験案件になると、選べる案件数は少なくあなたの希望する条件でお仕事が見つからない可能性すらあります。

また案件単価も低いため、会社員と比べてもあまり収入面では変わらないと感じるかもしれません。なので独立したけどメリットを感じにくいのが未経験案件の特徴ですよ。

さらに未経験案件の場合はスキル不足などを理由に継続案件になりにくい傾向にあります。

数少ない案件の中からお仕事を選んで業務を行っても継続案件とならなければ、またお仕事をするために案件選びからやり直さなければならないんですよ。

そのためフリーランスエンジニアの未経験案件は過酷なので覚悟を持って挑戦しなければなりません。

【口コミ情報】フリーランスエンジニアの未経験案件の実態は?

フリーランスエンジニアの未経験案件の厳しい現実を知ったあなたは、実際に未経験案件を経験したエンジニアの声を聞きたいと感じていませんか?

口コミ情報を知れれば未経験案件の実態を知れるので参考になりますよね。

そこでフリーランスエンジニアの未経験案件の口コミ情報を以下の2つ紹介していきます。

  • 未経験案件はブラックが多い?
  • 単価は安いしリスキーな案件の可能性あり?

貴重な意見を経験から発言してくれているので為になる投稿ですよ。

未経験案件はブラックが多い?

実績なしではフリーランスエンジニアの未経験案件は厳しいという投稿です。案件数が少ない中で案件を獲得するのも難しいと手も足もでませんね。

さらに未経験案件はブラック案件の可能性もあると伝えてくれていますが、初めて案件を行う時は経験で比較するものがないので、ブラックな案件であるのか判断するのも難しいです。

案件を行うということは「こんなに大変なのか…」で終わってしまうかもしれませんので、ブラックな案件もあるということを覚えておくとよいでしょう

単価は安いしリスキーな案件の可能性あり?

実務未経験でフリーランスになることをおすすめしていないという投稿です。単価が安いことも理由の1つとして上げられていますね。

2つ目の理由として『地雷案件のリスクが高い』ことが上げられています。地雷案件とは手を出してしまうとあなたが損をしてしまう案件のことです。

たとえば案件を進めていくと最初の説明にはなかった仕事までさせられるということもあります。

またクライアントに質問しても返信がもらえず作業が遅くなったあげく、仕事が遅くて困るなど不利益になることを言われ報酬をカットされるなどさまざまです。

地雷案件なのか一般的な案件なのか見極めることが難しいので、自身で案件を獲得する際には注意が必要ですよ。

それでもフリーランスエンジニアになり未経験案件を獲得する方法3選

ここまでフリーランスエンジニアの未経験案件に関して厳しい現実をお伝えしてきました。

過酷なことを受け入れ、それでも「チャレンジしていきたい!」という強い意思のあなたに未経験案件を獲得する方法を紹介していきますね。

フリーランスエンジニアの未経験案件を獲得する方法は以下の3選です。

  • エージェントに登録する
  • 知人から案件を紹介してもらう
  • 自身で営業活動する

順に説明していきますね。

エージェントに登録する

未経験案件を獲得する方法としてエージェントを活用しましょう。

エージェントに登録するとエージェントの担当者があなたの希望に合った案件を探し出し紹介してくれるからです。

案件を獲得するために営業しながら業務をこなしていくのは大変体力がいることですし、お仕事があなたの思うように進まない可能性もあるでしょう。

しかし。エージェントに登録することであなた自身で案件を検索し営業しなくて良いので時間と労力を削減できます。

営業を行ったことの無い方やアピールすることに自信のない方はエージェントに登録し、営業活動を代行してもらうことで業務に集中できる環境を作れますよ

またエージェントによって得意な業界や職種が異なりますので、あなたの希望に合った案件を多く抱えているエージェントに登録することをおすすめします。

エージェントも数多くありますので、あなたに合うエージェントを探して下さいね。

さらに詳細にフリーランスエンジニアのエージェントに関して知りたい方は以下の記事に網羅的に書かれているので御覧になって下さいね。

【徹底調査】フリーランスエンジニアエージェント12選はこれ!仕事に困らない厳選リスト

知人から案件を紹介してもらう

もし知り合いに案件を持っている人が居たらまず初めに相談してみることをおすすめします。

知り合いとの交渉になるのでコミュニケーションが取りやすく、スキル面でのミスマッチも起こりにくいためお仕事上でのトラブルが起こりにくいですよ

継続的に案件がもらえたり別の案件を紹介してもらえる可能性も高いので、安定的にお仕事ができ収入も安定しやすいんです。

しかし報酬面では交渉しづらいデメリットもあるでしょう。

知り合いからもらってる仕事なので「報酬は安めで協力したいけど、自分自身の利益も出していきたい…」と悩みを抱えるかもしれません。

知り合いとの間に亀裂が入らないように単価交渉は慎重に行うようにしましょう。

自身で営業活動する

これまでに営業経験があったり、営業でプッシュしていくことを得意としている場合はあなた自身で営業していきましょう。

最近ではSNSを営業ツールとして利用する方法もあります。

たとえばTwitterやfacebookに仕事内容を記載したり、成果物やお仕事の情報を載せておくと自ら動かなくても営業活動をすることができるんです

こまめに情報を発信することで多くの友人や知人、クライアントの目に止まりやすいので、コツコツ情報を発信していくのが重要です。

同業者に埋もれないようにインパクトがあり目を引くような発信をするためにも以下の点を意識してくださいね。

  • SNSのアイコンを自身の似顔絵にする
  • 文字数少なめで写真や動画など視覚で勝負する
  • 仕事内容などはプロフィールに詳細を記載する

業務が一目見て分かるように写真や動画で投稿するとインパクトも出て、スキマ時間に確認してもらえやすいですよ。

エンジニア未経験でもスキルアップしていくためには?

未経験案件を獲得しお仕事をスタートさせた後は、スキルを磨き続け業務をこなしていくことになりますよね。

でも、

「エンジニア未経験だしスキルアップしていく方法がわからない…」
「スキルアップしていく方法が知りたい!」

と感じませんか?

そこで安心して独立するためにも、エンジニア未経験でもスキルアップをしていく方法をお伝えしていきます。

最後にスキルアップしていく方法がわかれば、フリーランスになる不安が解消されていきますよね。

エンジニア未経験でもスキルアップしていく方法は以下の3選です。

  • 独学で学習する
  • セミナーや勉強会に参加する
  • スクールに通う

順に解説していきますね。

独学で学習する

学習費用が抑えられ、あなたの都合に合わせてスキルを身に着けられるので独学をおすすめします。

独学で学習するには本やWebサイトを活用する方法があります。

本は技術やレベル別に、図解が多いものやカラーで書かれているものなどさまざまな本が出ているので自分に合う本を選ぶにも迷うくらいですよ。

また、Webサイトでは無料と有料のものがあり、それぞれメリットデメリットがあります。

インターネットにつながる環境であれば場所と時間を選ばずにスキマ時間にも学習できるので時間を有効に使えますよ。

本もWebサイトも共にたくさんありますので、あなたに合ったものを探し出し学習に活用して下さいね。

セミナーや勉強会に参加する

本やWebサイトからでは学べない『現場の感覚や実体験の話』をしてもらえるのでセミナーや勉強会に参加することをおすすめします。

現場で活躍しているエンジニアから教わることは今後のお仕事の参考になりますよ。

知識や技術を身に着けることはもちろん大切ですが、現場の感覚は業務を行わずにはつかめないものなので貴重なお話を聞ける良い機会なんです。

また同業者と交流の場にもなりますので、相談できる相手を見つけるのも良いでしょう。良い人間関係を築ければ、共に成長できさらに案件をシェアしてくれる場合もありますよ。

初対面のエンジニアとの交流がほとんどになりますので、コミュニケーションスキルを磨くためにも最適の場ですね。

スクールに通う

費用こそかかりますが、挫折をしにくいためスクールに通うこともおすすめです。わからないところをすぐに質問できるので、心が折れずに学習を進めやすいですよ。

学習を進めていくと、必ず不明点が出てきますよね。わからないところをすぐに解決できれば学習スピードを上げていけるので効率よくスキルアップできるんです。

またスクールに通うと講師の方から業界の情報を教えてもらえます。調べてもなかなか出てこないような経験に基づいた情報はとても価値がありますよね。

学習を進めつつ最新情報やあなたのほしい情報をリアルタイムで手に入れられるのはスクールの特徴と言えるでしょう。

スクールも数多くありますので、あなたに合うスクールを見つけることをおすすめします。

未経験のフリーランスエンジニアが高単価案件を獲得するには?

実務未経験のフリーランスエンジニアが高単価案件を獲得するのは、現実的に難しいでしょう。

あなたがクライアントだとしても、未経験の人に高額な報酬を支払おうとは思いませんよね。

とはいえ、フリーランスエンジニアの案件単価はスキルに応じて高くなる傾向にありますので、スキルがあることを証明できれば高単価案件を獲得できる可能性は高まります。

なので、あなたのフリーランスエンジニアとしてのスキルを証明するためにも、資格を取得していくことをおすすめします。

未経験からフリーランスエンジニアとして生計を立てていくことは、決して楽な道のりではありませんが地道に努力して案件を獲得していきましょう。

また、フリーランスエンジニアのおすすめ資格に関して詳しく知りたい方は下記の記事に網羅的に書かれているので、ぜひご覧になってください。

フリーランスエンジニアに資格は必要?レベル別におすすめ資格を紹介

まとめ

今回はフリーランスエンジニアの未経験案件に関して解説していきました。

結論からお伝えすると、フリーランスエンジニアの未経験案件は現実的に厳しく過酷です。

厳しい現実を受け止めて、それでもフリーランスエンジニアを目指していきたい方は案件を獲得するために以下の3つのことを実践していきましょう。

  • エージェントに登録する
  • 知人から案件を紹介してもらう
  • 自身で営業活動する

フリーランスエンジニアの未経験案件は過酷ではありますが、フリーランスエンジニアは目指せますので「フリーランスとして活躍するんだ!」という強い意志でチャレンジしましょう。

心が折れてしまってはうまくいきませんので、モチベーション高く常に前を向いて進んでいくことをおすすめしますよ。