あてはまってない?!フリーランスエンジニアで営業が上手くいかない人の特徴6選

「フリーランスエンジニアはどのような営業すれば良いの…?」
「営業が上手くいかないけど、なぜ…?」
「営業を成功させてるポイントを教えて欲しい!」

上記のような悩みや疑問を抱えているのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアで仕事を探している人は、「どのような営業をすれば良いのかな…」と悩みますよね。

また、営業が上手くいかない人は、その理由を知りたくなるはずです。

フリーランスエンジニアとして案件を見つけるためには、上手くいかない理由や営業方法を知ることで順調に仕事を進められるでしょう。

そこで今回はフリーランスエンジニアで営業が上手くいかない人の特徴6選を解説します。

本記事を読めば、複数の営業方法や成功ポイントが分かり1つでも多くの案件が獲得できるでしょう。

フリーランスエンジニアで営業が上手くいかない人の特徴5選

フリーランスエンジニアで営業が上手くいかない人は、「何が原因なのかな…?」と疑問に感じるはずです。以下に、営業が上手くいかない人の特徴を挙げています。

ここでは、営業が上手くいかない人の特徴を6選を紹介しますので、是非参考にしてください。

自己の強みをアピールできない

1つ目は、自己の強みをアピールできないことです。クライアントに自己の強みをアピールできなければ、仕事を依頼してもらえないでしょう。

例えば、具体的に行える仕事や得意なことをアピールしないと、クライアントの印象に残りません。すると、仕事を依頼しようと検討すらしないクライアントもいるでしょう。

また、他のエンジニアも案件に応募していると、仕事を勝ち取ることが難しくなります。

フリーランスエンジニアは新たな案件を獲得するために、自己の強みがアピールできるように準備を進めましょう。

クライアントの要望を理解できていない

2つ目はクライアントの要望を理解できていないことです。なぜなら、クライアントの要望に沿った仕事ができないと、その後の案件を任せてもらえません。

例えば、クライアントが女性向けのサイトを要望している場合に、男性向けにしてしまうと方向性に違いが出ます。

クライアント側は目指すサイトの運営ができず、他のエンジニアに発注する手間が生じるでしょう。

クライアントの要望を正しく理解することで、仕事を継続してもらえることも可能になります。

清潔感が無い

3つ目は清潔感が無いことです。仕事を行う上で、清潔感の有無で相手からの印象が大きく変わります。

例えば、無精ひげを生やしたまま仕事を行うと、相手によって不快に感じる人もいるでしょう。

さらに、身だしなみを重視しているクライアントは、最初の打ち合わせで仕事の依頼を断ることもあり得ます。

清潔感の無い人と仕事を継続したい人は、決して多くないですよね。

日頃から清潔感を持つことで、相手から好印象を受けますよ。

強引な売り込みをする

4つ目は強引な売り込みをすることです。クライアント側の事情を考慮しない相手とは仕事をしたくないでしょう。

例えば、仕事を依頼する必要が無い時に、強引な売り込みをされても不快に感じます。さらに、担当を行ったスタッフの業務に支障が出てしまうとクライアント側の迷惑になるでしょう。

フリーランスエンジニアは強引な売り込みをせず、アピールすることを心掛けてください。

案件探しを早く諦める

5つ目は案件探しを早く諦めることです。仕事を獲得することは簡単ではなく、時間がかかることもあります。

例えば、5社に営業を行った場合、全ての会社に話を聞いてもらえるわけではありません。仕事につながる会社が1社も無いケースもあるでしょう。

案件を獲得するためには、フリーランスエンジニアとクライアントの間に信頼関係を築くことが大事です。そのため、一度断られたとしても根気強く営業を行いましょう。企業の中には応募者の熱意を理解し、仕事を依頼してくれますよ。

フリーランスエンジニアの7つの営業方法

フリーランスエンジニアは仕事を獲得するために営業を行いますが、「苦手な人でもできる方法はあるのだろうと…」と考えますよね。

以下がフリーランスエンジニアの7つの営業方法を挙げています。

7つの営業方法を項目ごとに見ていきましょう。営業が苦手なフリーランスエンジニアでも、活用できる方法がありますよ。

営業メールを送信

1つ目は営業メールを送ることです。企業に営業メールを送り、仕事の獲得を目指します。

例えば、企業の問い合わせ先にメールを送信し、担当者からの返事を待つのです。メールを送る際は自分の得意なことや実績を記載してください。

企業の担当者に読んでもらえるように読みやすく、丁寧な文章が求められるでしょう。

SNSやブログを活用

2つ目はSNSやブログを活用することです。インターネットが普及しているため、より多くの人に情報を発信できますよ。

例えば、自分が活用しているSNSやブログから、仕事を探していることや得意なことを発信する方法を取ってみましょう。すると、興味を持った企業や個人から連絡が入る可能性があります。

定期的に情報を発信することで、より多くのクライアントに知ってもらえるでしょう。

こちらの記事では、フリーランスエンジニアがブログを書くメリットを成功事例を踏まえ、紹介していますので是非ご覧ください。

【収入UP?!】フリーランスエンジニアがブログを書くメリットから成功事例まで

人脈を活用

3つ目は人脈を活用することです。元同僚や知人ならお互いのことを知っているため、仕事を相談・紹介しやすくなるでしょう。

例えば、会社員時代の同僚に相談し、新たな取引先を紹介してもらう方法があります。また、勤めていた会社から仕事の依頼を受けることもあり得るでしょう。

過去に自分が築いた人脈を活かし、効率的に仕事を獲得すると良いですよ。

交流会やセミナーに参加

4つ目は交流会やセミナーに参加することです。交流会やセミナーでは多くの人が参加しているため、新たな人脈を築けられます。

例えば、異業種交流会に参加した場合、さまざまな業種の人と出会うことが可能です。また、異業種の人から意外な案件を依頼されることもあるでしょう。

新たな人脈を築くためには、交流会やセミナーへの参加がおすすめです。

クラウドソーシングを活用

5つ目はクラウドソーシングを活用することです。クラウドソーシングは自分の条件に合った仕事を検索し、応募しやすくなっています。

例えば、在宅で仕事したい場合は条件を指定し、複数の案件を同時に探すことが可能です。また、単発や中長期な案件など状況に合った仕事を見つけられます。

営業が苦手な人はクラウドソーシングを活用すると、効率的に仕事が探せるでしょう。

エージェントサービスを活用

6つ目はエージェントサービスを活用することです。エージェントに登録することで、担当者が代わりに仕事を探してくれますよ。

例えば、登録したエージェントの担当者に希望条件を伝えます。そして、担当者が登録者の条件に合った仕事を探し、紹介してくれるのです。

フリーランスエンジニアとして経験が浅い人は、積極的に活用することをおすすめします。

こちらの記事ではフリーランスエンジニア向けのおすすめのエージェントを詳しく解説していますので、是非ご覧ください。
【2021年最新】フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント12選!口コミ評判・注意点 | フリーランスのミカタ

求人サイトや企業のHPから応募

7つ目は求人サイトや企業のHPから応募することです。複数の求人サイトや企業の採用サイトから応募することで、直接契約が可能になるでしょう。

例えば、ある求人サイトで職種や条件を指定し検索します。すると、自分の条件に合った案件のみが見つかり、効率的に応募が可能です。

仕事を行いながら新たな案件を探す場合は、求人サイトを活用しましょう。また、企業のHPから応募すると直接交渉ができますよ。

フリーランスエンジニアとして営業を成功させる4つのポイント

上記では、フリーランスエンジニアの営業方法を紹介しました。しかし、フリーランスエンジニアとして営業する場合に『成功させるためのポイントが知りたいな…』と考える人もいるはずです。

以下が営業を成功させる4つのポイントになります。

営業を成功させる4つのポイントを見ていきましょう。

自己分析を行う

1つ目は自己分析を行うことです。自己の強みが明確になることでアピールしやすくなります。

例えば、企業へ応募する際に得意なプログラミング言語を伝えると、他の応募者よりアピールできるポイントになるでしょう。

また、SNSで情報を発信する場合は、興味を持ったクライアントから連絡がくる可能性があります。

自己分析ができないと相手に強みを伝えきれず、案件を獲得しにくくなるため、企業へ応募する際は自分の強みを把握しましょう。

ビジネスマナーを身につける

2つ目はビジネスマナーを身につけることです。ビジネスマナーは、社会人として必要不可欠なものになります。

例えば、電話やメールの場合、失礼な対応を行わないように言葉遣いや文章を知っておくことが大事です。また、採用の際は合否に直結することもあるでしょう。

そのため、ビジネスマナーを身につけ、相手に好印象を持ってもらうようにしてください。

実績・経歴をまとめる

3つ目は実績や経験をまとめることです。応募や条件を交渉する際にアピールできますよ。

例えば、企業へ応募する場合、実績や経験をまとめた資料を渡すと選考で有利になる可能性があります。また、経験者を求めている企業には採用されやすくなるでしょう。

仮に実績や経験が無い人は、企業から採用されずに案件が獲得できないリスクがあります。新たな案件を探す人は、実績と経験をまとめておくと良いですよ。

コミュニケーションや営業力を身につける

4つ目は、コミュニケーションや営業力を身につけることです。仕事を探す時や業務を行う時に、クライアントと円滑なやりとりができるでしょう。

例えば、面接の際にコミュニケーションや営業力があると、相手に高評価を受けやすいです。また、採用が決まった後も信頼関係が築きやすくなります。

仮にコミュニケーションや営業力が無い場合は、『新たな案件が獲得できない』や『コミュニケーションが取れず、仕事が打ち切られる』などのリスクがあるでしょう。

フリーランスエンジニアになる人はコミュニケーションや営業力を身につけることで、『仕事探し』や『業務』を効率的に進められますよ。

フリーランスエンジニアで案件獲得するならフリーランスのミカタがおすすめ

ここまで、フリーランスエンジニアで案件を獲得するための営業方法やポイントを紹介しました。

この記事を読んできた人は「おすすめの案件サイトがあれば、教えて欲しいな…」と考えますよね。

フリーランスエンジニアとして仕事を探している人は、『フリーランスのミカタ』をおすすめします。

フリーランスのミカタは仕事だけではなく、様々な知識や情報を提供しているサイトです。

特徴として、『日本最大級の案件数』『専任コンサルタントのサポート』『高価な案件が豊富』が挙げられます。
また、リモートが可能な案件もあり、自宅で仕事を行いたい人にも向いているサイトですよ。

新たな案件や様々な情報を探している人は、一度活用してみましょう。

こちらの記事では『フリーランスのミカタ』の評判やおすすめの理由を紹介していますので、是非参考にください。

信用できる?フリーランスのミカタの評判からおすすめな理由4選まで

まとめ

今回はフリーランスエンジニアで営業が上手くいかない人の特徴5選について解説しました。

営業が上手くいかない人は以下のようなことが該当します。

  • 自己の強みをアピールできない
  • クライアントの要望を理解できていない
  • 清潔感が無い
  • 強引な売り込みをする
  • 案件探しを早く諦らめる

フリーランスエンジニアとして営業を上手くするためには、『自己分析を行う』や『ビジネスマナーを身につける』『実績・経歴をまとめる』『コミュニケーションや営業力を身につける』が必要です。

独立する前に、様々な能力を身につけるようにしましょう。

この記事が、フリーランスエンジニアとして営業を上手く行うための参考になれば幸いです。