たった3STEP!フリーランスのミカタの登録方法や使い方まで紹介

フリーランスエージェントの登録は、フリーランスとして働く人にとって欠かせません。

エージェントはあなたに代わって、案件の獲得や交渉まで行ってくれるので仕事に集中することができるんですね。

数あるフリーランスエージェントの中でも、フリーランスのミカタは高単価な案件を多く保有しているエージェントです。

フリーランスのミカタでは、エンジニアやWebデザイナーに向けて良質な案件を提供しています。これからフリーランスのミカタに登録しようとしている人の中には、

「フリーランスのミカタに登録するには、どうしたらいいの?」
「登録した後の使い方が知りたい!」
「他のフリーランスエージェントと迷っているんだけど、どう決めたらいい?」

など、疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで、フリーランスのミカタの登録方法や使い方について解説していきます。他のフリーランスエージェントと迷った時の解決方法も紹介していきますね。

フリーランスのミカタの登録方法や使い方について知りたい方は、本記事を参考にしてください。

フリーランスのミカタに登録する際の注意点

結論から言うと、フリーランスのミカタでは未経験案件を多く紹介していません。職種における実務経験がない方は、案件の獲得が難しくなるでしょう。

フリーランスのミカタに限らず、フリーランスエージェントに登録するにはスキルや実務経験が必要とされます。

エージェントに登録する前であっても、公開案件をチェックすることができます。どの程度のスキルがお仕事に必要なのか、エージェントに登録する前に確認しておきましょう。

フリーランスのミカタ登録方法を3STEPで解説!

さっそく、フリーランスのミカタの登録方法を解説していきます。画像も合わせて分かりやすく紹介していきますね。

フリーランスのミカタに登録するのに必要なステップは、以下の3つです。

それではさっそく、ステップに沿って解説していきます。

STEP1:まずは会員登録しよう

引用元:フリーランスのミカタ

まずは、フリーランスのミカタの公式HPから新規登録をクリックして必要事項を入力しましょう。

入力したメールアドレスには、フリーランスのミカタから面談の調整など連絡がきます。アドレスの入力に誤りが内容注意してくださいね。

STEP2:エージェントと面談しよう

会員登録が終わったら、フリーランスのミカタのエージェントと面談を済ませましょう。エージェントとの面談は、オンラインでも可能ですよ。

面談では、あなたのスキルや希望する職種などエージェントが案件を探すのに必要な情報を聞かれます。

どのような案件やお仕事をしたいのか、あらかじめ考えておくと面談がスムーズに進むでしょう。場合によっては、即日で案件を紹介してくれることもありますよ。

STEP3:案件に応募してみよう

エージェントとの面談を終えたら、さっそく案件に応募してみましょう。自分で探すのがむずかしいという方は、エージェントに紹介してもらうことも可能です。

フリーランスのミカタでは、1万件以上の案件を保有しているのであなたに合ったお仕事がきっと見つかるはず。希望する単価や必要なスキルなどから探してみてくださいね。

フリーランスのミカタの使い方

フリーランスのミカタを登録した方の中には、フリーランスエージェントを使うのが初めてという方もいるでしょう。

それぞれのフリーランスエージェントで、得意としている案件も異なるので使い方も変わってくるんですね。

そこで、フリーランスのミカタの使い方を解説していきます。

フリーランスのミカタであなたに合った案件を見つけるためには、職業やスキルごとに探すなどさまざまな方法があります。それぞれ、詳しく解説していきますね。

職業で探す方法

まずは、フリーランスのミカタで職業別に案件を探す方法を紹介していきます。フリーランスのミカタでは、WebデザイナーやITエンジニア向けの案件を多数保有しているんですね。

職業ごとに案件を探す方法としては、

などが挙げられます。あなたの希望する職種の案件を探してみてくださいね。

Webデザイナーで探す

フリーランスのミカタでは、Webデザイナーに向けた案件を60件近く保有しています。(2021年9月現在)

また、Webディレクター業務もこなせるスキルがあれば、獲得できる案件の種類や単価も増えますよ。

Webデザイナーに関する案件は、会社に常駐するものからリモート可能な案件もあるのでチェックしてみてください。

ITエンジニアで探す

フリーランスのミカタでもっとも多く紹介されているのが、ITエンジニア向けの案件です。あなたが希望するエンジニア職種の案件を見つけることができますよ。

主に紹介されている案件のエンジニア職種としては、

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • フルスタックエンジニア
  • ネットワークエンジニア

などが挙げられます。

会社や企業によっては、同じエンジニア職種であっても求められるスキルや仕事が異なることもあるんですね。詳細な仕事内容をエージェントに確認しておくと良いですよ。

マーケティング・Webマーケティングで探す

「フリーランスエージェントって、エンジニア以外の案件は少ないの?」と不安に思っている方も少なくないはず。

実際、フリーランスエージェントで紹介している案件はエンジニアに向けたものが特に多くなっています。

しかし、フリーランスのミカタではマーケティング・Webマーケティングに関する案件も300件以上保有しているんですね。(2021年9月現在)

エージェントを使ってマーケティング関連の仕事がしたい方も、安心して利用できますよ。

スキルで探す方法

あなたがフリーランスとして活躍できるスキルを持っていれば、スキルごとに案件を探す方法もおすすめです。

フリーランスのミカタではスキルごとに案件を探すことで、どのような仕事内容なのかも確認することができますよ。

スキルごとに案件を探す方法としては、

などが挙げられます。それではさっそく、詳しく解説していきますね。

Javaなどのプログラミングスキルで探す

ITエンジニアやプログラマーとして案件を獲得したいのであれば、プログラミング言語やスキルごとに探すと良いでしょう。

フリーランスのミカタでは、それぞれのプログラミング言語ごとに案件を豊富に紹介しています。特に案件数の多い言語としては、

  • Java
  • JavaScript
  • Python
  • Ruby on Rails

などが挙げられます。あなたの持っている言語スキルの職種を探してみてください。

photoshopなどのデザインスキルで探す

デザイン系の案件を獲得したいのであれば、photoshopなどデザインスキルで案件を探してみましょう。他にも、IllustratorやSketchなどのスキルで案件を検索するのも良いですよ。

あなたにマッチした案件があれば、すぐにチェックしてみましょう。

実務経験を元に探す

フリーランスとして働く人にとって、実務経験があるかないかは重要なポイントです。実際に現場で働いた経験があるかどうかで、即戦力として働ける人材だと判断できますからね。

今までのお仕事で培ったスキルがあれば、実務経験を元に案件を探してみましょう。「経験者募集!」と紹介している案件もあるので、チェックしてみてください。

条件で探す方法

「フリーランスとして、時間や場所にとらわれずに働きたい!」
「週1.2日の稼働に抑えたい。」

など、希望に沿った案件を獲得したいという方もいるでしょう。条件ごとに案件を探すことで、あなたに合ったお仕事が見つかる可能性が高まりますよ。

フリーランスのミカタで条件ごとに案件を探す方法としては、

などが挙げられます。それぞれ、解説していきますね。

在宅・リモート案件で探す

フリーランスのミカタでは、在宅やリモート案件も多く紹介しています。掲載されている案件数の8割がリモート案件となっているんですね。(一部リモートも含む)

案件によっては、企業常駐かリモートかを選択できるものもあります。あなたに合った働き方が実現できる案件を見つけてみてください。

勤務日数・稼働時間で探す

「勤務日数や稼働時間から案件を選びたい!」という方も少なくないでしょう。フリーランスのミカタでは、案件ごとに想定される稼働時間を掲載しています。

必要な稼働時間に対してあなたの望む収入が得られるかどうか、事前にチェックすることができるんですね。あなたが必要なだけ働けるぴったりなお仕事を探してみてください。

複数のフリーランスエージェントで迷った時の解決方法

リサーチしたところ、大手のフリーランスエージェントだけでも20社以上もあるんですね。

フリーランスのミカタ以外にも、どのエージェントに登録しようか迷ってしまうこともあるはず。

そこで、複数のフリーランスエージェントで迷った時の解決方法について紹介していきます。解決方法としては、

などが挙げられます。エージェント選びに迷っている方は、以下で解説する内容を参考にしてください。

非公開案件も考慮してエージェントを決める

フリーランスエージェントの多くは、非公開案件を多数保有しています。

登録する前に閲覧できる公開案件だけでは、エージェントの良し悪しを判断するのは難しいんですね。

また、フリーランスエージェントの担当者が独自に案件を保有している場合もあります。エージェントに登録して非公開案件をチェックしたうえで決めるのがおすすめですよ。

担当者などのサポートを体験してから比較・検討する

同じフリーランスエージェントであっても、あなたに付く担当者によってサービスの質が変わることがあります。

エージェントによっては、「クライアント担当」「キャリアカウンセリング担当」など分野ごとに対応する制度を取っているところもあるんですね。

フリーランスのミカタでは、専属の担当者がキャリア相談・参画前後のサポートまで一貫して行います。担当者のサポートを体験してから使うエージェントを決めるのも良いですよ。

エージェントの評判・口コミをチェックしてから決める

実際にエージェントを利用しているユーザーの口コミや評判は、フリーランスエージェントを決める大きな判断材料となります。

それぞれのエージェントの評判や口コミをチェックして、あなたが求めるサービスが提供されているか確認してみましょう。

また、フリーランスのミカタの評判については以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

→coming soon…

まとめ

今回は、フリーランスのミカタの登録方法や使い方について解説しました。職業やスキルごとに案件を探す方法など、具体的に紹介しています。

本記事の内容を参考にして、あなたに合ったお仕事を見つけてみてくださいね。

また、フリーランスエージェントでは登録することで閲覧できる非公開案件が多くあります。

フリーランスのミカタでは、1万件以上の案件を紹介しているのでチェックしてみてくださいね。登録方法や使い方について知りたい方は、本記事を参考にしてください。