会社員より過酷?!フリーランスエンジニアがつらいと言われる理由5選

「フリーランスエンジニアのつらいことってなに?」
「現役フリーランスエンジニアが感じているつらさってなに?」
「フリーランスエンジニアのつらさを乗り越える方法はないの?」

フリーランスエンジニアへの憧れはあるものの、なかなか独立への一歩を踏み出せないのはフリーランスエンジニアがつらいという声があることを知っているからではないですか?

会社員とフリーランスエンジニアでは働き方が異なるので、つらさも違ってくるはず。

なのでフリーランスエンジニアがつらいと言われている理由がわかれば、フリーランスエンジニアになることに対しての考えも変わってくるのではないでしょうか。

そこで今回はフリーランスエンジニアがつらいと言われる理由を5選紹介!合わせて現役フリーランスエンジニアがつらいと感じていることもお伝えしますね。

この記事を読めば、会社員生活では見えてこないフリーランスエンジニアのつらさがわかり、つらさを乗り越える方法も知れますよ。

会社員と比べてフリーランスエンジニアはつらい?

これからフリーランスエンジニアを目指そうと思っている方の中には、「ぶっちゃけ会社員と比べたらどっちがつらいの?」と気になっていませんか?

フリーランスは働き方や収入の安定さも異なるため、会社員と比較するとフリーランスエンジニアはつらいです。

会社員とフリーランスエンジニアの違いは以下の通り。

 会社員フリーランスエンジニア
お仕事獲得方法上司からの指示自身で獲得
収入面安定不安定
年収を上げていく年功序列、勤続年数別スキルに応じて

会社員はチームでコミュニケーションを取って業務を進めたり、周りの方にすぐに相談できる環境ですよね。

しかしフリーランスエンジニアになると一人で作業をする場合が多く、孤独を感じやすいんです。

さらに案件を取り続けないと収入は得られません。なのでクライアントに信用され継続案件となるように報告や連絡、相談の徹底や納期を必ず守るようスケジュール管理を自身でしっかりとしていかなければなりません。

上記のように会社員とフリーランスエンジニアにはさまざまな違いがあるため、フリーランスエンジニアがつらいと感じるでしょう。

フリーランスエンジニアがつらいと言われる理由5選

フリーランスエンジニアって自由な働き方ができて収入も高く、羨ましいイメージを持っていませんか?

憧れの働き方ではあるけれど、フリーランスエンジニアがつらいと言われていることも知っている方は多いでしょう。

そこで、フリーランスエンジニアがつらいと言われる理由を5選紹介します。

  • 収入が安定しにくい
  • 孤独を感じる
  • 社会的信用が低い
  • 実力勝負なところ
  • 実務経験が3年以上ないと案件が少ない

1つずつしっかりと解説していきますね。

収入が安定しにくい

常に案件があるという保証はないので、収入が安定しにくいという理由があります。

会社員と異なりフリーランスエンジニアは案件を獲得できて初めてお仕事をスタートできますよね。

しかも案件は一回獲得できれば終わりということではなく、継続案件とならなければまた新たな案件を探すところから始めていくことになります。

案件毎に報酬も異なりますので、毎月に決まった報酬を得るよりは報酬が月ごとに変動することが一般的です。

また案件が終わってもすぐに報酬を受け取れない可能性もあるため収入は不安定になる場合もありますよ。

毎月の給料が異なることがほとんどなので、あなたの生活費を把握しておかなければなりません。

孤独を感じる

フリーランスエンジニアは一人で作業をすることが多いため孤独を感じやすいことも理由にあげられます。

フルリモート案件の場合、クライアント先に出社する必要がないため家で業務を行えますよね。

家から出なくてもお仕事ができる環境なので一人で黙々とパソコンに向かってしまうんです。

1日中家にいて作業をしていると誰ともコミュニケーションを取る機会がなく人と会話をしない生活を送ってしまうため孤独を感じてしまいますよ。

また業務のわからない点を周りの人にすぐ相談できない環境でもあるので、ますます一人を実感してしまいがちです。

社会的信用が低い

収入が不安定になりがちなので社会的信用が低いという理由もあります。

先ほどもお伝えした通り、フリーランスエンジニアは案件毎に報酬が異なったり、案件が必ず得られる保証もないため収入が不安定です。

収入が不安定だと、たとえば住宅ローンを組む場合に金融機関などから返済不可能と判断され借り入れの審査に通らないケースもあります。

社会的信用が低いために金融機関からの借り入れ、クレジットカードの新規発行ができない可能性があることは把握しておくとよいでしょう。

実力勝負なところ

実力勝負であることも理由としてあげられます。

独立し実際に案件を獲得する時、スキルがないとクライアントに信用してもらえずお仕事を取れない可能性があります。

また、案件を獲得できたとしてもスキル不足のため継続案件とならなかったり、最悪の場合は契約打ち切りとなる場合もありますよ。

なのでフリーランスエンジニアになると実力が必要となります。

さらに技術面だけでなく、クライアントとの連絡や相談がしっかりとできることも重要です。

いくらすばらしいスキルを持っている人でもコミュニケーションが取れなければ一緒に仕事をしていくことは難しいですよね。

技術面だけでなくコミュニケーション能力もクライアントに評価されますよ。

実務経験が3年以上ないと案件が少ない

実務経験が少ないうちは案件を選べるほどないという理由もあります。

お仕事を探していると、必須スキルの欄に『実務経験3年以上』と記載されている求人が多いですよ。

というのも実務経験3年未満だとスキルが不足しているとクライアントに判断されやすいからなんです。

案件数が少なく案件選びが難しいケースやそもそも獲得できる案件が無い場合もあります。

実務経験を3年以上積むまでは我慢の時期と捉え、獲得できる案件をこなし実績をつけていかなければなりません。

フリーランスエンジニアの実務経験をより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。
フリーランスエンジニアに必要な実務経験とは?実務経験を積む方法5選まで

現役フリーランスエンジニアが語るつらさ3選

フリーランスエンジニアがつらいと言われる理由を理解すると「現役のフリーランスエンジニアもつらいと感じているの?」と疑問が湧いてきませんか?

実際にフリーランスエンジニアとして働いている人の口コミ情報がわかればあなたも納得できますよね。

そこで現役フリーランスエンジニアが語るつらさを3選紹介します。

  • やっぱり実力勝負
  • 焦燥感を感じる
  • 心を病むこともある

順に解説していきますね。

やっぱり実力勝負

フリーランスエンジニアとして結果を出している人はたくさん勉強して実力を身に着けている人という投稿です。

実力を身に着けることで稼げるようになるということを教えてくれていますよ。何の近道もないのでただひたすらに学習に励むことが大切ですね。

実力はすぐに身に付くものではないので、時間を見つけ日々努力できる人がフリーランスエンジニアとして成功できるということですよ。

やっぱりフリーランスエンジニアは実力主義なので、毎日の積み重ねが重要なんですね。

焦燥感を感じる

準委任契約ではクライアントに継続的に契約してもらえるように常にアウトプットを出し続けていくことが精神的につらいという投稿です。

クライアントに求められている以上の成果を出そうと努力をし続けることが精神的なストレスになるということです。

フリーランスエンジニアになると、クライアントの期待に応えたいやお仕事が無くなるのが怖いという焦りを感じますよね。

責任感の強い人や人の期待に応えたいという思いが強い人ほど焦燥感を感じやすいでしょう。

しかし、エンジニアとして成長していくには良い環境であるということも教えてくれていますよ。

心を病むこともある

孤独な作業や厳しい納期、複雑な人間関係が絡み合ってくると心が病んでしまうことがあるという投稿です。

複雑な人間関係だけでも精神的に追い込まれることもありますが、作業しても終わらなかったり一人を感じやすい環境であるとさらにつらく感じるでしょう。

フリーランスエンジニアになって心が病んでしまっては元も子もないので、『逃げ道』を作っておくとよいと教えてくれていますよ。

フリーランスエンジニアのつらさを乗り越える方法3選

ここまで読み進めてくれたあなたは、フリーランスエンジニアのつらさがわかると「つらさを乗り越える方法ってないの?」と感じていませんか?

フリーランスエンジニアのつらさを乗り越えられれば、フリーランスエンジニアを目指そうと思えますよね。

そこでフリーランスエンジニアのつらさを乗り越える方法を3選お伝えします。

  • 実務経験を3年以上積んでから独立する
  • フリーランスコミュニティに参加する
  • 学習をする

1つ1つ丁寧に解説していきますね。

実務経験を3年以上積んでから独立する

あなたの希望する案件を獲得できるようにするために実務経験を3年以上積んでから独立しましょう。

先ほどもお伝えした通り、求人を見ていると実務経験3年以上が必須スキルになっている場合が多いです。

なので、フリーランスに独立する前に実務経験を3年以上積むことをおすすめしますよ。

ただ実務経験を3年以上あれば良いということではなく、クライアントからは業務を一通り理解し即戦力となってくれることを期待されているので、実力も身に着けていきましょう。

またクライアントから信用されお仕事が継続して取れるようになれば収入も安定するので社会的信用も落とさずにいられますよ。

あなたの希望する案件を獲得できれば仕事に対するモチベーションも上がりますよね。

フリーランスコミュニティに参加する

孤独を感じにくくするためにフリーランスコミュニティに参加することもおすすめですよ。

フリーランスコミュニティに参加すると同業者と交流を持てるようになるため、気の合う人と仲良くなれればお仕事の相談ができるようになり孤独を感じにくくなるんです。

業務の不明点を教えてもらえたり、さらに良い付き合いができれば案件もシェアしてくれる可能性もありますよ。

お互いを知っているため知識やスキルの状況、コミュニケーション能力が問題になることはほとんどなくスムーズに作業を進められるので安心できますよね。

さまざまなフリーランスコミュニティがありますので、あなたに合うものを探して下さいね。

学習をする

スキルを身に着けるために学習を進めていく方法もあります。

フリーランスエンジニアになると実力主義になるので、同業者のライバルと差をつけるためにもスキルを磨くことが必要です。

クライアントに信頼してもらえるようにスキルアップしていけば、お仕事がないという心配も減っていくでしょう。

さらに技術的な面だけでなく、コミュニケーションスキルも大切になります。黙々と作業しているだけではクライアントに継続してお仕事をしてもらいたいと思ってもらえないからです。

しっかりと会話ができる人も求められるのでクライアントの話を聞き、あなたから連絡や報告、相談をしていくことも重要ですよ。

まとめ

今回はフリーランスエンジニアがつらいと言われる理由を解説していきました。

もちろん会社員には会社員のつらさがありますが、フリーランスに独立するとまた違ったつらさに直面するんですよ。

そこでフリーランスエンジニアがつらいと言われる理由を5選紹介しています。

  • 収入が安定しにくい
  • 孤独を感じる
  • 社会的信用が低い
  • 実力勝負なところ
  • 実務経験が3年以上ないと案件が少ない

フリーランスエンジニアのつらさは会社員時代では経験もしていないことがほとんどです。

なので事前にフリーランスエンジニアのつらさを知っているのと知らないのでは精神面へのダメージが変わってきますよ。

経験のないことって不安だったり心配が尽きないですよね。フリーランスエンジニアのつらさを乗り越える方法もありますので、安心して下さいね。