現実を見ろ!フリーランスエンジニアにスキル不足でなるのは論外

「フリーランスエンジニアってスキル不足でもなれるの?」
「スキル不足のデメリットや失敗例を知りたい!」
「独立する前にやっておくことを教えて欲しい!」

上記のような悩みや疑問を抱えているのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアを目指している人は、「スキル不足でも大丈夫なのかな…」と心配になりますよね。

また、スキル不足や経験が浅い状態で独立する場合、どのようなデメリットがあるのか気になるはずです。

今後、独立を検討している人はデメリットや失敗例を知ることで、成功への道を進めるでしょう。

そこで今回はフリーランスエンジニアにスキル不足でなったデメリットや失敗例を解説します。

本記事を読めば、スキル不足にならないための対策や事前に身につける能力を把握し、独立後の失敗を防げるでしょう。

フリーランスエンジニアにスキル不足でなるのは論外

フリーランスエンジニアを目指す人はスキル不足でなるのはやめましょう。なぜなら、フリーランスの世界は成果主義で、能力が無いと案件が獲得できないからです。

例えば、エンジニアとしてのHTMLやCSSが使えるが、WordPressの経験が無いと仕事ができないことがあります。また、得意・不得意の部分があると案件がもらえないこともあり得るでしょう。

そのため、フリーランスエンジニアにスキル不足でなると、案件を獲得できず収入が不安定になるリスクがあります。

スキル不足で案件が獲得できない状況に陥らないように注意しましょう。

フリーランスエンジニアにスキル不足でなるデメリット3選

フリーランスエンジニアにスキル不足でなると「どのようなデメリットがあるのか?」と気になりますよね。

スキル不足で独立した場合は、以下のようなデメリットがあります。

ここでは、スキル不足が招くデメリットの3選を紹介します。

案件獲得が難しい

1つ目は案件の獲得が難しいことです。なぜなら、スキル不足のエンジニアができる案件が少ないからです。さらに、自らが営業を行わなければ仕事を獲得できません。

例えば、WordPressに関連する案件の場合、経験の無い人に仕事を任す会社は多くないでしょう。会社は経験者を優先し、案件を依頼するはずです。

スキル不足のエンジニアは自らがアピールできるポイントが少なく、経験者と比べると見劣りします。案件を獲得するためには、スキル不足を解決しなければいけません。

案件の獲得が難しい状況が続くと仕事よりも案件を探す時間が増えてしまい、収入が入らないリスクが出てくるでしょう。

継続案件になりづらい

2つ目は継続案件になりづらくなることです。なぜなら、スキル不足が影響し案件を任させてもらえないからです。

例えば、依頼した案件のクオリティが低いと、前向きに継続しようと考えづらくなります。また、他のフリーランスエンジニアに依頼しようと検討する会社もあるでしょう。

スキル不足は仕事へのクオリティに影響を与え、継続した案件が獲得しにくくなるリスクがあります。さらに、生活水準を上げることが難しくなるでしょう。

収入が安定しない

3つ目は収入が安定しないことです。なぜなら、営業が上手くいかなければその分収入が得られないからです。

例えば、契約満了で案件が減った場合、次の仕事を見つけなければ収入が減ります。また、継続的な案件がなければ毎月安定した収入を得ることが難しいでしょう。

仮に収入が安定しない場合、生活の水準が下がってしまいます。さらに、精神的にも不安定になり、体調を崩す恐れがあるでしょう。

仕事の案件を安定させることは、体調にも大きな影響を与えますよ。

フリーランスエンジニアとして働く場合は複数の案件を獲得し、収入の安定を目指す必要があります。

フリーランスエンジニアにスキル不足でなった失敗事例2選

上記でフリーランスエンジニアにスキル不足でなるデメリットを見てきましたが、「具体的な失敗例を知ってみたい…」と気になりますよね。

実際にフリーランスエンジニアとして失敗した経験を投稿したコメントをインターネット上で見つけました。

  • 他人に比べて成果が出せなかった
  • 報酬に注目し過ぎた

ここでは、実際に失敗した人の事例を2選紹介します。

他人に比べて成果が出せなかった

上記は他人に比べて成果を出せなかったことを記載した投稿です。

スキル不足で成果を出せなかったことを後悔しています。

しかし、後悔したことをきっかけに勉強を続けているとのことです。

過去の失敗と同じことをしないように取り組んでいる姿勢は凄いですね。

報酬に注目し過ぎた

上記では報酬に注目し過ぎたあまり、他の部分が見えなかったことが記載された投稿です。

仕事を行う場合は、工数やクライアントの情報を集めることが大事だと伝わってきます。

報酬が良い案件でも時間がかかってしまうと、他の仕事にも影響が出る可能性がありますね。

仕事を探す時は報酬だけではなく、工数やクライアントを知ることも忘れないようしましょう。

スキル不足のエンジニアが身につけなきゃ通用しないスキル3選

ここまで読まれてきた方の中には、「スキル不足にならないようにスキルを身につけたい!」と考えている方もいるでしょう。

とはいえ、やみくもにスキルを身につけるのではなく、自分の能力に不足しているものを積極的に習得することが重要です。

スキル不足のエンジニアにならいためには、以下のスキル3選をおすすめします。

ここでは、身につけるべきスキル3選を紹介します。

プログラミング言語の知識や技術

1つ目は、プログラミング言語の知識や技術を身につけることです。なぜなら、案件を獲得するためにスキルや実績が必要だからです。

また、案件によっては一定のスキルや実績がなければ、応募すらできません。

例えば、プログラミング言語を複数できるエンジニアは、クライアントからさまざまな案件を依頼される可能性が高くなります。さらに、実績があると条件の交渉も進めやすいです。

フリーランスエンジニアとして独立する場合は知識や技術を身につけ、対応できる案件を増やしましょう。

効率的に知識や技術を身に付けるためには、プログラミングスクールを活用すると良いですよ。

こちらの記事では、フリーランスエンジニアに必要な知識や技術を身につけられるおすすめのスクールについて解説されていますので、是非ご覧下さい。

フリーランスエンジニアにおすすめのスクール10選!選ぶポイントまで

自分を管理する能力

2つ目は自分を管理する能力を身につけることです。なぜなら、個人で仕事とプライベートの区別をつけづらいからです。

例えば、作業時間や場所は自分で決められますが、調整しなければ体調を崩す恐れがあります。

また、複数の案件がある場合はスケジュールの管理が重要です。仮にスケジュールの管理を怠ると納期の直前で徹夜になることもあり得ます。

自分を管理する能力があることで、スムーズに仕事を行えますよ。

コミュニケーション能力

3つ目はコミュニケーション能力を身につけることです。仕事を進める際は業務の詳細や納期について、やり取りを行います。

例えば、仕事の方向性や修正点があれば、電話やメールなどで連絡を取り合うでしょう。その際に、クライアントに的確な提案ができる能力も必要になります。

コミュニケーション能力を身につけるためにはセミナーや交流会に参加し、多くの人と会話を行ってください。初めの頃は緊張しますが、徐々に慣れてくるでしょう。

スキル不足のエンジニアは独立する前に能力を磨こう

フリーランスエンジニアとして独立を目指しているならば、スキルを身につけてからにしましょう。

スキル不足のエンジニアは1つの能力だけではなく、さまざまな能力を磨くことが大事ですよ。

なぜなら、フリーランスは営業から作業まで全て自分が行わなければいけないからです。

例えば、新たな案件を獲得するためには会社に電話やメールを送り、営業を行います。また、請求書や備品の購入などの業務も1人で進める必要があるのです。

フリーランスエンジニアを目指す場合は、仕事への知識や技術以外の業務もできるようにしましょう。

仮に一刻も早くフリーランスエンジニアになりたい人は、最低でも1年以上の実務経験を積んでおくと良いですよ。

こちらの記事では、フリーランスエンジニアに必要な実務経験について解説されていますので、是非ご覧下さい。

フリーランスエンジニアに必要な実務経験とは?実務経験を積む方法5選まで | フリーランスのミカタ

まとめ

今回はフリーランスエンジニアのスキル不足について、デメリットや失敗例などを解説しました。

フリーランスエンジニアでスキル不足には、以下のようなデメリットがあります。

  • 案件獲得が難しい
  • 継続案件になりづらい
  • 収入が安定しない

将来、フリーランスエンジニアを目指す人は上記のようなことにならないように対策が必要です。

スキル不足のエンジニアは、自分に足りない知識や技術を磨きましょう。さらに、コミュニケーション能力や自己管理できる能力を身につけてください。

この記事がフリーランスエンジニアを目指す人の参考になれば幸いです。