習得できてる?フロントエンドエンジニアの必須スキル17選!ハードスキルとソフトスキル別で紹介

フロントエンドエンジニア必須スキル17選!

IT業界では言語(コード)はもちろん、様々なスキルが必要とされますよね。特にスキルは種類も分野も幅広く、どのスキルから身につければよいのか迷ってしまいますよね。
効率よくスキルを習得してお仕事につなげていったりしたいはず。必要のないスキルを身に着けて遠回りして後悔するだけは避けたいですよね。

フロントエンドエンジニアを目指す人の中には、

「フロントエンジニアには、どんなスキルが必要なの?」
「スキルの中でも、特に必要なスキルってあるの?」
「フロントエンドエンジニアを目指すなら、どのスキルから勉強すれば?」

と疑問に思っている方もいるのでは?

仕事においてスキルは、活躍できる幅を広げたり自身のキャリアアップにつながる大切な要素。だからこそ、習得が難しいものも多く存在します。

そこで今回は、フロントエンドエンジニアの必須スキルについて解説します。また、獲得したスキルをどのように活用していけばよいのかも紹介していきますね。

これからフロントエンジニアを目指してスキル獲得を検討している方は、本記事を参考にしてください。

そもそもフロントエンドエンジニアってどんな仕事するの?って人は、以下の記事で網羅的に解説しているので、チェックしてみてください。

フロントエンドエンジニアはどんな仕事?年収やスキル、資格や将来キャリアパスも解説

フロントエンドエンジニアには2種類のスキルが必須

結論からいうと、フロントエンドエンジニアに必要なスキルは大きく分けて2種類あります。それはハードスキルとソフトスキルです。

ハードスキルとは、エンジニアの技術面に関わるスキルのこと。一般的には、評価基準が明確なスキルのことを指します。

また、ソフトスキルとはコミュニケーション能力やリーダーシップなど、人間性に焦点をあてたスキルのこと。特に最近では、ソフトスキルの有無に注目が集まっているんです。

幅広い分野での活躍が期待されるフロントエンドエンジニアには、上記の2種類のスキルの獲得は必須になります。

ここでは、それぞれのスキルがどんな特徴をもっているのか詳しく紹介していきます。あなたに必要なスキルかどうか、参考にしてみてください。

ハードスキル

ITエンジニアにとって、ハードスキルの習得度は仕事や活躍できる市場を大きく左右します。上記でもお伝えしましたが、ハードスキルは人材価値を測る明確な基準のこと。

フロントエンドエンジニアの主な仕事は、Webページ・アプリなどのWebコンテンツ制作です。なので、Webコンテンツ制作に必要なスキルがハードスキルとなります。

主要な言語を用いてのコーディングはもちろん、さまざまなフレームワークを駆使してWebコンテンツを制作するのがフロントエンドエンジニアのお仕事。

だからこそ、フロントエンドエンジニアには多くのハードスキルが求められます。

ソフトスキル

仕事を進めていく中で、完全に個人で仕事が完結することはほとんどありません。特にフロントエンドエンジニアは、フロントエンドだけでなくサーバエンドに関わることも多い職種です。

企画やプロジェクトを円滑に進めるためには、的確な指示やコミュニケーションが必須。上記のような人間性に関わるスキルのことを、ソフトスキルと呼ぶんですね。

CMS構築やUI/UX設計の知識も必要とされるフロントエンドエンジニアは、Webデザイナーと話し合いながら仕事進めていくことも多いんです。だからこそ、ソフトスキルは必須のスキルなんですね。

ハードスキルに加えてソフトスキルの習得も、フロントエンドエンジニアとして活躍するために大切なポイントになります。

フロントエンドエンジニアの必須スキル10選!ハードスキル編

それではさっそく、フロントエンドエンジニアに必須なハードスキル10選を紹介していきます。フロントエンドエンジニアに必須なハードスキルとして、

  • JavaScript
  • CSS
  • HTML
  • コーディング
  • CMS構築
  • サーバーサイドの言語
  • UI/UX対応(モバイル対応)
  • SEO
  • SNS
  • デザイン

などが挙げられます。それぞれ、詳しく解説していきますね。

JavaScript

フロントエンドエンジニアにとって、JavaScriptの習得は必須であり前提です。ハードスキルの中でも、JavaScriptは核となる技術。

JavaScriptとはブラウザ上で動的な表現を可能にする技術で、多くのウェブサイトで利用されているんですね。

フロントエンドエンジニアには、JavaScriptを用いて双方向な表現が可能なWebサイトの構築が求められます。

多くの言語の中でも、フロントエンドエンジニアにとってJavaScriptの基本を取得することは必須になります。

CSS

CSSはWebページを作る際に必ず使用する言語で、JavaScriptと同様にフロントエンドエンジニアに必須なハードスキルの1つです。

現在では、CSS3が基準となっていて習得が必要となります。場合によっては、過去バージョンの知識が必要となるので注意しておきましょう。

他の言語に比べて、CSSは習得が比較的簡単な言語になります。フロントエンドエンジニアとして活躍し続けるためにも、基礎のハードスキルとしてしっかり身につけておきましょう。

HTML

上記のCSSと同様に、 HTMLもWebページを作る際に必ず使用する言語になります。もちろん、フロントエンドエンジニアにとって必須のハードスキルですね。

フロントエンドエンジニアには、HTMLの基礎的知識だけでなく見やすいページにするためのデザインスキルも求められるんですね。

CSSと合わせてHTMLを駆使してWebサイトを制作するためにも、習得必須のハードスキルになります。

コーディング

Webコンテンツ制作の中でも、ブラウザ側で機能する部分をフロントエンドエンジニアは担当します。Webデザイナーが作ったデザインを再現、ブラウザに表示させるのがメインの仕事なんですね。

フロントエンドエンジニアであれば、HTMLとCSS、Javascriptを用いてWebサイトを制作できるのが前提になります。

3つのフロントエンド言語を身につけて、適切にコーディングできるハードスキルは確実に習得しておきましょう。

CMS構築

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSを用いて基盤からWebサイト構築を行うよりもCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使うケースの方が多いんですね。

そもそもCMSとは、WordPressなど専門的な知識がなくてもWebコンテンツ制作ができるシステムのこと。CMSの登場によって、知識のない人でもコンテンツの更新や修正を簡単にできるようになりました。

フロントエンドエンジニアの仕事の中で、CMSを使ったサイト制作を請け負うことは少なくありません。クライアントに合わせたオリジナルのCMS構築をする場合もあるんです。

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、WordPressなど知名度の高いCMSでのWebサイト制作スキルは必須になります。主要なCMSの機能、使用する言語など網羅的に修得しておきましょう。

サーバーサイドの言語

PHPなどサーバーサイドの言語も、フロントエンドエンジニアが修得すべきハードスキルの1つです。

WordPressなどCMSの多くは、PHPなどのサーバーサイドの言語を利用して構築されています。フロント言語だけでなく、サーバーサイドの言語に関する理解が深ければクライアントに合わせたCMS構築が可能になるんですね。

さらに、サーバサイドの知識があればサーバサイドエンジニアやWebディレクターともコミュニケーションが円滑になります。

特に、Webサイト制作でも使うPHPの基本的な記述が習得できると現場で役立つのでおすすめです。

UI/UX設計(モバイル対応)

Webコンテンツを作成するうえで、ユーザーが使った時の満足度を向上させ使いたくなるように設計するのがUI/UX設計です。

たとえば、デザインにこだわるあまりメニューの場所が分からないWebサイトは使いづらいですよね。もちろん、華やかさも大切ですが使いにくくては本末転倒。

Webコンテンツである以上、ユーザー目線に立って使いやすいことが何よりも大切になるんですね。ユーザーに必要とされるコンテンツを制作するフロントエンドエンジニアだからこそ、UI/UX設計は習得すべきハードスキルです。

SEO

中には、エンジニアにSEOは関係ないと思われている方もいるのでは?ただ、Webコンテンツに関わるフロントエンドエンジニアにとってSEOの知識は大切なんです。

SEOの知識を持っていることで、ディレクターやクライアントとの意思疎通がスムーズになります。クライアント目線の制作や、開発を進めることができるんですね。

フロントエンドエンジニアとして幅広く活躍していきたいのであれば、SEOに関する知識も必須のソフトスキルになります。

SNS

生活をする中で、多くの人がSNSに触れない日はないと言っていいほどSNSの市場は拡大を続けています。だからこそ、SNSの活用方法もさまざまです。

ビジネスとしてSNSを使う人もいれば、情報収集のためにも活用できるのがSNSです。最新の技術や知識に触れ続けるフロントエンドエンジニアにとって、SNSの知識は欠かせません。

自分を発信することで新たなビジネスチャンスにもつながるSNS。さまざまな活用方法やSNSに関わる知識を身につけておきましょう。

デザイン

フロントエンドエンジニアは、特にWebデザイナーとの関わりが多い職種。技術的な面でWebデザイナーを支援する場合もあります。

デザイナーとの意思疎通をスムーズに行うためにも、デザインに関わる知見を高めておきましょう。デザインへの知見を高めることは、クライアントの要望に沿ったコンテンツ制作にもつながります。

また、デザインに特化することでWebデザイナーへのキャリアパスにつながることも。デザイン関係のハードスキルも、フロントエンドエンジニアとして身につけるべき必須スキルです。

フロントエンドエンジニアの必須スキル7選!ソフトスキル編

スキルを習得しようという人の中には、ハードスキルを重視している人が一般的です。ただ、ハードスキルを習得するためにもソフトスキルが重要なんですね。

ソフトスキルの中には、習慣化のスキルや情報収集のスキルなどハードスキル獲得につながるものが多く存在します。だからこそ、ソフトスキルを蔑ろにしてはいけないんですね。

それでは、フロントエンドエンジニアに必須なソフトスキル7選を紹介していきます。フロントエンドエンジニアに必須なソフトキルとして、

  • マネジメント能力・スキル
  • コミュニケーション能力・スキル
  • タスク管理スキル
  • 情報収集能力・スキル
  • 習慣化能力・スキル
  • 自己管理能力・スキル
  • ググり力

などが挙げれます。さっそく、それぞれ詳しく解説していきますね。

マネジメント能力・スキル

プロジェクトの進行役として仕事の上流設計や企画にも関わるフロントエンドエンジニアには、マネジメント能力・スキルが必要とされます。

1つのプロジェクトを成功に導くためには、的確な人材の配置や人材育成が必要なケースも出てきます。プロジェクトは順調に進行しているか、トラブルはないかと管理能力が問われるんですね。

チームの目標設定やモチベーション管理など多岐にわたるマネジメントスキルは、フロントエンドエンジニアにとって重要なスキルです。

コミュニケーション能力・スキル

あらゆる場面で必要とされるコミュニケーション能力・スキルですが、しっかりとした定義を知らないという人は確認しておきましょう。

コミュニケーション能力とは、対人のやり取りでお互いの意思疎通をスムーズにする能力のこと。仕事を円滑に進めるためにも、特に必要とされる能力ですよね。

チームで仕事を進めていくことが多いフロントエンドエンジニアにとって、コミュニケーション能力・スキルは欠かせない必須スキルの1つです。

タスク管理スキル

仕事を完遂する上で、タスクを管理して漏れなく仕事を進めていくことはとても大切。1つ1つのミスは小さくとも、積み重なれば修復できないほどのロスになってしまうことも。

フロントエンドエンジニアに求められるのは、チーム単位でのタスク管理です。個人のタスクをこなせればそれでいい、という訳ではないんですね。

自分のタスク管理はもちろん、目標を達成するためにチーム単位のタスク管理スキルを身につけていきましょう。フロントエンドエンジニアとして活躍できる幅が広がる可能性も高まります。

情報収集能力・スキル

最新の知識や技術に触れ続けるフロントエンドエンジニアにとって、情報収集は欠かせません。情報収集にも質や能力、スキルが関わってくるんですね。

今では情報を手に入れる手段は多く、情報を集めること自体は苦労しません。ただ、情報が溢れているからこそ取捨選択や効率を意識する必要があるんです。

情報収集能力を身につけることで、必要な情報を幅広く、正確かつ短時間で獲得できるよう普段から意識しましょう。

習慣化能力・スキル

フロントエンドエンジニアが主な仕事とするWebコンテンツの市場は、今も成長し続けています。Webコンテンツの市場では、常に新しい情報や技術が生まれているということ。

フロントエンドエンジニアとして活躍し続けるためには、新しい情報や技術に目を向けて学び続ける必要があります。そこで大切なのが、習慣化能力・スキルになります。

特に自己学習を習慣化することで、常に自らのアップデートを心がけましょう。フロントエンドエンジニアとして活躍するあなたにとって、習慣化能力・スキルは強い武器になります。

自己管理能力・スキル

自己管理能力・スキルも、フロントエンドエンジニアに求められるソフトスキルの1つ。周囲のマネジメント能力も問われるからこそ、自己管理もできる必要があります。

自己管理をする上で大切なのは、自分を正しく理解し評価することです。自分への期待値を高く設定し過ぎては、自分を追い込むことにもつながります。

自分で適切な目標を設定し達成する自己管理能力・スキルは、あらゆる仕事の場面で求められる重要なスキルです。

ググり力

何か疑問に思ったことを調べようと思った時に、Googleで検索をしたことがないという人はいないのでは?

エンジニアにとって、ググり力も必要なソフトスキルの1つ。なぜなら、誤った検索の仕方では必要な情報が手に入りにくいからなんですね。

フロントエンドエンジニアの仕事に必要な知識を、すべて頭に記憶しておくことは難しいですよね。何か分からなくなれば、まずググるのが1番効率的。

ググり力を上げる一歩目として、抽象的過ぎる言葉を検索キーワードで使わないことから始めるのがおすすめです。ググり力を高めて、効率性を上げていきましょう。

フロントエンドエンジニアなら新しいスキルを習得して収入アップ、キャリアップしよう

これまで、フロントエンドエンジニアに必須なスキルをさまざま紹介してきました。しかし、ただスキルを持っているだけでは意味がないですよね。

フロントエンドエンジニアなら、新しいスキルを習得して収入アップやキャリアアップにつなげていきましょう。あなたの生活の質や幸福度を高めることにもつながります。

特に収入を上げていきたいのであれば、高単価な案件を獲得するのがおすすめです。中でも、フリーランスエージェントを使うことで高単価な案件やスキルアップを見込むことができます。

また、キャリアアップをしていきたいのであれば自分が進みたい分野のスキルに特化していきましょう。デザイン領域に特化すればWebデザイナーに、UI/UX設計の知見を高めればUI/UXエンジニアのキャリアパスにつながります。

フロントエンドエンジニアは、幅広い分野での活躍と専門性を兼ね備えるプロのエンジニアです。だからこそ、あなたのスキル次第で収入やキャリアを大きく左右します。

常に新しい領域に挑戦してスキルを磨くことで、フロントエンドエンジニアとして活躍できる可能性が高まります。習得したスキルは最大限活用して、収入やキャリアアップなどあなたのやりがいに還元していきましょう。

まとめ

今回は、フロントエンドエンジニアに必要な必須スキルを解説しました。特にフロントエンドエンジニアには、ハードスキル・ソフトスキルのそれぞれで多様なスキルが求められるんですね。

だからこそ、必須なスキルを習得することができればフロントエンドエンジニアとして活躍できる幅は広がります。スキル習得があなたの収入アップやキャリアアップにつながることも少なくありません。

常に新しい知識や技術に触れることができるフロントエンドエンジニアの仕事には、きっとあなたのやりがいも見つかるはず。

フロントエンドエンジニアになろうか検討している方は、本記事を参考にしてみてください。