将来も安心!フロントエンドエンジニアの今後と将来性について解説!

フロントエンドエンジニアの今後と将来性は?

今している仕事が今後どうなるのか、将来性が気になるという人もいませんか?周りの環境が目まぐるしく変化する中で、今の仕事をし続けられるのか不安に思う時もありますよね。

仕事は、人生の満足度を左右する大切な要素。だからこそ今だけでなく、今後も見据えて将来性のある仕事を選んでいく必要があります。

これからフロントエンドエンジニアを目指す人の中には、

「フロントエンドエンジニアの今後はどうなるの?」
「フロントエンドエンジニアに、将来性ってあるの?」
「そもそも、フロントエンドエンジニアに需要はある?」

と疑問に思っている方もいるのでは?

仕事を決めたり転職する際には、次の仕事に今後の将来性や需要が見込めるかどうかは大事なポイント。誰だって将来性がある仕事をして安定したいですよね。

そこで今回は、フロントエンドエンジニアの今後に将来性はあるのか?について解説します。フロントエンドエンジニアの今後の展望だけでなく、目指す際に習得すべきスキルや注意点も紹介していきますね。

これから今後をふまえて、フロントエンドエンジニアになろうか悩んでいる方は本記事を参考にしてください。

今後フロントエンドエンジニアを目指すにあたって、仕事内容をはじめ網羅的に知っておきたい!って人は、下記の記事でフロントエンドエンジニアついて網羅的に解説していますので、どうぞ。

フロントエンドエンジニアはどんな仕事?年収やスキル、資格や将来キャリアパスも解説

フロントエンドエンジニアの今後は将来性あり!

結論からいうと、フロントエンドエンジニアは将来性のある職業です。今後を見据えて将来に悩んでいる方には、フロントエンドエンジニアを目指すのがおすすめです。

なぜならフロントエンドエンジニアが活躍する市場は、常に最新技術や知識に触れる場所だからです。20種類以上ものITエンジニアの職種の中でも、フロントエンドエンジニアは比較的新しい職種なんですね。

フロントエンドエンジニアの主な仕事は、フロント言語を用いたWebページ・アプリなどWebコンテンツ制作全般。人の目に触れるWebコンテンツの視覚部分を専門としています。

今までフロント言語を用いたコンテンツ制作は、Webデザイナーやコーダー、マークアップエンジニアなどの職種が担ってきました。ただ、IT技術の進歩によって必要とされたのがフロントエンドエンジニアなんです。

コーディングだけでなく、デザインの知識やCMS構築、UI/UX設計(モバイル設計)などフロントエンドエンジニアには幅広い分野での活躍が期待されているんですね。

そこで、フロントエンドエンジニアの今後にどんな将来性が見込めるのか解説していきます。将来性が見込める理由や根拠も、詳しく紹介していくので参考にしてください。

フロントエンドエンジニアの仕事には、あなたが今後の仕事に求める将来性が見つかるはず。それぞれ解説していきますね。

フロントエンドエンジニアに将来性がある3つの理由

フロントエンドエンジニアの将来性の中には、どんなものがあるの?と気になりますよね。将来性といっても、金銭面や今後の需要などさまざまです。

ここでは、フロントエンジニアに将来性がある3つの理由を

  • エンジニアとしての将来性
  • IT業界の発達による将来性
  • 扱う言語(コード)による将来性

それぞれに分けて解説していきます。具体例などをふまえて紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

エンジニアとしての将来性

多くのITエンジニアは、1つの分野や領域に特化することが一般的ですよね。そんな中で、フロントエンドエンジニアは幅広い分野で活躍できるという特徴があります。

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーと深く関わる機会やWebページの制作でSEOの知識なども求められるんですね。

上記のように幅広い分野で、それぞれの知見を深く求められることでフロントエンドエンジニアのキャリアパスには多くの選択肢があるんです。

もちろん、フロントエンドエンジニアとしてスペシャリストを目指すキャリアアップの形もあります。エンジニアとして幅広い将来性が見込めるのも、フロントエンドエンジニアの魅力です。

IT業界の発達による将来性

フロントエンドエンジニアが専門とするWebコンテンツの市場は、日々成長しています。2010年以降iPhone(スマートフォン)が普及してから、Webコンテンツの需要は急騰するばかり。

今では普段生活をしていく上で、iphoneやWebページの利用は切り離せないものですよね。だからこそ、Webコンテンツ制作を担うフロントエンドエンジニアの需要は高まっているんです。

また、AIやVRなどの成長にともないWeb系システムの形は大きく変化している最中です。フロントエンドエンジニアに求められるスキルも、どんどん増えてきています。

IT業界が発達によってWebコンテンツの需要が高まり続ける限り、フロントエンドエンジニアが活躍する市場と将来性は広がっていきます。

扱う言語(コード)による将来性

フロントエンドエンジニアは、フロント言語を駆使してWebコンテンツ制作やCMS構築を行います。ただ、扱う言語そのものが変わることもあるんですよね。

今では、Webページ制作にはHTMLが主な言語として使われています。ただ、2010年頃まではFLASHという言語がWebページ制作の主要な言語でした。たったの10年前です。

また、Javascriptもフロントエンドエンジニアが扱う必須の言語。JavaScriptでは、コーディングの効率化を図るフレームワークも多く存在します。

上記のように、言語やフレームワークは必要に応じて形を変え日々更新されています。仕事内容や状況に応じて、言語やフレームワークを駆使するスキルがフロントエンドエンジニアには求められるんですね。

だからこそ、言語が変わり続ける限りフロントエンドエンジニアには将来性があると言えます。

フロントエンドエンジニアが活躍する市場

ここでは、フロントエンドエンジニアが活躍する市場について解説します。フロントエンドエンジニアには多くのスキルが求められるからこそ、活躍する市場も幅広いんです。

今後、フロントエンドエンジニアがどのような市場で活躍するかだけでなく、役割やポジションにおける需要も紹介していきますね。

フロントエンドエンジニアがどのような時に仕事で活躍するのか気になる方は、参考にしてください。

活躍する市場はWebコンテンツ制作

現在、フロントエンドエンジニアが主に活躍する市場はWebコンテンツ制作全般。Webサイト・アプリケーション制作はもちろん、オリジナルのCMS構築なども担当します。

時には、技術的な面でWebデザイナーやディレクターを支援する場合もあるんですね。仕事の幅が特に広いのが、フロントエンドエンジニアの特徴です。

また、Webコンテンツは増え続けフロントエンドエンジニアが活躍する市場も拡大しています。市場が成長してるからこそ、常に最新技術や言語に触れながら仕事をしていけるんですね。

フロント言語を軸に、Webコンテンツ制作をする上で幅広い市場でフロントエンドエンジニアの活躍は期待されているんです。

プロジェクトの進行役

プロジェクトの進行役として、仕事の上流設計や企画に関われるのもフロントエンドエンジニアの特徴です。仕事の基盤を作り上げる役割も担うんですね。

企画の経験を積むことであなたのマネジメントスキルが認められれば、フロントエンドエンジニアとしてのキャリアアップにもつながり企画に関わる機会も増えていきます。

フロントエンドエンジニアは、仕事の関わり方次第でコミュニケーションなどのソフトスキル獲得に挑戦することもできるんですね。

あなたのソフトスキルを活かすことができれば、フロントエンドエンジニアとして活躍できる市場をさらに広げることができます。

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアの中には、SEOの深い知見を持っていたりWebデザインの領域に特化している人もいます。同じフロントエンドエンジニアでも、さまざまなスキルを駆使しているんですね。

だからこそ、フロントエンドエンジニアのキャリアパスには多くの選択肢があります。キャリアパスの例として、

  • Webデザイナー
  • UI・UXエンジニア
  • フルスタックエンジニア

などが挙げられます。もちろん、フロントエンドエンジニアのスペシャリストを目指すこともできますよ。

新しい領域に触れ続けることで、仕事とやりたいことがつながる可能性もあります。幅広いキャリアパスを持ちながら活躍できるのも、フロントエンドエンジニアの特徴です。

フロントエンドエンジニアになるには?習得すべきスキル5選

フロントエンドエンジニアを目指そうと思っても、何から学べばいいの?と疑問に思っていませんか?必須のスキルがあるなら、重要なスキルから身につけたいはず。

フロントエンドエンジニアになるために習得すべき5つのスキルとして、

  • コーディング
  • JavaScript
  • CMS構築
  • サーバーサイドの言語
  • UI/UX設計

などが挙げられます。どれもフロントエンドエンジニアになるためには大切なスキルです。
それぞれ、詳しく紹介していきますね。

コーディング

Webコンテンツ制作の中でも、ブラウザ側で機能する部分をフロントエンドエンジニアは担当します。Webデザイナーが作ったデザインを再現、ブラウザに表示させるのがメインの仕事なんですね。

フロントエンドエンジニアであれば、HTMLとCSSでWebサイト制作できるのは前提。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

3つのフロントエンド言語を身につけて、適切にコーディングするスキルを習得しましょう。

JavaScript

特にJavaScriptは、フロントエンジニアになるために必要なスキルの中でも核となる技術です。JavaScriptとはブラウザ上で動的な表現を可能にする技術で、多くのウェブサイトで利用されているんですね。

フロントエンドエンジニアには、JavaScriptを用いて双方向な表現が可能なWebサイトの構築が求められます。

上記の3つの言語の中でも、フロントエンドエンジニアを目指すうえでJavaScriptの基本を取得することは必須になります。

CMS構築

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSを用いて基盤からWebサイト構築を行うよりもCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って構築するケースの方が多いんです。

そもそもCMSとは、WordPressなど専門的な知識がなくてもWebコンテンツを作ることができるシステムのこと。CMSの登場によって、知識のない人でもコンテンツの更新や修正を簡単にできるようになりました。

案件として、フロントエンドエンジニアがCMSを使ったサイト制作を請け負うことは少なくありません。クライアントに合わせたオリジナルのCMS構築をすることもあるんですね。

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、WordPressなど知名度の高いCMSでのWebサイト制作スキルが必須。主要なCMSの機能、使用する言語など網羅的に修得しておきましょう。

サーバーサイドの言語

PHPなどサーバーサイドの言語も、フロントエンドエンジニアになるには修得すべきスキルです。

WordPressなどCMSの多くは、PHPなどのサーバーサイドの言語を利用して構築されています。フロント言語だけでなく、サーバーサイドの言語に関する理解が深ければクライアントに合わせたCMS構築が可能になります。

また、サーバサイド言語についての知識があれば、サーバサイドエンジニアやWebディレクターとのコミュニケーションも円滑に行えます。

特に、Webサイト制作でも使うPHPの基本的な記述が習得できると現場で役立つのでおすすめです。

UI/UX設計(モバイル対応)

UI/UX設計は、Webコンテンツを作成するうえでユーザーが使った時の満足度向上かつ、使いたくなるような設計のことを指します。

たとえば、リッチなコンテンツを目指してデザインにこだわるあまり、メニューの場所が分からないWebサイトは使いづらいですよね。まさに本末転倒です。

Webコンテンツである以上、ユーザー目線に立って使いやすいことが大切です。ユーザーに必要とされるコンテンツを制作するフロントエンドエンジニアにとって、UI/UX設計は習得すべきスキルです。

フロントエンドエンジニアを目指す上での注意点

ここでは、フロントエンドエンドエンジニアを目指す上での注意点を解説します。フロントエンドエンジニアを目指して学ぶ中では、ぶつかる壁も多いはず。

フロントエンドエンジニアを目指す上で、どのように行動していけばいいのか具体例などをふまえて紹介していきますね。参考にしてみてください。

自己学習をやめない・継続する

幅広い分野で活躍が期待されるフロントエンドエンジニアを目指す以上、自己学習は欠かせません。

特にフロントエンドエンジニアは、必要とされるスキルが日々変化する職種です。常に新しい情報を取り入れる必要があるんです。

今では、アプリやメディアなど学べるコンテンツはさまざま。自分にあった学び方を見つけて、新しい情報や知見を取り入れることを習慣化していきましょう。

大切なのは、習慣になるまで諦めずに継続すること。自己学習を習慣化して、フロントエンジニアになれる可能性を高めていきましょう。

実務経験・実績を積む

フロントエンドエンジニアとしての基礎的知識が習得できていれば、実績を積むことを念頭に行動していきましょう。実務経験を重ねることで、エンジニアとして仕事を依頼される機会が生まれ信頼を築くことができます。

実務経験が少なければ、仕事が依頼されることはありません。だからこそ、まずは実務経験を積んでいきましょう。フロントエンドエンジニアを目指す上で実務経験を積む方法としては、

  • 研修制度を設けている企業・会社に就職する
  • Webアプリケーション開発に特化したスクールの活用

などが挙げられます。

あなたがフロントエンドエンジニアとして活躍するためにも、実務経験・実績を積むことを念頭に行動しておきましょう。

自分から案件を獲得する

フロントエンドエンジニアとして活躍するために、自分から案件を獲得していきましょう。会社や相手(クライアント)から自分が参画したい案件が常に舞い込んでくる訳ではないですよね。

今では、自ら案件を獲得する方法も豊富に存在します。案件を獲得する方法として、

  • フリーランスエージェントを活用する
  • クラウドソーシングサイトで応募する
  • エンジニア関係の知り合いに相談する

などが挙げられます。特にフリーランスエージェントは、あなたのスキルアップを見込める案件とも出会える可能性があるのでおすすめです。

自分から積極的に案件を獲得して、フロントエンドエンジニアとして活躍できる可能性を高めていきましょう。

まとめ

今回は、フロントエンドエンジニアの今後に将来性はあるのか?について解説しました。今後、フロントエンドエンジニアは幅広い市場で活躍が期待される職業です。

しかし、求められるスキルも多く簡単になれる職種ではありません。だからこそ、やりがいが大きい仕事でもあるんです。

これからの仕事に将来性を求めるあなたにとって、フロントエンドエンジニアは有力候補の職業となり得るはず。

フロントエンドエンジニアになろうか迷った時には、本記事を参考にしてみてください。