仕事がない人必見!Web制作のフリーランス案件を獲得する9つの方法とおすすめ求人サイトも紹介

仕事がない人必見!Web制作のフリーランス案件を獲得する9つの方法

「Web制作のフリーランス案件を獲得したい」
「Web制作のフリーランス案件をどうやって獲得したらいいのかわからない」
「案件を効率よく獲得できる方法やサービスが知りたい」

この記事に訪れたあなたはこう考えているのではないでしょうか?

近年Webを制作するフリーランスの方にWebサイト制作の依頼を出す会社が増加してきています。制作会社と比べてフリーランスには、人件費などがかからない、打ち合わせがスムーズといったメリットがあります。

コストが抑えられ効率がいいことから、Web制作のフリーランスの需要が高まっていると言えます。

Web制作の案件にはクラウドソーシングなどの案件サイトで獲得していくことになります。しかしサイトが多くてどれがいいのかわからないとお考えではないでしょうか?またサイト以外で案件を獲得する方法はないのかと疑問に思っていることでしょう。

結論から言ってしまうと、「案件を獲得する方法はサイト以外にもたくさんある」のです。

そこで今回は、Web制作のフリーランス案件を獲得する方法を9つ紹介します。

また案件のサイトが増えた今、どんなサービスがおすすめなのかをエージェントサービス、クラウドソーシングに分けて3つ紹介します。フリーランスとして続けていくために必要なことも紹介しているので見ていってください。

Web制作のフリーランス案件を獲得する9つの方法

フリーランスでWeb制作の案件を獲得する方法は様々です。フリーランスの人によって案件の獲得方法は多種多様。代表的な9つは以下の通りとなっています。

  • クラウドソーシングでエントリーする
  • エージェントサービスに登録する
  • 知人、友人から紹介を受ける
  • イケてないWebサイトへ直接問い合わせする
  • SNSでの発信を行う
  • ブログを活用し制作実績、ポートフォリオを作る
  • シューマツワーカーなどのサービスを利用
  • スキルシェアサービスなどの活用
  • オンラインサロン、コミュニティへの参加で人脈づくり

上記の9つは代表的なものになります。すべてを効率よく活用すれば案件獲得に困ることなく、仕事をいただけます。

ではそれぞれどのように褐葉するのか?詳細を解説していきますので、チェックして実践していきましょう。

1.クラウドソーシングでエントリーする

今最も主流であるクラウドソーシングとは、企業や個人であるクライアントが、ワーカーに仕事を募集するサービスです。時間や場所を問わず、メールなどの打ち合わせによって仕事を進めていくため、フリーランスらしい働き方ができます。

外で他の同僚と働くということに合わないと感じる人や、コロナウイルスなどで外で働くのが難しい人でも仕事ができるというのは嬉しいですよね。大きなサービスだとWeb制作の募集がたくさん存在し、高単価なものばかりなので安定した収入が得られますよ。

しかし発注者と受注者は実際に会って打ち合わせをするわけではないので、悪質なクライアントに出くわす可能性が出てきます。悪質なクライアントの特徴には対応が酷い、賃金が安い、音信不通になるなどなど…。

クライアントのプロフィールにある評価や発注率を見るなどをして、このクライアントなら大丈夫か判断をして依頼を受けましょう。

2.エージェントサービスに登録する

エージェントサービスは、キャリアアドバイザーがあなたの職業やスキルにあった仕事を紹介してくれるサービスです。数万を超える案件の中から企業担当者と打ち合わせをし、面接や確定・進行、受注後のサポートまでしてくれます。

フリーランスになったばっかりで取引先との交渉がよく分からないという人でも、サービスに頼ってスムーズに案件が獲得できます。自分に合った案件を紹介されるのでこの案件を受けなきゃよかったということも避けられますよ。

ただしアドバイザーの全員が、自分が納得できる仕事を紹介できるわけではありません。担当者が入社したばかりの新人だと経験が不足しているため、案件獲得までが円滑に進まないこともあります。

さらに紹介される案件は常駐案件といった通勤するタイプのものが多いです。在宅の案件を受けたいときには実務経験がないと引き受けてくれないので注意しましょう。

3.知人・友人から紹介を受ける

知人、友人で、経営をしていてWebサイトが欲しい人がいないか探す方法で、案件を獲得する方法もあります。相手が仲の良い人なので気軽な交渉がしやすく、案件を獲得しやすいのがメリット。サービスを利用する以外で最もメジャーな案件の獲得方法といってもいいでしょう。

依頼を出すときに気を付けることは、相手の企業をよく知ることです。案件を獲得できたとしてもサービスの強みをよく知っておかないと、相手にうまく伝わらないサイトになってしまいます。

またサイトは随時の更新が欠かせないものとなってきます。知り合いから何度も更新のお願いが来ること、下手なサイトになってしまうと、相手から頼まれることが無くなる可能性があることに気を付けましょう。

4.イケてないWebサイトへ直接問い合わせをす

さまざまな公式サイトを閲覧し、品質の良くないサイトを見つけたら、会社へ問い合わせをする方法です。

質の低いサイトは、アクセスがされにくく集客ができないので企業の利益にも影響します。より質の高いサイトを制作することによって、報酬がもらえるだけでなく、企業と信頼関係を築くことができます。

質の高いサイトを見分けるには以下の方法があります。

  • アニメーションなどを使って見やすくしているか
  • SSL化をしてセキュリティ対策をしているか
  • URLの正規化でSEO強化をしているか
  • サービスの強みを上手く伝えられているか

直接企業へ問い合わせをして依頼を頼むのですから、ある程度のスキルは要求されます。実績がないと取り合ってもらえないと考えていいでしょう。

5.SNSでの発信を行う

SNSでWeb制作の発信を行い案件を得る方法、またSNSでの募集に依頼する方法です。

TwitterやFacebookなどでWeb制作について情報を発信していると、依頼を受けることがあります。ポートフォリオを投稿しどんなサイトがつくれるかを発信することで、より依頼を受けやすくなりますよ。

Web制作の募集を投稿している人もいますので、そこへ依頼を出す方法もあります。ただし数は少ないので他の方法で案件を獲得しつつ、SNSでも探すのが無難でしょう。

6.ブログを活用し制作実績、ポートフォリオを作る

ブログを利用し、自分でサイトを作る方法です。作成したサイトは立派なポートフォリオとなります。ポートフォリオを制作すれば、クライアントに自分の実績をアピールすることができるので、案件を獲得しやすくなります。

未経験の方は強力な武器となりますのでポートフォリオを作成することをおすすめします。サイトをどんどん作ることでスキルアップにもなりますよ。

作成するときの注意点として、ただ制作するのではなく自分をアピールできるようにしましょう。

自分のプロフィール、過去の業務実績と、どの部分をどのくらいの期間で製作したか、使用した言語は何かなどを書けばいいポートフォリオになります。過去の実績がない人は相手に熱意が伝わるように作成すると良いです。

7.シューマツワーカーなどのサービスを利用

シューマツワーカーは、副業として働くことができる仕事を紹介しているサービスです。

フリーランスとして利用することも可能で、スキルや業務時間に合った仕事ができますよ。リモートワークが多く、継続的な仕事を任せられるため安定した収入を得られます。

テレワークの普及により利用者がどんどん増えてきています。案件によっては募集が殺到するのでなかなか受注ができないデメリットもあります。

8.スキルシェアサービスなどの活用

スキルシェアサービスは、自分の得意な分野、スキル、趣味を活かし、個人との間で仕事を請け負いするサービスです。個人間による取引なので、自分らしく自由に働けます。

自分の経験や知識を相手に教えられるので、人に知識を教えたい人や貢献したい人にはおすすめの方法です。メンターやコンサルなど、収入の高い案件を受けられます。情報を得るために講義を受ける手もありますよ。

9.オンラインサロン、コミュニティなどで人脈作り

オンラインサロンなどのコミュニティに参加し、人脈を作ることでスキルアップを図れます。専門性の高い情報が集まるため、プロの方から成功談などを聞くことができ、自分の案件探しにも役立ちます。

またフリーランスとして仕事をしていくうえで、孤独を感じることもあるでしょう。オンラインサロンなら、自分以外にもWeb制作のフリーランスとして活動している人がいます。お互いでアドバイスをしあうことで、モチベーションの上昇にもつながりますよ。

ただしサロンは月額の料金が発生します。サロン内ではかなり活発に行われているので、上手く話しに入る、自分の欲しい情報が見つけられないと、有効活用ができなくなる点には注意です。

Web制作のフリーランス案件が充実しているエージェントサービス3選

ここではおすすめのエージェントサービスを3つ紹介していきます。Web制作に特化したものばかりなのでエージェントサービスで案件を取ろうと考えている方は参考にしてみてください。

1.フリーランスのミカタ

フリーランスのミカタは2019年3月に株式会社Oliveによって設立された、ITエンジニアフリーランス向けのエージェントサービスです。業務委託でフリーランスとして働きたい人に特化しているので、案件を獲得しやすいことでおすすめです。

開発言語、フレームワーク別に検索で自分に合った案件を見つけられます。リモート案件を多くそろえてあるので在宅ワークも実現可能ですよ。

またフリーランス向けの方にさまざまな記事を載せています。もしフリーランスについて分からないことがあっても、掲載している記事に答えが見つかるかもしれませんよ。

2.PE-BANK

PE_BANK
出典元:PE_BANK

株式会社PE-bankによって設立されたエージェントサービスです。600,000円を超える高単価な案件がたくさんあり、高い収入を得ることができます。勤務地は東京の案件がやや多めですが、フルリモートの案件もあるので誰でも利用しやすいサービスになっています。

営業担当者は案件の契約から、契約後のサポートまでをしてくれます。他の事にとらわれずに、案件に力を入れられるのは嬉しいですね。案件の完了後、次のプロジェクトまでに、ブランク期間を作らない取り組みは魅力的ですよ。

3.レバテッククリエイター

レバテック
出典元:レバテック

レバテック株式会社によって設立されたWebクリエイター専門のエージェントサービスです。レバテッククリエイターは常駐型フリーランスをテーマに支援を行っています。

案件は通勤が基本となりますが、在宅と比べて高い収入を得られるのがポイント。1,000,000円を超える案件も出てきますよ。

案件の数は業界最大級で自分のやりたい案件が見つけやすいです。未経験でも大丈夫なもの、週3からOKなものなど、さまざまな案件がそろっています。担当者によるサポートも充実で初めての方でも利用しやすいですよ。

Web制作のフリーランス案件があるクラウドソーシングサービス3選

ここではおすすめのクラウドソーシングのサービスを3つ紹介します。Web制作の案件がたくさんありますので、クラウドソーシングで案件を取ろうと考えている方は参考にしてみてください。

1.クラウドワークス

株式会社クラウドワークスによって設立サービスです。日本最大のクラウドソーシングであり、案件も数多く存在しています。

単価10,000円~の未経験可の案件から、500,000円を超える高単価までそろっているので、だれでも利用のできるサービスです。たくさん依頼して実績を積んでいくとスカウトをされることもありますよ。

打ち合わせはチャットでやり取りをします。実際に勤務地へ足を運ぶということはしないのでスムーズな打ち合わせができます。

登録が無料で行えて、すぐに応募をすることができるので、今すぐに案件を獲得したい人におすすめです。ただし案件によってはたくさん募集がされているため、なかなか受注ができない難点があります。

2.ランサーズ

ランサーズ
出典元:ランサーズ

ランサーズ株式会社によって設立された「クラウドワークス」と並ぶ大きなサービスです。案件の数が100,000件を超える多さで、様々なジャンルの案件があるのが特徴です。

またランサーズは、Web制作にも強いサービスになっています。Web制作案件の数は2,000件超え。自分がやりたいと思える仕事に出会えます。

在宅ワークで仕事を進められるものがほとんどなのでフリーランスのクラウドソーシングとしておすすめですよ。案件には50,000円からの低単価が比較的多いです。しかし500,000円以上の案件もあります。

3.ココナラ

ココナラ
出典元:ココナラ

自分の知識、スキルを売り買いできるサービスです。匿名で受注ができるので、実名で活動したくない人に向いている特徴があります。

仕事を探す項目に「Web制作」があり、ホームページ作成、WordPressなど細かい分類で案件を探すことができます。件数は8,000を超えるので、Web制作のフリーランスが案件を探そうと思ったらこのサービスが一番おすすめといっていいでしょう。

フリーランスとして必要なこと

フリーランスはただ案件を獲得して終わりではありません。成功するフリーランスは次の3つを意識しています。

  • 自己学習を辞めない
  • クライアントとの信頼関係の構築
  • 新しいことへの挑戦をやめない

それぞれの項目について詳しく解説していきますね。大事なのは「行動力」と「意欲」ですよ!

自己学習を辞めない

スキルアップをするための学習を絶えずやりましょう。Web制作の場合、開発に必要な言語、スキルは必須といえます。サイトを作るうえで欠かせないHTML、デザインで必ず必要になるCSSは最低限マスターしておきましょう。

慣れてきたらJavaScriptを学習して、動きのあるサイトを作れるようになると良いです。PHPやSQLなどを学習できるとだいたいのWebサイトの案件を受けられるようになりますよ。

また言語以外にもSEOやWebデザインも重要になってきます。これらを意識したサイトは、お客様からのアクセスが増えて、サービスや商品の事を知ってもらえるようになります。このようなサイトを作れるようになると高単価の案件も受注できるようになりますよ。

クライアントとの信頼関係の構築

クライアントと信頼関係を築くことで、依頼を頼まれやすくなり、継続的な収入を得ることができます。ここで大事になってくるのがコミュニケーションでしょう。

クライアントから受注をするときに、自分の強みと弱みを上手く伝えられるだけでも信頼関係は作れます。これは相手に自分を知ってもらうことで、どの程度作れるのかを把握できるようになり、思っていたのと違ったということを防げるからです。

また自分の意欲を相手に示すことも信頼関係に直結します。クライアントは仕事に対する熱意のあるフリーランスを好みますから、意欲のない人は見限られてしまいます。

新しいことへの挑戦を忘れない

常に新しいことにも挑戦することはとても大切です。フリーランスという仕事自体が、自分から行動して案件を獲得するものだからです。

例えば、別の方法で案件を手に入れてみる、人と交流をして人脈を作ってみることで、受注できる案件が増え多く収入を得ることができます。

まとめ

Web制作のフリーランス案件の獲得方法はたくさんあるエージェントサービスやクラウドソーシングサービスにはWeb制作に特化したサービスがある長くフリーランスとして生きるために行動力と意欲が求められます。

今回は案件の獲得方法、おすすめサービス、フリーランスとして必要なことを紹介しました。

1つの方法だけで収入を得るのは、Webフリーランスとして生きていくことは難しいです。自分からどんどん行動して他の収入源を見つけていきましょう。WordPressを学習してみる、交流を深めるなど、いろんなことに挑戦して自分を高めて行ってください。

この記事を読んでいくつかの方法を試していくことで、新しい発見も見つかりますし、案件の獲得にも繋がりますよ。