稼ぎたい人必見!ライターが爆速で成長する勉強方法!

ライターが爆速で成長する勉強方法!

「ライターになりたいけど、何から勉強すればいいの?」
「ライターとしてスキルアップするための勉強方法を知りたい!」

この記事を訪れたあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

ライターには取得が必須になっている資格がないからこそ、何を勉強すればいいのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、ライターが勉強で身につけるべきスキルを紹介し、具体的な勉強方法を徹底解説。ライターになりたい未経験者とライターとしてスキルアップしたい現役ライターの両方に役立つ記事になるよう、おすすめの本やサイト、動画などをそれぞれのレベルに合わせて紹介します。

ライターになるための勉強だけでなく、ライターになってからも、勉強をつづけてスキルアップしていくことで、多くのクライアントから求められるライターになれます。

ライターの勉強方法を知った上で勉強を始めることで、効率よくスキルを身につけられるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

それでは参ります。

ライターが勉強で身につけるべきスキル4つは?

ライターが勉強で身につけるべきスキルは、大きく分けて以下の4つがあります。

  • 日本語力
  • 文章力
  • リサーチ力
  • 付加価値

まずは勉強で身に着けるべきスキルを理解しておくことが大切です。それぞれのスキルについて詳しく紹介していきます。

日本語力

ライターとして最低限、身につけなければならないスキルが日本語力です。最近はパソコンで文章を執筆するのが一般的なので、漢字や送り仮名のミスは起こりにくいですが、接続詞や助詞の使い方を誤り、伝わりにくい文章になってしまうことがあります。

「食べられる」を「食べれる」と表現する‟ら抜き言葉”や、「行かせていただきます」を「行かさせていただきます」と表現する‟さ入れ言葉”も、誤った日本語です。

文章のプロであるライターとしては、改めて正しい日本語を勉強することで、言葉の意味と用法を正しく理解し、適切に使うスキルを身につけなければなりません。

文章力

ライターには文章力が必須です。義務教育を受けていれば、日本語の読み書きはほとんどの人ができますが、ライターは基本的な読み書きのレベルにとどまらず、商売道具として文章力を磨きつづけなければなりません。

初めて読んでも一回で理解できる分かりやすい文章や、興味を惹きつけて続きが読みたくなるような文章、人の心を動かすような文章を書く力が求められます。

リサーチ力

文章を執筆するための下準備として、記事のテーマについてリサーチする必要があるため、ライターにはリサーチ力が求められます。

特にインターネットでリサーチする場合は、信憑性の高い情報を見極め、複数のサイトを参照することで正しい情報を集めるスキルが必要です。どういった検索ワードで検索するかによって、得られる情報が変わってきますので、リサーチ力には検索能力も含まれています。

高いリサーチ力があれば、正しい情報をより多く収集でき、内容の充実した記事を執筆することが可能です。

付加価値

前述した日本語力・文章力・リサーチ力はライターに必要な基本的なスキルですが、他のライターと差をつけて依頼をたくさん受注するためには、付加価値としてのスキルを身につけることが必要です。

例えば、キーワードをタイトルや本文に盛り込んで、記事が検索上位にくるようにするSEOという技術や、商品の購入などの行動を読者に促すコピーライティングの技術などが付加価値のスキルとして挙げられます。

他にも、医療や美容、グルメなど詳しい分野を持ち、専門的な知識を持つことで、専門分野に特化したライターとして重宝されることがあるため、専門的な知識も付加価値と呼べるでしょう。

ライターが勉強するメリット3つは?

ライターが勉強してスキルを身につけると、主に以下の3つのメリットがあります。

  • 修正依頼が少なくなる
  • 案件を受注しやすくなる
  • 単価がアップする

メリットを知ることで、勉強する目的が明確になり、モチベーションの向上に繋がりますので、それぞれ詳しく紹介していきます。

修正依頼が少なくなる

文章を執筆して納品する際、クライアントから修正を依頼されることがあります。修正内容は、日本語の使い方への指摘や、文章として読みにくい箇所、リサーチ不足など、多岐にわたるでしょう。

修正作業はライターにとって手間になるだけでなく、クライアントにとっても、修正を依頼する手間と修正後に再確認する手間が生じてしまいます。逆に、最初から修正の必要のないクオリティの文章を納品することで、クライアントからの評価を高めることが可能です。

勉強してスキルを向上させると、修正依頼が少なくなり、ライターとクライアントの双方の手間が減り、クライアントの満足度が高まるというメリットがあります。

案件を受注しやすくなる

勉強してスキルを向上させれば、文章のクオリティも高くなるため、クライアントの満足度が高まり、継続依頼を受けやすくなります。一回きりの契約で終了するのではなく、継続して依頼してもらえるようになれば、ライターとしての収入も安定しやすくなるでしょう。

また、付加価値としてSEOやコピーライティングの技術、専門的な知識などを身につければ、ライターを募集している案件に応募した際に、採用してもらいやすくなります。多くの応募があっても、付加価値があれば他のライターと差をつけられ、選んでもらえる可能性が高くなるでしょう。

単価がアップする

勉強してスキルを向上させることは、案件を受注しやすくなるだけでなく、単価のアップにも繋がります。文章のクオリティが高いと評価されれば、依頼内容はそのままで、評価として単価がアップすることがあります。

また、単価の高い新たな案件を任されることもあるでしょう。付加価値を身につけ、他のライターと差をつけることができれば、希少価値のあるライターとみなされるので、より単価アップに繋がります。

低い単価の案件ばかり受注して、収入の低さに苦しんでいるライターも多いですが、勉強してスキルアップすることで、低収入から抜け出せるでしょう。

ライターにおすすめの勉強方法5つ

ライターにおすすめの勉強方法5つは以下のとおりです。

  • 本からインプット
  • サイトの閲覧
  • 講義動画の視聴
  • 講座の受講
  • 実践によるフィードバッグ

それぞれの勉強方法の概要をお伝えし、ライターになりたい未経験者向けと、スキルアップしたい現役ライター向けに分けて、おすすめの書籍やサイト、動画などをご紹介します。

本からインプット

勉強方法の基本としておすすめしたいのが、本からインプットするという方法になります。知識を自分のペースで吸収できるので、まずはライティングについて知っていきたいという未経験者にぴったりです。

また、現役ライターは、ライターの仕事に追われてインプットする時間を削ってしまうことがよくありますが、新たな知識を得なければ、スキルアップは難しいでしょう。効率的に知識を得られるため、本からのインプットは現役ライターにもおすすめです。

電子書籍を活用すると、スマホなどで購入してどこでも読めます。未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめの本をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

未経験者向け

これからライターになりたい未経験者の方には、正しい日本語の使い方や、分かりやすい文章を書く方法を学べる本がおすすめです。ライティングの基礎的な知識を身につけましょう。3冊をご紹介します。

「きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける」

ベテラン校閲記者である前田安正さんの著書です。文の構造を正確に理解し、正しい日本語、正しい助詞を使って文章を書くことを目的としている書籍なので、未経験者にぴったりです。読みづらい不自然な文章になる原因が分かる一冊となっています。

「新しい文章力の教室」

株式会社ナターシャの取締役で、コミックナタリーやナタリーストアを立ち上げた唐木元さんの著書です。ニュースサイトであるナタリーで実践されているトレーニングを文章化したもので、文章構成の作り方など、ライティングの基礎が学べます。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

数多くの書籍を執筆してきたライターである古賀史健さんの著書です。話し言葉から書き言葉へ変換するためのノウハウが詰まっており、「話せるのに書けない!」という問題を解決してくれます。文章の構成や読者の視点を意識した文章の書き方などが学べる本です。

現役ライター向け

日本語力や基礎的な文章力を高めたい場合は、未経験者向けでおすすめした3冊のような、ライティング全般に関する本がおすすめです。

ただし、ライターとしてさらにスキルアップしたい場合は、稼げるライターになる方法やSEO、コピーライティングなどの付加価値となるスキルに関する本を読むと良いでしょう。3冊をご紹介します。

「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」

Webライターを初めて4ヶ月で月収20万円を突破し、セミナー講師としても活躍する吉見夏実さんの著書です。クラウドソーシングで稼げない原因を知れるうえ、効率的な働き方や稼ぎ方を学べます。収入が伸び悩んでいるライターにおすすめです。

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」

株式会社ウェブライダーの代表で、Webマーケティングのコンサルティングやコンテンツ制作を手がける松尾茂起さんの著書です。SEOを学べる本として有名で、検索エンジンに評価される記事の書き方を学べます。

「ザ・コピーライティング」

アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズの著書です。文章だけで人の心を動かすコピーライティングの技術を学ぶことができ、多くの有名なコピーライターがバイブルにしています。

サイトの閲覧

本だけでなく、インターネット上のサイトから情報を得るのも有効な勉強方法です。インターネット上には、分かりやすい文章を書く方法や、ライターとして稼ぐためのノウハウなどの情報を記事にして公開しているサイトがたくさんあります。

スマホさえあればいつでも閲覧できるので、隙間時間に読めるのがメリットです。また、書籍は出版までに時間がかかりますが、サイトの更新はすぐにできるので、最新の情報を得られるでしょう。

未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめのサイトをご紹介しますね。

未経験者向け

こぶたの鉛筆
出典元;こぶたの鉛筆

未経験者にも分かりやすく解説しているサイトが、記事代行サービス「サグーワークス」が運営している「こぶたの鉛筆」というサイトです。

ライティングハウツーというカテゴリーを見ると、文章構成のコツやタイトルと見出しの作成方法、記事を速く書く方法など、たくさんの記事を閲覧できます。助詞の「てをには」の使い方や、誤用しやすい「~たり」の用法など、日本語の基本的な情報に関する記事もありますので、基礎から学びたい未経験者におすすめです。

現役ライター向け

現役ライターとして、基礎的な文章作成の方法だけでなく、SEOなどの技術をプラスアルファとして学びたい場合は、有名ブロガーのブログサイトがおすすめです。2つのサイトをご紹介します。

マナブログ
出典元:マナブログ

有名ブロガーであるマナブさんが運営しているサイトが、「マナブログ」というブログサイトです。

サイト内にはSEOというカテゴリーが設けられており、「SEO対策の完全マップ」を閲覧できます。入門・基礎・中級・上級まで16記事で丁寧に解説されていますので、SEOの勉強にぴったりです。

ブロガーにはSEOで集客するスキルが必要なため、ブロガーとして成功しているマナブさんの記事には説得力があると言えるでしょう。

バズ部
出典元:バズ部

マーケティングノウハウを提供するメディアとして有名なのが、「バズ部」というサイトです。企業が運営しているサイトなので、信頼性の高い記事になっています。

サイト内には、SEOというカテゴリーがあるほか、マーケティングやコピーライティングに関する記事もあるため、スキルアップのための勉強に幅広く活用できるでしょう。

講義動画の視聴

文字の読み書きを続けていると疲れてしまうので、講義動画で情報を得るのもおすすめの勉強方法です。再生すれば勝手に進むので、比較的楽な勉強方法かもしれません。

YouTubeに無料で公開されている動画があるほか、有料サイトの動画もあります。5分~10分ほどの動画であれば、隙間時間に見ることもできるでしょう。

未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめの動画をご紹介します。

未経験者向け

出典元:YouTube

未経験者の場合は、YouTubeの無料動画を活用するのがおすすめです。YouTubeは、再生回数の伸びやすい短めの動画が多く投稿されています。

そのため、隙間時間で気軽に視聴でき、短くても伝わるよう、上手く内容が整理された動画が多いのが特徴です。無料で誰でも視聴できるので、勉強をはじめるきっかけとして活用しやすいでしょう。

有名なブロガーがチャンネルを開設して、文章力をアップさせる方法やライターとして稼ぐ方法を動画で発信している場合が多く、おすすめはマナブさんのチャンネルと、ヒトデせいやチャンネルです。有名なブロガーなので、信頼性も高いでしょう。

ほかにも、副業の学校というオンラインスクールを運営しているKYOKOさんのチャンネルや、ブロガーのしかまるさんによるしかまるWebスクールチャンネル、Webライター佐藤誠一さんのチャンネル、Webマーケターのともっちさんのチャンネルなどがあります。

現役ライター向け

Udemy
出典元:Udemy

YouTubeで視聴できる動画は、現役ライターにとっても勉強になる内容が多いですが、ある程度、視聴し終わったという場合は、Udemyの活用がおすすめです。

Udemyはオンライン動画学習サービスで、ベネッセが運営に参画しています。月額制ではなく、視聴したい動画に対して単価で購入することで視聴可能です。例えば、ライティングで検索すると、SEOライティング講座やライティング構成の練り方など、さまざまな動画が出てきます。

2万円ほどの動画が、2千円で視聴可能になるキャンペーンなども頻繁にあるので、キャンペーンを上手く利用すれば、経済的に学習することが可能です。

講座の受講

独学が苦手な場合や、しっかりとスキルを身につけたい場合は、講座の受講がおすすめです。受講歴を実績としてクライアントにアピールできるほか、講師にクライアントを紹介してもらえることもあります。

通学タイプの講座であれば、受講生同士で仲良くなることもできるでしょう。未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめの講座をご紹介します。

未経験者向け

これからライターになりたい未経験者の場合は、ライティングの基礎が学べる講座を受講するのがおすすめです。3つの講座を紹介します。

たのまなの「WEBライティング講座」
出典元:たのまなの

ヒューマンアカデミーの通信講座で、自宅で勉強できます。郵送で届く教材を使う自習形式ですが、メールでの質問が無制限にできるので安心です。受講することで、ライティングの基礎を学べるだけでなく、「WEBライティング技能検定」の受験資格を得られるため、資格を取って自信をつけたい未経験者にぴったりでしょう。

宣伝会議の「Webライティング実践講座」
出典元:宣伝会議

出版社である宣伝会議が教育事業として展開しているため、知名度があり、信頼性の高い講座となっています。Webライティング実践講座では離脱させない文章術やソーシャルライティング、SEOテクニックについて学ぶことができ、Webライターを目指す方におすすめです。

「オンデマンド」「ライブ配信」「教室への通学」の3種類から、都合に合った受講方法を選択できます。短期間で学習が終了する講座ですので、初めて講座を受講する方におすすめです。

副業の学校の「WEBライター講座」
出典元:副業の学校

Webライティングの基礎から応用までを学べるほか、案件の受注方法や単価の上げ方まで知れるため、Webライターを始めたい未経験者にぴったりの講座です。

オンラインサロンとの一体型となっており、サロンで悩み相談や受講生同士の交流を図れます。オンライン講座なので自宅で受講できるのも嬉しいポイントです。

現役ライター向け

ライティングの基礎を学びたい場合は、未経験者向けで紹介した講座をおすすめです。

ただし、ライティングの基礎を習得し終わった現役ライターの場合は、SEOやコピーライティングなどの付加価値となるスキルが身につく講座を受講すると良いでしょう。3つの講座をご紹介します。

宣伝会議の「SEO対策基礎講座」
出典元:宣伝会議

SEOの基本や、ユーザーと検索エンジンに評価されるWebライティングの極意を学べます。有名な講師から最新のSEO対策を学べるのが嬉しいポイントです。

「オンデマンド」「ライブ配信」「教室への通学」の3種類から、都合に合った受講方法を選択できます。短期間でSEO対策を学びたい方におすすめです。

課長塾の「売れるコピーライティング実践講座」
出典元:課長塾

日経ビジネスが主催している通学タイプの講座です。東京のみの開催なので都内に住んでいる方向けとなっています。コピーライティングの法則と実例が学べるほか、惹き付けるキャッチコピーの書き方も学ぶことが可能です。

半日で学べるので、ライターの仕事をしながら勉強時間を確保しなければならない現役ライターにぴったりだと言えるでしょう。

「VRで学ぶインタビュートレーニング講座」

株式会社YOSCAとトナリノ広報部が運営する通信講座です。インタビューライターに必要なスキルを自宅で身につけられます。

講義動画を視聴してインタビューの基礎を学び、郵送で届くVR装置を利用して、実践トレーニングをするという内容です。インタビューの心構えから、準備方法・実践テクニック・ライティングまでを網羅したカリキュラムとなっています。

実践によるフィードバック

ライターには資格が必要ありませんので、未経験でも案件を受注できます。本やサイト、動画、講座などで基礎的なことを学びながらも、実際に案件を受注して文章を執筆することで、実践を通して勉強していくのがおすすめです。

未経験者も現役ライターも、クライアントからの評価や修正依頼などをアドバイスとして受け取り、自身の文章の良さや問題点について理解しましょう。注意されたことを意識して改善していくことで、スキルアップに繋がります。

また、依頼された記事を書く際には、リサーチが必要になりますので、数をこなすことでリサーチ力も向上していくでしょう。未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめの実践内容をご紹介します。

未経験者向け

クラウドソーシングサービスを利用すれば、未経験者でもライターの案件を受注できます。クラウドソーシングサービスとは、発注したい人と受注したい人を結びつけるネット上のサービスで、クラウドワークスやランサーズなどが有名です。

未経験者の場合は低単価な案件しか受注できない可能性が高いですが、自身のスキルを試せるほか、受注から納品までの契約の流れを経験できるため、積極的に挑戦してみると良いでしょう。

一人で実践できることとしては、ブログを始めるという方法もあります。多くの記事を執筆することで執筆のスピードが上がったり、どうやったらアクセスを集められるかを考えながら運営することで、SEOについて学ぶきっかけとなるでしょう。

現役ライター向け

現役ライターの場合は、既にクラウドソーシングサービス等を利用していると思いますので、ステップアップして高単価な案件に挑戦してみるのがおすすめです。依頼の難易度も上がることが多いですが、難しい依頼にも挑戦することで、勉強になるでしょう。

また、クラウドソーシングサービス以外の案件の獲得方法としては、求人サイトやSNSで検索して案件の募集を探したり、オンラインサロンに入会してサロンのメンバーから依頼を受けるという方法があります。

クラウドソーシングサービスは低単価な市場だと言われていますので、案件を探す場所を変えて、高単価な案件を目指すのも、新たな学びになるでしょう。

現役ライターの勉強量が分かる口コミ

現役ライターはどれくらい勉強しているのか気になったので、SNSで口コミを調査したところ、以下のような口コミがありました。

口コミ①「単価が低いと文句を言う前に、求められる人材を目指すべき」

表現は過激ですが、確かに、どこにでもいる人材だと低単価になってしまうことを考えれば、ハードな量の勉強と実践をこなす必要があるのかもしれません。

口コミ②「まずは1時間勉強から」

こちらはコツコツタイプですね。続けることが大切なので、1時間と決めて取り組むのも良いかもしれません。一日の始めに勉強するというライターも多いようです。

口コミ③「本業の隙間時間にライティング勉強」

副業としてライターをしている場合は、本業にも時間をとられるため、隙間時間を使って勉強しているようです。それぞれの生活スタイルにあった勉強時間を設定するのが良さそうですね。

現役ライターの口コミからは、勉強量はライターによってバラバラだということが分かります。より早く活躍できるライターになりたい場合は、がむしゃらに勉強するのも大切ですが、無理のない時間を設定してコツコツと勉強するのも、大切なことですね。まずは自分に合った時間を設定して、勉強に充てる時間を確保するのが良いでしょう。

まとめ

今回は、ライターが勉強で身につけるべきスキルと勉強するメリットについてお伝えし、おすすめの勉強方法5つを紹介しました。紹介した勉強方法は以下のとおりです。

  • 本からインプットする
  • サイトの閲覧
  • 講義動画の視聴
  • 講座の受講
  • 実践によるフィードバック

未経験者向けと現役ライター向けに分けて、おすすめの本やサイト、動画、講座、実践内容を具体的に紹介しましたので、今からでも勉強を始められるでしょう。

まずは隙間時間を活用したり、文章執筆の息抜きとして勉強を取り入れていけば、勉強を習慣化できるはずです。「勉強しなければ」と自分を鼓舞して取り組むのではなく、習慣化して機械的に取り組むようにすると、精神的な負担が軽くなります。

勉強によってスキルを伸ばし、案件の受注や単価アップ、自己実現に繋げていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

【完全版】ライターになるには?出版/Web/SEO/インタビュー別に紹介【完全版】ライターになるには?出版/Web/SEO/インタビュー別に紹介 ライターの仕事はつらい?6つの理由と解決する5つの方法を紹介【徹底調査】ライターの仕事はつらい?6つの理由と解決する5つの方法を紹介 ライターに向いてる人の7つの特徴とは?ライターに向いてる人の7つの特徴とは?向いてない人が獲得するべきスキルは?