フロントエンドエンジニアにおすすめな資格10選!求められるスキルも紹介

フロントエンドエンジニアにおすすめの資格10選!

資格と聞くと、ハードルが高そうに感じませんか?

実際、ITエンジニアの資格はリサーチしたところ100種類以上もあって内容や取得にかかるお金もさまざまなんですね。

ただ、1つの職種を目指したりスキルアップするには資格は実際に有効です。もちろん、フロントエンドエンジニアに向いている資格もあります。

フロントエンドエンジニアに必要な資格があるのか迷っている人の中には、

「フロントエンドエンジニアにおすすめな資格ってあるの?」
「そもそも、資格は必ず取得しなければいけないの?」
「資格を取るとしたら、何から取得したらいいんだろう…」

と悩んだ経験はありませんか?

エンジニアに資格が必要か調べてみても、資格は必要だという意見もあれば必ずしも必要ではないというケースもあり賛否両論。両方の意見を参考にしては結局、資格を取得するかどうか決め切れないですよね。

結論、フロントエンドエンジニアにとって資格は「企業や会社、仕事内容によって必要な手段の1つ」なんです。

そこで今回は、フロントエンドエンジニアにおすすめの資格10選について解説していきます。おすすめの資格に加えて、収入アップの方法や習得すべきスキルも紹介していくので参考にしてみてください。

フロントエンドエンジニアはどんな仕事なのか?年収やスキル、将来性など網羅的に理解したい人は以下の記事で解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

フロントエンドエンジニアはどんな仕事?年収やスキル、資格や将来キャリアパスも解説

フロントエンドエンジニアにおすすめの資格10選!

まずは、フロントエンドエンジニアにおすすめな資格10選を解説していきます。同じフロントエンドエンジニアの中でも、取得している資格は人によってさまざまなんです。

なぜなら、フロントエンドエンジニアの仕事内容は多岐にわたっているからです。デザインに特化しているエンジニアもいれば、UI/UX設計に秀でているフロントエンドエンジニアの方もいるんですね。

ここで紹介する資格は、フロントエンドエンジニアの将来性を考慮した上で特におすすめの資格になります。フロントエンドエンジニアであればまずは取得しておきたいという資格から、専門性の高いものまで紹介していきますね。

それではさっそく、それぞれ詳しく解説していきます。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は主要かつ最新な言語である、

  • HTML5
  • CSS3
  • JavaScript

などのマークアップに関する知識やスキルを証明する資格なんです。

資格は2段階になっていて、それぞれのデバイスに対応したWebコンテンツの制作スキルを認定するのがレベル1の資格です。また、Webアプリケーションの開発や設計の能力を認定するレベル2があります。

HTML5プロフェッショナル認定試験に必要なスキルは、フロントエンドエンジニアにとってどれも大切なものです。どの資格を取得しようか迷ったら、HTML5プロフェッショナル認定試験がおすすめですよ。

基本情報技術者試験

IT業界の中でスキルが高い人材であることを証明できるのが、基本情報技術者試験です。試験の範囲はネットワークやデータベース、情報化と経営などの幅広い範囲から出題されるんですね。

試験の中でもプログラミングに関する問題が出題されるため、プログラマー向けの能力試験の中でも重要視されています。

基本情報技術者試験は難関な国家試験の1つとも言われていて、実際ハードルは高いです。ただ、フロントエンドエンジニアにはもちろんすべてのエンジニア職で役立つ資格となっています。

Webデザイン検定

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーとの関わりが多いのも特徴な職種です。デザインされたものを適切にコーディングして再現するのは、フロントエンドエンジニアの主要な仕事の1つなんですね。

デザインに関する資格の中では、Webデザイン検定がおすすめです。Webデザインに関する知識や実務能力を証明することができます。

Webデザイナーと協力して仕事をすることが多いフロントエンドエンジニアには、特におすすめの資格になります。また、Webデザイナーとしてのキャリアパスにもつながるので、デザインに興味がある方はぜひ取得を検討してみてくださいね。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、Webサイト制作のデザインに関する知識やWebページのコーディングに関する知識を証明する資格になります。

フロントエンドエンジニアの仕事の中には、CMSを用いてクライアントに合わせたWebサイトやWebページを作成することもあります。

自分が作った成果物がクライアントにどう届いたか、直に確認できるのはフロントエンドエンジニアのやりがいの1つなんです。もちろん、クライアントに高い満足度を提供するにはスキルや能力が必要ですよね。

Webクリエイター能力認定試験を取得することは、フロントエンドエンジニアとして仕事の幅が広がりやりがいにもつながるのでおすすめです。

Web解析士

WebマーケティングやWeb解析に関する知識は、フロントエンドエンジニアとして活躍できるかどうか大きく左右する要素の1つです。Webサイトを制作するだけでなく、上位に表示されるかやユーザーにとって使いやすいかどうかは大切なポイント。

ウェブ解析士の資格は、WebマーケティングやWeb解析に関して高い知見があることを証明できるものになります。資格は3つのランクに分かれていて、

  • 初級ウェブ解析士
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析士マスター

となっています。

Webマーケティングの勉強を始めたいという人から、自分のスキルを確かめたいというフロントエンドエンジニアの方にもおすすめです。

PHP技術者認定試験

PHPは主要なバックエンド言語になります。1つのWebコンテンツを制作する上では、フロントエンドとバックエンドの両方が不可欠なんですね。

フロントエンドエンジニアがWebサイト制作に使う主なCMSは、PHPの言語を使用して作られています。だからこそ、PHPに関する知識や資格もフロントエンドエンジニアには有効なんですね。

PHP技術者認定試験は、PHPを活用したWebシステム構築に役立つものです。バックエンドエンジニアへのキャリアパスにもつながるので、チェックしてみてくださいね。

CIW JavaScript Specialist

そもそもCIWとは、インターネットとウェブに関するスキルを認定する国際資格になります。資格は、WebデザインやWeb開発、Webセキュリティなどいくつかの分野に分かれているんですね。

Web開発の中に、CIW JavaScript Specialistの資格があります。特徴として、英語で出題されるため難易度が高いという点があるので注意してくださいね。

ただ、CIW JavaScript Specialistは国際資格のため日本国内だけでなく海外で働くのにも有効なんです。もちろん、JavaScriptとしての技術を証明できるという点もフロントエンドエンジニアにとって有利に働くポイントです。

Ruby技術者認定試験

フロントエンドだけでなく、サーバーサイドも開発できるエンジニアはフルスタックエンジニアと呼ばれます。ちなみに、サーバーサイドとバックエンドは同義語になります。

Rubyは、主にサーバーサイドで使用されることが多い言語です。言語の有用性から、最近では特に注目が集まっている言語なんですね。

フロントエンドエンジニアとしてRubyのスキルまで習得できていると、活躍できる範囲が大きく広がります。サーバーサイドとのコミュニケーションも円滑になりますよね。

試験の出題範囲はRubyの文法や組み込みライブラリ、オブジェクト指向になっています。Ruby技術者認定試験は選択式の50問で、75%以上の正答率で取得することができます。

比較的取得しやすい資格でもあるので、まず1つ資格を取得してみたいという人にはRuby技術者認定試験がおすすめです。

PMP

PMPはProject Management Professionalの略称で、プロジェクトマネジメントに関する専門知識があることを証明する資格です。

企画や上流設計に関わることも多いフロントエンドエンジニアは、PMもキャリアアップの選択肢の1つなんです。1つのプロジェクトを責任をもって進めていける技能が問われますが、やりがいも大きいですよね。

フロントエンドエンジニアとしてキャリアップしていきたい人には、PMPの取得がおすすめです。

人間中心設計専門家認定試験

人間中心設計専門家認定試験は、専門性の高い資格になります。人の要求に合わせて、モノやサービスの設計など専門的なスキルを評価する試験なんですね。

今では、Webサービスやアプリケーションを開発するのに欠かせないのがUI/UX設計です。ユーザーにとっての使いやすさを重視するUI/UXは、Webコンテンツを制作するフロントエンドエンジニアにとっても大切な要素になります。

もちろん、UI/UXデザイナーとの円滑なコミュニケーションやキャリアパスにもつながります。ただ、試験の受講資格に最低でも実務経験が2年以上とあるので注意が必要です。

フロントエンドエンジニアは資格よりもスキルが必要?

これまで紹介してきたおすすめの資格の中には、あなたのキャリアアップを進めたり現場で活躍するものも多くあります。ただ、資格は1つの手段であるという認識が大切です。

なぜなら、たくさんの資格を持っていてもエンジニアとして1から何も開発できなければ意味がありません。自分で調べて問題解決できなければ、現場で活躍することもできないんです。

一生懸命に資格を取得しても、技術が身につかなければテスターで終わってしまう可能性もあります。そうはなりたくないですよね。

だからこそ、フロントエンドエンジニアとして活躍するためにはスキルが大切になります。スキルを前提とした資格の取得であれば、実際の現場でも活用できる可能性が高いということなんですね。

あなたがフロントエンドエンジニアとしてよりよいキャリアを築いていくためにも、スキルを身につけたり向上させることを念頭に資格は1つの手段として捉えておきましょう。

フロントエンドエンジニアとして収入アップする方法

仕事をしていく上で、収入は大切なポイントですよね。あなたのスキルが正当に評価されて収入が上がればもちろん嬉しいはず。

収入を上げるポイントは大きく2つに分けられます。ポイントとしては、

  • 収入を上げる手段や方法を知る
  • 新たなスキルを獲得して自分自身の幅を広げる

この2つが大切になるんですね。

ここでは、上記をふまえてフロントエンドエンジニアとして収入をアップする方法を解説していきます。それではさっそく紹介していきますね。

転職エージェントを活用する

収入を上げる1つの方法として、転職エージェントを活用する方法があります。会社や企業の中には、特にフロントエンドエンジニアを必要としているところもあって収入がアップする可能性があるんですね。

フロントエンジニアの特徴として、実務経験やスキルによって収入や年収が大きく左右されます。あなたのスキルや経験がより評価される会社や企業に出会えるといいですよね。

また、エージェントを活用することで自ら会社を探す手間やコストを省くことができるメリットもあります。フロントエンドエンジニアとして会社や企業で働くことを検討している方は、参考にしてみてください。

フリーランスエージェントを活用する

フロントエンドエンジニアの働き方の中でも、フリーランスとして働くことを視野に入れている方もいるのでは?フリーランスであれば、フリーランスエージェントを活用することで収入をアップできる可能性があります。

フリーランスエージェントの中には、高単価な案件を多く扱っていたり1つの職種に特化したエージェントサービスがあるんです。もちろん、フロントエンドエンジニアを対象とした案件もありますよ。

上記の転職エージェントと同様に、案件を探したり自ら案件獲得するなどの営業コストをなくすことができます。あなたの仕事の幅を広げるのはもちろん、1つの仕事を獲得するための窓口として登録しておくのもおすすめです。

また、フリーランスエージェントに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

【徹底調査】フリーランスエンジニアエージェント12選はこれ!仕事に困らない厳選リスト

ソフトスキルを獲得する

仕事を進めていく中で、完全に個人で仕事が完結することはほとんどありません。特にフロントエンドエンジニアは、フロントエンドだけでなくサーバエンドに関わることも多い職種です。

企画やプロジェクトを円滑に進めるためには、的確な指示やコミュニケーションなどが必要です。このような人間性に関わるスキルのことを、ソフトスキルと呼ぶんですね。

言語やコーディングなどのハードスキルに加えて、ソフトスキルの習得もフロントエンドエンジニアとして収入をアップするポイントになります。

フロントエンドエンジニアにおすすめのスキル5選

スキルが大切なのは分かっても、何から学んでいいかわからなければ困ってしまいますよね。せっかくスキル獲得のために時間やお金を費やしたのに、いざ使えなければ本末転倒です。

なのでここでは、フロントエンドエンジニアにおすすめのスキル5選について解説していきます。中でも必須と言われているスキルや、重要度の高いものをピックアップして紹介していきますね。

フロントエンドエンジニアとしてスキルを習得していきたいという方は、以下の内容を参考にしてみてください。

また、フロントエンドエンジニアに必要なスキルに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

習得できてる?フロントエンドエンジニアの必須スキル17選!ハードスキルとソフトスキル別で紹介

JavaScript

フロントエンドエンジニアとして活躍するあなたにとって、JavaScriptの習得は必須であり前提です。逆に言えば、JavaScriptなしにフロントエンドエンジニアとして仕事をしていくことはできません。

JavaScriptとはブラウザ上で動的な表現を可能にする技術で、多くのウェブサイトで利用されている言語です。主に使用する言語として採用している会社や企業も多いんですね。

フロントエンドエンジニアには、JavaScriptを用いてアクティブな表現が可能なWebサイトの構築が求められます。

まずは、JavaScriptの基礎スキルを習得してライブラリの活用なども学んでいきましょう。

CSS

CSSはWebページを作る際に必ず使用する言語で、JavaScriptと同様にフロントエンドエンジニアに必須なスキルの1つになります。

現在では、CSS3が基準となっていて習得が必要となります。上記で紹介したHTMLプロフェッショナル認定試験でも出題されるほど重要な言語なんです。

他の言語に比べて、CSSは言語のイメージがしやすく習得が比較的簡単な言語と言われています。難易度に迷ったら、まずはCSSのスキルから習得してくのがおすすめですよ。

HTML

上記のCSSと同様に、 HTMLもWebページを作る際に必ず使用する言語になります。もちろん、フロントエンドエンジニアにとって必須のハードスキルですね。

フロントエンドエンジニアには、HTMLの基礎的知識だけでなく見やすいページにするためのデザインスキルも求められます。また、HTMLとCSSはセットで学ぶことでWebページの基本を網羅することができますよ。

CSSと合わせてHTMLを駆使してWebサイトを制作するためにも、フロントエンドエンジニアにとって習得必須のスキルになります。

UI/UX設計

Webページなどのコンテンツを作成するうえで、ユーザーが使った際の満足度を向上させたり使いたくなるよう設計するのがUI/UX設計です。

たとえば、デザインにこだわるあまりメニューの場所が分からないWebサイトは使いづらいですよね。もちろん、華やかさも大切ですがWebコンテンツには使いやすさも求められます。

Webコンテンツである以上、ユーザー目線に立って使いやすいことが何よりも大切になります。ユーザーに必要とされるコンテンツを制作するフロントエンドエンジニアだからこそ、UI/UX設計は習得すべきスキルの1つです。

CMS構築

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSを用いて基盤からWebサイト構築を行うこともあります。ただ、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使うケースの方が多いんですね。

そもそもCMSとは、WordPressなど専門的な知識がなくてもWebコンテンツ制作ができるシステムのことを指します。CMSの登場は、知識のない人でもコンテンツの更新や修正を簡単にできる革新的なものだったんですね。

フロントエンドエンジニアは仕事の中で、CMSを使ったサイト制作を請け負うことがあります。クライアントに合わせたオリジナルのCMS構築をする場合もあるんですね。

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、WordPressなど知名度の高いCMSでのWebサイト制作スキルは必須になります。主要なCMSの機能、使用する言語など網羅的に習得していきましょう。

まとめ

今回は、フロントエンドエンジニアにおすすめの資格10選について解説しました。エンジニアとして働くあなたにとって、資格はキャリアをサポートする1つの手段になります。

ただ、資格を取得したからといって実際のスキルが伴わなければ意味がありません。だからこそ、スキル獲得を前提に資格を取ることをおすすめします。

また、必ずしも資格がなければ働けないのか?と言われればそうではないんですね。実際に現場で評価されるのは、実務経験やあなたのスキルです。

資格の中には、あなたのスキルの習得度を図るのにぴったりなものもあります。求められているスキルや、参画しようと検討している案件に合わせて資格を取るか検討するのがおすすめです。

フロントエンドエンジニアの資格を獲得しようか悩んでいる方は、本記事を参考にしてみてくださいね。