Go言語の求人は意外と少ない!?転職や就職の方法、おすすめ求人サイトも

Go言語の求人は意外と少ない!?

「Go言語の求人を探す方法を知りたい!」
「Go言語の仕事をどうやって探せばいいの…」
「おすすめの求人を探す方法を教えて欲しい!」

とあなたはGo言語の求人について知りたいと思っていませんか?

Go言語は、初心者から経験者まで幅広い層に人気があります。また、世界や日本の会社で導入しているケースも増えているんですね。

Go言語に興味を持っている人は、どんな求人があるのか?求人の単価はどのくらいなのか?将来性はどうなの?など気になる方は、いろいろとあるはず。

そこで今回は、Go言語の求人の探し方から将来性、年収などについても項目に分けて紹介します。

具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人は、Go言語の求人の探し方を把握できますよ。また、自分にあった会社を見つけられるでしょう。

Go言語の求人は少ない

Go言語の求人数は「2,202件」と、他のプログラミング言語に比べて少なくなっています。(※「2018年」プログラミング言語別年収ランキング)

これは他のプログラミング言語に比べて歴史が浅く、導入されている会社が多くないからです。

Rudyは「11,676件」、Pythonが「9,344件」と、Go言語よりも求人数が4,5倍ほど多くなっています。

Go言語は、普及しているプログラミング言語よりも求人数が少ないです。仕事を探している人は、会社にアピールできるように実績を作りましょう。

Go言語の将来性や年収は?

Go言語の求人数は少ないといえど将来性や平均年収など、未来のことって気になりますよね。

今は求人数が少なくても、数ヶ月、数年で求人は増えていく可能性もあります。

なので、あくまでも予測にはなりますが、Go言語の将来性や年収も見ていきましょう。

将来性がある

Go言語は初心者から経験者まで幅広い層から注目の集めており、将来性が高いとプログラミング言語です。

また、世界や日本の企業が導入しており、今後も需要が増える見込みがあるでしょう。なぜなら、Go言語はIT技術との相性がよいからです。

アマゾンウェブ サービス(AWS)やGoogleがGo言語を導入しています。世界を牽引するサービスがGo言語を使用しているため、需要のある言語と言えるでしょう。

Go言語はHackerRankの「Developer Skills Report」で、開発者が学びたいプログラム言語でも一位を獲得しました。

今後、Go言語は需要が増える見込みがあり、優秀な人材が求められるでしょう。Go言語に興味がある人は、一日でも早く学習することをおすすめします。

参考 プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べBIZREACH

Go言語の年収は?

Go言語の平均年収は「600万」、最高年収が「1,600万円」となっています。Go言語の年収は、他のプログラミング言語よりも高いといえるでしょう。

どのくらい高いのか?というと、プログラミング言語のScala(スカラ)の場合は、平均年収「600万」、最高年収「1,300万」となっています。

Scalaよりも言語が高いですよね。

プログラミング言語の年収は、「経験」や「スキル」によって差が出てきます。

Go言語は将来性が高いため、「平均年収」や「最高年収」にも影響してくるでしょう。今後、Go言語は年収が増える見込みがありますよ。

※2021年7月調べ

参考 プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べBIZREACH

Go言語の求人から見る!で転職や就職はできる?

上記でも解説しましたが、Go言語の求人数は「2,202件」で、ある程度の「経験」や「スキル」があると仕事に就きやすくなります。

なぜなら、Go言語を導入する会社が増えており、即戦力が求められるからです。

Go言語は大企業の開発や構築に使われており、今後も導入する会社が増える可能性が高いです。

そのため、専門の知識や技術がある人材が必要となるんですね。したがって、求人数は増え転職や就職がしやすくなると言えるでしょう。

しかし、即戦力でなければ正直難しいんですよね。「これからGo言語を習得したいです」といった人だと、企業として教育コストやマネジメントコストなどの人件費がかかってしまうんです。

企業側からすると採用しにくいため、Go言語を習得している人材の需要が増えるでしょう。

今後Go言語の求人へエントリーしたい人は、今のうちに学習し習得すべきといえます。

未経験からGo言語で転職や就職するための4STEP

Go言語の仕事を探している人は、事前準備を行う必要があります。就職活動は事前準備しておくことで、効率的に進められますよ。

以下が、Go言語で転職や就職するための「4STEP」です。

  • IT業界を調査・把握する
  • Go言語の知識と技術を身につける
  • サンプル・実績を作る
  • 会社の受ける基準を決める

Go言語で転職や就職を考えている人は、早めに事前準備しましょう。

STEP1:業界を調査する

Go言語の仕事に就きたい人の「STEP1」は、業界を調査しましょう。これは、業界を把握することで就職や転職で失敗しないためです。

仮に就職や転職した人が思っていた働き方と違っており、早期に退職してしまうなんてことありますよね。

就職前と就職後でのギャップがあると、お仕事を継続していくのは極めてこんなんです。ですので、まずはGo言語を募集している業界についてキャッチアップしていきましょう。

STEP2:知識と技術を身につける

Go言語の仕事に就きたい人の「STEP2」は、知識と技術を身につけることです。なぜなら、知識と言語がエンジニアとって必要不可欠だからですね。

エンジニアは、新サービスの開発や運用保守、速度改善、コード改善を常に行います。

ですので、何かしら機能改善をするときやトラブル発生時に原因追求から改善コードの作成ができなくてはいけません。

知識や技術、スキルがないエンジニアはもはやエンジニアとは言えません。笑

ですので、まずはあなた自身の知識の幅と深さ、技術、スキルを習得し、エンジニアとしての市場価値を高めていきましょう。

STEP3:サンプル・実績を作る

STEP3は、サンプル・実績を作ることです。なぜなら、あなたが何を作れる人なのか?第三者に対して成果物で伝えることができるからですね。

仮に「Go言語できます!」とGo言語の求人にエントリーをしたとします。しかしその人はGo言語でなにも作った経験がないとしましょう。

あなたが採用側の人間だとして、その人を採用して即戦力で活躍してもらえそうと思えますか?

さすがに思えないですよね。なにも作った実績がないからです。

まずはサンプルでもいいのでご自身の成果物いわゆる実績を作りましょう。

STEP4:会社の受ける基準を決める

Go言語の仕事に就きたい人の「STEP4」は、会社の受ける基準を決めておくことです。ただ適当に受かればいいやで受かった会社に就職するのって継続できますか?

さすがに無理ですよね。なので、あなたが仕事をする上で大事にすることはなにか?を明確にしておくのはとても重要なことです。

その基準から会社を受ける基準を決めるようにしましょう。

その基準を元に求人を絞り込み気になるGo言語ができる人材を探している企業にエントリーしてみてください。

Go言語の求人が掲載されているおすすめサイト3選

ここまで読み進めてくれたあなたは、

「どこの求人サイトがGo言語の求人多いの?」
「どうせならおすすめの求人サイトを教えてよ!」

と思っちゃいますよね。

さまざまな求人サイトがある中で、違いがわからない人多いでしょう。なので、おすすめの求人サイトも紹介するので、早速登録してGo言語の求人を探してみましょう。

転職サイトを活用

Go言語の求人が掲載されているおすすめサイトの1つ目は、転職サイトです。転職サイトは複数のサイトを使うようにしましょう。なぜなら、各転職サイトで掲載している求人が異なっているからです。

例えば、ある会社の求人が「転職サイトAにあって、転職サイトBにはない」など取り扱っている求人や数に異なってきます。また、指定の転職サイトにしかない求人もあります。

Go言語の求人を探す人は、複数のサイトに登録して活用していきましょう。

リクナビNEXT

出典元:リクナビNEXT

リクナビNEXTは大手の転職サイトで、新着求人数が毎週1,000件を超えています。このサイトは豊富な求人数があり、登録者の条件にあった仕事を見つけられるでしょう。

例えば、勤務時間や休日にこだわりがある人は条件を指定して、仕事を探せますよ。また、「履歴書」と「職務経歴書」の内容を充実していると、会社からオファーがくることもあり得ます。

多くの会社の中から仕事を見つけたい人は、「リクナビNEXT」がおすすめですよ。

Green(グリーン)

出典元:Green

Greenは、IT業界に転職したい人におすすめの転職サイトです。このサイトでは、IT業界に特化した求人を取り扱っています。

例えば、IT業界の営業やエンジニアなどの求人を他のサイトよりも多く取り扱っているのです。登録者は、求人募集している企業からオファーがくることもあります。

IT業界の求人に特化したサイトの「Green」は、効率的な就活が行えますよ。

エージェントを活用

Go言語の求人が掲載されているおすすめサイトの2つ目は、エージェントを活用することです。転職エージェントは、登録した人に専任のキャリアコンサルタントがついてくれます。そして、求人探しや書類の添削などのサポートを行ってくれるのです。

例えば、キャリアコンサルタントに希望の求人を伝えておくと、条件に合ったものを見つけてくれます。また、面接の練習も行ってくれますよ。

就職活動に不安がある人は、キャリアコンサルタントに相談して解決しましょう。

エージェントは就職活動に慣れていない人におすすめしますよ。

フリーランスノミカタを活用

Go言語の求人が掲載されているおすすめサイトの3つ目は、フリーランスのミカタです。

「フリーランスのミカタ」はエージェントの一つで、フリーランスに役立つ情報や求人を提供しています。

例えば、フリーランスの仕事を探している人は条件にあった求人を見つけられるでしょう。

フリーランスの人は、「フリーランスのミカタ」を活用してみてください。

会社の公式サイトから応募

求職者は、Go言語の求人を募集している会社の公式サイトから応募する方法がありますよ。

これは会社の採用ページから応募して、直接やり取りを行っていきます。

例えば、Go言語のエンジニアをA社の公式サイトで募集している場合、転職サイトやエージェントを通さずに直接応募するのです。

そして、採用担当者に書類を提出したり、面接を受けていきます。

応募者は、会社の採用担当者と電話やメールでやり取りを行うことになりますよ。そのため、ビジネスマナーを覚える必要があります。

会社の公式サイトから応募する人は事前に応募準備を行い、採用試験を受けていきましょう。

Go言語を習得するための学習方法

求人へエントリーするのにも、まだ技術が足りない人もいるのではないでしょうか。

しかしどうやって学んだらいいのか?応募するために実践的なスキルを身につけられる学習方法を知りたい人もいるでしょう。

最後におすすめの学習方法とサービスを紹介しますので、技術力を磨きたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

まずおすすめの学習方法は、

  • 学習サイトで学ぶ
  • 書籍で学ぶ

の上記2つです。

学習する人によって異なりますので、自分にあったほうを選ぶようにしましょう。

学習サイトで学ぶ

Go言語を学ぶ方法の1つ目は「学習サイト」の活用です。学習サイトは隙間時間を使い、学習を進めたい人におすすめしますよ。

以下がおすすめの3つの学習サイトです。

  • ドットインストール
  • Udemy(ユーデミー)
  • Progate(プロゲート)

学習サイトは、「動画を視聴する」や「練習問題を解く」などの方法で学んでいきます。学習する人は、自分の生活スタイルにあったサイトを選ぶと効率的に行えますよ。

こちらの記事では学習サイトについて、詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

→Coming Soon……。

ドットインストール

「ドットインストール」は、動画を視聴して学んでいくサイトです。受講者は動画が約5分なため、隙間時間を使って学習を進められますよ。

例えば、仕事の休憩時間にスマホで動画を視聴し学習していきます。また、通勤中の電車やバスの中で動画を視聴して、Go言語の理解を深める人もいるでしょう。

まとまった時間を確保できない人は、「ドットインストール」をおすすめしますよ。

Udemy(ユーデミー)

Udemy
出典元:Udemy

Udemy(ユーデミー)は、Go言語のエンジニアや専門講師がオリジナル動画教材を作っています。受講者は、オリジナル動画教材を使って学んでいけますよ。

Udemyはチャットを使い、質問できるシステムがあります。仮にわからないことがあれば、チャットで質問して解決できるのです。

ですので、一人で学習することに不安を感じている人は、Udemyをおすすめしますよ。

Progate(プロゲート)

progate
出典元:progate

Progate(プロゲート)は、「スライド式の学習」を取り入れています。また、実際にコードに書きながらプログラミング言語を学習していくんですね。

例えば、スライド式で学習した内容について、直接コードを書きながらアウトプットして理解を深めていきます。

Progateは初心者でも学びやすい学習サイトですよ。Go言語のコードを書けるようになりたい人は、一度試してみましょう。

書籍で学ぶ

Go言語は学ぶ方法の2つ目は、「書籍」の活用です。書籍は場所を選ばずに、隙間時間に学習ができます。

以下がおすすめの3つの書籍です。

  • みんなのGo言語 現場で使える実践テクニック
  • スターティングGo言語
  • 改訂2版基礎からわかる Go言語

上記3つの書籍について簡単に紹介しています。もし、気になる本があれば、購入してGo言語の学習を進めてみてくださいね。

以下の記事ではGo言語の書籍について、より詳しく解説していますので気になる人はどうぞ。

Go言語が学べるおすすめ学習本・書籍6選!【基礎、実践別に紹介】

みんなのGo言語 現場で使える実践テクニック

「みんなのGo言語現場で使える実践テクニック」は、2016年にリリースした「みんなのGo言語」の改訂版。

この本ではGo言語の基礎を学べられるため、初心者向けの一冊です。

「みんなのGo言語現場で使える実践テクニック」ではツールや書き方など、アプリケーション開発やシステム開発などに活用できるものを学べますよ。

スターティングGo言語

「スターティングGo言語」は構文や機能だけではなく、ツールやパッケージについても学べる一冊です。

この本で機能やパッケージなどを解説しており、開発に活用できる知識や技術を身につけられますよ。

「スターティングGo言語」は、初心者から経験者まで幅広い層に対応しています。

改訂2版基礎からわかる Go言語

「改訂2版みんなのGo言語」は、Go言語を基礎から学べる一冊ですよ。具体的には「関数」「並列処理」などの知識も学べられます。

この本は、Go言語の初心者から経験者まで幅広い層が学習を進められるでしょう。

Go言語を基礎から応用まで一冊で学びたい人におすすめします。

まとめ

Go言語の求人の探し方や需要、将来性、年収について解説しました。この言語の求人数は今後増えていく見込みがありますよ。

  • Go言語の求人数は、他のプログラミング言語よりも少ない
  • Go言語の仕事は需要があり、求人すが増えていく見込みがある

Go言語の求人を探している人は、転職サイトやエージェントを活用しましょう。エージェントの中でも「フリーランスのミカタ」をおすすめしますよ。

それは、フリーランスに向けの求人や情報を提供しているからです。Go言語の求人を探す人は、複数の方法を取り入れることで自分にあった仕事が見つかりますよ。

こちらの記事もおすすめ

Go言語でゲームを作る方法!【完全攻略】Go言語でゲームを作る方法!事前準備やおすすめエンジンも Go言語チュートリアルサイト・学習本12選!【初心者必見】Go言語チュートリアルサイト・学習本12選!選ぶ基準や独学法も Go言語のGUIとは?Go言語のGUIとは?歴史やCUIとの違い、アプリ作成、便利な機能も解説!