【初心者必見】Go言語チュートリアルサイト・学習本12選!選ぶ基準や独学法も

Go言語チュートリアルサイト・学習本12選!

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語のチュートリアルを知りたい!」
「チュートリアルにおすすめはあるのか…」
「Go言語のチュートリアルサイトや学習本を教えて欲しい!」

などの疑問を持っていませんか?

Go言語の知識や技術を身につけたい人は、チュートリアルを探しますよね。プログラミング言語は基礎から理解しなければ、実践できません。

Go言語のチュートリアルを探している人は、わかりやすい方法を見つけたいでしょう。

しかし、チュートリアルサイトや学習本は複数あり、どのような基準で選ぶべきなのかわかりませんよね。

そこでGo言語のチュートリアルサイトや学習本、選び方、独学法を知って具体的な学習方法を理解していきましょう。

この記事では、Go言語のチュートリアルサイトや学習本について解説します。

具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人はGo言語のチュートリアルサイト・学習本、選び方、独学法を把握できます。さらに、自分にあったサイトや本が見つかり、効率的に学習ができるようになるでしょう。

Go言語について

Go言語はGoogleが開発したプログラミング言語です。この言語は、2009年にリリースされた言語で、他のプログラミングに比べると歴史が浅くなっています。

しかし、シンプルかつ信頼性の高い言語で、プログラミング言語の初心者から経験者まで幅広い層に人気があるのです。

Go言語は大量なデータの処理速度が速く、作業効率が向上します。

【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語の特徴

Go言語は、プログラミングの初心者から経験者まで注目されています。この言語はプログラミング言語の中でも、シンプルで使いやすい言語です。また、初心者でもプログラミングを学びやすくなっていますよ。

Go言語の特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • 初心者でも使いやすい
  • 並列処理が可能
  • 処理速度が速い

Go言語はシンプルなコードで機能を限定しているため、初心者でも使いやすいです。この言語では、他のプログラミング言語にある機能が使用できない場合があります。

しかし、機能が限定していることで初心者でも作業が難しくなく、スムーズに進められるのです。Go言語は無駄な機能が無く、使用するものを悩む必要がありません。

他の特徴として、「並列処理が可能」や「処理速度が速い」があります。これは作業する際に処理がスムーズで、時間を短縮できるのです。例えば、大量データを処理する場合、同時に作業を進められるため、CPUへの負担を軽減しながら行えます。

Go言語は、作業を効率的に進められるプログラミング言語です。

この言語は、他のプログラミング言語と異なる点がいつくもあります。こちらの記事では、Go言語の特徴について詳しく解説してますので、是非ご覧ください。

【初学者必見】Go言語6つの特徴!できることや将来性、習得におすすめな人も紹介

Go言語のできること

Go言語は処理速度が速く、データやコンパイルの作業時間を短縮できます。また、並列処理が可能であり、複数のデータを処理するときに同時に作業を進められるのです。

こちらがGo言語ができる開発・構築になります。

  • アプリケーションの開発
  • Webサービス・サーバーの構築
  • CLI開発
  • 組み込みシステムの開発

Go言語は、アプリケーション開発に向いているプログラミング言語です。また、さまざまなOSに対応しています。

例えば、「Windows」「mac」「Android」「iOS」などの各OSのアプリケーション開発が可能です。他にも「Webサービス」「サーバーの構築」「組み込みシステムの開発」などもできますよ。

組込みシステムの開発では、ロボットやドローンの高度なシステムをフレームワークを活用して作っていきます。

Go言語は「アプリケーション開発」や「サーバーの構築」など、さまざまな作業が行える使いやすい言語です。こちらの記事は、Go言語のできることを詳しく解説していますので、ご覧ください。

Go言語のできることってなに?特徴や、メリット、向き不向き、学習方法も解説

Go言語のチュートリアルについて

Go言語は、シンプルなコードで初心者でも使いやすくなっています。また、初心者でも学びやすいため、他のプログラミング言語よりも学習の難易度が高くありません。

Go言語のチュートリアルの種類には

  • Go言語が学べる学習本・書籍6選
  • Go言語が学べる学習サイト6選

があります。

それぞれのおすすめの本やサイトを詳しく解説します。

Go言語が学べる学習本・書籍6選

Go言語のチュートリアルの1つ目は、学習本や書籍を使用します。本や書籍で学習するメリットは、自分のライフスタイルに合わせられることです。また、場所を選ばずにどこでも学習できますよ。

以下がおすすめの学習本や書籍です。

  • たった1日で基本が身に付く!Go言語超入門
  • スターティングGo言語
  • プログラミング言語Go
  • みんなのGo言語 現場で使える実践テクニック
  • Go言語ハンズオン
  • 改訂2版 基礎からわかるGo言語

こちらの記事でGo言語が学べる学習本や書籍を詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

Go言語が学べるおすすめ学習本・書籍6選!【基礎、実践別に紹介】

たった1日で基本が身に付く!Go言語超入門

「たった1日で基本が身に付く! Go言語超入門」は、初心におすすめの一冊です。

この本ではGo言語の基礎を短時間で学習できます。また、プログラミング言語の作り方も学べるため、実践に活かせられますよ。

スターティングGo言語

「スターティングGo言語」は、プログラミング言語の基本から学習できます。また、Go言語の機能やパッケージも学べられるため、実践で活用できる知識を身につけられますよ。

Go言語の基礎から知識を深めていきたい人におすすめの本です。

プログラミング言語Go

「プログラミング言語Go」は、構造や関数を含めて基礎的な知識が深められます。また、機能やライブラリも学べますよ。

この本は、Go言語の基礎から実践できる知識や技術を身につけられる一冊です。

みんなのGo言語 現場で使える実践テクニック

「みんなのGo言語現場で使える実践テクニック」は、プログラミングの初心者から経験者まで幅広い層に対応しています。この本は基礎だけではなく、アプリケーションの開発に必要な知識も学べられるのです。

Go言語のアプリケーション開発に興味がある人は、一度読んでみましょう。

Go言語 ハンズオン

「Go言語 ハンズオン」は、「ハンズオン形式」で学習を進めていきます。この本は基礎から実践まで幅広く学べられるため、一冊でGo言語の理解を深められますよ。また、アプリケーションの作り方も学べます。

Go言語のアプリケーションを作りたい人は、この本を読んでみましょう。

改訂2版 基礎からわかる Go言語

「改訂2版みんなのGo言語」は、基礎から実践まで学べられる本です。この本は「並列処理」や「配列」などの理解を深められますよ。

Go言語の基礎から実践できる知識や技術を身につけたい人は、「改訂2版みんなのGo言語」を読んでみましょう。

Go言語が学べる学習サイト6選

Go言語のチュートリアルの2つ目は、学習サイトの活用です。学習サイトでは、「動画を視聴する」や「練習問題を解く」などの方法で知識や技術を身につけていきます。

以下がおすすめの学習サイトです。

  • paiza(パイザ)
  • ドットインストール
  • Progate(プロゲート)
  • paiza.IO(パイザ・アイオー)
  • Udemy(ユーデミー)
  • A Tour of Go

Go言語を学ぶ方法は、各学習サイトで異なっています。そのため、自分のライフスタイルや学びやすい学習サイトを探することが大切です。こちらの記事で、Go言語が学べる学習サイトを詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

独学で習得するあなたへ!Go言語おすすめ学習方法を紹介【学習サイト・本】

paiza(パイザ)

paiza
出典元:paiza

paiza(パイザ)は、動画と練習問題を活用して学習します。

学習の手順は、動画を視聴後に練習問題を解くようになりますよ。

この方法のメリットは、自分が動画で学んだことをどれくらい理解しているのか、把握できることです。

Go言語の理解度が気にある人は、paiza(パイザ)をおすすめですよ。

ドットインストール

「ドットインストール」は、動画を視聴して知識を深めていく方法を取り入れています。

この学習サイトの動画は約5分と短いため、隙間時間に学習を進められるのです。

また、短時間で集中して知識を深められますよ。

「ドットインストール」は隙間時間を使って、Go言語を学習したい人におすすめです。

Progate(プロゲート)

progate
出典元:progate

Progate(プロゲート)は、「スライド式の学習」でプログラミング言語を学んでいきます。

さらに、Go言語のコードを書きながら理解を深めていきますよ。

Progate(プロゲート)は、初心者向けの学習サイトです。

初心者はこのサイトで基礎から実践まで幅広く知識や技術を身につけることをおすすめですね。

paiza.IO(パイザ・アイオー)

出典元:paiza.IO

「paiza.IO」は、コードを書きながら学んでいく学習サイト。このサイトは、ブラウザ上でコードを書けるため、事前に学習環境を準備しなくてもよいです。

「paiza.IO」は実践向けのサイトで、コードが書けるようになりたい人におすすめしますよ。

Go言語の知識と技術を身につけいたい人は、一度試してみましょう。

Udemy(ユーデミー)

Udemy
出典元:Udemy

「Udemy(ユーデミー)」はオリジナル動画教材で、学習を進めていきます。オリジナル動画教材は、初心者から経験者まで幅広い層に対応していますよ。

「Udemy(ユーデミー)」は学習中の疑問点について、チャットで質問できます。利用者はわからないことを質問できるため、効率的に学習を進められるのです。

この学習サイトはGo言語を独学で学習する人にとって、心強い存在です。

A Tour of Go

出典元:A Tour of Go

「A Tour of Go」は、複数の章で構成されている学習サイトです。

利用者は自分のペースで学習を進められるため、ストレスを軽減できますよ。

Go言語の基礎から学びたい人は、「A Tour of Go」をおすすめします。また、プログラミング初心者にとって学びやすい学習環境です。

Go言語のチュートリアルを選ぶ基準は?

Go言語のチュートリアルを選ぶ基準は、「自分のライフスタイルに合っているのか」と「学習しやすい内容なのか」の2点です。

上記の2点は学習を効率的に進めていく上で、大事になります。なぜなら、プログラミング言語の学習は一定の時間や労力が費やすからです。

例えば、Go言語の初心者が基礎から知識や技術を身につけるためには時間がかかります。また、初めて学習する内容の場合は、言葉や意味を覚えなければいけません。

そのため、学習のモチベーションが無いと長続きしないでしょう。

Go言語を隙間時間で学ぶ人は、自分のスタイルに合った学習方法を選んでください。さらに、自分が学びやすい内容のサイトを選んでモチベーションを上げていきましょう。

Go言語を学ぶ方法は独学?

Go言語を学ぶ方法は、本や学習サイトなどを活用した独学になります。なぜなら、この言語を学べるスクールが無いため、独学で学ぶ必要があるからです。

例えば、本と学習サイトの両方を活用して、知識や技術を身につけていきます。この方法は2つの学習を取り入れているため、双方のメリットを活かせますよ。

Go言語を独学で行った場合、わからない問題を一人で解決できずに苦手なジャンルを作ってしまうリスクがあります。

この対処方法は学習サイト「Udemy」を活用して、第三者に質問することです。また、周囲にGo言語に詳しい人がいる場合は、質問しましょう。

Go言語を学ぶ人は自分で学習計画を立てて、本や学習サイトを活用することをおすすめします。

まとめ

Go言語のチュートリアルサイトや学習本、選ぶ基準や独学法について解説しました。この言語を学ぼうと検討している人は、独学で学習計画を立てていきましょう。

  • Go言語を学ぶスクールがないため、独学で行う
  • 独学の方法は学習サイトと本を活用して、計画的に行っていく

Go言語は、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。そのため、独学でもGo言語の知識や技術を身につけられます。

独学を始める人は、自分に合った学習サイトと本を見つけてください。そして、一日でも早く学習を始めて、Go言語のスペシャリストになりましょう。