インフラエンジニアでフリーランスになるには?将来性やメリット、デメリットも紹介

インフラエンジニアでフリーランスになるには?

最近では働き方が多様化していますよね。なので会社に就職して働くという形に縛られたくないとあなたは考えていませんか?

ライフワークバランスや年収をもっと上げていきたい、自由に働きたいといった理想を持っているのではないでしょうか。

インフラエンジニアのフリーランスになりたいと考えているあなたは、

「インフラエンジニアのフリーランスになる前に知っておくべきことってある?」
「インフラエンジニアのフリーランスになるメリットとデメリットってなに?」
「インフラエンジニアのフリーランスとして独立するタイミングはいつがいいの?」

などの疑問や不安があるでしょう。

そこで今回は、インフラエンジニアのフリーランスになる前に知っておくべきこと、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。

また、フリーランスに独立するタイミングも詳しく紹介していきますね。

ぜひ本記事を参考にしてみてください。

そもそもインフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは、IT基盤の設計、構築、運用、保守などを行うエンジニアです。

IT基盤の設計や構築に長期間かかるため、1つのプロジェクトは長期業務となるのがインフラエンジニアの特徴です。

さらに運用が開始すると保守の業務もありますので、幅広い業務があります。

フリーランスになると長期間のプロジェクトは大変魅力的ですよね。

インフラエンジニアについて詳細に知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

【完全ガイド】インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、必要なスキルも紹介

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は、

  • サーバー、ネットワークの設計・構築
  • サーバー、ネットワークのセキュリティ対策
  • サーバー、ネットワークの運用・保守

です。

クライアント先に設置するサーバーやネットワーク全体の設計・構築を行うと同時にセキュリティ対策をしながら、運用保守をする必要があります。

スキルや経験などに応じてネットワークエンジニアの仕事内容は若干異なります。

経験が長ければ、設計からハードウェアなどのつなぎ込み、そして運用を行うようなITサービス開発のためには欠かせない仕事を行うですね。

ただし、経験やスキルがない人は、ベテランのインフラエンジニアと同時に仕事を進めていくのが一般的です。

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアのお仕事は幅広い知識と十分な経験が必要なのだと確認してきましたので、年収も期待できそうですよね。

平均年収には男女差がありますので、男女別で見ていきましょう。

インフラエンジニアの平均年収は、

  • 男性:568万円
  • 女性:497万円

です。

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」職種DB第1表(2019) で公表されている「システム・エンジニア」の情報より計算した値となります。

年収=(きまって支給する現金給与額×12)+(年間賞与)で計算

給与所得者の平均年収は男性が540万円、女性296万円(国税庁 令和元年分民間給与実態統計調査 統計表より)なので、インフラエンジニアの平均年収は高いことがわかりましたね。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルは、

  • ネットワーク・サーバーに関する知識
  • クラウドの知識
  • コミュニケーション能力

です。

ネットワークは一般的な知識の他に、特定企業で使う技術もあるので、幅広い知識・スキルが求められます。

サーバーはWindows、Linux、UnixのOSの知識は全て必須と考えられていますよ。

また最近ではサーバーがクラウド化・仮想化へと変化しています。

今後は、いままのサーバーで必要だった知識とプラスしてクラウド化・仮想化という新たなスキルにも対応できるようになるのがベストですね。

さらにコミュニケーション能力も必要なんです。

クライアントの要望を聞き取る「ヒアリング力」、要望に合わせたインフラを提案する「提案力」を持っていると案件をスムーズに進められます。

最後に、英語もできると良いですね。

エラーで表示された英文がわかるくらいの英語力は求められるスキルとなります。

インフラエンジニアのフリーランス案件の平均単価

ここまで読み進めてくださったあなたは、企業に勤めている時の平均年収はわかったけど、フリーランスになるとお仕事の単価はどのくらいなのか気になってきていませんか?

生活や仕事へのモチベーションに直結するところなのでとても気になりますよね。

でも心配はいりません。インフラエンジニアのフリーランスとなった場合でもお仕事の平均単価は高めなんです。

インフラエンジニアのフリーランス案件単価は、月140~180時間の作業時間で50~70万円です。

平均単価は68.4万円で、中央値単価は65万円でした。

参考 インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場フリーランススタート

先ほどインフラエンジニアの平均年収は、男性568万円、女性497万円とお伝えしました。

例えば、フリーランスとなり、毎月平均60万円のお仕事を行うとします。

60万円×12ヵ月=720万円

あくまで平均と比べた場合ですが、会社員として働くよりもフリーランスとして働く方が年収は高くなりますね。

フリーランスのインフラエンジニアの需要や将来性は?

結論からお伝えすると、インフラエンジニアは需要と将来性のあるお仕事です。

なぜなら、さきほどもお伝えしましたが、サーバーがクラウド化・仮想化へと変化していますよね。

クラウド化・仮想化という新たな技術により、インフラエンジニアの需要はさらに高まっていくからです。

さらに時代の流れとともに、技術は日々新しいものになっていきます。

なので、あなたも時代の流れに合わせて、新しい情報や技術をいち早く取り入れられるように、常に目を光らせておくと良いでしょう。

インフラエンジニアだけでなく全業種に言えることですが、時代の流れをつかむことが大切なんですよね。

時代が動く時には技術も合わせて変化していくので、取り残されないためにも技術の変化に対応していくのがベストです。

インフラエンジニアのフリーランスになる前に知っておくべきこと

インフラエンジニアのフリーランスになる前に知っておくべきことが3つあるんです。

あなたが早いうちに知りたかったとならないように解説しておきますね。

  • 常駐案件が多い
  • 資格を持っていると役立つ
  • 未経験からのフリーランスは難しい

それぞれ具体例を交えながら解説をしていきます。

常駐案件が多い

フリーランスの働き方をイメージした時に、好きな場所で好きな時に仕事をするということを想像しませんか?

しかし、残念ながらインフラエンジニアのフリーランス案件は、企業に通勤してお仕事をする常駐案件が多いんです。

もちろんフルリモート案件もありますよ。

しかし、フルリモート案件数は少ない、またフルリモート案件でも初めは常駐で行い、慣れてきてからリモートに切り替わる案件もあります。

なので、あなたが希望する条件のお仕事でフルリモート案件がどのくらいあるのか確認しておくようにしておきましょう。

資格を持っていると役立つ

資格を取得することは、あなたのスキルを証明することにもなるんです。難易度が高ければよりアピールできますよね。

また、クライアント先にとってはあなたが資格を持っているとわかると仕事を安心して任せられることもあるんです。

資格には国家資格とベンダー資格があります。あなたの希望する仕事で有利になる資格は取得するのがおすすめです。

未経験からのフリーランスは難しい

実は、フリーランスとしてお仕事を獲得していくためには実績と経験が必要なんです。

というものフリーランス案件はクライアントが即戦力を求めているからなんですよね。

なので、実績と経験がほとんどない未経験のエンジニアがフリーランスになるのは極めて困難です。

一度企業で経験と実績を積んでから改めてフリーランスを目指すことをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランスとして働くメリット・デメリット

それでは実際にインフラエンジニアのフリーランスとして働くメリットとデメリットを押さえておきましょう。

あなたがフリーランスになったことを想像して読み進めて下さい。

お仕事の進め方のイメージが膨らむので、ぜひ想像してみてくださいね。

インフラエンジニアのフリーランスとして働く3つのメリット

インフラエンジニアのフリーランスとして働くメリットは、

働く3つのメリット
  • 自分で仕事を選択できる
  • 年収アップが見込める
  • スキルの上達が早い

です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

まず1つ目に、自分で仕事を選択できるようになります。つまり、あなたが希望するお仕事だけできるということです。

さらに、一つの案件が終わり、次の新たなお仕事を受注するタイミングさえもあなた自身で決めていくことができるんですね。

会社員と比べるとかなり自由度が上がります。案件の選び方もあなたの得意な仕事を行ったり、さらにスキルアップを目指して案件を選んでいくことも可能です。

2つ目に年収アップが見込めます。先ほどもお伝えしましたが、インフラエンジニアのフリーランス案件単価は高めです。

インフラエンジニアのフリーランス案件単価は、月140~180時間の作業時間で50~70万円、平均単価は68.4万円、中央値単価は65万円でしたね。

月140~180時間の作業時間とは、週5のフルタイム勤務である会社員とほとんど同じ仕事時間なんです。

会社員では企業規模に関わずいずれも労働時間は月170時間くらいでした。

さらに、インフラエンジニアの平均年収も男性568万円、女性497万円と算出できます。

参照:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」職種DB第1表(2019) で公表されている「システム・エンジニア」の情報より

フリーランス案件単価と比較するために、年収を12ヵ月で割ると男性47.3万円、女性41.6万です。

会社員:男性47.3万円、女性41.6万 < フリーランス案件平均単価:68.4万

月20万円以上の差がありますね。

毎月案件を獲得するか案件継続を行えば、会社員よりもフリーランスで働く方が年収は高いですよ。

3つ目にスキルの上達が早くなります。

フリーランスになると、あなた自身が自然とスキルを習得する行動を行うようになるんです。

つまり、フリーランスになれば案件を獲得し続けなければなりませんね。

スキルが無ければお仕事を獲得できないので、常にスキルアップをする必要があります。

結果的にスキルの上達スピードが上がるんですよね。

インフラエンジニアのフリーランスとして働く3つのデメリット

インフラエンジニアのフリーランスとして働くデメリットは、

働く3つのデメリット
  • 実務以外の業務が増える
  • 仕事が途切れてしまう場合もある
  • 自己アピールするスキルが必要となる

です。

1つ目に実務以外の業務が増えることです。確定申告や新規案件の営業、事務処理などが発生します。

フリーランスになると、本業以外にもあなた自身でやらなければいけないことも増えるんですね。

したがって、雑務が増えるといった点ではデメリットのひとつです。

次に2つ目では、仕事が途切れてしまう可能性がある点です。案件には契約の期間があります。契約期間が更新されれば継続して仕事をできます。

しかし、毎回継続できるわけではありません。また、その次に新規案件をスムーズに受注できるとも限らないんですね。ですので、お仕事が途切れてしまうといったデメリットも存在します。

最後3つ目として、自己アピールスキルが必要な点です。フリーランスは個人で生き抜いていく力が必要です。

あなたがインフラエンジニアとして何ができて、どうやってクライアントに貢献できるのか?などをアピールしてかなければ、新規案件も継続案件も獲得できません。

したがって、自分自身を表現できなければ、フリーランスのインフラエンジニアとして活躍していくのは厳しいでしょう。

自己アピールスキルが得意な人にとってはメリットですが、苦手な人にとってはデメリットになりますよ。

インフラエンジニアのフリーランスとして独立するタイミングは?

インフラエンジニアとしてフリーランスになる上で、気になるのは独立するタイミング。

「今独立してフリーランスのインフラエンジニアなって飯食っていけるのかな?」
「お仕事もらえるかな?」

といった不安をあなたは持っていませんか?

ベストなタイミングなんてありませんが、フリーランス案件の求人内容などを100件以上分析した結果、最適なタイミングが導き出されたので、紹介しますね。

  • 実務経験を3年~5年積んだとき
  • 年収をあげたいと考えたとき
  • 案件獲得の見込みが立ったとき

上記3つがインフラエンジニアとしてフリーランスになる、独立するベストなタイミングといえます。それぞれをわかりやすく解説していきますね。

実務経験を3年~5年積んだとき

インフラエンジニアのフリーランス案件には、実務経験が3年〜5年以上あると独立するタイミングにとってベストです。

フリーランス向けエージェントが掲載しているインフラエンジニアの案件だと、必須スキルに実務経験が3年以上の記載がほとんどなんですよね。

ある程度経験を持っている人材を欲しているのは間違いありません。ですので、3年未満のインフラエンジニアの方は、もう少し企業で経験を積んで、独立するのがベストです。

年収をあげたいと考えたとき

会社員で働いていて、年収が思い通りにならず、もっと年収を上げたいと考えるようになったら、独立をするベストなタイミングです。

先ほどもお伝えしましたが、インフラエンジニアでは会社員よりもフリーランスの方が年収は高くなりえます。

モチベーションとやる気が下がりインフラエンジニア自体を嫌になってしまう前に、行動をしましょう。

案件獲得の見込みが立ったとき

会社員時の取引先や人とのつながりで、お仕事をいただけるようであればフリーランスに独立するタイミングとしてはベストです。

1つの業務だけで終わってしまう場合もありますが、次につながるお仕事をいただける場合もあるので、人脈を作っていくこともは大切なんですよ。

フリーランスになり案件獲得が安定すると安心感を持て、よりお仕事に集中できますよね。

まとめ

インフラエンジニアのフリーランスになる前に知っておくべきこと、メリット・デメリットを紹介しました。

インフラエンジニアのフリーランスになる前に必ずあなたの希望する案件がどのくらいあるのか確認しましょう。

フリーランスに独立すると、あなた自身で案件獲得し続けなければなりませんね。

案件を獲得できるように人脈を作ることも大切なんですよ。

フリーランスになるためには、スキル面だけでなくコミュニケーション能力であったり、対人面も必要です。