【2022年最新】フリーランスにおすすめの在宅仕事20選を紹介

昨今、新型コロナウイルスの影響により在宅で行える仕事が増えてきている中で、在宅フリーランスとして働いている方は多くいます。

働く場所や時間に囚われずに、自由に選べる働き方の在宅フリーランスに憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。

しかし、いざ働こうとしても

「在宅で働ける仕事ってなんだろう?」

「在宅仕事を獲得するにはどうしたらいいの?」

「在宅仕事をするにあたって準備した方がいいことってあるの?」

と頭を悩ませてしまいますよね。

実際に在宅フリーランスとして働くのであれば、職業を明確にして必要なスキルや知識を身に着けてから独立したいはず。

そこで今回は、フリーランスの在宅仕事20選から在宅仕事の獲得方法を紹介!駆け出しフリーランスにおすすめの在宅仕事から、仕事をする際の注意点まで解説していきます。

この記事を読めば、あなたに合う在宅仕事が見つかり、在宅フリーランスとして良いスタートが切れますよ。

フリーランスの在宅仕事一覧表20選

はじめに、フリーランスの在宅仕事を一覧で紹介します。

分野と職種に分けて20選紹介していますので、仕事選びの参考にしてください。

分野職種
エンジニアシステムエンジニア
プログラマー
サーバーサイドエンジニア
フロントエンジニア
インフラエンジニア
デザイナーWebデザイナー
UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
映像クリエイター
イラストレーター
マーケターWebディレクター
データアナリスト
データサイエンティスト
ITコンサルタントPMOコンサルタント
SEOコンサルタント
ライターWebライター
ブロガー
編集者
コピーライター
翻訳家

新型コロナウイルスの影響により『在宅勤務』『リモートワーク』という言葉も一般的になり、リモートワークを導入する企業が急増しました。

それに伴い、フリーランスの仕事でも在宅OKの案件や仕事の種類自体が増えており、在宅で仕事をしたいと考えているあなたに合った仕事も見つけやすいですよ。

とはいえ、たくさんある在宅仕事の中から自分に合った職を選ぶのは大変ですよね。

ポイントとしては、スキル面や収入面から考えると選びやすいですよ。

今の自分のスキル、これから得たいスキルではどの仕事が良いのか、理想とする収入にはどの仕事なら到達できそうかを考え、自分に合う職業を選びましょう。

駆け出しフリーランスにおすすめの在宅仕事5選

上記の解説だけでは、自分に合った仕事を決めきれないという方もいますよね。そこで、駆け出しのフリーランスの方におすすめな在宅仕事を5つに絞って紹介します。

今回は、中でも比較的在宅で働きやすく案件数も豊富な仕事を選び紹介していきますね。

平均年収や必要なスキルも一緒に解説していきますので、あなたの仕事選びに活用してください。駆け出しのフリーランスの方におすすめな在宅仕事は以下の5つです。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • 翻訳
  • 動画編集

それぞれ解説していきますね。

Webライター

平均年収単価相場
400万1文字あたり0.5円~5円

Webライターは、Webメディアの記事を執筆する仕事です。

記事の執筆の依頼を受け、依頼者の要望に沿って、記事の構成や内容を考え、納期までに記事の執筆を行います。

未経験者でも可能な案件が多くあり、特別なスキルが無くとも文章を書く能力があれば始められるため、比較的始めやすい仕事と言えるでしょう。

しかし、始めやすくなっている分、競合相手も多くいるため案件の単価は低い場合が多いです。

Webライターとして、しっかり稼いでいこうとするならば、基本的なライティングスキルの他にもSEOの知見を学んだり、Webデザインスキルを身に付けるなどして他者との差別化を図る必要がありますよ。

したがって、はじめは低い単価の案件を受けながら、自身のスキルアップをしていき、徐々に高単価の案件を狙っていくのがおすすめですよ。

より詳しく、ライターの仕事内容や必要なスキルを知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

【初心者必見】ライターとは?仕事内容・年収・必要なスキル・なり方まで

Webデザイナー

平均年収単価相場
300万月単価40万~70万

Webデザイナーは、Webサイトのバナー制作やロゴ、イラストを制作する仕事です。

企業や個人からの依頼を受け、クライアントが理想とするWebサイトを制作できるよう、全体のレイアウトを考え、使い勝手が良く魅力が伝わるようなデザインを制作します。

Webデザイナーは、個人のスキルによって受注できる仕事の幅が大きく変わってきますよ。

例えば、基礎的なWebデザインスキルの他にコーディングスキルがあった場合、デザイン設計で終わらずサイト制作までの仕事を受注できるようになります。

他にもマーケティングスキルがあれば、ただ依頼されたデザインを制作するだけでなく、より効果の高いデザインの提案ができ、クライアントからも重宝されますよ。

したがって、デザイン力の他にも幅広いスキルを習得していけば、仕事の幅を広げられ、単価アップにも繋がるでしょう。

Webデザイナーについて網羅的に知りたい方やWebデザイナーになるまでのSTEPを知りたい方は、以下の記事も合わせて見てくださいね。

フリーランスWebデザイナーとは?需要や未経験からなる方法、年収、募集サイトも紹介

プログラマー

平均年収単価相場
600万月単価40万~100万

プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書をもとにプログラムのコードを記述する仕事です。

プログラミング言語を用いて、様々なシステムやアプリケーションを制作します。

会社勤めが多かった仕事ですが、近年ではノートパソコン1つあれば開発できるような環境が整っているため、在宅で仕事をするプログラマーが増えてきていますよ。

とはいえ、プログラマーになるのであれば、プログラミング言語を扱えなければ始まりません。

したがって、プログラミングを全くの素人から目指そうとするとプログラミング言語から学ぶ必要があるため、少しハードルが高くなりますね。

基本的には1度プログラマーとして企業に属し、実務経験のある方が独立をして働くのにおすすめですよ。

実務経験があれば、駆け出しのフリーランスの方でも仕事に困ることはないでしょう。

プログラマーについてより詳しく知りたい方は、下記の記事にて、プログラマーの詳しい解説やプログラマーになるSTEPを紹介していますのでご覧ください。

【徹底解説】フリーランスプログラマーとは?仕事内容・メリット・デメリット・独立方法まで

翻訳

平均年収単価相場
400万1ワードあたり20円~30円

翻訳の仕事は、クライアントからもらったデータを英語から日本語、日本語から英語などに訳す仕事です。

翻訳と言っても仕事内容は様々あり、契約書・小説・雑誌などの書類・出版物の翻訳作業から、ドラマ・映画などの映像の翻訳作業など、多岐にわたりますよ。

翻訳の仕事は得意な語学力を活かし、在宅で行いやすい仕事として近年注目されています。

未経験者OKの案件も多くあり、語学力に長けている方でしたら始めやすい仕事でしょう。

扱っている案件の種類も豊富で、中国語・ドイツ語・フランス語など、さまざまな翻訳の仕事があるので、自分の得意な言語の案件を探してみてください。

動画編集

平均年収単価相場
350万1本あたり5000円~1.5万円

動画編集の仕事は、クライアントからの依頼を受け、要望に沿ってカットやBGMを付け1本の動画として仕上げる仕事です。

YouTubeに投稿する動画の編集や、広告の作成、字幕を付ける仕事など様々あります。

動画編集は、近年のYouTubeやTikTokなどの動画コンテンツの人気に伴い、需要が高まってきているため、未経験者でも始めやすくなっていますよ。

しかしその反面、1本あたりの単価はピンキリとなっており、動画編集者としてある程度稼いでいけるかは、あなたのスキル次第にもなってきてしまいます。

例えば、マーケティングスキルを学んでいれば、市場調査や宣伝方法などを考えることができ、動画の再生回数を伸ばすためのディレクションも行えるようになるでしょう。

仕事の幅が広がるほど、単価も高くなりますよ。

フリーランスが在宅仕事を獲得する方法

在宅仕事を取る際のポイントを頭に入れたところで、ここから下記4つのフリーランスが在宅仕事を取る主な方法を紹介します。

  • クラウドソーシングを活用する
  • エージェントサービスを利用する
  • 知人・友人の力を借りる
  • フルリモートの会社に問い合わせる

それぞれ解説していきますね。

クラウドソーシングを活用する

在宅仕事の獲得には、クラウドソーシングを活用するのが効果的でしょう。

クラウドソーシングとは、働き手を求める企業や依頼主がインターネット上で働き手を募集するためのWebサービスです。

在宅仕事や長期案件はもちろん、未経験からでもできる案件などクラウドソーシングには幅広い仕事が掲載されているため、フリーランスが仕事を探すにはもってこいの方法となります。

数多くの案件から自分のスキルや条件に適した仕事が探せるクラウドソーシング。在宅仕事を取る際におすすめのサービスですね。

おすすめのクラウドソーシングを知りたい方は、以下の記事にて紹介していますので参考にしてください。

【ジャンル別】フリーランスクラウドソーシングおすすめ10選と口コミ、使い方を紹介 

エージェントサービスを利用する

エージェントサービスを利用すれば、あなたが理想とする在宅案件を獲得しやすくなるでしょう。

エージェントサービスとは、仕事を探すフリーランスや転職者の理想に適した案件を紹介・提案してくれるキャリア支援サービスです。

エージェントがあなたに適した仕事を探してくれるため、1人で行う仕事探しと比べ手間や時間がかかりません。

また、高単価案件や一般には公開されていない未公開案件を紹介してくれるエージェンサービスもあります。

もちろん、わからないことや悩みがあれば気軽に相談できるサポート体制も充実しているので、1人で在宅案件を獲得できるか不安な方や仕事探しを全面的にサポートして欲しい方は活用してみると良いでしょう。

おすすめのエージェントサービスを知りたい方は、以下の記事にて紹介していますので参考にしてください。

【2021年最新】フリーランスエージェントおすすめ10選!選び方や注意点も紹介

知人・友人の力を借りる

知人・友人の力を借りるのも、フリーランスが在宅仕事を取る有効的な方法の一つです。

とはいえ、親しい友人へ仕事の相談をしたり、紹介してもらうのは気が引ける方もいますよね。

しかし、ピンチの時こそ力を貸してくれるのが友人でもあります。

また見方を変えれば、なかなか在宅仕事が見つからない現状は、友人の力を借りなったからとも言えるのです。

過度に遠慮や気負いをせず、「この友人になら相談してみても良いかな」と思える相手に、気軽に相談してみると、道が開けるかもしれませんよ。

フルリモートの会社に問い合わせる

フルリモートで働けるなど在宅仕事に適した会社を見つけたら、直接問い合わせるのも効果的な方法でしょう。

「在宅で働く」という目的に沿って仕事を探していれば、求人募集サイト以外でも、あなたの理想とする会社が見ることもありますよね。

「募集されてないかなぁ」と待つのも良いですが、思い切って会社に問い合わせてみると、話ができる時間を設けてくれたり、仕事の獲得に前進するかもしれません。

門前払い覚悟で問い合わせてみるのが良いでしょう。

また、今回は在宅仕事を取る方法に焦点を合わせて解説しましたが、フリーランスの仕事を獲得する方法は他にもあります。

下記の記事では、あなたの目的や条件に適した仕事を見るける方法について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

【案件獲得率UP?!】フリーランスの仕事の探し方10選から注意点まで

フリーランスで在宅仕事が取れる3つの特徴

「在宅仕事を取る方法はわかったけど本当に獲得できるのか不安…」

ここまで読んできて上記のように感じている人もいるはず。取る方法はわかっても実際に取れるのか不安もありますよね。

そこで最後に、下記3つの在宅仕事が取れるフリーランスの特徴について解説します。

  • 円滑にコミュニケーションが取れる
  • 自走できるだけのスキルがある
  • 取引先と良好な信頼関係をつくれる

「学は真似ろ」という言葉もありますが、不安な方は実際に在宅仕事の取れるフリーランスを参考に実践してみると良いでしょう。ではそれぞれ解説していきますね。

円滑にコミュニケーションが取れる

在宅仕事の取れるフリーランスは、取引先と円滑なコミュニケーションが取れます。

コミュニケーションコストが高くなると、解釈のすり合わせや意思疎通に時間や手間をかけるため、仕事の進捗に大きな支障が出てしまいます。

ストレスなどの精神的な負荷もかさむため、コミュニケーションに手間や時間のかかるフリーランスに仕事を依頼するのは、取引先としては避けたいところ。対人ではないリモートワークではなおさらです。

「言えば伝わり、聞けばわかる」円滑なコミュニケーションが取れるフリーランスは、仕事を獲得する際はもちろん、取引先との長期的かつ良好な信頼関係を築ける貴重な存在。

この機にコミュニケーションスキルを磨くのも効果的でしょう。

自走できるだけのスキルがある

在宅仕事の取れるフリーランスには、時間や体調管理はもちろん、新しい知見や能力を自ら習得できる学習スキルがあります。

フリーランスという働き方は、自由である一方であらゆる責任も自分に伴います。

体調を崩した自分の代わりに誰かが働いてくれるわけでもなければ、新しいスキルを習得できる研修が設けられるわけでもありません。

正社員の時とは違い、自分の生活やキャリアを支えてくれる後ろ盾がないのです。

日々最高のパフォーマンスが出せるよう体調を管理し、納期までに仕事を遂行していくだけでなく、理想のフリーランスライフを見据え定めた目標の達成に向けて必要なスキルを習得していける自走力。

在宅案件が取れるフリーランスは、理想に向かってに自走できる人なのです。

取引先と良好な信頼関係をつくれる

取引先と良好な人間関係が築けるのも、在宅案件を取れるフリーランスの特徴です。

上記でも解説しましたが、言えば伝わり、聞けばわかる円滑なコミュニケーションが取れるフリーランスは、不要な意思疎通コストを最小限に仕事を進行できる取引先にとって重宝な存在。

仕事を通して取引先との間に良好な信頼関係がつくれれば、一度取った仕事が継続的に依頼されやすくなり、安定的な報酬の獲得にも繋がります。

仕事を依頼するなら、誰かもわからない人より仕事を通じて信頼を置いた相手にお願いしますよね。

在宅案件など自分にとって理想的な仕事が選べるのも、取引先と良好な信頼関係をつくれるフリーランスの特権です。

ここでは仕事が取れるフリーランスの特徴について解説しましたが、下の記事では仕事のないフリーランスの特徴や原因、仕事がない時にやるべきアクションなども詳しく解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

【何が悪いの?】フリーランスで仕事がない5つの原因と獲得する方法

フリーランスが在宅仕事をする際の注意点

ここまで読まれてきて、在宅仕事をするイメージがついてきた方もいるのではないでしょうか。

しかし、まだ実際に在宅仕事をするのには不安を感じることもありますよね。

そこで、フリーランスが在宅仕事をする際の注意点について解説します。

フリーランスが在宅仕事をする際の注意点は以下の3つです。

  • 仕事環境を整える
  • スケジューリング
  • オンオフの切り替え

それぞれ解説していきますね。

仕事環境を整える

在宅仕事を始めるうえで、仕事環境は整えておきましょう。

例えば、机、椅子などの備品関係を整えることは重要となりますよ。

なぜなら、仕事をする上で多くの時間を机と椅子で過ごすことになるからです。

自分の座高に合わない机や座り心地が悪い椅子を使用していては、腰や背中などを痛める原因に繋がり、長時間の仕事を困難とし、後の仕事にも影響を及ぼしてしまいますよ。

そのため、自分に合った机や椅子を使用することにより、体への負担を軽減し、仕事効率のアップに繋げましょう。

仕事をするのに適した机を知りたい方は、下記の記事にて在宅フリーランスにおすすめの机を紹介していますので是非参考にしてください。

在宅フリーランスのおすすめデスク10選【ノートパソコン/デスクトップ別】

スケジューリング

フリーランスとして働くうえで、スケジューリングはとても重要ですよ。

なぜなら、納期の遅れや、複数案件による期日の混乱を避ける必要があるからです。

フリーランスの多くは、複数の案件を同時進行で進めていくことになると思いますが、その際に細かく仕事の期限を管理しておかないと、なんの仕事がいつまでなのか分からなくなってしまいますよ。

もし、1つの仕事の締め切りを勘違いしていたために期限に遅れてしまっては、クライアントからの信用を失い、次の仕事に繋がらなくなってしまう可能性があります。

最悪の事態を避けるための対策として、1つ1つの仕事の途中経過も含めて細かく期限を決め、タスク化し、1日ごとに書き出しておきましょう。

その日何をしなければならないのか、1目で分かるためおすすめですよ。

オンオフの切り替え

在宅で仕事を行うならば、オンオフの切り替えは大切ですよ。

なぜなら、オンオフを切り替えることにより仕事時の集中力向上、休憩時の休息効果を高めることに繋がるからです。

在宅で仕事をしていると仕事とプライベートの空間が同じになりやすく、区別がつきにくくなってしまいますよね。

すると、常に仕事モードの状態が続いてしまい、休んでいても気が休まらずにストレスを抱えてしまい、仕事にも悪影響がでてしまいますよ。

そのため、オンオフを切り替えやすくするために、仕事とプライベートの部屋を分け、何時以降は仕事しないなどの自分ルールを設けることをおすすめします。

仕事をする部屋と時間を決め、それ以外では仕事をしないようにすることにより、物理的にオンオフの切り替えが行えますよ。

在宅仕事を取るならフリーランスのミカタがおすすめ

上記で解説したエージェントサービスを利用して在宅仕事を獲得するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタは、あなたの目的や条件に適した仕事を提案・紹介するエージェンサービスです。

多数の高単価案件はもちろん、一般では公開されていない未公開案件も豊富に取り揃えています。

悩みや疑問点があれば、気軽に相談できるサポート体制も充実。

フリーランスのミカタについてより詳しく知りたい方は、以下の記事にて口コミも紹介していますのでご覧ください。

フリーランスのミカタとは?サービス内容や特徴、メリット・デメリット、口コミも紹介

まとめ

今回は、フリーランスの在宅仕事20選から在宅仕事の獲得方法を解説しました。

在宅仕事が増えてきている昨今、きっとあなたの理想とする働き方を実現できる仕事が見つかりますよ。

在宅仕事の一覧は以下になります。

分野職種
エンジニアシステムエンジニア
プログラマー
サーバーサイドエンジニア
フロントエンジニア
インフラエンジニア
デザイナーWebデザイナー
UI/UXデザイナー
グラフィックデザイナー
映像クリエイター
イラストレーター
マーケターWebディレクター
データアナリスト
データサイエンティスト
ITコンサルタントPMOコンサルタント
SEOコンサルタント
ライターWebライター
ブロガー
編集者
コピーライター
翻訳家

自分の将来像を考え、スキル面と収入面から自分に合った仕事を選んでください。

この記事が、あなたのフリーランスとしての在宅仕事を始める手助けとなれたら幸いです。