フリーランスエンジニアの必須スキル8選!スキル不足で陥る3つの危険も紹介

フリーランスエンジニア8つの必須スキル!

フリーランスエンジニアへの独立を検討している方の中には、

「フリーランスエンジニアに必要なスキルが知りたい!」
「スキル不足に陥ったらどうしよう…」
「フリーランスエンジニアがスキルアップする方法ってあるの?」

と悩みや疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。フリーランスエンジニアになるなら、必要なスキルは事前に抑えておきたいですよね。

また、現在フリーランスエンジニアとして働いている中でスキル不足に陥った際の対処法やスキルアップする方法を知りたい方もいるはず。

そこで今回は、フリーランスエンジニアに必要なスキルを目的別にご紹介。ワーク・ライフ別に必要なスキルを紹介しつつ、おすすめのプログラミング言語やスキル不足に陥った際の危険性やスキルアップする方法まで網羅的に解説します。

この記事を読めば、フリーランスエンジニア独立に向けて効果的なスキルセットが揃うだけでなく、フリーランスとして働く方の活路を開くきっかけとなるでしょう。

フリーランスエンジニアの仕事内容やスキル、現実、末路について、以下の記事で網羅的に解説していますので、気になる人はどうぞ。

フリーランスエンジニアとは?年収から案件内容、実態まで簡単に解説

【目的別】フリーランスエンジニアに必要なスキル・能力

今回紹介するフリーランスエンジニアに必要なスキル・能力を下表へ一覧でまとめました。

フリーランスエンジニアにとって仕事と生活は2足の草鞋。理想のフリーランス生活を実現するためには、双方を整えるスキルは必須となります。

これからフリーランスへの独立を検討している方はもちろん、現在フリーランスとして働いている方も参考にしていただければ幸いです。

フリーランスエンジニアに必要な4つのワークスキル・能力

フリーランスエンジニアに必要なワークスキル・能力は、下記の4つです。

上記4つのワークスキルは仕事をしていく上で、根本的に必要となるスキルです。フリーランスエンジニアであれば、上記4つのスキルはすでになくてはならないもの。

もし仮にどれか1つでも掛けていたらフリーランスエンジニアとして活躍していくには、とても厳しくなるでしょう。

なのでそれぞれのスキルはどんなスキルなのか?なぜ重要なのか?について解説していくので、詳しく見ていきましょう。

プログラミングスキル

言わずもがなですが、プログラミングスキルはフリーランスエンジニアに必須のワークスキルです。

プログラミングスキルなしでは、そもそもエンジニア職の仕事を獲得できないため、フリーランスエンジニアのスタートラインにも立てません。習得言語の幅はもちろん、扱う技術力次第で獲得できる案件や報酬へ大きく影響します。

高単価の仕事を獲得するなら、需要の高いプログラミング言語を組み合わせ的確に使いこなす技術力が求められますね。

フリーランスエンジニアにおすすめのプログラミング言語は下記にて詳しく紹介しますが、これから学ぶなら獲得したい仕事に必要なプログラミング言語を習得していくのが近道でしょう。

営業力・提案力・交渉力

営業力・提案力・交渉力もフリーランスエンジニアに欠かせないワークスキルです。

フリーランスは会社員と違い、仕事探しから獲得・報酬単価の交渉に至るまでを自身で行います。会社に所属しているわけではないため、昇給制度はもちろん仕事に励んでいれば新しい仕事へ挑戦する好機が訪れるなんてことはありません。

そのため、取引先へ自分を売り込み、必要とあらば要望の提案や交渉ができなければ理想の仕事や年収の獲得は困難になります。

とはいえ、エージェントサービスなどの手段を活用すれば、営業活動などは代行できるため、効果的な手段を活用できるかもフリーランスに問われる能力ですね。この点は下記の「ググるスキル」にて詳しく解説します。

フリーランスとして働いていくなら、「仕事を取るのも報酬を上げるのも自分自身」だと念頭に置いておいた方が賢明でしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは効果的な仕事運びはもちろん、新しい仕事の紹介や獲得した仕事を継続する上で非常に重要なワークスキルです。

フリーランスエンジニアは個人で働いていると言えど、請け負う案件のほとんどはプロジェクトチームの一員として参加し一部の業務を担う仕事になります。チームメンバーとの円滑なやり取りがプロジェクト成功の命運を分けるため、自身のコミュニケーションスキルは欠かせない能力です。

また、コミュニケーションスキルがあれば取引先と良好な信頼関係を築きやすくなり、新しい仕事の紹介や獲得した仕事を継続案件に変えられる可能性も高まります。取引先としてもやり取りがしやすく信頼のおける相手に仕事を依頼したいですからね。

仕事をする相手はいつでも「人間」です。個人で働くフリーランスエンジニアだからこそ、人とのつながりを良好にするコミュニケーションスキルは欠かせない能力と言えるでしょう。

ググるスキル

ググるスキル(Googleの検索エンジンを使って調べる力)、つまりは目的に必要な情報を的確に獲得できる能力もフリーランスエンジニアに必要な能力の一つです。

エンジニアに限らずどの職業・職種にも言えますが、そもそも仕事とは問題解決の連続。日々仕事をしていれば、未知の問題にぶつかるケースは日常茶飯事ですよね。

もちろん、エンジニアも未知の問題へ遭遇するたびGoogleの検索エンジンを活用し、必要な情報を的確に集め問題解決しながら仕事を遂行しています。

何も世の中にあるすべてのコードを丸暗記しているわけでもなければ、頭にある専門的な知識だけを使って仕事を行っているわけでもありません。

上記で触れた営業代行が苦手ならエージェントサービスを活用する、というのも調べる力の一例です。仮にエージェントサービスを知らなくても、営業を代行してくれるサービスの存在に調べて辿り着ければ解決できますよね。

知識や経験はもちろん大切ですが、未知の問題へぶつかった際に必要な情報を集め的確に問題解決できる能力は、フリーランスエンジニアに欠かせないワークスキルと言えるでしょう。

下記からは、ライフスキルをそれぞれ解説していきますね。

フリーランスエンジニアに必要な4つのライフスキル・能力

フリーランスエンジニアに必要なライフスキル・能力は、下記の4つです。

正直ワークスキルは誰でも身につくもの。なぜなら勉強すればなんとかなりますし、練習すれば鍛えられるハードスキルだからです。

しかし今回のライフスキルや能力は日々の習慣を身に着けなくては、なかなか習得するのが難しいスキルなんですね。

ただし、ハードスキルよりも超重要なスキルです。ライフスキルを身につけることで、仕事の生産性の向上、収入の向上、幸福度の向上などにつながり、フリーランスエンジニアとして満足のいく活躍ができるでしょう。

まずはそれぞれのスキルがどんなスキルなのか?なぜそのスキルが重要なのか、こちらも同様に解説していきますね。

自己管理能力

自己管理能力はフリーランスエンジニアの生活を整えるだけでなく、仕事で良好なパフォーマンスを出す上でも欠かせない能力です。

頻繁に体調が悪くなったり、睡眠や栄養不足から身体が優れない状態が続いては仕事で良好なパフォーマンスを出すどころか、仕事どころではありませんよね。

また、フリーランスエンジニアは会社に所属する正社員と違い、たとえ自分が体調不良になったとしても、誰も仕事を代行してくれません。仕事で成果を上げた分だけ報酬を獲得できるように、休んだ分だけ報酬は得られなくなってしまいます。

何より体調不良になれば、精神面にも悪影響が出かねません。腹痛で元気を出せと言われても、さすがに難しいですよね。身体を健全な状態に管理できれば、心も優れ仕事に集中しやすくなります。

フリーランスエンジニアにとって身体は資本。規則的な生活習慣を作り、心身共に健全な状態を整えられる自己管理能力は、フリーランスエンジニアに欠かせない能力と言えるでしょう。

セルフブランディング力

セルフブランディング力もフリーランスエンジニアに必要なライフスキルの一つです。

MEMO
セルフブランディング:自身の価値を高めるためにSNSやWebサイトを使って行う自己発信やプロモーション活動のこと。

会社に所属せず個人で仕事を請け負うフリーランスエンジニアにとって、自身の価値を高める自己発信やプロモーションは認知度を上げ、仕事の獲得や継続に繋がる重要な活動です。

仕事を依頼する取引先も、認知度の低い人よりもTwitterに1万人のフォロワーがいる人を信頼できる相手だと評価します。SNSのフォロワー自体が実績になるだけでなく、自己発信やプロモーション活動がコミュニケーションスキルや営業力の裏付けにもなるからです。

セルフブランディング力は、会社という後ろ盾のないフリーランスエンジニアに大きな後ろ盾を作る意味でも欠かせないスキルと言えるでしょう。

税金関連の基本的知識

税金関連の基本的知識は、フリーランスエンジニアの生活を支える重要なスキルです。

会社員の場合は、会社が事前に給料から税金を差し引き所得を申告してくれますが、フリーランスは税務の手続き(確定申告など)を自分で行わなくてはなりません。

また税金の支払いは収入を獲得した翌年度になるため、事前に支払う税金を計算しておかないと、税金を払えない大惨事を招く危険性もあります。

税務関連の知見がなく、税務の手続きを代行してもらえていた会社員と同じ感覚では、生活を揺るがす事態に陥りかねません。

そのため、フリーランスエンジニアになる際は最低限、税金に関する基本的知識を抑えておきましょう。

学習スキル

学習スキルは、フリーランスエンジニアが理想とする生活の実現に欠かせない能力です。

上記でも解説しましたが、フリーランスの報酬は自身のスキルや実績に比例します。スキルや実績を積み上げれば高単価な仕事の獲得に繋がるだけでなく、理想の生活を実現できる可能性も高くなります。

一概には言えませんが、多くの方はフリーランスエンジニアになってからも理想の報酬単価を獲得するためにスキルアップを図るはずです。とはいえ、日々仕事に励みながらスキルを高めるとなれば、計画的に学習しスキルを習得するほかありません。

理想の生活を見据え、仕事に励みながらも日々着実にスキル習得へ必要な学習ができなくては、理想の実現は遠のくばかりです。

着実にスキルを習得するための学習スキルは、フリーランスエンジニアに欠かせない能力と言えるでしょう。

また、フリーランスエンジニアに必要なスキル・能力を抑えたところで、下記からは先にて紹介したプログラミングスキルを高めるおすすめの言語を紹介していきます。

フリーランスエンジニアにおすすめのプログラミング言語

フリーランスエンジニアにおすすめのプログラミング言語を下表に一覧でまとめました。

どのプログラミング言語もフリーランスエンジニアからの人気が根強く需要の高い言語なので、自分の理想に適した言語を選び習得してみると良いでしょう。

また、プログラミング言語を扱う技術力や複数の言語を併用できれば、獲得できる報酬単価は高くなります。スキルを磨けば磨くだけフリーランスエンジニアとして有利に働けますよ。

紹介したプログラミング言語を踏まえ、下記ではフリーランスエンジニアが獲得する案件の種類と必要なスキルについて解説します。

フリーランスエンジニア案件の種類と必須スキル

フリーランスエンジニアが獲得する案件の種類は、主に下記の3つです。

  • Web・アプリ開発
  • システム開発・運用保守
  • インフラ設計・構築・運用

仕事内容はもちろん、案件獲得に必要なスキルもそれぞれ解説していきますね。

Web・アプリ開発

Web・アプリ開発(Web・アプリケーション開発)は、Internet ExplorerやSafariなどといった多くの方が日常で活用するWebブラウザを通じて、利用できるWebアプリの開発を行う仕事です。

GmailやTwitter、ECサイトなど、一般の方々が利用するWebアプリはもちろん、企業や事業主がビジネス用に利用する業務アプリもエンジニアが開発します。

フリーランスエンジニアが請け負う仕事は、開発アプリの企画・設計などの上流工程からコーディング作業・実装テストにいたる現場仕事までと幅広く、自身ができる技量の範囲で仕事獲得が可能です。

請け負う案件にもよりますが、開発に必要なコーディングスキルはもちろん企画・設計に必要な順序立てて考えられる論理的思考力、開発プロジェクトやチームメンバーを管理・統率するマネジメントスキルやコミュニケーション能力など幅広いスキルが求められます。

多くの方々が日常的に利用するサービスを作れると思うと、ワクワクしますね。

システム開発・運用保守

システム開発・運用保守は、クライアントが扱うシステムが健全に稼働するようトラブルを未然に防いだり、起こったトラブルへ対処・復旧作業を行う仕事です。

MEMO
・システムの「運用」業務:システムに起きるトラブルを未然に防ぐ仕事
・システムの「保守」業務:起きたトラブルへ適切に対処し、復旧作業を行う仕事

Webサイトやアプリのシステムは、利用者が快適に利用するための中枢、いわば車のエンジンに当たります。トラブルが起きシステムを健全な状態に維持できなければ、利用者が離れ事業者は大きな損失やダメージを被りかねません。

フリーランスエンジニアは、システムが健全に稼働するよう徹した管理を行うだけでなく、起きたトラブルへ迅速かつ適切な対処が必要です。

そのため、コンピューターのシステムに関する深く幅広い知見や経験はもちろん、原因を特定し適切な解決ができる問題解決能力が求められます。

責任が伴う一方、高単価な報酬や待遇が期待できる仕事とも言えますね。

インフラ設計・構築・運用

インフラ設計・構築・運用は、クライアントの要望に沿うシステム構成を考え健全に稼働するよう構築、問題なく稼働する状態を維持する仕事です。

MEMO
・インフラ設計:クライアントの要望に沿うシステム・ネットワーク構成を立案する仕事
・インフラ構築:設計した構成をもとにシステムが健全に稼働する基盤を整える仕事
・インフラ運用:構築したシステムが問題なく稼働する状態を維持する仕事

設計・構築・運用それぞれの仕事が別案件で依頼されるケースもあれば、インフラ業務全般として任される場合もありますね。上流工程から現場仕事までと幅広い仕事になるため、複数のエンジニアで協力し分業しながら管理を担います。

上流工程の案件を担う場合、インフラ管理の知見や経験はもちろん、滞りなくシステムやチームを稼働させるためのマネジメントスキルやコミュニケーション能力など多面的なスキルが求められるでしょう。

フリーランスエンジニアがスキル不足で陥る3つの危険

フリーランスエンジニアに必要なスキルや獲得する主な案件内容が理解できたところで、忠告の意味も込め、フリーランスエンジニアがスキル不足で陥る下記3つの危険について解説します。

  • 危険1:そもそも仕事が獲得できなくなる
  • 危険2:単価の低い仕事しか受けられなくなる
  • 危険3:正社員にならざるを得なくなる

これからフリーランスエンジニアになる方は陥らないようしっかり頭に入れておきましょう。また、現在フリーランスエンジニアとして働いている方は該当していないか見直す機会にしていただければ幸いです。

ではそれぞれ解説していきますね。

危険1:そもそも仕事が獲得できなくなる

フリーランスエンジニアがスキル不足に陥ると、仕事を獲得できない危険性が高くなります。

上記でも解説しましたが、フリーランスの獲得できる仕事や報酬は自身のスキルや実績に比例します。なぜなら、取引先はしっかり仕事を遂行してくれる相手を選ぶため、募集する案件に必要スキルや実績などの条件を設けているからです。

そのため、あらゆる取引先が募集案件へ設けている条件に見合うスキルがないフリーランスエンジニアは仕事を獲得できません。

とはいえ、数多くの募集案件から仕事を獲得できないほどスキルが足りない状態だとすれば、一度スキルの習得に励むよう方針を変えるのが賢明でしょう。

危険2:単価の低い仕事しか受けられなくなる

上記にも関連しますが、スキル不足のフリーランスエンジニアでは低単価の仕事しか受けられないでしょう。

いくら理想の報酬・年収を望んでいても、高単価の仕事ができるスキルが伴っていなければ元も子もありません。決して理想を諦めた方が良いという話ではなく、獲得したい報酬単価に必要なスキルの習得に励む方が、今後のフリーランス生活を見据えた賢明な判断と言えるでしょう。

危険3:正社員にならざるを得なくなる

スキル不足が原因で理想の仕事を獲得できず、低単価の仕事に励む状態が続けば、正社員になる道を検討するフリーランスエンジニアも出てくるでしょう。

フリーランスと正社員はどちらも一つの働き方です。どちらが良いか悪いかといった優劣がつくものではなく、どちらの働き方が個人に適しているかが重要です。

そのため、思うように仕事を獲得できず低単価の仕事に励む状態が続いている直接の原因はスキル不足かもしれませんが、根本的にフリーランスの働き方が合っていない可能性も十分に考えられます。

働き方の相性が原因であれば気に病む必要はありません。今一度自分が何を求めているのか、どんな働き方が適しているのかを考え直してみると良いでしょう。

フリーランスエンジニアがスキルアップする3つの方法

上記で解説したスキル不足で陥る3つの危険が現実にならないよう、フリーランスエンジニアがスキルアップする下記3つの方法を紹介します。

  • 方法1:新しい言語・仕事への挑戦
  • 方法2:エンジニアのコミュニティや勉強会などに参加する
  • 方法3:最近流行りのサービスを分析してみる

それぞれ解説していきますね。

方法1:新しい言語・仕事への挑戦

新しいプログラミング言語の習得や仕事への挑戦は、積極的に行いましょう。

上記でも解説しましたが、フリーランスエンジニアとして理想の報酬が獲得できない大きな原因は、スキル不足によるものです。惰性や現状に甘んじてスキルの習得や未開拓案件への取り組みを欠けば、気付かぬ内に足元をすくわれてしまいます。

最悪の想定ができている今なら、理想を見据え日々新しい言語の習得に励んだり、積極的に未開拓案件へ挑戦できるはず。自分のスキルや実績に比例して報酬が上がるフリーランスの働き方を存分に活かし、成長への歩みを止めないよう進み続けましょう。

方法2:エンジニアのコミュニティや勉強会などに参加する

エンジニアが集うコミュニティや勉強会に参加するのも、スキルアップする上での効果的な方法です。

フリーランスエンジニアとして働く日々には孤独がつきもの。1人でも意欲的に仕事やスキル習得に励めれば良いですが、刺激のない生活に慣れ怠惰な毎日を送れば自然と意欲や向上心も失われてしまいます。

エンジニアの集まるコミュニティや勉強会などに定期的に参加する機会があれば、現場で活躍する会社員エンジニアや境遇が同じフリーランスエンジニアと触れることで刺激や成長意欲をもらい、奮起する好機になるかもしれません。

会社に所属しないフリーランスだからこそ、人とのつながりは重要です。仕事を同じくするエンジニア同士で切磋琢磨できる機会があれば、スキルアップへの向上心が高まるだけでなく有益な情報を獲得できる可能性もあります。

まずは気軽に足を運んでみて、気に入ったところがあれば定期的に参加するようにすると良いでしょう。

方法3:最近流行りのサービスを分析してみる

最近流行りのサービスを分析してみるのも、フリーランスエンジニアのスキルアップには有効的な方法です。

流行りのサービスを分析する過程で、工夫されたアイデアやコーディングを獲得できます。美味しい料理もレシピを見てみれば、美味しさを作り出す理由や材料がかわりますよね。流行りのサービスも同様です。

流行りのサービスを分解することで得られた知見を自分の成果物へ還元できれば、スキルアップを図れるだけでなく、実績としても評価されます。

「学は真似ろ」との言葉もありますが、流行りのサービスから活用できる要素を真似するのも、フリーランスエンジニアがスキルアップする近道とも言えるでしょう。

フリーランスエンジニアの仕事獲得はフリーランのミカタで

フリーランスのミカタ
フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

フリーランスエンジニアが仕事を獲得するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタでは、豊富に取り揃えた高単価案件や一般には公開されていない未公開案件の中から、あなたが理想とする条件に適した仕事を紹介・提案させていただきます。

また、仕事の悩みやフリーランス生活での疑問点があればいつでも気軽に相談できるサポート体制も充実しているので、フリーランスへ独立したての方でも安心してご利用が可能です。

まとめ

今回は、フリーランスエンジニアに必要なスキルを下表の目的別に紹介しました。

フリーランスエンジニアは自分のスキルや実績に比例して獲得できる報酬が上がる一方で、スキル不足では理想の報酬が獲得できないどころか、最悪フリーランス自体を断念する可能性もあります。

危機的状況へ陥っていない今のうちに、理想を見据え獲得したい報酬単価の仕事に必要なスキルを習得できるよう、学ぶ習慣を身につけると良いでしょう。

この記事があなたの現状に活路を開く一助となれば幸いです。