フリーランスエージェントの在宅案件があるおすすめサービス5選!

フリーランスエージェントの 在宅案件がある おすすめサービス5選!

会社に行って働く、ということがすべてではなくなった今では在宅勤務(リモートワーク)といった働き方を選択する人も増加傾向にあります。働き手に在宅案件を提供するフリーランスエージェントサービスの数も50社以上あり、在宅という働き方に注目が集まっていることがうかがえます。

これからフリーランスエージェントサービスを利用して在宅案件を探す人の中でも、

「同じ業務内容であれば、自分の時間を活かすために在宅で仕事がしたい。」
「そもそも、自分の理想にあった在宅の案件ってあるの?」
「在宅の案件を探すエージェントはどう探したらいいんだろう?」

と思っていませんか?

在宅の案件をエージェントサービスで検討しようと思っている人の中には、自分の理想にあった案件があるのか気になりますよね。いざ案件を獲得して仕事をするとなれば、環境の変化や自分でやっていけるのか不安も生まれるはず。

そこで今回は、在宅・リモートと勤務での違いや、在宅で働きたい人におすすめのエージェントのサービスも紹介していきますね。ぜひ参考にして今後の案件獲得に活用してみてください。

フリーランスで在宅勤務(リモートワーク)と通常勤務での3つの違い

在宅で仕事ができるなら基本的に在宅案件を取りたいですよね。しかし在宅案件と通常勤務には3つの違いがあります。

  • 単価の違い
  • 案件数の違い
  • 条件の違い

上記の3つがどのように違うのか?について、具体例などを踏まえながら解説していきます。

単価の違い

報酬単価は、自分の生活を担保していく上でももっとも大切にしたいポイントです。

結論からいうと、フリーランスで在宅案件と通常勤務における単価に大きな差はありません。

勤務する常駐案件の方が多少高い傾向にありますが、在宅・リモートの案件も40万円〜80万円前後と幅広く存在します。ただ、システムエンジニアは高単価な傾向があるなど業種によって違いが存在するので、自分の業種をチェックしておくのがおすすめです。

案件数の違い

在宅やリモートの働き方が広まりつつあるとはいえ、まだまだ通常勤務が主流である企業は多いです。

全国でサービスを展開しているフリーランスエージェントの「フリーランスのミカタ」では、3000件以上のリモート案件を扱っています。

通常勤務の案件と比べると少なくはなりますが、幅広い案件が紹介されており在宅勤務の案件を探す際にも安心です。ただ、フルリモートとなると案件数も限られるので注意が必要です。

条件の違い

フリーランスとして在宅で働く際には、福利厚生や確定申告などの税金関係におけるサポート等の条件もチェックしておきたいポイント。フリーランスエージェントサービスを活用する際には、働き方ではなくそれぞれのエージェント会社ごとで条件が大きく異なります。

福利厚生や税金関係はもちろん、健康診断や語学研修までサポートしてくれるエージェントサービスもあるんです。エージェントを選択する際には自分が大切にしたい条件を軸に選ぶのがおすすめ。

ただ、こういったサポートにかかわらず、あなたの実務経験や実績によって条件は異なります。、すでにスキルをお持ちの方は最大限に活かし、浅いスキルしか持っていないのであればスキルの習得に時間やコストをかけられるとベストです。

フリーランスとして在宅案件を探す5つ方法

ここでは、在宅・リモート案件の探し方を5つ、紹介していきます。

  • 知人、友人から紹介してもらう
  • クラウドソーシングサイトで探す
  • フリーランスエージェントを活用する
  • SNSで発信する
  • 企業のWebサイトで問い合わせをする

案件を獲得してあなたの理想を実現することが目的で合って、案件を獲得する方法はいくつか選択肢があります。案件獲得のために参考にしてください。

知人、友人から紹介してもらう

フリーランスの知人、友人といったつながりを活かして在宅の案件を紹介してもらうというシンプルな方法です。

フリーランスで活動している人は、人材が不足している、確保を検討している会社や企業の情報なども知っている可能性があります。

業務を委託する会社や企業側からしても一切のつながりがない人を雇用するよりも、知人から紹介された人材の方が信用できますよね。

また、フリーランスでなくても会社員の人からクライアントを紹介してもらえるケースもあります。

そのため、知人や友人などのつながりを活用して新規案件の獲得につなげましょう。

クラウドソーシングサイトで探す

クラウドソーシングサイトを使って、在宅・リモートの案件を探す方法になります。

そもそも、クラウドソーシングとはCrowd(群衆)とSourcing(業務委託)を組み合わせた造語で、仕事を依頼したい個人や企業が不特定多数の人に向けて案件を提示しています。

大手クラウドソーシングサイトで100万件近くの膨大な案件数を提示しており、比較的にスキルが浅くても多くの案件を検討できるのがポイント。

男女を問わず幅広く活用されています。

サイト内で多く依頼されている仕事は、ブログ記事の執筆代行や、文章のリライトといったWebライティング系、広告バナーや企業ロゴのデザインといったWebデザイナー系の仕事もあります。
中には、簡単なサイト制作などもありますので、案件獲得に活用できますよ。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントを活用する方法は、スキルに合った在宅案件を見つけられるのが最大のメリット。ちなみに、高単価な案件も豊富です。

エージェント会社によって、高単価案件が豊富であったり、在宅案件が多かったりと特徴は様々です。

フリーランスとして活動するのであれば、エージェントはマストで登録しておくべきです。定期的にエージェントからメールや電話で案件のご提案をしてもらえます。

いわゆるあなたがわざわざ営業活動をしなくても、案件を紹介しれくるんですね。なので、まず在宅案件を探すためにも登録しておきましょう。

SNSで発信する

SNSを活用してリモート・在宅案件を探す方法もあります。SNSでは不特定多数に向けて1つの情報を発信できるのがメリット。

情報発信することで、同じSNS上で共通の悩みや問題を抱える人と情報を共有できたり、フリーランスとして活躍する人とつながれる可能性があります。

ビジネスでも使われるSNSとしては、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などが挙げられます。普段から活用していたり、自身のアカウントをもっていれば、案件獲得のきっかけとなるつながりを求めて発信してみましょう。

企業のWebサイトで問い合わせをする

在宅勤務の案件を企業のwebサイトで問い合わせして探す、という直接的な方法になります。なんといっても、企業のニーズとマッチングすればすぐに案件獲得につながる可能性があります。

企業はどういった職種の事業を展開していて、どのようなスキルをもった人を必要としているか明確です。あなたが持つスキルを活かせる会社があるのであれば、1度確認してみるのがおすすめですよ。

在宅・リモート案件を探せるおすすめフリーランスエージェント5選

在宅・リモート案件を探すあなたにおすすめのフリーランスエージェント5選を紹介していきます。エージェント会社にはそれぞれ、エンジニア案件が豊富であったり、マーケティング案件をメインに扱っているなどのサービス特性があります。

もちろん、それは在宅勤務も同様。特に、在宅勤務を探すのにおすすめなフリーランスエージェントサービスを紹介していきます。

フリーランスのミカタ

フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

フリーランスのミカタは、株式会社Oliveが運営するフリーランス向けのエージェントサービスです。全国で活躍するフリーランスを支援しており地域に制約はなく、多くの案件の中でも高額な案件が特徴です。

もちろん、公開している在宅勤務の案件もありますが、非公開の案件を含めると3000件以上と豊富に存在します。あなたの希望に沿った案件も見つかるはずなので、気軽にチェックしてみてくださいね。

レバテックフリーランス

レバテック
出典元:レバテック(https://levtech.jp/)

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営するフリーランスエージェントサービスです。大手企業を含めた5000社以上の会社から仲介を通さず案件を依頼されており、実績のある会社になります。エリアは関東・関西・九州エリアが中心。

在宅勤務の公開案件は500件以上で、単価や職務内容に関してすぐに確認することができます。

レバテックフリーランスはサポート対応にも力を入れており、案件を受注してから参画までの商談の調整、条件交渉や契約の手続きにいたるまで全面的にフリーランスの方をサポートしてくれます。在宅・リモートの案件を獲得したい人の中でも、サポート対応を重視したい人におすすめです。

Midworks(ミッドワークス)

Midworks
出典元:Midworks(https://mid-works.com/)

ミッドワークスは、株式会社Branding Engineerが運営するIT系フリーランスエージェントサービスです。7年以上フリーランスを支援しており、エリアとしては関東がメイン。

フリーランスエンジニアやWebデザイナー向けの案件を多く取り扱っており、実務経験や実績を活かして働くことができます。

自分のこだわり、ポジション、スキル、エリアのカテゴリーから案件を探せるため、仕事に自分らしさを大切にしたい人におすすめ。正社員クラスのサポートが受けられるので、サポート体制も安心です。

クラウドテック

画像

クラウドテックは、株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエージェントサービスです。運営会社の「Crowdwoks」は、日本最大級のクラウドソーシングサービスだけあって、幅広く膨大な案件が取り扱われています。

単価から内容まで幅広く、豊富な案件数が特徴です。中でも、取扱い案件の7割が在宅勤務(リモートワーク)のため、在宅案件を獲得したい人にはおすすめのエージェントサービスになります。

ITプロパートナーズ

ITPRO PARTNERS
出典元:ITPRO PARTNERS(https://itpropartners.com/)

ITプロパートナーズは、株式会社ITプロパートナーズが運営するフリーランスエージェントサービスです。東京を中心に北海道、福岡と全国的にサービスを展開しています。

仲介会社を挟まずに2000社以上の取引会社と直に契約を結んでいるため、高単価かつ幅広い案件を提供しています。自分のスキルを活かして、質の高い在宅勤務の案件を獲得したい人におすすめです。

フリーランスで在宅・リモート案件をスムーズに進める仕事術

自分の時間を有効活用したいという思いから、在宅・リモートの案件獲得を検討している人は多いはず。

実際に案件を獲得したあとも、効率的に仕事を進められたらいいですよね。ここでは、実際にリモート・在宅で働いている著者が、案件をスムーズに進める仕事術について紹介します。

ぜひ取り入れて効率良く仕事を進めてみてください。

こまめなコミュニケーション

仕事をスムーズに進めるうえで、こまめなコミュニケーションはもっとも大切な要素です。在宅案件だからといって、仕事が1人で成立する訳ではありません。

基本的に仕事はチームで進めるものです。在宅・リモート案件だからこそ、コミュニケーションの欠如は、プロジェクトの失敗に繋がりやすいんですよね。

リモートで仕事を行うからこそ、互いの意思を共有するこまめな連絡は必要不可欠です。小さなミスで修正できるのか、取り戻しのつかないミスを発生させてしまうのかは、案件を成功に導けるかどうか。

だからこそ、こまめなコミュニケーションを必須ですので、意識していきましょう。

修正工数を踏まえた納品

1つの案件・仕事に臨む際に、完了するまでの工数を正しく図ることを意識しましょう。

時間を想定して予定を立てておいたのに、仕事や案件が期限ギリギリになってしまうことはありませんか?その際には修正する時間の確保、「修正工数」を事前に考えておくことが重要です。

適切な時間を確保してストレスフリーな状態で仕事に臨むことは、あなたのパフォーマンスを最大限発揮することにつながります。

仕事や案件に着手する際には、事前に修正工数を想定したプランニングを意識してみてください。

自己管理能力

在宅勤務の案件には自宅で仕事ができるという自由な側面と、メリハリを分けにくいという側面があります。誘惑の多い自宅であったとしても、働くスペースや時間帯を決めるなどの工夫をして仕事に必要な工数と集中力を確保しましょう。

人はそれぞれの場所に自分の習慣が現れます。普段、寝る場所であるベッドの上では仕事に集中できないですよね。自分のやる気に頼り過ぎるのではなく、集中できる環境作りを意識してみてください。

まとめ

今回は、在宅勤務(リモートワーク)案件の獲得方法について解説しました。

フリーランス向けのエージェントサービスに在宅案件は多様な条件で公開されています。ただし、そこまで多くはないので事前の情報収集が大切。

在宅案件を探すには様々な方法があるので、本記事で解説している部分を参考に活用してください。

自分の時間を大切にしたいというこだわりに沿って案件を獲得するには、どのエージェントサービスを活用するかが重要になってきます。案件獲得後には、あなたの時間をより有効活用するために上記の仕事術を参考にして頂ければ幸いです。