【完全ガイド】フリーランスの確定申告のやり方をステップ形式でわかりやすく解説!

フリーランスの確定申告のやり方

「確定申告、ラクに済ませる方法はないの?」
「フリーランスになって初めての確定申告だけど、やり方がわからない」

フリーランス にとって確定申告は、面倒だけどやらなくちゃならない大切なものです。

初めての確定申告であれば何からやったらいいかわからないですよね。できるなら簡単に済ませたいと思っているはず。不安が募るばかりでしょう。。

そんなあなたのために今回では、具体的な確定申告書の作り方をご紹介します。システムを利用すれば、思っていたよりも簡単に確定申告書類の作成ができます。

それでは、参りましょう。

【前提知識】確定申告とは?

そもそも、なぜ確定申告をするの?

そもそも確定申告とは、収入から経費を差し引き、所得を確定させることです。

確定申告の役割としては、、所得税の計算・確定をして、その後の住民税や社会保険料などを決定します。この確定申告をしなければ諸々の納税額が決まらないのです。

これらの確定申告は会社員の場合だと、会社がやってくれますがフリーランスの場合は、あなた自身で行わなければなりません。
仮にこの確定申告をやらなければ、脱税扱いになります。所得を得た分は必ず収めるようにしましょう。

フリーランスの確定申告について詳しく知りたい人は、以下の記事でより詳細な解説をしていますのでどうぞ。

フリーランス確定申告【完全ガイド】フリーランスの確定申告についてやり方・節税・オススメ方法も解説

青色申告と白色申告

確定申告制度には、下記の2通りがあります。

  • 青色申告
  • 白色申告

青色申告は手続きが手間で難しい、白色申告は簡単にできるといった印象を持っていませんか?

しかし実はそこまで違いはなく、フリーランスの場合であれば青色申告の方が得をするケースが多いのです。そこで青色申告と白色申告の違いについて紹介していきます。

確定申告の前に、青色申告と白色申告については前提知識になるのでしっかりと覚えておきましょう。

青色申告

青色申告は、事業者が日々の取引を帳簿へ記録し、その結果を確定申告書に記載して申告する制度のことです。事業者とは、事業所得や不動産の所得、山林所得のいずれかの所得がある個人事業主のことを言います。

青色申告の場合は最大65万円まで、事業の儲けから差し引けるのが特徴。控除額が白色申告と比べて大きいのです。

青色申告を行うためには、開業届を出していて青色申告の手続きを行っている場合に使えるようになります。上記の手続きができていれば、青色決算書を提出することで、青色申告が可能となるんです。

青色申告について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

フリーランスの青色申告の方法からおすすめソフト3選やらなきゃ損!フリーランスの青色申告の方法からおすすめソフト3選

白色申告

白色申告は、青色申告の申請書を提出していない、または提出をし忘れてしまった事業者が確定申告を行う確定申告の制度です。

「白色申告の方が簡単!」って思っている人もいますが、それは過去の話。2014年(平成26年)からは、すべての白色申告者にも帳簿への記帳と帳簿などの保存が義務付けられました。

これにより、白色申告でも青色申告でもそれほど手間が変わりません。

フリーランスの確定申告のやり方3STEP

確定申告について、青色申告、白色申告への理解が深まったところで、今回メインの解説となるフリーランスにおける確定申告のやり方を3つのステップに分けて紹介します。

  • STEP1:確定申告書類の入手方法
  • STEP2:確定申告書類の記入方法
  • STEP3:確定申告書類の提出方法

上記3つのステップとなります。やり方を画像などを使ってわかりやすく解説していきますので、一緒に進めていきましょう。

STEP1:確定申告書類の入手方法

確定申告書類を入手するには、以下のような方法があります。

  • 国税庁のホームページからダウンロードして、カラープリントする
  • 管轄の税務署や市区町村の税務課、または確定申告相談会場で受け取る
  • 税務署から郵送してもらう

一番手間がかからないのは、ホームページからダウンロードしてカラープリントする方法です。しかし初めてわからない人は、郵送ないしは税務署に出向いて説明を受けるのが得策でしょう。

税務署の方も一から丁寧に教えてくれるので、不明なことはそこですべて解決できるからですね。

国税庁のホームページからダウンロード

  • 以下のリンクから国税庁ホームページに移動する
  • 個人事業主の方の確定申告をクリック
  • 申告書B・青色申告書(または収支内訳書)一般用のPDFをそれぞれダウンロード
  • ダウンロードしたものをプリントする

注意点として国税庁のホームページからダウンロードする場合は、必ずカラープリントにしてください。白黒の場合、正式なものと扱われません(白黒は控えのみです)。

参考 所得税の確定申告国税庁

税務署または確定申告相談会場で受け取る

また、管轄の税務署に直接出向いて書類をもらうときは、窓口で疑問・不明点などを相談することもできます。

管轄の税務署から郵送してもらう場合は、電話などで窓口に連絡してください。その際、青色申告・白色申告のどちらなのかを伝えるとよいでしょう。

STEP2:確定申告書類の記入方法

次に、確定申告書類の記入方法ですが、主に以下の3つの方法があります。

  • 手書きで記入する
  • 国税庁のホームページから作成する
  • 会計ソフトを利用する

便利でかつ簡単にできるのは会計ソフトを利用方法です。自動的に支払内容を判別して経費として計上してくれたりもするので、全く会計に関して知見がない人でも利用できます。

しかし、そもそもパソコンを使ったことがないような人の場合は、少しハードルが高い可能性もありますね。その場合は国税庁のホームページから作成するのか手書きで記入するようにしましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

手書きで記入する

上記の画像が手書きで入力する場合の書類です。手書きで入力する必要がある項目は、以下のとおりです。

  • 氏名・住所
  • 収入金額
  • 所得金額
  • 所得から差し引かれる金額
  • 税金の計算
  • その他・延納の届出
  • 還付される税金の受取場所

上記の項目は、確定申告書B第一表のみです。税金の計算などは、自分で行わなければなりません。

このように、確定申告を手書きで行うのは記入項目も多く、とても手間がかかります。手間だけでなく難しく断念してしまう可能性もあるんですね。なので、パソコンを持っている人はパソコンから入力をするようにしましょう。

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」から作成する

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からの作成であれば、前述した手書きの場合よりも、比較的に簡単に作成することができます。

  • 住所氏名の入力
  • 収入金額を入力し、所得金額を計算
  • 所得控除を入力
  • 税金の計算
  • 還付金がある場合、その受取口座を入力
  • 住民税に関する事項を入力

こうすると、自分で面倒な計算をする必要もなく、自動計算で所得控除や税金の計算が行われます。

ただし、事前に収入金額・経費などの計算をしておく必要はあります。領収書やクレジットカードの明細、支払調書なども揃えておきましょう。また、医療控除などを受ける場合にも、それらの領収書から合計金額を計算しておいたほうがよいです。生命保険控除など、控除証明書も準備します。

会計ソフトを利用する

3つの方法の中で、いちばん簡単に確定申告書を作成することができます。会計ソフトで、日常的に収入や経費の入力を行っていれば、あとは会計ソフトが自動計算して確定申告書に入力してくれます。

確定申告書を作成するときは、いくつかの質問に回答していくなど、簡単なステップで確定申告書と青色決算書・収支内訳書の作成ができます。

STEP3:確定申告書類の提出方法

最後に、確定申告書類の提出方法ですが、こちらも3つの方法があります。

  • 税務署に持参する
  • 郵送する
  • e-Taxで電子申告する

提出書類は「確定申告書B」と「所得税青色申告決算書、または収支内訳書」、「控除のための証明書など」になります。

直接税務署に持参する

まず、管轄の税務署に直接持参する方法です。この場合、税務署に出向く手間はかかりますが、その場で書類を確認してもらえ、控えに税務署印を押してもらえますので保管しておきましょう。

ただし、時期によっては混雑することもありますので、早めに手続きを済ませた方がよいと思われます。

郵送する

郵送により確定申告書類を提出することもできます。第1種郵便物(もしくは新書郵便物)として提出することが必須です。(ヤマトや佐川急便などは使えません)郵送の場合は、返信用封筒に切手を貼って同封すると、控えを返送してくれますので、忘れないように気をつけてください。

e-Taxで電子申告する

e-Tax(国税電子申告・納税システム)で確定申告をすると、オンライン上で提出することができるので、わざわざ税務署まで行く必要がありません。国税庁のホームページから、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」のいずれかの方法で申告することができます。「ID・パスワード方式」の場合は、事前に市役所などでIDとパスワードを発行してもらいましょう。また、「マイナンバーカード方式」の場合は、マイナンバーカードとICカードリーダ/ライターが必要になります。

  • e-Taxのホームページからソフトをダウンロード
  • 前述の要領で申請書類を作成
  • 電子署名をして電子証明書を添付
  • 確定申告書のデータを送信
  • 送信結果の確認

以上のような手順で、簡単に電子申告ができますので、参考にしてみてください。

フリーランスが確定申告をする際の注意点

確定申告をする際の注意点としては、以下の3通りです。

  • 節税対策
  • 家事按分
  • 経費にできる税金

それぞれを簡単に解説していきますね。

節税対策

節税対策として、「所得をいかに下げるか」があります。そのために、必要経費を漏れなく計上するかが重要です。

所得だけを申告して経費分が少なければ、その分所得税が増えてしまいます。支払うべき税金のため悪いわけではありません。

しかし仕事上で使用するものを購入したり、ツールを導入する場合は、経費として計上ができるので、忘れずに経費申請をして節税対策をしましょう。

家事按分

フリーランスであれば自宅で仕事をしている人も多いことでしょう。 そのような場合「家事按分」といった形で、家賃や光熱費を経費として一部計上することができます。

これを忘れてしまうと、経費の計上漏れとなってしまい節税面で損をしてしまうことがあります。

経費にできる税金

税金の中にも経費として計上できるものがあります 。 例えば、事業税・個人事業税・事業所税などの 13種類の税金が経費として計上できるのです。

意外と知られていませんが、 固定資産税なども、事業を行うために必要な土地や建物のものなら経費として計上できます。

フリーランスはスマートフォンから確定申告はできない

スマートフォンからでも確定申告ができるようになりましたが、これには条件があり、フリーランスではスマートフォンから確定申告を行うことはできません。

アプリなどを使えば確定申告書類を作成したり、「確定申告書類等作成コーナー」で確定申告書類を作成することはできます。しかし、残念ながら今のところ提出をすることはできません。

白色申告は簡単だけど、所得控除がない

フリーランスで気をつけないといけないのは、白色申告を選ぶと確定申告書類の作成は簡単に済みますが、青色申告のような所属控除はないことです。

青色申告であれば最高で65万円の所得控除を得ることができます。ですが、白色申告の場合それがありません。昨今では会計ソフトも使いやすいです。

できれば会計ソフトを導入して、青色申告を行った方が節税面では有利となりますのでお忘れなく。

まとめ

できるだけ簡単に済ませたい確定申告ですが、やはり面倒なものです。かといって、避けて通るわけにはいきません。抜け道はありませんが、いろいろなシステムを使用して簡略化することはできます。

ぜひ、この記事を参考にしてご自身の中で、「この方法ならできそう」といった確定申告のやり方を見つけていただけると幸いです。