フリーランスの仕事って何がある?内容や特徴、種類を職業別にわかりやすく解説

フリーランス仕事って何があるの?

「フリーランスの仕事がイメージできない…」
「フリーランスの仕事内容が知りたい!」
「フリーランスはどうやって仕事を獲得してるの?」

仕事する時間や場所に縛られないフリーランスの働き方。憧れを抱きながらもイメージが湧かず困っている方も多いのではないでしょうか。

いざフリーランスを目指そうにも実際に周囲で働いている方がいないと参考にしづらかったり、働き方や仕事のイメージがしづらいですよね。また、行動を起こす前にフリーランスの仕事について理解を深めたい方もいるはず。

そこで今回は、フリーランスの仕事って何があるのか?について解説します。フリーランスの特徴や仕事内容はもちろん、実際に仕事を獲得する方法や仕事が捗るスキルも紹介。

この記事を通じてフリーランスへのイメージが湧くだけでなく、仕事にまつわる理解も深まるでしょう。

この記事があなたのキャリアに活路を開く一助となれば幸いです。それでは参ります。

フリーランスの仕事とは?

企業や事業主が依頼するあらゆる業務を担うのがフリーランスの仕事です。

フリーランスは、クラウドソーシングやエージェントサービス、友人からの紹介や営業活動などさまざまな方法を用いて仕事の獲得に励みます。理想の条件に適した仕事を獲得できるかは、仕事を探す方法はもちろん自分のスキルや経験・実績によって決まるのです。

そのため、フリーランスは理想の生活を見据え日々スキルや実績を重ねていけるかが重要となります。

注意
※クラウドソーシング:企業の仕事依頼やフリーランスの案件獲得をインターネット上でできるWebサービス
※エージェントサービス:理想の条件に適した仕事を提案・紹介してくれるサービス

フリーランスの3つの特徴

フリーランスの特徴は下記の3つです。

  • 働き方は自分で決める
  • 税金は自己申告で支払う
  • スキルや実績次第で報酬は上がる

それぞれ解説していきますね。

働き方は自分で決める

フリーランスは日々の働き方を自分で決めます。

会社員の場合は自分で決めなくとも会社で決められた始業時間や終業時間で働いていましたよね。しかし、フリーランスは会社に所属せず仕事をするため、誰かに働く時間や休日を決められたりすることはありません。

そのため、仕事を始める時間から終える時間、仕事をしない休日など日々の生活リズムは自分で決めます。フリーランスは自由な働き方ができる一方で、健全な生活リズムの整備が問われるとも言えるでしょう。

税金は自己申告で支払う

フリーランスの税金は自己申告で支払います。

会社員の場合は会社があなたの所得を申告(源泉徴収)してくれますが、フリーランスは会社に所属していないため、所得の自己申告(確定申告)が必要です。

これまで手続きのなかった所得の申告なども自分で行うのは、フリーランスならではの特徴と言えますね。

フリーランス確定申告【完全ガイド】フリーランスの確定申告についてやり方・節税・オススメ方法も解説

スキルや実績次第で報酬は上がる

フリーランスの報酬は自分のスキルや実績次第で上がります。

上記でも解説しましたが、理想に適した仕事を獲得できるかは自分のスキルや経験・実績次第です。そのため、高いスキルや実績があればそれだけ報酬単価の高い仕事を獲得できます。

会社員の場合はできるようになる意味合いも込めて仕事を受けるケースもありますが、フリーランスは自分にできる範囲で仕事を受け報酬を獲得するため、自分に適した仕事や報酬を獲得できると言えるでしょう。

【早見表】フリーランスの仕事一覧

フリーランスの代表的な仕事を職業・職種にわけ、それぞれの平均年収も加え一覧で下記の表にまとめました。

カテゴリー 職業 平均年収 下限〜上限単価
エンジニア システムエンジニア 850万 60〜120万
プログラマー 600万 40〜100万
サーバーサイドエンジニア 768万 40〜120万
フロントエンジニア 879万 40〜80万
デザイナー Webデザイナー 300万 40〜70万
UI/UXデザイナー 510万 40〜70万
グラフィックデザイナー 396万 60〜80万
映像クリエイター 350万 0.5〜1.5万
マーケター Webディレクター 500万 50〜80万
データアナリスト 580万 40〜100万
データサイエンティスト 828万 100〜150万
ITコンサルタント PMOコンサルタント 980万 80〜120万
SEOコンサルタント 720万 50〜70万
ライター Webライター 400万 300〜6万
ブロガー 428万
コピーライター 550万

下記では、上の表にあるフリーランスの仕事を担う代表的な5つの職業についてそれぞれ解説していくので、参考にしてください。

【職種別】フリーランスの仕事を厳選紹介

エンジニア

エンジニアの仕事は、企業や顧客といった依頼主から受けた要望に適したシステムの開発やデータの管理です。システムのある企業に出向いて働く常駐型と外で働く在宅型が、フリーランスエンジニアが主に獲得する仕事となります。

コンピューターを動かすためのプログラミングスキルはもちろん、物事を順序立てて考える論理的思考力や依頼主と円滑なやり取りができるコミュニケーション能力が求められる仕事です。

スキルや実績にはよりますが、他の仕事に比べフリーランスエンジニアの案件数は非常に多いため、比較的仕事を獲得しやすい職業と言えますね。

マーケター

マーケターの仕事は、メディアの運営・管理やデータ収集・分析です。請け負うメディアやプロジェクトの目的となる成果を出すため、適切な課題を特定し解決策を模索、試行錯誤の改善を繰り返す役割を担います。

SEOやWeb広告、データ解析力などのWebマーケティング全般の知見はもちろん、プロジェクトを運営・管理するマネジメントスキルや問題発見・解決能力が求められる仕事です。

上流工程を担えるスキルや実績があれば、報酬単価の高い仕事を獲得できるでしょう。

デザイナー

デザイナーの仕事は、依頼主の要望に適したあらゆるWebデザインの制作です。

Webサイト全体のデザイン設計はもちろん、ロゴやイラスト、広告看板などのデザイン制作を行います。また、利用者に見やすく使い勝手の良いWebサイトやシステムザインの模索・構築を担うケースもありますね。

デザイナーの根幹となるデザインセンス、想起したデザインを再現するコーディングスキルやlllustratorなどのデザインソフトを使いこなせるスキルが必要となる仕事です。

フリーランスデザイナーの仕事は、稼働時間や報酬単価が幅広く手軽にできる案件も多いため、基本的なスキルを習得していれば取り組みやすいでしょう。

ライター

ライターの仕事は、目的や要望に沿う記事の執筆です。

フリーライターの中には、納期までに依頼主の要望を実現する記事を執筆するWebライターやコピーライターもいれば、自分の関心事を記事として執筆するブロガーもいますね。

読み手に負担をかけないライティングスキル、検索者の求めている情報を盛り込み検索上位の記事を実現するSEOの知見が求められる仕事です。

ただ記事を執筆できるだけでなく、検索上に表示されるユーザー価値の高い記事を執筆できれば閲覧数や記事自体が実績にもつながります。

フリーライターの仕事は、取り組むハードルも低く未経験の方でも手軽に始められるのが大きな特徴です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントの仕事は、メディアやWebサイト、企業のプロジェクト全体の運営・管理です。プロジェクトを成功に導くため、円滑な運営と費用対効果の高い施策を模索・実行します。

プロジェクトやチームメンバーを管理するマネジメントスキルや円滑な運営を行うコミュニケーション能力が求められる仕事です。

プロジェクト成功の命運を担う重要なポジションでもあるため、フリーランスコンサルタントとして仕事を獲得するなら、実力を証明できる実績が必要になるでしょう。

今回はフリーランスの仕事を担う代表的な5つの職業を紹介しましたが、下の記事では一つひとつの職種についても詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

フリーランスの仕事内容18選を職種別に徹底比較【2021年最新】フリーランスの仕事内容18選を職種別に徹底比較

フリーランスが仕事を獲得する3つの方法

「フリーランスの仕事はわかったけど実際にどうやって仕事を取るの?」と疑問を抱いている方いるのではないでしょうか。

ここからは、フリーランスが仕事を獲得する下記3つの方法について解説します。

  • クラウドソーシングの活用
  • エージェントサービスを利用する
  • 企業や事業主へ直接連絡する

実際にフリーランスとして仕事を獲得する際は実践の参考にしてください。ではそれぞれ解説していきますね。

クラウドソーシングの活用

フリーランスの仕事を獲得する際は、クラウドソーシングサービスを活用しましょう。上記でも注意書きで簡単に解説しましたが、クラウドソーシングを活用すれば企業が事業主が依頼している仕事の中から手軽に仕事を探し獲得できます。

クラウドワークスやランサーズなど国内最大規模のクラウドソーシングには、幅広い依頼案件が掲載されているので、仕事探しには困らないでしょう。また、自分に適した仕事を見つけやすいよう、フリーランスの多くが複数のクラウドソーシングを利用していますね。

仕事探しから獲得、納品までがインターネット上で完結するのもクラウドソーシングの大きな魅力。フリーランスが仕事を獲得するなら、クラウドソーシングの活用はマストでしょう。

エージェントサービスを利用する

理想の条件に適した仕事を効率的に獲得したいなら、エージェントサービスを利用しましょう。上記でも注意書きで簡単に解説しましたが、エージェントサービスは、あなたの理想に適した仕事を豊富な案件の中から提案・紹介してもらえます。

また、福利厚生や確定申告などフリーランス生活をサポートしてくれるエージェントサービスもあるため、フリーランスになりたての方も安心です。

1人で仕事を探し獲得できるか不安な方はもちろん、効率的に理想の仕事を獲得したい方はエージェントサービスを利用すると良いでしょう。

企業や事業主へ直接連絡する

気になった企業や事業主に直接連絡するのも、フリーランスが仕事を獲得する効果的な方法です。企業や事業主の中には、クラウドソーシングやエージェントサービスへ仕事を依頼していないところもあります。

そのため、上記のサービスを活用したからといって、気になった企業や事業主の仕事を獲得できるとは限りません。直接連絡すれば話を聞いてもらえたり、ちょうど仕事を依頼したいタイミングにぶつかる可能性もあります。

もちろん直接連絡をする以上配慮などは欠かさず、気になった企業や事業主を見つけたら思い切って連絡してみると良いでしょう。

また、下の記事ではフリーランスの仕事探し、獲得方法をコツなども交え詳しく解説しているんで、良ければ参考にしてください。

フリーランスの仕事の探し方10選フリーランスの仕事の探し方10選から高単価案件を獲得するためのスキルを紹介

フリーランスの仕事が捗る3つのスキル

これからフリーランスとして働いていく方に向け、フリーランスの仕事が捗る下記3つのスキルを紹介します。

  • コミュニケーション能力
  • タスク管理能力
  • PDCA能力

効率的な仕事の遂行を実現するだけでなく、報酬単価の増加や獲得案件の継続にも繋がるスキルなので、今のうちから意識して培っておくと良いでしょう。

ではそれぞれ解説していきますね。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、仕事を効率的にするだけでなく安定的な収入の獲得にもつながる重要なスキルです。

フリーランスが獲得する案件の中には、プロジェクトの一部担う仕事もあります。プロジェクト案件はチームで仕事を遂行していくため、チームメンバーと円滑なコミュニケーションが取れるかどうかがで、プロジェクトを計画的に成功に導けるかが決まるのです。

また、個人で案件を受ける際にもコミュニケーション能力次第で、取引先と良好な信頼関係が築けるかが決まります。取引先と良好な信頼関係が構築できれば、獲得した案件を継続的に受け続けられる可能性が高まり、安定した収入の獲得も可能です。

取引先も仕事を依頼するなら、信頼できる相手にお願いしたいですよね。そのため、コミュニケーション能力の向上はフリーランスの仕事が捗るだけでなく、取引先と良好な信頼関係を築き、獲得案件の継続に伴う安定的な収入獲得にもつながる重要なスキルとなります。

この機に、意識してコミュニケーション能力を培っておくと良いでしょう。

タスク管理能力

高いタスク管理能力があれば、フリーランスの仕事は飛躍的に捗ります。なぜなら、日々果たす仕事がはっきりしていれば、計画的に納期までに仕事を遂行できるだけでなく、理想とする案件数や報酬を獲得しやすくなるからです。

仮に「1か月で30個のプロダクトを納品する」という旨の案件を受けたとします。1日にどれくらいのペースで納品するなどのタスクを決めず成り行きでこなしていては、1か月後の納期までに30個ものプロダクトを納品するのは困難です。

1つの依頼案件を成り行きで遂行できたとしても、上記のように複数の成果物や依頼案件自体が複数になれば、限られた期間での遂行は難しくなります。

理想の生活や獲得したい報酬が、タスクの設定や管理をせず成り行きで実現するはずもありません。納期や成果物を念頭に日々のタスクを設定・管理し計画的に遂行できれば、仕事が捗るだけでなく、理想とする報酬の獲得やフリーランス生活を実現できるでしょう。

PDCA能力

PDCA能力は、仕事の効率性を高めるだけでなく、あなたの生産性自体を高める能力です。なぜなら仕事は計画から改善までの1通りの行程を経てこそ、遂行されたといえるからです。

注意

P:Plan(計画)
D:Do(行動)
C:Check(評価)
A:Adjust(改善)

PDCAの要素を一つでも欠けば、仕事における理想的な成果は上げりづらくなります。行動のない計画は机上の空論に、評価と改善のない行動は失敗を繰り返す可能性を高め費用だけが積みあがる原因を生む、といった具合です。

PDCAは、頭ではわかっていても実際に仕事で実践できている人はほとんどいません。実践できていれば昨今の「生産性が低い…」問題はとうに解決しているはずですよね。

PDCAを正しく実践できれば、仕事はもちろんあなた自身の生産性が高まり、効果の高い仕事を短時間で行えるようになります。この機に、意識しながら身につけてみると良いでしょう。

エージェントサービスならフリーランスのミカタがおすすめ

フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

上記で解説したエージェントサービスを使って仕事を獲得するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタでは高単価案件はもちろん、一般には公開されていない未公開案件も豊富に取り揃えているため、あなたの理想に適した仕事を提案・紹介させていただきます。

また、仕事における疑問やフリーランス生活でのお悩みがあればいつでも相談できるサポート体制も充実しているので、フリーランスになりたての方でも安心してご利用が可能です。

気になった方は、下のボタンから気軽に相談してみてくださいね。

まとめ

今回は、フリーランスの仕事について解説しました。

働く時間や場所に縛られない自由度の高い働き方ができる一方で、決定力や管理能力が問われるフリーランス。はじめのうちは不慣れさからくる戸惑いや不安もあるかもしれません。

しかし理想のフリーランス生活を見据え、できる範囲で案件を獲得しながら計画的にスキルや経験を培えば、幸福度の高い理想の生活を送れるようになるのです。

いざフリーランスになる際は、この記事を参考にしながらできる仕事を獲得し、実績を積み重ねていくと良いでしょう。

この記事があなたのキャリアに活路を開く一助となれば幸いです。