まだ悩んでるの?フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する方法とスキル、仕事を紹介

フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する方法

「フリーランスエンジニアができる在宅案件ってあるの?」
「在宅案件で稼げるのか不安…」
「フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する方法が知りたい!」

働く場所や時間に縛られたくない想いから憧れのフリーランスエンジニアになったは良いものの、蓋を開ければ常駐型の募集案件ばかりで困っている方も多いのではないでしょうか。

エンジニアという職種柄、非常駐で仕事を行うのは難しいとわかっていても、在宅で働きたい気持ちはなかなか捨てきれないですよね。また、いざ在宅案件の獲得に踏み切ろうと思っても「やっていけるのかな…」と不安を抱いている方もいるはず。

そこで今回は、フリーランスエンジニアは在宅案件を獲得すべきなのか?について解説します。

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリット・デメリットはもちろん、在宅案件を獲得する方法や注意点も紹介するので、この記事を機にフリーランスエンジニアの在宅案件に関する知見は網羅できるでしょう。

在宅案件を検討しているあなたの活路を開く一助となれば幸いです。それでは参ります。

【結論】フリーランスエンジニアは在宅案件を獲得すべき

在宅で仕事ができるソファーの様子

結論、フリーランスエンジニアは在宅案件を獲得すべきです。在宅案件を獲得することで、仕事が効率的になったり、フリーランス生活自体の幸福度が上がる可能性があります。

もちろん、フリーランスエンジニアの獲得案件には常駐でなければできない仕事も多々あるのが実情です。しかし中には、常駐案件という名の常駐でなくてもできる仕事を受けていたり、常駐だからこそ無駄な会話ややり取りのある仕事もあるはず。

そのため、仕事の効率や自身の幸福度を考慮すれば、必ずしも常駐案件の獲得がベストとは限りません。在宅案件の獲得は仕事の効率を高め、より快適なフリーランスライフに繋がるケースもあります。

IT人材が不足している昨今だからこそ、自分の幸福度も意識して仕事をするのがベスト。仕事内容にはよるものの、在宅案件の獲得は余計なストレスや工数を割き、仕事効率や幸福度を高める活路となるでしょう。

在宅フリーランスエンジニアの平均年収

ノートPCとメモ帳、ペン

「在宅案件は獲得したいけど稼げるのか不安…」と上記を読んで感じている方も多いのではないでしょうか。

  • 在宅フリーランスエンジニアの平均年収は:500万円です。

もちろん、スキルや実績によって報酬や年収は異なるため、1000万円を越える年収を獲得している在宅フリーランスエンジニアの方もいます。

一概に在宅フリーランスエンジニアが難しいわけではなく、理想の報酬に見合う案件を獲得できるスキルや実績を培えるかが、重要ですね。

フリーランスエンジニアが獲得できる在宅案件

在宅で仕事をしている様子

主にフリーランスエンジニアが獲得できる在宅案件は、下記の4つです。

  • Webサイト制作案件
  • アプリケーションの開発案件
  • システムの開発案件
  • システムの運用・保守案件

基本的にフリーランスエンジニアが獲得できる在宅案件は、企業や事業主が非常駐で外注可能な仕事となります。

上記でも解説しましたが、IT人材が不足している昨今では在宅に限らずフリーランスエンジニアが獲得できる案件自体は数多くあります。そのため、稼働時間や報酬単価など理想の条件に見合う案件を探し獲得できるかが肝となるでしょう。

在宅フリーランスエンジニアに重要な3つの言語

上記を踏まえ、フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得および遂行する際には、下記3つのプログラミングスキルが重要です。

  • Java
  • PHP
  • JavaScript

3つの言語を習得しているエンジニアは、仕事を依頼する企業や事業主が継続的に案件を依頼したいと望んでいる需要の高い人材です。そのため、習得していれば獲得できる在宅案件の数や幅はもちろん、高い報酬単価を獲得できます。

在宅案件の獲得だけでなく、継続も見据えるのであれば今のうちから習得しておくと良いでしょう。

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリット・デメリット

パソコンでタイピングをしている様

ここからは、フリーランスエンジニアが在宅で働くメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

メリット・デメリットは、自転車で言うところの両輪です。都合の良い側面だけを鵜呑みにして足元をすくわれないためにも、双方ともしっかり頭に入れておきましょう。

3つのメリット

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリットは、下記の3つのです。

  • 外出せずに仕事ができる
  • 時間を有効的に活用できる
  • 開発に集中できる

それぞれ解説していきますね。

外出せずに仕事ができる

自宅のソファーにパソコンが置いている様

言わずもがなですが、在宅フリーランスエンジニアは外出せずに仕事ができます。

「できることなら外出せずに仕事がしたい」「通勤がめんどくさい」という気持ちが募ったからこそ、フリーランスエンジニアへの転向を果たし在宅案件の獲得を検討しているはず。

またフリーランスエンジニアの中には、家で作業した方が仕事が捗る方もいますよね。在宅で仕事ができれば、これまでやる気を見いだせなかった仕事にも精が出るだけでなく自分に適した環境で快適に仕事ができるようになるでしょう。

時間を有効活用できる

Apple Watchで時間を管理している様

在宅で仕事ができれば、これまで以上に時間を有効活用できます。

在宅フリーランスエンジニアは家が仕事場となるため、外出するための身支度や通勤にかかる移動時間などがかかりません。そのため、これまで身支度や移動時間に使っていた時間を効果的に使えるようになります。

正社員や常駐仕事を請け負っている時と比べ時間を有効活用できるようになるのは、在宅で働く大きなメリットですね。

開発に集中できる

自宅でデスクワークをしている様子

管理作業や開発に集中できるのは、家で仕事ができる何よりのメリットです。

職場で働いていると、上司や同僚に何かと声を掛けられ作業を妨げられたり、集中できないときもありますよね。在宅フリーランスエンジニアであれば、上記のような心配はご無用。仕事に集中できる環境を自分でつくれます。

誰にも声をかけられない1人の空間で仕事がしたい方には、在宅で働けるフリーランスエンジニアがおすすめですね。

3つのデメリット

フリーランスエンジニアが在宅で働くデメリットは、下記の3つのです。

  • 常駐案件に比べて単価が低い可能性がある
  • 自己管理が必要になる
  • 仕事に集中できる環境づくりが必要になる

それぞれ解説していきますね。

常駐案件に比べて単価が低い可能性がある

グラフと電卓、ペンの画

フリーランスエンジニアの在宅案件は、会社に勤務する常駐案件と比べて報酬単価が低くなる可能性があります。

常駐案件と比べ在宅案件は、企業や事業主がフリーランスエンジニアへ依頼できる仕事が限られるため、報酬単価や稼働時間も依頼する仕事に伴い低くなるのです。

もちろんフリーランスエンジニア自身のスキルや実績にもよるため、一概に在宅案件の単価が常駐案件よりも低くなるとは言えませんが、非常駐である以上依頼される仕事が制限されるの可能性は頭に入れておきましょう。

自己管理が必要になる

iPhoneで自己管理をしている様子

家が仕事場となるフリーランスエンジニアには、自己管理が必要です。

在宅フリーランスエンジニアには通勤や昼休憩など、これまである程度決まっていた時間の区切りがないため、働く時間をしっかり決めておかないと家でだらだらと過ごしてしまう危険も高くなります。

起きる時間や休憩時間はもちろん、稼働時間をスケジュールに落とし込むなどの工夫を凝らし、健全な生活リズムを整えておくと良いでしょう。

仕事に集中できる環境づくりが必要

ベッドの上にパソコンとコーピーがおいてある様子

在宅で仕事をする以上、仕事に集中できる環境を整えておく必要があります。

外出せず在宅で仕事ができる生活を臨んだにもかかわらず、「家だと集中できない…」となってしまっては本末伝統ですよね。これまで家で仕事をしたことのない方にとっては、作業に集中できる環境づくりを新たに行う必要も出てきます。

在宅案件を獲得したあとで困らないよう、今のうちから仕事に集中できる環境をつくっておくと良いでしょう。。

フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する5つの方法

在宅案件のメリット・デメリットを抑えたところで、ここからフリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する下記5つの方法を紹介していきます。

  • 方法1.エージェントサービスの活用
  • 方法2.クラウドソーシングサービスの活用
  • 方法3.知人や友人から仕事をもらう
  • 方法4.SNSで知見や技術、スキルの情報発信をする
  • 方法5.リモートワーク推奨の企業へ問い合わせする

在宅案件を獲得する際は、上記1つの方法に限らず、複数の方法を併用すると獲得しやすくなりますよ。では、それぞれ解説していきます。

方法1.エージェントサービスの活用

ビジネスマンが握手をしている様子

理想の在宅案件を効率的に獲得したい方は、エージェントサービスを活用すると良いでしょう。

エージェントサービスとは、フリーランスエンジニアが理想とする条件に適した仕事を提案・紹介してくれるサービスです。

エージェントサービスによっては、一般に公開されていない未公開案件を豊富に取り揃えていたり、福利厚生や確定申告などのライフサポートを行ってくれるところもあります。仕事における悩みも気軽に相談できるので、フリーランス未経験の方でも安心です。

フリーランスエンジニアへ転向したての方はもちろん、1人で在宅案件を獲得できるか不安な方、理想の在宅案件を効率的に獲得したい方はエージェントサービスを活用してみると良いでしょう。

方法2.クラウドソーシングサービスの活用

デスクにパスコンがおいてある様子

クラウドソーシングサービスを活用するのも、フリーランスエンジニアが在宅案件を獲得する効果的な方法です。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業や事業主がインターネット上に案件を募集掲載できるWebサービスのこと。フリーランスエンジニアは、募集掲載されている案件から仕事を受注できます。

仕事の受注から納品までがすべてネットで完結する手軽さから、多くのフリーランスが利用しているサービスですね。

クラウドワークスやランサーズなど、掲載されている案件数や種類が幅広い大きなクラウドソーシングサービスを活用すれば、仕事探しに困ることはないでしょう。複数のサービスを併用して活用すると、より効果的に仕事を見つけられるのでおすすめです。

方法3.知人や友人から仕事をもらう

パソコンとiPhoneとペン、ノートの画

頼りになる知人や友人へ声をかけてみると、在宅の仕事をもらえるかもしれません。

会社勤めの友人やフリーランスとして働く知人であれば取引先を通じて、あなたの理想に適した仕事を紹介してもらえる可能性は十分にあります。

「友人に迷惑はかけたくない…」と気兼ねする方もいますが、仮に友人がピンチだと知れば何か力になりたいと思うのではないでしょうか。もちろん配慮は大切ですが、ピンチの時に頼ってこその友人です。

「こんな話をしたら迷惑かもしれないけど…」と前置きを添えてから話すなどの配慮をした上で、相談してみると在宅案件の獲得へ近づくきっかけになるかもしれませんよ。

方法4.SNSで知見や技術、スキルの情報発信をする

SNSのアイコン画像

SNSを活用して自分の知見やスキルを発信するのも、在宅案件の獲得に効果的な方法です。

在宅案件を依頼したいと検討している企業や事業主の中には、上記のエージェントサービスやクラウドソーシングを利用していないところもあります。むしろ昨今では、SNSを通じた採用に注力している企業や事業主も増えてきました。

SNSは、不特定多数の人へ自分の認知を高める効果的な媒体です。これまでの成果物や培った知見・スキルを発信し、フォロワー数が増えればSNS自体があなたの実績になります。

SNSを通じた情報発信が、企業や事業主の目に留まり、在宅案件の獲得につながるきっかけになるでしょう。

方法5.リモートワーク推奨の企業へ問い合わせする

iPhoneを片手に問い合わせをする様子

リモートワークを推奨している企業へ直接問い合わせてみるのも、在宅案件を獲得する効果的な方法です。

コロナウイルス伝染の影響もあり、これまで導入していなかったリモートワークを推進する企業も増えてきました。とはいえ、状況が状況だけに表立った告知はしておらず、直接問い合わせてみないとわからない可能性もあります。

コロナ渦もあり、人材が不足しているかもしれません。気になった企業はもちろん、リモートワークを推奨する企業を探し直接問い合わせてみると、在宅案件の獲得へ前進するきっかけになるでしょう。

フリーランスエンジニアが在宅で働く3つの注意点

フリーランスエンジニアが在宅で働く際には、下記3点に注意しましょう。

  • 取引先への配慮を欠かさない
  • プログラミング以外のスキルを習得する
  • 在宅でできるプログラミングスキルを得る

やっとの思いで獲得できた在宅案件を継続的な仕事にするためにも、上記3点を意識しながら仕事に励みましょう。ではそれぞれ解説していきますね。

取引先への配慮を欠かさない

マウスを操作している様子

フリーランスエンジニアとして働く際は、取引先への配慮を欠かさないよう意識しましょう。

そもそも依頼を受けた在宅案件は、取引先との信頼関係があってはじめて成立します。取引先へ配慮の欠けた横柄な態度では、信頼関係の構築はおろか獲得案件の継続も困難です。

せっかく獲得できた在宅案件を自分の傲慢な態度で失っては本末転倒ですよね。長期的な関係を前提に取引先へ敬意を持って接すれば、良好な信頼関係を構築できるだけでなく獲得案件の継続にも繋がります。

理想のフリーランス生活を見据え、取引先への配慮を欠かさないようにしましょう。

プログラミング以外のスキルを習得する

自宅の窓から見える景色

フリーランスエンジニアといえど、プログラミング以外のスキルを習得しておくと良いでしょう。特に、プログラミングと親和性の高いスキルを習得すれば、獲得できる仕事の幅が広がるだけでなく報酬単価も高くなります。

仮にプログラミングスキルの他にWebデザインスキルを養えば、Webサイト制作工程の一部を切り取った案件ではなく、Webサイト制作全体の案件を受けられるようになります。

また、Webデザインスキルを活かしたデザイナー職の案件獲得も可能となるため、今まで以上に高い報酬の獲得が可能です。

そのため、プログラミングと親和性の高い他スキルを習得すれば、獲得できる仕事の幅が広がるだけでなく報酬単価も高くなります。この機にスキルの習得に励んでみると良いでしょう。

在宅でできるプログラミングスキルを得る

コードが書かれた画

在宅でできるプログラミングスキルの習得も視野に入れておきましょう。

上記でも解説しましたが、JavaやPHP、JavaScriptなどの言語を習得しているエンジニアは、企業や事業主が継続的に案件を依頼したいと望んでいる需要の高い人材です。

そのため、習得していれば獲得できる在宅案件の数や幅はもちろん、高い報酬単価を獲得できます。在宅案件の獲得だけでなく、継続も見据えるのであれば今のうちから習得しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスエンジニアの在宅案件について解説しました。

スキルや実績次第でフリーランスエンジニアが獲得できる在宅案件は多くあります。何より、自分がどんなフリーランス生活を送りたいのかという理想を前提に、在宅案件の獲得を検討するのが良いでしょう。

目的を見据えた案件獲得こそが、あなたの一層実りあるフリーランス生活への活路となりますよ。

この記事が在宅案件を検討しているあなたの一助となれば幸いです。