5分でわかるフリーランスの始め方!なる前に確認すべきポイントも紹介

フリーランス始め方

「休日を利用して副収入を稼ぎたい!」
「会社を辞めてフリーランスとして独立したい!」

ふとした関心やきっかけからフリーランスとして働きたいと思い立った方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、

「何から始めれば良いのかわからない…」
「フリーランスとして働くのに必要な手続きや準備ってあるの?」

そこで今回はフリーランスの始め方を副業したい方、独立したい方それぞれに向けてご紹介します。

この記事を読めば、あなたの目的を最短ルートで実現するフリーランスの始め方が理解できますよ。

それではさっそく下記の質問にお答えください。

Q.次のうちフリーランスとして働く目的に一番近いものはどれですか?

答えをタップしていただければ、あなたの目的に適したフリーランスの始め方が理解できますよ。

あなたにフリーランスが適しているかを判断する4つのポイント

漠然と「フリーランスになれば今よりも収入が上がって、自由に働けそう!」なんて想像していませんか?

もちろん、実際にフリーランスへ転身したことで収入が上がり自由な働き方を手にした人は多くいます。しかし、フリーランスの働き方には良い面があれば悪い面もあります。

そのため、事前に会社員とフリーランスの違いを理解した上で、どちらの働き方が自分に適しているかを判断するのがベストです。

双方の違いも知らないまま、自分に都合の良い面ばかり見てフリーランスへ転身すれば、「ならなければよかった…」「何かイメージと違った…」と後悔しかねません。

そこで、フリーランスになるべきかを判断する下記4つのポイントを用意しました。

  • 収入は月固定の給料か成果に応じた売上か
  • 税金は先に払うか後で払うか
  • 負担する保険料は全額か半額か
  • 保険の充実度

4つのポイントをもとにすれば、会社員とフリーランスどちらの働き方が自分に適しているか判断できるようになりますよ。

また、「フリーランスへ転身した方が今より状況が良くなるか、理想が実現できそうか」をイメージしながら読んでいただけると判断しやすくなりますよ。

ではそれぞれ解説していきますね。

収入は月固定の給料か成果に応じた売上か

月固定の給料と成果や働きに応じた売上のどちらが良いかを決めるのは、フリーランスになる上で大切な要素です。

1ヶ月の収入が約束されている会社員と違い、フリーランスの収入は自分がどれだけ働くか、どれだけ成果を上げるか次第で決まります

月固定の給料は、収入が安定する一方で得る金額の上限が決まっています。また、成果に応じた売上は上限がない一方で、安定した収入は約束されていません。

どちらも一長一短なので、理想の生活が実現しやすい方を選ぶのがおすすめです。ちなみに、取引先との契約によってはフリーランスが月固定で収入を得られる場合もあります。

そのため、月固定の収入を得る狙いでフリーランスを目指すのも良いですよ。

税金は先に払うか後で払うか

会社員とフリーランスでは、税金を支払うタイミングが異なります。

税金の支払いや手続きを会社に代行してもらえる会社員と違い、フリーランスは収入を得た後で自ら税金を支払います

そのため、稼いだお金を管理できないようでは「使い過ぎて税金が支払えない…」なんて事態に陥りかねません。もちろん、得た収入を報告する確定申告も必須です。

まさに、フリーランスは「自分のことは自分でやる」がモットーの働き方。税金の支払いや手続きを含めたお金の管理ができるかどうかは、フリーランスの働き方が適しているかを決める重要な要素といえますね。

負担する保険料は半額か全額か

会社員とフリーランスでは、負担する保険料にも違いがあります。

会社員であれば、本来支払う保険料の半分を会社が負担してくれますよね。しかし、フリーランスは会社に所属していないため、保険料の全額を自身で負担しなくてはなりません

また、会社員や公務員しか加入できない厚生年金は、フリーランスが加入する国民年金より手厚い保険にあたります。簡単に言うと、国民年金より厚生年金へ加入している人の方が老後に受け取るお金が多いのです。

そのため、前述した税金と同様フリーランスには会社の後ろ盾がないのを考慮し、なるべきか判断するのが賢明だと言えますね。

保険の充実度

会社員とフリーランスでは、保険の充実度も異なります。

けがや病気を保障する労災保険、育児や介護・失業を保障する雇用保険は、会社に所属する社員だからこそ加入できる保険です。そのため、会社に所属しないフリーランスは加入できません

もちろん、雇用保険や労災保険なしでも働くことは可能です。しかし、不測の事態で働けなくなった際に生活を支えてくれる保障が必要かどうかは、フリーランスになるのを判断する重要な要素といえます。

関連記事

【副収入を稼ぎたい人向け】5分でわかるフリーランスの始め方

本業のすきま時間や休日で副収入を稼ぎたい方は、次の7STEPに沿って行動すれば、遠回りすることなく副業を始められますよ。

  • STEP1.仕事用のメールアドレスを用意する
  • STEP2.仕事する曜日や時間・休日を決める
  • STEP3.クラウドソーシングに登録する
  • STEP4.希望の案件に応募する
  • STEP5.納期を意識して案件に取り組む
  • STEP6.成果物を納品する
  • STEP7.報酬を受け取る

実際に手を動かしながら参考にできるよう、それぞれ解説していきますね。

STEP1.仕事用のメールアドレスを用意する

まず、仕事用のメールアドレスを用意しましょう。

もちろん、普段使っている個人用のアドレスを仕事に利用しても問題はありません。しかし、個人用のアドレスを仕事に使うと、プライベートのメールと仕事のメールが混ざり、重要なメールを見落としてしまう危険性があります。

そのため、仕事で使うアドレスを持っていない方は改めて用意するのがベストです。プライベートと仕事でアドレスを使い分けられれば、頭も整理されるので仕事がしやすくなりますよ。

ちなみに、メールアドレスは次のようなわかりやすいものにするのがおすすめです。

「自分の名前やニックネーム」@「屋号やサービス名」「.com/.jp/.net/.bizなど」
ex) mamoru@freelancenomikata.com

STEP2.仕事する曜日や時間・休日を決める

次に、自分が仕事する曜日や時間・休日を明確にしましょう。

そもそも、多くの依頼主は適切な相手に仕事が依頼できるよう、希望の稼働時間をクラウドソーシングサービスの募集文へ記載しています(下画像)。

出典元:クラウドワークス

希望の稼働時間を明記していないと、「1日8時間は稼働してもらいたかったのに、3時間しか稼働できないフリーランスに依頼してしまった…」なんて事態になりかねませんからね。

フリーランス自身も仕事する曜日や時間・休日を決めておけば、条件に合う案件が探しやすいだけでなく依頼主へ確実に働けることを伝えられます

ちなみに、自分が仕事する曜日や時間・休日は下記くらい具体的にし、調整できることも合わせて明示しておくと良いですよ。

  • 稼働する曜日:月曜~金曜日
  • 1日の稼働時間:6時間
  • 休日:土曜、日曜

※ご要望があれば、稼働する曜日や時間は調整いたします。

STEP3.クラウドソーシングに登録する

STEP1とSTEP2ができたら、クラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事がしたい人を結ぶサービスのこと。いわばマッチングアプリのようなものですね。

仕事を始めてから終えるまでのすべてがオンライン上で完結するため、フリーランスや副業する個人の方でも手軽に仕事が行えます

条件に合う仕事が見つかるか不安な方は、クラウドワークスやランサーズといった案件の数・種類が豊富な大手のクラウドソーシングサービスから使い始めると良いですよ。

関連記事

STEP4.希望の案件に応募する

クラウドソーシングに登録ができたら、条件に合う案件を探して応募しましょう。

実案件の経験を積み上げていくのは大切ですが、手当たり次第に目の付く仕事へ応募しては、やる気が続かず納品するのに苦労するかもしれません。

また、「自分がやりたいと思った仕事がしたい!」と望んでフリーランスになった方は多いはず。

そのため、できるだけ理想の報酬や仕事内容に近い案件を探してみるのをおすすめします

もちろん、今のスキルや実績では理想の案件に応募すらできないケースもあるでしょう。そんな時は、理想の案件へ応募するのに必要な実績が獲得できる仕事を選ぶと良いですよ。

STEP5.納期を意識して案件に取り組む

応募した案件が無事に受注できたら、納品期限に間に合うよう仕事に取り組みましょう。

上記で解説したクラウドソーシングには、自分のプロフィールページがあり依頼主からの評価が見えるようになっています。つまり、取引先と築いた関係はフリーランスの実績に直結するのです。

とはいえ、そもそも仕事は依頼主との信頼関係があってこそ成り立つもの。会社に所属せず、個人で仕事を引き受けるフリーランスであればなおさらですよね。

また、信頼関係は少しずつ積み重ねないと築けない一方、失う時は一瞬です。

そのため、引き受けた案件を期限内に納品していけば信頼関係は築けるものの、1度でも納期を過ぎればこれまで築いてきた信頼ごと失います。

良くも悪くも、依頼主との信頼関係はあなたの仕事振りを示す何よりの証です。引き受けた案件は、納品期限に間に合うよう意識して取り組むと良いですよ。

STEP6.成果物を納品する

依頼主の要望に沿う成果物を納品しましょう。ちなみに、成果物とは文書やソフトウェアなどの依頼主へ提出する仕事の結果を指す言葉です。

上記で納期について解説しましたが、いくら期限を守れても依頼主の要望に沿う仕事ができていなくては元も子もありません。引き受けた以上、求められた仕事をこなすのは当たり前のことですからね。

納期同様、求められた仕事ができないようでは信頼を失いかねません。そのため、納品する前に「依頼主から求められた成果物ができているか」を確認すると良いですよ。

STEP7.報酬を受け取る

成果物を納品し、依頼主からOKが出たら報酬を受け取りましょう。

ただ報酬を受け取るだけでなく、お礼を伝え「今後ともよろしくお願いいたします。」と次の案件獲得に繋がるメッセージを送ると良いですよ。

依頼主との関係は、なにも一度きりとは限りません。好感を持たれれば、そのまま次の仕事を依頼されるケースもあります。

一度仕事を引き受けた依頼主から続けて案件が獲得できれば、営業活動の手間や時間が省けるだけでなく、安定した収入も得られるようになりますよ。

【独立したい人向け】10分でわかるフリーランスの始め方

本格的にフリーランスとして働き始めたい方は、次の項目ごとに独立へ必要な環境を整えましょう。

  • ①身支度を整えよう
  • ②快適に作業できる仕事場を整えよう
  • ③初案件を獲得しよう

3つの項目すべてが整えば、フリーランスへ独立する万全の準備が整いますよ。では下記から、3つの項目それぞれの手順を解説していきますね。

①身支度を整えよう

まず、フリーランスへ独立する前に下記3つの身支度を整えましょう。

  • 開業届・青色申告承認申請書を提出する
  • 国民年金・国民健康保険に加入する
  • クレジットカードや銀行口座の開設

各項目へ関連記事も掲載しているので、良ければ参考にしてください。ではそれぞれ解説していきますね。

開業届・青色申告承認申請書を提出する

開業届と青色申告承認申請書を提出しましょう。

もちろん、開業届や青色申告承認申請書の提出は必須ではありません。しかし、開業届を提出すれば、次のような恩恵が受けられます。

  • 退職や廃業時に給付金がもらえる小規模企業共済へ加入できる
  • 屋号付きの事業用銀行口座が作れる
  • 審査や契約時に事業主であることを証明できる

また、青色申告承認申請書を提出すれば、節税効果のある青色申告も行えます。

そのため、本格的にフリーランスとして働くなら開業届や青色申告承認申請書は提出しておくと良いですよ。

関連記事

国民年金・国民健康保険に加入する

国民年金や国民健康保険への加入または切り替えも、フリーランス独立前に行う身支度の1つです。

国民年金や国民健康保険は、特別な事情がない限り日本の国民全員が入らなくてはいけません。未加入だと財産が差し押さえられたり、加入後に滞納が続けば遅延金を払わなくてはならないケースも出てきます

そのため、忘れないようフリーランスへ独立するタイミングで加入や切り替えの手続きをしておきましょう。

ちなみに、切り替えの際には、退職を証明できる書類から身分証明書や印鑑が必要なので、今のうちに用意しておくとよいですよ。

関連記事

  • Comming soon

クレジットカードや銀行口座の開設

クレジットカードや銀行口座は、フリーランスへ独立する前に開設しておきましょう。特に、会社員からフリーランスへ独立する方は、退職前の開設をおすすめします。

毎月決まった金額の給料をもらえる会社員と比べて、フリーランスの収入は不安定なため、クレジットカードや銀行口座の審査に通りづらい側面があるんです。

そのため、仮に会社員以上の収入を得ていても、クレジットカード会社や銀行からは「毎月の収入が約束されていない以上、未払いになるリスクがある」と判断されるケースは珍しくありません

必要な時にクレジットカードや銀行口座が作れなのは、さすがに困りますよね。独立後に困らないよう、必要なクレジットカードや銀行口座は今のうちに作っておくのが賢明ですよ。

関連記事

②快適に作業できる仕事場を整えよう

次に、下記4つを用意して快適に作業できる仕事場を整えましょう。

  • PCや机・椅子を用意する
  • 確定申告に使う会計ソフトを用意する
  • 名刺や仕事用のメールアドレスを用意する
  • ポートフォリオサイトやSNSを用意する

こちらも各項目へ関連記事を掲載しているので、良ければ参考にしてください。ではそれぞれ解説していきますね。

PCや机・椅子を用意する

フリーランスが仕事に使うPCや机、椅子などのアイテムは、作業のパフォーマンスを大きく左右します。

使い勝手の悪いPCでは、仕事がはかどるどころかストレスが溜まる一方です。また、自分の座高に合わない机や座り心地が良くない椅子は、腰や背中などを痛める原因にも繋がります。リモートワークが増えた最近では、家庭用の椅子で仕事をしていて腰を痛めるビジネスマンが多いというニュースが出るほどです。

もちろん、だからといって高価なPCや机を買う必要はありません。職種屋請け負う案件の無いようにもよりますが、予算や機能・作業パフォーマンスを考慮して、自分に適したアイテム選べると良いですね。

関連記事

  • Comming soon

確定申告に使う会計ソフトを用意する

確定申告に使う会計ソフトを用意しましょう。

会計ソフトは、フリーランスの確定申告に必須ではありません。ただ、会計ソフトを使えば本来手間や時間のかかる確定申告がとても楽になります

通常、確定申告には収入や支出に関する1年分のデータが必要です。しかし、確定申告するタイミングで1年分のデータをまとめるには、かなりの手間や時間がかかりますよね。

一方、会計ソフトはいつもあなたが使う銀行口座やクレジットカードと連結できるため、日々使ったお金の詳細を自動でまとめてくれます。

そのため、確定申告の際は会計ソフトにまとめてあるデータをもとに申告すれば、手間や時間がかからないわけです。

確定申告はもちろん、申告に必要なデータをまとめる手間や時間が省けるのは、会計ソフトを使う大きな利点といえますね。

関連記事

名刺や仕事用のメールアドレスを用意する

仕事に使う名刺やメールアドレスを用意しましょう。

「フリーランスに名刺って必要あるの?」と疑問を感じている方もいますよね。

しかし、名刺は案件を獲得するために行うフリーランスの営業活動に必須なだけでなく、取引先との信頼関係を築き新しい仕事が獲得できるチャンスに繋がります

名刺を持っていること自体が取引先に好印象を与えるのはもちろん、連絡先を渡しておけば、仕事の話が来るかもしれませんよ。

また、メールアドレスは普段使っている個人用のアドレスを仕事に利用しても問題はありません。

しかし、個人用のアドレスをそのまま使ってしまうと、プライベートと仕事のメールが混ざり取引先からの重要なメールが埋もれてしまう険性があります。

そのため、仕事で使うアドレスを持っていない方は改めて用意するのがベストです。プライベートと仕事でアドレスを使い分けられれば、頭も整理されるので仕事がしやすくなりますよ。

ちなみに、メールアドレスは次のようなわかりやすいものにするのがおすすめです。

「自分の名前やニックネーム」@「屋号やサービス名」「.com/.jp/.net/.bizなど」
ex) mamoru@freelancenomikata.com

関連記事

  • Commnig soon

ポートフォリオサイトやブログ・SNSを用意する

フリーランスへ独立するなら、ポートフォリオサイトやブログ・SNSは用意しておきましょう。ポートフォリオサイトやブログ・SNSは、自分のスキルや実績、人柄を知ってもらうのに役立つからです。

自分を知ってもらえる機会が直接会うほかないと、作れる人脈に限りが出ますよね。また、自分のスキルや実績を取引先へ証明するツールなしでは、案件を獲得しづらくなります。

一方、ポートフォリオサイトやブログ・SNSがあれば、会ったことのない相手がいつの間にか自分を認知していたり、案件獲得の際にスキルや実績を場明しやすくなるわけです。

会社へ所属しないフリーランスにとって、ポートフォリオサイトやブログ・SNSの存在は人脈づくりを助ける大きな武器になると言えますね。

関連記事

③初案件を獲得しよう

フリーランスとして働く環境が整い次第、初案件の獲得へ動き出しましょう。フリーランスの案件獲得に効果的な方法は、次の4つです。

  • エージェントサイトを活用する
  • 知人や友人に独立を知らせる
  • 近況をSNSに発信する
  • 交流会や勉強会で人脈を広げる

方法を1つに絞らず、4つすべてを実行するのがおすすめです。ではそれぞれ解説していきますね。

エージェントサイトを活用する

エージェントサービスを活用すれば、あなたの条件に適した案件を効率的に獲得できます。

エージェントサービスとは、仕事を探す個人へ案件の提案や紹介を行うサービスです。高単価な案件や一般には公開されてない案件を紹介してもらえることから、多くのフリーランスが活用しています

また、エージェントサービスの中には福利厚生や確定申告といったフリーランスの生活を手厚くサポートしてくれるところもあるんです。

1人で初案件を獲得できるか不安な方は、ぜひ一度活用してみると良いですよ。

関連記事

知人や友人に独立を知らせる

知人や友人にフリーランスへ独立したことを知らせるのも、案件を獲得する有効的な方法です。

上記でも解説しましたが、人脈作りはフリーランスの生命線。独立を知らせれば、フリーランスとして働く知人が相談に乗ってくれたり、友人が取引先を紹介してくれるかもしれません

とはいえ、「知人や友人に頼るのは気が引ける…」と感じている方もいるでしょう。これまで知人や友人に仕事の相談をした経験のない方からすれば、ハードルが高いですよね。

そんな方は、「こんな相談したら迷惑かもしれないけど」と前置きを添えてから話してみると良いですよ。また、先で用意した名刺を渡すだけでも、案件獲得の可能性が生まれるので、おすすめです。

近況をSNSに発信する

フリーランスとして働く日々や感じたこと、仕事振りなどをSNSに発信するのも、案件を獲得する効果的な方法です。

InstagramやFacebook・Twitterなど、先に用意したSNSを活用すれば、会ったことのない人達へ自分を効率的に知ってもらえます。

SNSでの発信が取引先の目に留まり、向こうから連絡が来るかもしれません。また、発信しているSNSの閲覧数やフォロワー数が増えれば、SNS自体があなたの実績を証明する武器になります

これまでSNSを使って発信してこなかった方も、フリーランスへの独立を機に気軽な発信から始めて見ると良いですよ。

交流会や勉強会で人脈を広げる

交流会や勉強会での人脈作りは、案件獲得に繋がる効果的な方法です。

人脈を求めているのは、何もフリーランスだけではありません。取引先や事業主も同じように日々人脈作りに励んでいます。

そのため、取引先や事業主・フリーランスが交流会や勉強会はいたるところで開催されているんです。

取引先や事業主との繋がりはもちろん、フリーランスの仲間と有益な情報交換ができれば、案件の紹介や獲得できる可能性は多いに高くなりますよ

関連記事

まとめ

今回はフリーランスの始め方を副業したい方、独立したい方それぞれに向けてご紹介しました。

フリーランスは、自分の力と成長次第で理想が実現できる魅力的な働き方です。この記事を参考に、最短ルートで目的が実現するよう、今のうちからできることを着実に積み重ねていきましょう。