【知らなきゃ損】フリーランスの仕事依頼サイトおすすめ5選と利用時のポイントも紹介

フリーランス仕事依頼サイト

「仕事を依頼できるおすすめサイトが知りたい!」
「仕事の依頼先が見つからなくて困ってる…」
「仕事依頼サイトを使うデメリットってあるの?」

仕事をお願いしたくても依頼先がなかなか見つからず、困っている方も多いのではないでしょうか。

「コスト面を考慮してできるだけ外注費は抑えたい…」という気持ちから、これまでとは違った依頼先、新しい依頼先を見つけようと試みたは良いものの、いざ見つけるとなるとどう探したらよいのかわからないですよね。

また、オンラインで仕事を依頼した経験のない方からすれば「サイトからちゃんと仕事を依頼できるの?」「仕事依頼サイトを使うデメリットってないの?」と抵抗感を抱いている方もいるはず。

そこで今回は、フリーランスへ仕事が依頼できるおすすめサイト5選をご紹介。

仕事依頼サイトを使うメリット・デメリットはもちろん、利用する際のポイントも交えて解説するので、サイトの利用経験がない方でもこの記事を参考にしながら効果的にサイトを活用できるようになるでしょう。

この記事が、依頼先が見つからないあなたの現状に活路を開く一助となれば幸いです。それでは参ります。

フリーランス向け仕事依頼サイトを利用する5つのポイント

フリーランス向け仕事依頼サイトを利用する際のポイントは、下記の5つです。

  • 依頼相手の条件を明確にする
  • 詳細情報はわかりやすく記載する
  • 良好な信頼関係の構築
  • 掲載手数料を確認する
  • はっきり断ることも大切

5つのポイントを念頭に仕事依頼サイトを利用すれば、効率的かつ効果的にフリーランスへ仕事を依頼できるでしょう。それぞれ解説していきますね。

依頼相手の条件を明確にする

仕事を依頼したいフリーランスの条件や要素は明確にしておきましょう。依頼したい相手の条件や要素があいまいでは、あなたが理想とする依頼相手から連絡が来る可能性は低くなるだけでなく、求めていない相手からの連絡が殺到し無駄な手間や時間がかかることになります。

仮に、仕事依頼サイトの求人欄へ「やる気あふれるフリーランスの方、大歓迎!」と記載して、あなたの理想に適した依頼相手から連絡は来るでしょうか。

もちろん、難しいですよね。上記では明記の通り「やる気あふれるフリーランス」から連絡が来るはずです。もちろん、やる気は大切ですが上記のようにあいまいな明記では依頼相手を厳選できず、理想の相手から連絡がきづらくなります。

そのため、「アプリ開発経験のある方」「週2回4時間~稼働できる方」など、仕事を依頼したい相手の条件や要素はできるだけ具体的に記載するのが定石。あいまいなままでは仕事を依頼できるどころか、依頼前以上に無駄なコストを割く事態に陥ってしまうでしょう。

詳細情報はわかりやすく記載する

上記にも関連しますが、フリーランスへ依頼する仕事の詳細情報は、サイトへわかりやすく記載しましょう。

仕事の詳細情報があいまいでわかりづらいと、理想の仕事相手からの連絡はおろか、そもそも依頼を受けたいフリーランスからの連絡が来ない可能性が高くなります。

仮に仕事依頼サイトの詳細情報欄へ「週4でみっちり働いてもらいます!」と書かれていたら、フリーランスはどう感じるでしょうか。概ねどんな仕事をするのかイメージが湧かず、高確率でそのままページを立ち去るはずです。

もちろん、仕事を受けるフリーランスは「どんな仕事か」がわかってはじめて仕事を受注します。そのため、仕事の詳細情報に「どんな仕事を依頼したいのか」がはっきり書かれていなければ、受注されるはずもありません。

依頼する仕事の詳細情報をわかりやすく記載するのは、依頼を受けくれるフリーランスへ配慮と敬意の証です。読めばわかるよう丁寧な明記を心がけましょう。

良好な信頼関係の構築

依頼した仕事を受けてくれるフリーランスとは、長期的かつ良好な関係が築けるよう心がけて接しましょう。フリーランスと良好な関係が築ければ、仕事の依頼先に困ることや逐一仕事依頼を行う手間が減り、業務の効率化が測れます。

また良好な関係構築は、仕事を受けるフリーランスにとっても収入の安定や仕事探しの効率化がはかれるため、互いに大きなメリットになるのです。

そのため、仕事を依頼する側だからといってフリーランスへ横柄な態度は厳禁。敬意ある接し方で、長期的な関係構築に努めましょう。

掲載手数料を確認する

仕事依頼サイトの掲載手数料は、事前に確認しておきましょう。かからないと思っていた掲載手数料が実はかかるとなれば、想定外の出費を負う事態になります。

下記でも解説しますが、掲載手数料のかからない仕事依頼サイトは多数あるため、想定外の出費を出さぬよう、事前に確認したうえでサイトへ掲載するように心がけておきましょう。

はっきり断ることも大切

掲載した依頼仕事へいくら問い合わせが来なくとも、条件に見合わないフリーランスの方が来た際には、断るのも大切です。あまりにもあなたが理想とする条件からかけ離れた方に仕事をお願いすれば、依頼前より状況が悪くなる可能性があります。

例えば、エンジニアへ依頼募集していた仕事をやる気のある未経験フリーランスからの打診を断れず、なくなく依頼してしまったとします。

仕事をお願いしたフリーランスは、エンジニアでないのはもちろんプログラミングが未経験のため、仕事のやり方以前にまず一からプログラミングを教えなくてはなりません。

依頼後でも、不適切であれば受注の変更は可能です。しかし、せっかく仕事を受けてくれた相手に悪いからと、いつまでも断る旨を伝えられずにいれば依頼前よりも大きな負担を負うことになります。

仕事を受けてくれるフリーランスへの敬意はもちろん大切ですが、条件に見合わない人材を、断れないからと取ってしまっては本末転倒です。そのため、時にははっきり断ることも大切だと頭に入れて、適切な人材を取れるよう注意しておきましょう。

フリーランスへ仕事が依頼できるおすすめサイト5選

仕事依頼サイトを利用するポイントを抑えたところで、ここから下記5つのフリーランスへ仕事が依頼できるおすすめサイトを紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • Bizeek
  • アナザーワークス

ちなみに今回紹介する5つのサイトは、すべて登録料・依頼料金が無料なので、金銭的なコストは心配せず参考にしていただければ幸いです。

ではそれぞれ解説していきますね。

クラウドワークス

出典元:クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営する日本最大の仕事依頼・掲載サイトです。200種類以上の仕事を依頼できるため、掲載依頼できる仕事かどうかの心配はほとんど必要ないでしょう。

また、他サイトと比べ多くのフリーランスが登録し実際に案件を獲得しているため、掲載次第では効率的に仕事の依頼が可能です。

掲載場所に困ったら、クラウドワークスに依頼すればまず間違いないでしょう。

ランサーズ

ランサーズ
出典元:ランサーズ(https://www.lancers.jp/)

ランサーズは、クラウドワークスに並ぶ日本最大級の仕事依頼・掲載サイトです。依頼できる仕事の種類やフリーランスの登録・利用者数もクラウドワークスに並ぶ大規模サイトとなっています。

依頼先である企業や事業主のほとんどが、クラウドワークスとランサーズを併用しているほどに、両者サイトの併用は定石です。

一点気をつけるとすれば、一度掲載依頼した仕事は承諾されてからのキャンセルはできないので、注意しましょう。

ココナラ

ココナラ
出典元:https://coconala.com/

ココナラは、インターネット上であらゆるスキルを売買できる日本最大級のスキルマーケットです。

サービスを提供する出品者とサービスを利用したい購入者の間で売買が行われます。ココナラではスキルという大枠の中であらゆるものが売買されているため、一見「こんな仕事でも依頼しても大丈夫かな?」と思えるあいまいなものでも依頼できるのが魅力の一つ。

「仕事」という枠組みにとらわれず、あらゆる仕事・業務を依頼できる使い勝手の良さが特徴的なサイトですね。

Bizeek

Bizeek
出典元:https://www.bizseek.jp/?swm=pc

Bizeekは、株式会社アイランドが運営する仕事依頼・掲載サイトです。

依頼主である企業や事業主は、「プロジェクト式」と「コンペ式」の2つの方式から仕事の依頼形式を選択。その後、仕事を受けるフリーランスが提出した提案の中から良質なものを選び仕事を依頼できるため、理想の条件に適した相手に仕事を依頼できます。

仕事の依頼までに手間はかかるものの、相手を丁寧かつ慎重に選べるだけでなく、依頼前からフリーランスの方と信頼関係を築きやすい互いに配慮された仕事依頼サイトですね。

アナザーワークス

アナザーワークス
出典元:https://aw-anotherworks.com/

アナザーワークスは、株式会社Another worksが運営する仕事依頼サイトです。求人掲載数が無制限なため、いくらでも仕事の依頼募集を掲載できます。

また、「タレント」と呼ばれる複業に特化したフリーランス登録者と直接やり取りができるため、信頼関係の構築はもちろんこちらからアプローチができるのは嬉しいポイント。

やり取りから直接仕事を依頼し、契約もできるので互いにかしこまらずフランクに仕事を依頼できる野が特徴のサイトです。

フリーランスの仕事依頼サイトを使うメリット・デメリット

「仕事依頼サイトが便利なのはわかったけど、デメリットはないの?」とここまで読んできて、疑問を抱いている方もいるはず。

下記では、フリーランスの仕事依頼サイトを使うメリットはもちろんデメリットも解説するので、有効的に活用できるよう頭に入れておきましょう。

メリット

上記でも解説しましたが、仕事依頼サイトを使う最大のメリットは、何といっても登録・掲載手数料がかからない点です。

もちろんどのサイトも無料というわけではないため選ぶ必要はありますが、上記で解説した5つのサイトを中心とした依頼先とフリーランス双方から高い人気を集めるサイトの多くは、無料で利用できるので、安心して活用できるでしょう。

デメリット

仕事依頼サイトを使うデメリットは、主に下記の2点です。

  • 条件に適した相手から募集が来るとは限らない
  • 依頼完了までに時間がかかる可能性がある

仕事依頼サイトに掲載する以上、あくまでも仕事を選ぶのはフリーランスの方本人です。そのため、条件に100%適した相手が掲載後すぐに来るとは限りません。

ミスマッチが起こったり時間のかかる可能性がある点は、仕事依頼サイトを使うデメリットといえるでしょう。

フリーランスエージェントサービスへ依頼するのも一つの手段

ここまでフリーランスへ仕事を依頼する方法としておすすめサイトを紹介してきましたが、フリーランスへ仕事を依頼するなら、エージェントサービスへを利用するのも一つの手段です。

エージェントサービスとは、依頼主である企業や事業主が求める人材に適したフリーランスを探し、仕事を提案・紹介するキャリアサービスです。

手数料としてお金はかかるものの、あなたが理想とする条件に適したフリーランスを探し紹介してもらえます。キャリアのプロへ仕事依頼を代行できるため、適した人材に仕事を依頼しやすくなるだけでなく、相手探しの効率化も可能です。

「仕事を依頼するのにできるだけ手間はかけたくない、けど仕事を依頼するなら条件に適した相手が良い…」という方にはエージェントサービスを利用するのも手段の一つでしょう。

フリーランスへ仕事依頼するならフリーランスのミカタがおすすめ

フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

上記で解説したエージェントサービスを利用するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。フリーランスのミカタでは、あらゆる仕事の依頼をお手伝いさせていただきます。

また、依頼主である企業や事業主様が理想とする仕事相手の条件を詳しくヒアリングさせていただき、適したフリーランスの方を紹介させていただきます。

依頼に際するご質問やお悩みがあればいつでも気軽にご相談していただけるサポート体制も充実しています。

気になる方は、下記のボタンから気軽にご連絡・相談してください。

まとめ

今回は、フリーランスへ仕事が依頼できるおすすめサイト5選を紹介しました。

お金をかけず、あらゆる業務の募集ができる仕事依頼サイトを利用する際には、下記5つのポイントを意識して活用すると良いでしょう。

  • 依頼相手の条件を明確にする
  • 詳細情報はわかりやすく記載する
  • 良好な信頼関係の構築
  • 掲載手数料を確認する
  • はっきり断ることも大切

また、条件に適したフリーランスから募集が来るのか心配な方やできるだけ時間をかけたくない方は、エージェントサービスを活用するのも手段の一つです。

この記事があなたが理想とする条件に適したフリーランスへ仕事依頼ができる一助となれば幸いです。