【未経験者必見】フリーランスエンジニアになる7STEP!

「未経験からでもフリーランスエンジニアになれるの?」
「未経験からフリーランスエンジニアになる方法が知りたい!」
「未経験から案件を獲得できるか不安…」

時間や場所に縛られず自由に働けるフリーランスエンジニアの働き方に憧れ、目指してみようと決意したは良いものの、未経験の自分がなれるのか不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

フリーランスはもちろん、エンジニア経験すらもない人がどうやってフリーランスエンジニアになるのか、手順や方法がわからないとイメージが湧かず自信も持てないですよね。

また、いざフリーランスエンジニアになれても案件を獲得できるか不安な人もいるはず。

そこで今回は、未経験からフリーランスエンジニアになる方法を7つのSTEPで解説します。

未経験からでもフリーランスエンジニアになれる理由や注意点も交えて解説するので、なるイメージが湧かない人や不安な方も、この記事でフリーランスエンジニアになる手順やイメージがはっきり持てるようになるでしょう。

それでは参ります。

フリーランスエンジニアの仕事内容をはじめ、平均年収やスキル、資格など、基本的なことを理解できていない人は、以下の記事をご覧ください。

フリーランスエンジニアとは?年収から案件内容、実態まで簡単に解説

結論!未経験からでもフリーランスエンジニアになれる

結論から言うと、未経験からでもエンジニアならびにフリーランスエンジニアになるのは可能です。

下記にて詳しく解説しますが、世界の情勢や日本の現状を加味すれば、今からフリーランスエンジニアを目指すのはむしろ絶好のタイミングといえます。

「絶好のタイミングってどういうこと?」と疑問を抱いた方も多いのではないでしょうか。下記にて詳しく解説していきますね。

未経験からでもフリーランスエンジニアになれる5つの理由

未経験からでもフリーランスエンジニアになれる理由は、下記の5つです。

  • 理由1:深刻なIT人材不足
  • 理由2:需要の高いフリーランスエンジニア
  • 理由3:エージェントサービスの充実と増加
  • 理由4:クラウドソーシングサービスの充実と増加
  • 理由5:学習環境の充実

それぞれ解説していきますね。

理由1:深刻なIT人材不足

現在はもちろん、将来にかけても日本は深刻なIT人材不足の状況が続くため、未経験の今からでもフリーランスエンジニアになれれば、需要の高い仕事を獲得できるでしょう。

IT人材需給に関する調査1
IT 人材需給に関する調査 出典元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf
IT人材需給に関する調査2
IT 人材需給に関する調査 出典元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

上の図は、2019年3月に経済産業省から調査業務の委託を受けたみずほ情報総研株式会社が行った調査報告書です。

上図からわかるように、現在のIT人材不足により実現していない潜在IT需要は非常に多く、将来的にこの需給ギャップは右肩上がりに増えていく試算が出ています。

つまり、ITスキルを持つ人材が少ないため本来行える仕事は余っており、今後もIT人材が増えない限り余る仕事が増え続けるということ。「仕事はあるのにできる人がいない」状況が続いていくのです。

そのため、未経験の今からでもエンジニアに必要なスキルを習得すれば、フリーランスとして働くことはもちろん、需要の高い仕事を獲得できるでしょう。

理由2:需要の高いフリーランスエンジニア

上記に関連しますが、IT人材の不足に伴い現在はもちろん将来にかけてもフリーランスエンジニアの需要は高くなります。

  • エンジニア平均年収:550万円
  • 一般正社員:436万円

上の図からもわかるように、現在でもエンジニアの平均年収は一般正社員と比べ100万円以上も高い水準となっています。

個人で仕事の依頼を受けて報酬を受け取るフリーランスエンジニアであっても、スキルや経験を証明できれば需要は上がり続けると言えるでしょう。

理由3:エージェントサービスの充実と増加

エージェントサービスが充実・増加したのも、未経験からフリーランスエンジニアになれる理由の一つと言えますね。

エージェントサービスとは、フリーランスの目的や条件に適した仕事を提案・紹介してくれるキャリア支援サービスです。

エージェントサービスを活用すれば、効率的な仕事探し・獲得ができるだけでなく、福利厚生や確定申告・仕事における悩み相談にいたるまであなたの生活やキャリアを全面的にサポートしてもらえます。

フリーランスを代表とするあらゆる働き方が生まれた背景では、上記のようなエージェントサービスも充実・増加したため、未経験の今からでもフリーランスエンジニアになりやすい状況が整っていると言えるでしょう。

理由4:クラウドソーシングサービスの充実と増加

上記で解説したエージェントサービスに付随しますが、クラウドソーシングサービスの充実・増加も、未経験の今からでもフリーランスエンジニアになりやすくなった大きな理由の一つでしょう。

クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい企業や事業主がインターネット上で働き手を募るWebサイトの総称です。

クラウドソーシングサービスの充実と増加により、企業や事業主が効率的に仕事を依頼できるようになったのはもちろん、フリーランスなどの個人も仕事を受けやすくなりました。

これまで特定の場所や時間でしかできなかった仕事が、クラウドソーシングサービスの登場により、場所や時間を問わず行えるようになったのです。

そのため、クラウドソーシングサービスを活用すれば時間や場所に縛られず仕事を行い報酬を獲得できるため、未経験の今からでもフリーランスエンジニアになりやすくなったと言えますね。

理由5:学習環境の充実

エンジニアに必要なスキルを獲得できる学習環境が充実したのも、未経験の方が今からでもフリーランスになれる理由の一つです。

有料・無料を問わず、今やプログラミングを中心としたエンジニアに必要なスキルを獲得できる学習サイトやオンラインスクールは数多くあります。

仕事などで忙しい方でもすきま時間でコツコツ学習できるサイトやツールはもちろん、最短でしっかり学習時間を確保して学びたい方やプロの講師から教えてもらいたい方に適したオンラインスクールですね、

そのため、未経験の方がフリーランスエンジニアになるために必要なスキルを養うには、これ以上ない学習環境が整っていると言えるのです。

上記5つの理由から、未経験の今からでもあなたはフリーランスエンジニアになることができます。

では下記からは、実際にどういった手順でフリーランスエンジニアになるのかを7つのステップで解説していきますね。

フリーランスエンジニアになるための7STEP

フリーランスエンジニアになるための7ステップは、下記の通りです。

  • STEP1:エンジニアスキルの習得
  • STEP2:ポートフォリオを作成する
  • STEP3:エンジニア案件が豊富なエージェントサービスに登録
  • STEP4:クラウドソーシングサービスに登録する
  • STEP5:友人・知人への声掛けをする
  • STEP6:SNS、ブログを活用した発信を行う
  • STEP7:貢献できそうな企業へ問い合わせする

それぞれ解説していきますね。

STEP1:エンジニアスキルの習得

フリーランスになる前に、まずはエンジニアとして必要なスキルを習得しましょう。

上記でも解説しましたが、プログラミングを中心としたエンジニアに必要なスキルは、学習サイトやオンラインスクールなどを活用すれば効率的かつ十分に習得できます。

そのため、学習時間を決めスケジュールへ落とし込むなどの工夫を凝らし、日々着実にスキルを高めましょう。

STEP2:ポートフォリオを作成する

エンジニアスキルの習得と並行して、ポートフォリオの作成も行いましょう。ポートフォリオとは、自分がこれまで手掛けてきた作品や成果物をWebサイトなどに集めた、いわばプロフィールページです。

ポートフォリオを作成すれば、案件獲得時に自分のスキルや経験を証明するツールとして活用できるだけでなく、ポートフォリオ自体があなたの実績になります。

そのため、培ったスキルで創作した作品や成果物は、ポートフォリオにまとめておくと良いでしょう。

できればポートフォリオ自体もテンプレートではなく、自ら創作するとより実績としてアピールしやすくなるのでおすすめです。

STEP3:エンジニア案件が豊富なエージェントサービスに登録

エンジニア案件が豊富なエージェントサービスに登録・活用しましょう。上記でも解説しましたが、エージェントサービスを活用すれば、あなたの目的や条件に適した案件を提案・紹介してもらえます。

もちろん、エージェントサービスによって案件の数や種類は異なります。

一般には公開されていない未公開案件を豊富に取り揃えているエージェントサービスもあるので、気になるところがあれば気軽に連絡してみるのが良いでしょう。

STEP4:クラウドソーシングサービスに登録する

STEP3に関連しますが、クラウドソーシングサービスの登録・活用も行うと良いでしょう。仕事の受注から完了までネットで完結するクラウドソーシングサービスであれば、効率的かつ手軽に仕事を獲得できます。

エージェントサービスと併用して使うのも良いですが、1人でゴリゴリ仕事を獲得していきたい方はクラウドソーシングサービスを、1人での案件獲得が不安な方はエージェントサービスを活用するのがおすすめです。

試しにクラウドソーシングサービスを訪れ、どんな仕事があるか見てみるといいですよ。

STEP5:知人・友人への声掛けをする

知人や友人には今のうちからフリーランスエンジニアへなることはもちろん、誰かにお願いしようとしている仕事がないか声をかけておきましょう。

正社員の友人が社内に掛け合ってくれたり、フリーランスの知人が受注先に仕事があるか聞いてくれるなど、あなたがフリーランスエンジニアになったと聞けば、知人や友人が力になってくれるでしょう。

友人に頼るのは忍びなさが湧いたり迷惑がかかるのでは心配するかもしれませんが、あなたの友人がピンチだと知れば力になってあげたいと思いますよね。

友人も一緒です。自分がピンチだからこそ頼るのが、力になってくれるのが友人という存在ですよね。

深刻に考え過ぎず、忍びなさや遠慮する想いも含めてまず信頼できる友人に声を欠けてみると良いでしょう。

STEP6:SNS、ブログを活用した発信を行う

SNSやブログを活用して積極的に自分を発信しましょう。不特定多数の人達からあなたが認知されれば、人脈はもちろん仕事の紹介・獲得につながる可能性があります。

また、SNSのフォロワー数やブログの閲覧数が増えれば、それ自体があなたの実績になるだけでなく、今後個人でビジネスを行う際の見込み客づくりにもつながるのです。

「フォロワー1万人」「1日5000の閲覧数」など目標を定めれば、発信しながらマーケティングの知見や経験も養えるのでなお良し。

SNS・ブログを活用した発信は、フリーランスエンジニアにとって一石何鳥にもなるアクションなので、積極的に行うと良いでしょう。

STEP7:貢献できそうな企業へ問い合わせする=

貢献できそうな企業や事業主を見つけたら、直接問い合わせしてみると良いでしょう。

依頼したい仕事を持つ企業や事業主の中には、クラウドソーシングサービスなどに案件の募集依頼を掲載していないところもあります。

そのため、自分が気になった企業はもちろん、貢献できそうだと感じた事業主を見つけたら思い切って問い合わせてみるのが効果的です。募集はしていなくても話をする時間を設けてくれたり、アピール次第で仕事を獲得できるかもしれませんよ。

フリーランスエンジニアになるための注意点

フリーランスエンジニアになる際はもちろん、上記の7STEPを実行する際には下記3点に注意しましょう。

  • 注意点1:見栄をはらない
  • 注意点2:毎日コツコツ継続する
  • 注意点3:新しい言語、領域へチャレンジをする

それぞれ解説していきますね。

注意点1:見栄をはらない

案件を獲得する際や取引先と接する際には、見栄を張らないようにしましょう。

取引先は長期的な関係を見据えてフリーランスエンジニアに仕事を依頼するため、見栄や偽りのあるい相手に仕事を依頼したいとは思いません。

そのため、見栄や偽りがあっては取引先から信頼されず案件の獲得が難しくなるだけでなく、長期的に良好な関係を築きづらくなります。

仮にあなたが長期的な関係を見据えて仕事を依頼しようと思ったら、信頼できるか不安な人よりも信頼のおける人にお願いしますよね。

フリーランスエンジニアにとって取引先との信頼関係は命綱。取引先には見栄をはらず、長期的な関係を見据えて接するようにしましょう。

注意点2:毎日コツコツ継続する

依頼された仕事はもちろん、新たなスキルを獲得するための学習は毎日コツコツ継続して行いましょう。

スキルは日々積み重ねてこそ習得できるもの。1日頑張ったら身につくようなものではありません。だからこそコツコツ継続して積み重ねた方が、周囲と差をつけ理想を実現できるのです。

毎日の継続は、上記で解説した取引先と良好な信頼関係の構築につながるだけでなく、スキルの習得を助け、理想のフリーランスライフ実現の糧となります。

そのため毎日コツコツ継続できるよう、稼働時間や学習時間をスケジュールに落とし込み、仕事や学習に励みましょう。

注意点3:新しい言語、領域へチャレンジをする

依頼された仕事を行うだけでなく、積極的に新しい言語の習得や領域へチャレンジしましょう。

そもそも未経験からフリーランスエンジニアになったからには、実現したい理想の生活があるはず。

依頼された仕事の遂行はもちろん大切ですが、将来を見据えスキルの習得や新しい領域へチャレンジしなければ、目的が実現しないかもしれません。

目の前の仕事をまっとうしているだけで理想が叶うならフリーランスエンジニアへの転向を決意しなかったことでしょう。そのため、目的を見据え新しい言語の習得や領域へのチャレンジは積極的に行いましょう。

まとめ

今回は、未経験からフリーランスエンジニアになる方法を下記7つのSTEPで解説しました。

  • STEP1:エンジニアスキルの習得
  • STEP2:ポートフォリオを作成する
  • STEP3:エンジニア案件が豊富なエージェントサービスに登録
  • STEP4:クラウドソーシングサービスに登録する
  • STEP5:友人・知人への声掛けをする
  • STEP6:SNS、ブログを活用した発信を行う
  • STEP7:貢献できそうな企業へ問い合わせする

将来にかけ需要が伸び続けているエンジニア職。スキルを養うための学習ツールや案件獲得サービスが整う現在では、未経験からでもフリーランスエンジニアになりやすい状況は整っていると言えます。

この記事を機に未経験からフリーランスエンジニアを目指す第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアで案件獲得をしたい人は、以下の記事でおすすめのエージェントをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

【徹底調査】フリーランスエンジニアエージェント12選はこれ!仕事に困らない厳選リスト