【完全ガイド】フリーランスの確定申告についてやり方・節税・オススメ方法も解説

フリーランス確定申告

「フリーランスの確定申告ってどうやればいいの?」
「確定申告に必要な手続き書類を教えて!」

フリーランスになって、最大のイベントともいえるのが確定申告。今まで会社員だった場合は、年末調整という形で会社がやってくれましたが、フリーランスになるとそうはいきません。

フリーランスは自分で収入を国に申告し税金や保険、年金などを支払わなければいけないんです。フリーランスになって一番めんどくさいと思える作業のひとつですよね。しかし、やらなければいけないことです。やらなかったら脱税になってしまいます。

そこで今回は、確定申告とはなにか?そのやり方、おすすめの会計ソフトについて網羅的に解説していきます。

確定申告の概要について理解できることはもちろん、今後の確定申告をする際の参考記事になりますよ。それでは参ります。

そもそも確定申告とは

簡単にいうと、確定申告とは、所得税を自分で計算して国に申告することです。これにより所得税が確定することで、その後の住民税や社会保険料などが決まります。

確定申告は、1月1日から12月31日の1年間について行います。期限は翌年の3月15日までです。この所得や経費から所得税を計算し確定させて、税務署へ申告するので”確定申告”といいます。

会社員であれば、これらは全て会社がやってくれますが、フリーランスは自分で行う必要があるのです。ちなみに、フリーランス(個人事業主)だけではなく、会社員でも確定申告が必要な場合もあります。

青色申告と白色申告

フリーランスの確定申告には、「青色申告」と「白色申告」があります。過去には、白色申告の方が帳簿付けが簡単でいい、などのメリットもありました。しかし現在では、制度が変わり、フリーランスなら「青色申告」で、特別控除を受けるほうが節税面でもお得になっています。

青色申告と白色申告について簡単に解説をしていきます。

青色申告

青色申告とは、確定申告をするときに”複式簿記”などの方法で記帳し、申告をする制度のことです。フリーランスはもちろん、不動産所得・事業所得のあるひとも含まれます。

特徴としては、最高65万円の青色申告特別控除を受けられること。また、この”青色申告は申請書の提出・承認が必要”となるため、フリーランスになって開業届を出すときと一緒に提出しておきましょう。間に合わないと”白色申告”となってしまいます。

白色申告

白色申告は、”青色申告の承認を受けていない人”が対象で、特に届出は必要ありません。こちらは、”単式簿記”という青色申告よりも簡単な記帳ですみます。確定申告の際も、”収支内訳書”と”確定申告書B”の提出と、青色申告よりも簡単です。

特徴としては、青色申告に比べて記帳が簡単なこと、確定申告の際に青色申告決算書に比べ記入項目が少なく計算が楽なことが挙げられます。しかし、青色申告のような特別控除はありませんので節税効果は低いといえるでしょう。

確定申告はいくらからすればいいのか

まずは、所得が”48万円以上の場合”は確定申告をした方が良いでしょう。これは、最低年収(2400万円以下)の”基礎控除額”が48万円だからです。逆に48万円以下、またはマイナスの場合は確定申告は必要ありません。

例えば、売上が100万円あって、経費が52万円だったとします。この場合、所得は48万円となり、基礎控除48万円を差し引くと0円になるので確定申告をしなくても大丈夫です。

なので、あなたの売上と経費を計算して必要であれば確定申告を行います。

源泉徴収されている場合は、しないと損

企業との取り引きもあるフリーランスであれば、売り上げから源泉徴収がなされている場合もあることでしょう。その場合は、先に税金を納めていることになるので、確定申告をして還付申請をしないと損をしてしまいます。

また、源泉徴収されている売上は、確定申告をする際に源泉徴収前の金額を売上として計上しましょう。そうしないと、所得税の2重納税となってしまいます。

確定申告しないとどうなる?

納税は国民の義務

納税は、法律により定められた国民の義務です。以下のように日本国憲法により定められています。

日本国憲法第30条
「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」

引用元:https://www.nta.go.jp/taxes/kids/hatten/page14.htm

そもそも、なぜ税金を納めるのか考えたことはありますか?例えば、交番やゴミの収集が無料で行われている、医療費が3割負担で済んでいる。これらは、すべて税金によってまかなわれているからです。

そう考えると、納税はとても大切なことに感じられることと思います。

確定申告しないと脱税!?

確定申告によって行われるのは申告納税ですが、これをきちんと機能させるために、脱税も厳しくチェックされています。

フリーランスの場合、「申告しなければバレないでしょ」と、思う人もいるかもしれませんがそれは間違いです。企業と取引のある場合、その企業は”支払調書”というものを税務署に提出します。”支払調書”とは、企業が「誰々さんに、〇〇円支払いました」という報告書のようなものです。これにより、税務署側は「この人はこれだけの収入があるのに、税金を支払っていない」と把握することができるのです。

このように、不正行為で税金逃れ(脱税)をしようとすると所得税法違反に問われ、最悪の場合、10年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金が科されることにもなります。

確定申告のやり方

はじめに必要な書類の準備をします。フリーランスの場合は、”確定申告書B・青色申告決算書”が必要になります。医療費控除を受ける場合は医療費の領収書、保険の控除を受ける場合は保険会社から事前に送られてきた書類なども必要です。

次に、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」にアクセスして、申告書の作成を行います。「作成開始」をクリックすると、確定申告書の作成を行えます。

e-Tax

e-Taxとは、オンライン上で確定申告を行う、「電子申告」のことです。e-Taxを使用することで税務の申告をパソコンからできます。しかしe-Taxを使用する場合は、マイナンバーカードとICカードリーダー/ライター、または事前に取得したID・パスワードが必要です。

上記の準備ができていれば、あとは国税庁のホームページから、指示に従って必要事項を入力していくだけです。各種控除に関しても、忘れずに入力していきましょう。

最近では、スマートフォンからでも確定申告ができるようになりましたので、より便利になりました。

郵送

e-Tax同様に国税庁のホームページから、指示に従い必要事項を入力していきます。郵送の場合は、ホームページで入力して自動計算された確定申告書・青色申告決算書をダウンロード・プリントアウトし、必要書類を添付して税務署に郵送します。

税務署で手続き

直接税務署に出向き、確定申告を行うこともできます。書類記入を税務署で行う場合は、マイナンバーカードや身分証明証、各種控除を申請するのに必要な書類を持参するのを忘れないようにしましょう。作成した書類を持参して、受け付けをしてもらうこともできます。

どんなものが経費になる?

フリーランスを悩ませるのが、「経費」。何が経費で落とせて、何が落とせないのか、判断が難しいところです。それらについて、詳しく見ていきましょう。

仕事をするために必要な費用

「経費」に計上できるのは、「仕事をする上でそれが必要だったか」で判断します。フリーランスなら、「その仕事をする上で、必ず必要なものであったか?」と、考えてみるといいでしょう。

例えば、取材のための交通費、打ち合わせのための飲食代などでしょうか。また、自宅で仕事をしているフリーランスであれば、家賃や光熱費を”家事按分”として、何割か経費に計上することもできます。

売上に貢献しているかどうか。そこが重要になります。

極論、明確な線引きはない

結論、経費の明確な線引きはありません。申告する際は、あくまで個人判断にゆだねられます。「仕事をする上で必要なものであったか」というような判断基準を考えることが大切です。

しかし、あまりにも売上に対して経費のしめる割合が大きい、などの不審な点があると税務調査が入る可能性もあります。なんでも経費にしてしまえばいい、というわけでもありません。税務調査が入ったとして、きちんと「これは仕事に必要でした」といえるかどうかが大切です。

確定申告オススメ会計ソフト

ここまできて、「やっぱり確定申告ってめんどくさい」と思われたかたもいることでしょう。そこで、確定申告を少しでもラクにするために、日々の記帳をラクにする会計ソフトをご紹介します。どれも無料のお試し期間がありますので、ぜひ、ご自身が使いやすいものを見つけてみてください。

freee

freee
出典元:freee(https://www.freee.co.jp/)

初心者向けのクラウド会計ソフトです。日々の入力も家計簿感覚で入力できて、確定申告の際も、質問に答えていくだけで確定申告書・青色決済書が簡単に作成できます。e-Taxにも対応していて、直接、e-Taxで電子申告することも可能です。

やよいの青色申告オンライン

やよい青色申告オンライン
出典元:やよい青色申告オンライン(https://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro_ol/)

会計ソフト、シェアNo.1のものです。パッケージ版ではWindowsのみ対応ですが、こちらのクラウド型ソフトではMacにも対応しています。やよいの青色申告オンラインでも、e-Taxで確定申告することが可能です。

マネーフォワードクラウド

マネーフォワードクラウド確定申告
出典元:マネフォワードクラウド確定申告(https://biz.moneyforward.com/tax_return/)

マネーフォワードクラウド も、評判のいいソフトです。AI(人工知能)による自動仕訳・入力ができて、使い込むほどにその精度は上がっていきます。上記のソフト同様、e-Taxでの確定申告も可能です。

フリーランス確定申告に関するまとめ

ここまで、フリーランスの確定申告に関してお伝えしてきました。フリーランスになると、さまざまなことを自分でしなければなりません。確定申告もそのひとつです。

もちろん、税理士さんに丸投げすることもできますが、最近では会計ソフトも便利になり、日々の記帳や領収書の整理など、こまめに行っていれば簡単にすみます。

これを機に、ぜひご自身で確定申告をしてみてください。思っていた以上に簡単にできることと思います。