【これで安心】Webデザイナーの仕事の取り方と生き抜く方法を徹底解説!

フリーランスWebデザイナー仕事取り方

「これからフリーランスWebデザイナーでやっていけるか不安…」
「フリーランスWebデザイナーが仕事を取る方法が知りたい!」
「フリーランスWebデザイナーで生きていくには何を大切したらいいの?」

Webデザイナーの仕事に就き、働く時間や場所、報酬をあげたい気持ちからフリーランスになったは良いものの、思うように仕事が取れず困っている方も多いのではないでしょうか。

長期契約の仕事が獲得できず、短期間の仕事ばかりだと収入も安定しないため、この先フリーランスWebデザイナーとしてやっていけるか不安になりますよね。また、上手くいっているフリーランスWebデザイナーはどうやって自分の理想や条件に適した仕事を取っているのか気になっている人もいるはず。

そこで今回は、フリーランスWebデザイナーが仕事を取る6つの方法を紹介。フリーランスWebデザイナーの現状やこれからフリーランスとして働いていく上での重要ポイントも交えて解説します。

この記事が、思うように仕事が取れないあなたの現状を切り拓くだけでなく、フリーランスWebデザイナーとして働く将来への活路となれば幸いです。それでは参ります。

フリーランスWebデザイナーの現状

仕事の取り方を知る前に、今一度改めてフリーランスWebデザイナーの現状を確認しておきましょう。フリーランスとして働き始めると、わざわざ自分の立ち位置を客観的に確認したりしませんよね。

しかしフリーランスとして働く以上、自分が務める職種の現状を知るのは重要です。地に足が付いていない浮足立った状態では、理想とするフリーランスライフに繋がる行動をしているつもりでも、実は的外れな仕事を取っていたという事態も招きかねません。

フリーランスWebデザイナーの現状を確認し、理想のフリーランスライフ実現に向け適切なアクションを起こしましょう。

フリーランスWebデザイナーの報酬単価

平均報酬単価46.3万円
中央値報酬単価50万円
最高単価70万円(例外有)
最低報酬単価20万円

上記は、月に140時間~180時間働くフリーランスWebデザイナーの報酬単価一覧表になります。Webデザイナーとして働く障壁は、他の業界に比べ決して高いものではありません。

未経験からでもWebデザインスキルの習得は可能ですし、学習に励めばスキルも着実に高められます。そのため、Webデザイナーとして働く就労者の数が多いのが業界全体の特徴です。

しかし、フリーランスWebデザイナーの報酬単価は、そのデザイナー自身の経験や実績によってさまざま。多くのデザイナーにはない実績やできる仕事の幅が広く質が高ければ、それだけ高単価な仕事を獲得できます。

フリーランスWebデザイナーの稼働時間

結論、フリーランスWebデザイナーの稼働時間は、人によってさまざまです。しかし、自分が理想とするフリーランスライフに沿って稼働時間を逆算し、計画的に稼働時間を決めて働いているかどうかでは、報酬や生活の満足度に大きな差が生まれます。

毎日がむしゃらに12時間作業し続けるフリーランスWebデザイナーもいますが、毎日8時間の稼働時間に、将来を見据えて必要なスキルを習得する学習時間を4時間つくって計12時間仕事に時間を費やす人もいます。

もちろん、上記で解説したスキルや経験によって獲得できる報酬単価にもよりますが、仕事をする稼働時間と将来のキャリア設計に沿った学習時間を切り分けているかどうかでは、フリーランスWebデザイナーとして大きな差が出ているでしょう。

フリーランスWebデザイナーの需要

現在にいたるまで、Webデザイナーの需要は、年々増加傾向にあります。近年Web業界全体でITスキルを有する「IT人材」が進行に不足しているのが、最たる要因ですね。

依頼できる仕事はあっても、その仕事ができるスキルを持つ人材がいないという業界全体の溝はなかなか埋まらず、仕事余りの状況が続いています。しかし、人材不足からくるWebデザイナーの需要増加とフリーランスの将来性や需要は決して=ではありません。

なぜなら、仕事を依頼する取引先はフリーランスWebデザイナー自身ができる仕事の幅と質に応じて報酬などを決めるからです。たとえ今後もWebデザイナーの需要が右肩上がりに増加したとしても、できる仕事に応じて報酬が決まるという構造は変わりませんよね。

また、依頼される仕事がフリーランスWebデザイナー自身の理想に適した報酬単価や稼働時間の条件を満たした仕事とも限りません。フリーランスとして働き始めたWebデザイナーの多くが、理想の生活を実現するために転向したはず。

フリーランスWebデザイナーとして力を養う心構えを忘れず、目的に適したスキルや経験を積み重ねていきましょう。

フリーランスWebデザイナーの仕事の取り方6選

フリーランスWebデザイナーの現状が確認できたところで、ここから下記6つの仕事の取り方について解説していきます。

  • 制作物のポートフォリオ作成
  • クラウドソーシングの活用
  • エージェントサービスの活用
  • Webサイトへ直接メールする
  • SNSでポートフォリオの公開
  • 知人や友人からの紹介

それぞれ解説していきますね。

制作物のポートフォリオ作成

これまで自分が制作した作品をまとめてポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオとは、デザイナーがこれまでに手掛けてきた制作物の作品集です。

自分の実績やスキル・経験の証となるポートフォリオは、フリーランスWebデザイナーが仕事を取る際に大きな武器となります。自分の実績やスキルを取引先へ証明するなら、言葉よりも結果を見せるのが何よりわかりやすいですよね。

ことデザイナーであれば一層、作品をみせられた方が取引先へ効果的なアピールができます。Webサイトなどで制作物のポートフォリオを作成し、仕事を取る際に有効活用すると良いでしょう。

SNSでポートフォリオの公開

SNSでポートフォリオを公開しましょう。上記の解説に付随しますが、作成したポートフォリオをつくったままにしておいては宝の持ち腐れです。

仕事を取るための有効活用はもちろん、InstagramやFacebook・TwitterなどのSNSにポートフォリオを公開すれば、取引先に見てもらえるかもしれません。また、公開したポートフォリオの閲覧数が増えれば、それ自体が実績になります。

ポートフォリオの作成と公開は、セットで捉え仕事を取る際の武器に、実績に繋げると良いでしょう。

クラウドソーシングの活用

フリーランスWebデザイナーが仕事を取る際は、クラウドソーシングを活用しましょう。

クラウドソーシングとは、企業や事業主が仕事を依頼できたり、フリーランスが仕事を受注できるWebサービスです。クラウドワークスやランサーズといった代表的なクラウドソーシングサービスには、さまざまな職業・職種の仕事が依頼されています。

稼働時間や報酬単価などの条件もピンからキリまで選べる仕事が掲載されているため、あなたの目的や条件に適した仕事を見つけられるでしょう。

エージェントサービスの活用

エージェントサービスを活用すれば、あなたの理想や条件に適した仕事を獲得しやすくなるでしょう。

エージェントサービスとは、働き手を求める企業・事業主と仕事を求める個人をつなげる、いわば街ングサービスです。フリーランス個人の視点から言えば、理想のフリーランスライフ実現に力を貸してくれる存在。

あなたの理想や条件に適した仕事の提案・紹介はもちろん、営業代行や福利厚生、仕事受注から納品までのバックアップなど、フリーランスライフを全面的にサポートしてくれるエージェントサービスもあります。

手間や時間をかけず効率的に仕事探しがしたい方、1人では理想的な仕事を獲得できるか不安な方におすすめのサービスです。

Webサイトへ直接メールする

気になる企業や事業主へ直接問い合わせるのも、仕事を取る効果的な方法です。

必ずしも、気になった企業や事業主がクラウドソーシングやエージェントサービスに仕事を依頼しているとは限りません。また、直接連絡が仕事を獲得する上で御法度というわけでもありませんよね。

あなたに時間を取るかどうかを決めるのは相手です。直接連絡をすることで、仕事を効率的に獲得できる可能性もあります。

そのため興味や関心を抱いた企業や事業主があれば、ポートフォリオなどの準備をしたうえで、Webページの問い合わせフォームやSNSのDMなどを使って直接連絡してみると良いでしょう。

知人や友人からの紹介

周囲の知人や友人から仕事を紹介してもらうのも良いでしょう。企業で働いている友人や同じフリーランスとして働いている知人が、あなたに紹介できる仕事を持っている可能性は十分にあります。

とはいえ、大切な友人だからこそ真剣な話がしづらかったり、迷惑をかけてしまうのではないかと思うと、なかなか話を切り出せなかったりしますよね。頼りたい一方で気を遣いすぎて頼れない、そんなジレンマに苛まれている方もいるはずです。

しかし、仮にあなたの友人がピンチだと知れば、何か助けになってあげたいと思うのではないでしょうか。友人も同じ気持ちのはずです。友人への気遣いはもちろん大切ですが、自分がピンチの時に頼りになるのが、友人という存在ですよね。

「迷惑かもしれないけど…」と前置きを置いてから話すなどの工夫を凝らして、知人や友人に相談すれば現状を打開する活路を見出せるでしょう。

フリーランスWebデザイナーで生きていくためには

フリーランスWebデザイナーとして生きていくなら、獲得した仕事を継続できるよう意識しましょう。

フリーランスで働く以上、仕事がなくなってしまっては本末転倒。かといって逐一新たな仕事を獲得していては、仕事探しの手間や時間がかかるだけでなく、収入が安定しない不安を抱える生活を送ることになります。

もちろん、理想のフリーランスライフにもよるため、一概に新規の仕事を獲得し続けるのがNGとは言えません。しかし、取引先から継続的に仕事を依頼されるようになれば、長期的な仕事の獲得につながり収入も安定していきます。

そのため、フリーランスWebデザイナーとして生きていくなら、取引先とは長期的なお付き合いを前提に、良好な信頼関係がつくれるよう仕事に励みましょう。

フリーランスWebデザイナーが仕事を取るならフリーランスのミカタがおすすめ

フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

上記「フリーランスWebデザイナーの仕事の取り方6選」にて、エージェントサービスを解説しましたが、実際に活用するならフリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタでは、多数の高単価案件はもちろん、一般では公開されていない豊富な未公開案件の中から、あなたの目的や条件に適した仕事を提案・紹介させていただきます。

また、悩みや疑問点があれば気軽に相談できるサポート体制も充実しているので、フリーランスWebデザイナーになって日の浅い方にも安心してご活用していただけます。

気になった方は、下のボタンから気軽に相談してみてくださいね。

まとめ

今回は、フリーランスWebデザイナーが仕事を取る6つの方法を紹介しました。Webデザイナーは今後も高い需要の見込める職業です。

しかしフリーランスWebデザイナーは、自分のスキルや経験、積み上げてきた実績によって獲得できる仕事や報酬が決まるため、あなたの目的や条件に適した仕事を獲得できるかは力量次第となります。

また、フリーランスWebデザイナーとして収入を安定させるためにも、取引先とは長期的なお付き合いを前提に、良好な信頼関係がつくれるよう仕事に励みましょう。

この記事があなたの現状を切り拓き、理想のフリーランスライフへの活路となれば幸いです。