フリーランスが在宅での仕事(案件)を取るには?方法やポイントも紹介

フリーランス在宅で仕事(案件)

「在宅案件が取れなくて困ってる…」
「在宅でできる仕事を取る方法が知りたい!」
「在宅案件を取るには何が必要なの?」

会社に所属しないフリーランスの働き方。働く場所や時間を自由に選べるからこそ、在宅で仕事がしたい方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、いざ在宅でできる仕事を探していても理想の案件がなかなか見つからなかったりしますよね。また、せっかく理想の在宅案件を見つけたのに獲得できず困っている人もいるはず。

そこで今回は、フリーランスが在宅仕事(案件)を取る方法について解説します。在宅案件を獲得する際のポイントや在宅案件が取れるフリーランスの特徴も交えて紹介するので、この記事を参考にすれば、あなたが理想とする在宅案件の獲得に大きく近づけるでしょう。

この記事があなたの一層実りあるフリーランスライフの一助となれば幸いです。それでは参ります。

フリーランスが在宅仕事(案件)を取る際の3つのポイント

フリーランスが在宅仕事を取る際のポイントは、下記の3つです。

  • ポイント1:自分の能力をしっかり明示する
  • ポイント2:取引先の期待値を確認する
  • ポイント3:見栄を張らない・偽らない

理想の在宅仕事を獲得する際に参考にできるよう、しっかり頭に入れておきましょう。ではそれぞれ解説していきますね。

ポイント1:自分の能力をしっかり明示する

在宅仕事を取る際は、自分に何ができるのかをしっかり明示するようにしましょう。取引先がわかるよう自分の能力を明示できれば、あなたの能力に見合う適切な在宅仕事を紹介・提案してもらいやすくなります。

仕事を受けた後であなたの能力やできることを取引先が誤解していると、当初決まっていた仕事内容や報酬が別のものに変わったり、最悪契約自体が白紙になるなどのトラブルを招く危険もあります。

できることや能力の明示は、取引先との円滑なコミュニケーションを促し良好な信頼関係をつくれるだけでなく、理想の在宅案件を獲得できるかを分ける重要なポイントです。

事前に自分のできることや能力を箇条書きなどでまとめておくなど、取引先にわかるようしっかり明示できる準備をしておくと良いでしょう。

ポイント2:取引先の期待値を確認する

ポイント1にも関連しますが、あなたに対する取引先の期待値は事前に確認しておきましょう。ここでいう期待値とは、取引先があなたの仕事振りに何を求めているのかということです。

もちろん、事前に確認しなくとも、取引先が求める期待通りに仕事ができれば問題はありません。しかし、取引先があなたに対して過度な期待を抱いていた際には、後々「こんなつもりではなかったのに」と失望され、期待外れだったと予期せぬ形で悪影響が出かねません。

一見些細なことだと見過ごされがちですが、契約前の確認を怠れば後の手間やトラブル、ないしはあなたのキャリアに傷が入る危険もあります。理想の在宅案件獲得のチャンスをみすみす棒に振らないためにも、取引先の期待値は事前に確認しておくと良いですよ。

ポイント3:見栄を張らない・偽らない

見栄を張ったり自分を偽らず、誠実な姿勢で在宅仕事を取りにいきましょう。仕事は信頼関係あってこそ、取引先はあなたを信じて仕事を依頼するのです。

たとえ偽りの姿で在宅仕事を取れたとしても、実際に仕事を行えば早々に偽りだと発覚するでしょう。信頼は積み重ねないと築けない一方で失うときは一瞬です。

一度の見栄や偽りは、せっかく獲得した仕事が続かないだけでなく、あなたの理想とするフリーランスライフ実現に大きなアドバンテージとなります。在宅仕事を受ける以上、あなたも取引先とは長期的な関係を望んでいるはず。

取引先との長期的かつ良好な関係を見据えて、誠実な姿勢で在宅仕事の獲得に臨むと良いでしょう。

フリーランスが在宅仕事(案件)を取る方法

在宅仕事を取る際のポイントを頭に入れたところで、ここから下記4つのフリーランスが在宅仕事を取る主な方法を紹介します。

  • 方法1:クラウドソーシングを活用する
  • 方法2:エージェントサービスを利用する
  • 方法3:知人・友人の力を借りる
  • 方法4:フルリモートの会社に問い合わせる

それぞれ解説していきますね。

方法1:クラウドソーシングを活用する

在宅仕事の獲得には、クラウドソーシングを活用するのが効果的でしょう。クラウドソーシングとは、働き手を求める企業や依頼主がインターネット上で働き手を募集するためのWebサービスです。

在宅仕事や長期案件はもちろん、未経験からでもできる案件などクラウドソーシングには幅広い仕事が掲載されているため、フリーランスが仕事を探すにはもってこいの方法となります。

数多くの案件から自分のスキルや条件に適した仕事が探せるクラウドソーシング。在宅仕事を取る際におすすめのサービスですね。

方法2:エージェントサービスを利用する

エージェントサービスを利用すれば、あなたが理想とする在宅案件を獲得しやすくなるでしょう。エージェントサービスとは、仕事を探すフリーランスや転職者の理想に適した案件を紹介・提案してくれるキャリア支援サービスです。

エージェントがあなたに適した仕事を探してくれるため、1人で行う仕事探しと比べ手間や時間がかかりません。また、高単価案件や一般には公開されていない未公開案件を紹介してくれるエージェンサービスもあります。

もちろん、わからないことや悩みがあれば気軽に相談できるサポート体制も充実しているので、1人で在宅案件を獲得できるか不安な方や仕事探しを全面的にサポートして欲しい方は活用してみると良いでしょう。

方法3:知人・友人の力を借りる

知人・友人の力を借りるのも、フリーランスが在宅仕事を取る有効的な方法の一つです。とはいえ、親しい友人へ仕事の相談をしたり、紹介してもらうのは気が引ける方もいますよね。

しかし、ピンチの時こそ力を貸してくれるのが友人でもあります。また見方を変えれば、なかなか在宅仕事が見つからない現状は、友人の力を借りなったからとも言えるのです。

過度に遠慮や気負いをせず、「この友人になら相談してみても良いかな」と思える相手に、気軽に相談してみると、道が開けるかもしれませんよ。

方法4:フルリモートの会社に問い合わせる

フルリモートで働けるなど在宅仕事に適した会社を見つけたら、直接問い合わせるのも効果的な方法でしょう。「在宅で働く」という目的に沿って仕事を探していれば、求人募集サイト以外でも、あなたの理想とする会社が見ることもありますよね。

「募集されてないかなぁ」と待つのも良いですが、思い切って会社に問い合わせてみると、話ができる時間を設けてくれたり、仕事の獲得に前進するかもしれません。門前払い覚悟で問い合わせてみるのが良いでしょう。

また、今回は在宅仕事を取る方法に焦点を合わせて解説しましたが、フリーランスの仕事を獲得する方法は他にもあります。下の記事では、あなたの目的や条件に適した仕事を見るける方法について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

フリーランスの仕事の探し方10選フリーランスの仕事の探し方10選から高単価案件を獲得するためのスキルを紹介

在宅仕事(案件)が取れるフリーランスの3つの特徴

「在宅仕事を取る方法はわかったけど本当に獲得できるのか不安…」

ここまで読んできて上記のように感じている人もいるはず。取る方法はわかっても実際に取れるのか不安もありますよね。

そこで最後に、下記3つの在宅仕事が取れるフリーランスの特徴について解説します。

  • 特徴1: 円滑にコミュニケーションが取れる
  • 特徴2: 自走できるだけのスキルがある
  • 特徴3: 取引先と良好な信頼関係をつくれる

「学は真似ろ」という言葉もありますが、不安な方は実際に在宅仕事の取れるフリーランスを参考に実践してみると良いでしょう。ではそれぞれ解説していきますね。

特徴1: 円滑にコミュニケーションが取れる

在宅仕事の取れるフリーランスは、取引先と円滑なコミュニケーションが取れます。コミュニケーションコストが高くなると、解釈のすり合わせや意思疎通に時間や手間をかけるため、仕事の進捗に大きな支障が出てしまいます。

ストレスなどの精神的な負荷もかさむため、コミュニケーションに手間や時間のかかるフリーランスに仕事を依頼するのは、取引先としては避けたいところ。対人ではないリモートワークではなおさらです。

「言えば伝わり、聞けばわかる」円滑なコミュニケーションが取れるフリーランスは、仕事を獲得する際はもちろん、取引先との長期的かつ良好な信頼関係を築ける貴重な存在。この機にコミュニケーションスキルを磨くのも効果的でしょう。

特徴2: 自走できるだけのスキルがある

在宅仕事の取れるフリーランスには、時間や体調管理はもちろん、新しい知見や能力を自ら習得できる学習スキルがあります。フリーランスという働き方は、自由である一方であらゆる責任も自分に伴います。

体調を崩した自分の代わりに誰かが働いてくれるわけでもなければ、新しいスキルを習得できる研修が設けられるわけでもありません。正社員の時とは違い、自分の生活やキャリアを支えてくれる後ろ盾がないのです。

日々最高のパフォーマンスが出せるよう体調を管理し、納期までに仕事を遂行していくだけでなく、理想のフリーランスライフを見据え定めた目標の達成に向けて必要なスキルを習得していける自走力。

在宅案件が取れるフリーランスは、理想に向かってに自走できる人なのです。

特徴3: 取引先と良好な信頼関係をつくれる

取引先と良好な人間関係が築けるのも、在宅案件を取れるフリーランスの特徴です。

上記でも解説しましたが、言えば伝わり、聞けばわかる円滑なコミュニケーションが取れるフリーランスは、不要な意思疎通コストを最小限に仕事を進行できる取引先にとって重宝な存在。

仕事を通して取引先との間に良好な信頼関係がつくれれば、一度取った仕事が継続的に依頼されやすくなり、安定的な報酬の獲得にも繋がります。仕事を依頼するなら、誰かもわからない人より仕事を通じて信頼を置いた相手にお願いしますよね。

在宅案件など自分にとって理想的な仕事が選べるのも、取引先と良好な信頼関係をつくれるフリーランスの特権です。

ここでは仕事が取れるフリーランスの特徴について解説しましたが、下の記事では仕事のないフリーランスの特徴や原因、仕事がない時にやるべきアクションなども詳しく解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

フリーランスで仕事がない人の割合や特徴・対応策【大暴露】フリーランスで仕事がない人の割合や特徴・対応策まで紹介

在宅仕事(案件)を取るならフリーランスのミカタがおすすめ

フリーランスのミカタ(https://freelance-mikata.com/)

上記で解説したエージェントサービスを利用して在宅仕事を獲得するなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタは、あなたの目的や条件に適した仕事を提案・紹介するエージェンサービスです。多数の高単価案件はもちろん、一般では公開されていない未公開案件も豊富に取り揃えています。

悩みや疑問点があれば、気軽に相談できるサポート体制も充実。エージェントサービスを利用して在宅仕事を取りたい方は、下のボタンから気軽に相談してみてくださいね。

まとめ

今回は、フリーランスが在宅仕事(案件)を取る方法について解説しました。下記4つの方法を実践し、在宅仕事の獲得を目指しましょう。

  • 方法1:クラウドソーシングを活用する
  • 方法2:エージェントサービスを利用する
  • 方法3:知人・友人の力を借りる
  • 方法4:フルリモートの会社に問い合わせる

また、理想のフリーランスライフ実現に、自分を管理し着実に前進できるスキルは不可欠です。この記事を機に、仕事を取れるフリーランス目指してみるのも良いでしょう。

この記事があなたの一層実りあるフリーランスライフの一助となれば幸いです。