フリーランスの青色申告とは?申請方法やおすすめソフトも紹介

「青色申告ってどうやればいいの?」
「そもそも青色申告ってなに?」
「青色申告のやり方を教えてほしい!」

正社員と比べてフリーランスが一番大変なのが確定申告。確定申告とは毎年年度末に行う税金の申告・納付手続きのことを言います。会社員だと会社側が所得税や住民税を差し引いた金額を給与として支給してくれますが、フリーランスではこれがなく、自分で税金を計算し、期限までに申告・納付しなければいけません。

確定申告には2種類あり青色申告と白色申告。フリーランスの場合、青色申告のほうが控除金額が大きくなるため、お得になるんですね。

その青色申告をやろうと思っても、今までやったことない人にとっては難しくて嫌になってしまいますよ。なかなか手がつかない作業のひとつではないでしょうか。

そこで今回は、青色申告の概要やメリット、デメリットなどを解説し、青色申告のやり方についても紹介していきます。この記事を読めば青色申告について理解でき、青色申告のやり方も理解できるようになりますよ。

そもそも青色申告とは

毎年2月中旬〜3月中旬にかけて税務署で行うのが確定申告。確定申告では収入や経費などを税務署報告し所得税を納付します。

しかし、会社員として働いていてフリーランスになって間もない人だと、年末調整だけで済んでいたり、確定申告をやっても医療費控除程度だったりして、自分の収入すべてを確定申告で報告したことはない方も多いはず。

確定申告には白色申告と青色申告の2種類があり、基本的に会社員だと白色申告で済むので、青色申告がどういうものなのか、イメージがつきにくいかもしれません。そこでまずは、白色申告と青色申告の違いから把握していきましょう。

白色申告とは

白色申告とは、簡単に言えば、手続きを簡易化した確定申告の方法です。会社員で医療費控除の手続きをしたり、副業で収入があったりする人だと、白色申告の経験がある人もいるのではないでしょうか。

白色申告は幅広い人を対象とした申告方法で簿記に関する知識がなくても所得税の申告ができるのが特徴です。青色申告との違いについては後ほど解説します。

青色申告とは

もう一つの確定申告の方法が青色申告です。こちらは事前に申請が必要なものなので、会社員として働いている場合、余程たくさん資産があったり、副業の収入が多かったりしない限り使う場面は無いでしょう。

青色申告は、複式簿記を使用するのが特徴。もちろん簿記のスキルが求められるので難易度は高いです。。こちらは個人事業主や法人を対象としたものであり、フリーランスの人だと節税の関係で青色申告を選択する人がほとんどになります。

白色申告と青色申告の違い

白色申告と青色申告の違いは、やはり事前申請が必要かどうかが大きいです。白色申告は誰でもできますが、青色申告は事前に承認を受けないと利用できません。

また、後ほど解説しますが、所得税の控除額も青色申告の方が白色申告より大きいです。やはり税金は少しでも安く抑えたいところですよね。この理由からフリーランスは青色申告にすべきと言われます。

フリーランスの青色申告のメリット・デメリット

青色申告と白色申告の違いを理解したところで、事前申請の手間をかけてまで、青色申告を選ぶメリットはどんなものがあるのでしょうか。また、青色申告のデメリットも確認しておきましょう。

3つのメリット

青色申告のメリットは3つ。やはりメリットは節税の部分が大きいです。

  • 所得税の控除額が65万円に
  • 赤字を繰り越せる
  • 経費として計上できる金額が30万円に

上記の3つが青色申告にとってのメリットです。それぞれを具体例を交えながら詳細に解説していきますね。

所得税の控除額が65万円に

確定申告では特別控除と言って、所得の金額に関係なく引かれる控除が存在します。特別控除は白色申告だと10万円ですが、青色申告だと65万円に。

所得税とは所得の額に税率を掛けて、そこから控除額を引いた金額です。そのため、白色申告から青色申告に変えるだけで所得税が55万円安くなります。

ちなみに所得税の算出方法を式にすると、「課税所得×税率-税額控除額」。課税所得は「総支給額-経費-基礎控除」で求められます。ここで出てくる基礎控除とは、所得に応じて変動しますが、年収2,500万円未満のすべての人に適用される控除の事を言います。

一旦経費や医療費などの控除を考えずに、年収300万円の人を例に白色申告時と青色申告時の所得税を比較してみましょう。

まず、年収300万円の人の課税所得=総支給額300万円-基礎控除48万円=252万円です。課税所得が252万円の人に適用される税率は10%で、所得控除額は97,500円なので、所得税は252万円×10%-97,500円=154,500円となります。

参考URL:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

最後に特別控除分を差し引くと、白色申告の場合のこの人の税金は-10万円で54,500円です。それに対して青色申告の場合は-65万円で、所得税額を控除額が上回ってしまうので、所得税は0円となります。

手続きの方法が違うだけでこれだけの差が出ることがわかるでしょう。青色申告の手続きをするだけで控除額が55万円も増えるのはかなり大きなメリットなので、やはり青色申告を選ぶべきです。

赤字を繰り越せる

フリーランスとして軌道に乗っていない状況だと、収支が赤字になってしまうケースも少なくありません。そこで、青色申告では最大3年まで赤字を繰り越せます。

例えば過去3年間の収支が1年目・50万円の赤字、2年目・30万円の赤字、3年目・100万円の黒字だったとします。そこで、青色申告なら最大3年まで遡って赤字を繰り越せるので、3年目は1年目と2年目の赤字を繰越し、20万円の黒字として申告できるようになります。

このシステムがない状態だと、3年目は100万円の黒字として申告するため、その分所得税も高額になってしまいます。青色申告はそもそも控除額が大きいだけでなく、繰り越した赤字の分課税額を減らすこともできるので、青色申告の節税効果はかなり大きいことがわかるでしょう。

経費として計上できる減価償却資産の金額が30万円に

白色申告の場合、10万円以下の資産はまとめて申告できますが、10万円以上の減価償却資産は減価償却に基づいて経費として計上しなければいけません。青色申告ではそのラインが10万円から30万円未満に引き上げられています。

減価償却資産とは、簡単に言えば「高価で長く使えるもの」のこと。仕事で使う高価なパソコンなどの機材は、安いものを購入するとすぐに壊れてしまうので、長く使うことを前提に良いものを購入しますよね。

そこで10万円以上の仕事に使う機材などの資産を減価償却資産と言い、所得税法などで定められた耐用年数分に分割して経費として計上します。

例えば20万円のパソコンを購入した場合、耐用年数は4年と定められています。減価償却の方法には毎年一定の金額を減価償却費として支払う定額法と、を用いて計算すると、毎年5万円ずつ4年間経費として計上していくこととなります。

フリーランスだと高額なパソコンなどを購入すれば10万円は軽く超えてしまうので、いちいち減価償却していたら面倒ですよね。

それに高額な機材を購入した年は大きな出費のせいで生活が苦しい人もいるでしょう。そのため、少しでもその年の経費を大きくして所得税を安く抑えたいたいところ。

そこで青色申告なら30万円まで減価償却をせずに経費として一度に計上できるので、その年の納税額を減らしてお金に余裕もできます。

3つのデメリット

節税の面でメリットが大きい青色申告ですが、手続きが面倒なのが難点。それでは、青色申告のデメリットを見ていきましょう。

  • 確定申告が複雑
  • 事前に申請書の提出が必要
  • 期限に間に合わせないと控除が受けられない

確定申告が複雑

青色申告では複式簿記の知識が求められます。簿記に触れたことがない人からすると、複式簿記に基づいた帳簿の作成作業は苦痛でしょう。白色申告だと単式簿記と言って、青色申告よりもシンプルに帳簿が作れます。複式簿記は記入する欄が多く、帳簿の作成作業に時間もかかりやすいです。

ただ、近年だと確定申告の書類作成は確定申告ソフトを使うのが一般的。確定申告ソフトだと簿記の知識がなくても青色申告の手続きが簡単にできますし、日々の記帳作業も楽なので、フリーランスとして独立する際は確定申告ソフトを導入するのがおすすめです。

フリーランスにおすすめの確定申告ソフトについては後ほど解説します。

事前に申請書の提出が必要

先ほど解説したように、白色申告は何の申請もなしに確定申告ができますが、青色申告の場合、「所得税の青色申告承認申請書」という書類を事前に税務署に提出しなければいけません。ちなみにこの書類は一度提出すれば、毎年更新などの手続きは必要ありません。

一度きりなのでそれほど負担にはなりませんが、申請書の提出を後回しにしていて気づいたら確定申告の時期だったということもあるので要注意です。

また、後ほど紹介する開業届は開業から1ヶ月以内、青色申告承認申請書は2ヶ月以内に税務署に提出しなければいけません。特に罰則はありませんが、青色申告の時期に確実に間に合わせるために、できるだけ早く提出しましょう。

期限に間に合わせないと控除が受けられない

確定申告の期間は毎年2月16日〜3月15日。青色申告の場合、この期間内に申請を済ませないと、65万円の控除が受けられなくなってしまいます。ちなみに10万円の控除は期間に間に合わなくても利用可能。

とは言っても、この期間内に確定申告を済ませなかっただけで大きな損失になってしまいます。65万円の控除を受けるためにも、必ず期間内に確定申告を済ませましょう。

フリーランスとして独立したら青色申告承認申請書を提出しよう

先ほど解説したとおり、青色申告を利用するには、事前に青色申告承認申請書の提出が必要です。この書類を提出するタイミングは独立してすぐが基本。それでは、青色申告のための大切な準備である、青色申告承認申請書の提出の手順を確認しましょう。

青色申告は申請書が必須

何度も解説してきたとおり、青色申告は事前の税務署に申請を出さなければいけません。申請を行わないと、白色申告しか選択できず、所得の控除の面で大きな損をしてしまいます。

青色申告の申請手続きの期間は、事業開始から2ヶ月以内もしくは1月1日〜3月15日の間。この期間内に手続きを済ませないと、その年の確定申告で青色申告が利用できず、翌年度からとなってしまうので注意してください。

必要書類は?

青色申告の申請手続きは「所得税の青色申告承認申請書」と「開業届」の2つ。それでは、それぞれの記入方法などについて詳しく確認していきましょう。

所得税の青色申告承認申請書

所得税の青色申告承認申請書はその名の通り青色申告を利用するために必要な申請書です。書式は税務署もしくは国税庁の公式ホームページで入手できます。

こちらは比較的シンプルで、記入する情報は以下の通り。

  • 提出先・提出日
  • 納税地・氏名・生年月日・職業・屋号
  • 青色申告の開始年度
  • 事業所の所在地
  • 所得の種類
  • 過去の青色申告承認の取消しや取りやめについて
  • 相続により事業継承した場合
  • 開業する日について
  • 65万円控除を受けるか否か
  • 青色申告の特別控除について
  • 特記事項について
  • 顧問税理士について

基本的には指示通りに書けば問題ありません。ただ、「青色申告の特別控除について」と「65万円控除を受けるか否か」については間違えると青色申告ができなかったり、65万円の控除が適用されなかったりするので、提出する前に入念に確認しましょう。

また、税務署が混雑している可能性を考えると、書式をダウンロードして、自宅で記入してから税務署へ向かうのがおすすめです。

開業届

フリーランスとして独立するにあたって手続きが大変なのが開業届です。開業届を出さなくてもフリーランスとして働くことはできますが、この手続をしていないと青色申告ができない、補助金・助成金の手続きができないなど、お金の面で大きな損をしてしまうので必ず独立時は開業届も提出しましょう。

開業届の書式も税務署もしくは国税庁のホームページにて手に入ります。こちらは記入する欄が多いので、待ち時間を減らすためにも、余程わからないことがたくさんある限り自宅で記入しておきましょう。

開業届に記入するものは以下の通り。

  • 提出先・提出日
  • 氏名・生年月日・個人番号
  • 納税地・住所
  • 職業・屋号
  • 届出の区分・所得の種類
  • 事務所等を新設した日
  • 開業に伴う届出書の提出の有無
  • 事業の概要
  • 給与等の支払の状況

特に書き直しの指導が入りやすいのが事業の概要です。ここに記入する情報が曖昧だと、再度書き直すように言われる可能性が高いので、できるだけ細かく事業内容を記載しましょう。

そして、青色申告承認申請書提出時には開業届の控えが必要になります。そのため、控えは必ず取っておきましょう。

フリーランスの青色申告の方法

それでは、承認申請手続きを済ませ、実際に確定申告をするとなると、どのように進んでいくのでしょうか。簡単な流れを確認しましょう。

STEP1:領収書や収入がわかる書類をまとめる

まず、日々の領収書や収入がわかる書類を印刷し、まとめます。確定申告でもこの準備の段階が一番面倒と言われる事が多いです。

やはり1年分を確定申告シーズンにまとめて一気に記帳しようとすると、漏れが出たり、作業量が多すぎて挫折しかけたりして
しまいます。そのため、1週間〜1ヶ月に1回ペースでまとめるようにしましょう。

STEP2:確定申告書に記入する

領収書などをまとめて、収入や経費などを把握できたら、それを確定申告書に記入します。確定申告書の作り方はe-tax(国税庁ホームページ)で記入するか、税務署で紙に直接記入するかのどちらか。

確定申告初心者の場合はe-Taxで入力するのがおすすめです。なぜなら、どこに何を記入すれば良いかなどがわかりやすいですし、万が一提出したものに間違いがあれば税務署の担当者が教えてくれるからですね。

親切に教えてくれるので、わからない場合は聞くようにしましょう。

STEP3:確定申告書を税務署に提出する

確定申告書の準備ができたら税務署に提出となります。e-taxで確定申告書を作成した場合、そのままe-tax経由で提出できますが、税務に関する知識がなくて不安なら、紙に印刷して税務署に持っていくのが無難です。

STEP4:所得税を納める

確定申告書を提出し、所得税の申告が済んだら、申告した分の所得税を納めることとなります。ちなみに税務署の窓口でも支払いができるので、できるなら確定申告をした際に、そのまま税務署で納税するのがおすすめです。

青色申告は確定申告ソフトに頼るのがおすすめ

これまで解説してきたように、青色申告は書類の準備が大変。そこで青色申告の手続きを楽にしてくれるのが確定申告ソフトです。

確定申告ソフトは簿記の知識がなくても簡単に青色申告ができるのが強み。フリーランスだとクラウドソーシングなどの福利厚生に格安で確定申告ソフトを使える特典があることも多いので、フリーランスとして独立するならぜひ確定申告ソフトを導入しましょう。

ただ、選択肢が多すぎて迷う人もいるはず。そこでおすすめの確定申告ソフトをまとめました。

freee

freee
出典元:freee(https://www.freee.co.jp/)

クラウド会計ソフトの最大手がfreee。税務に関する知識がない人をターゲットに作られており、○×を選択するだけで確定申告ができる便利なソフトです。しかも、確定申告だけでなく、開業届や青色申告承認申請書の作成もfreee一つでできてしまうという機能の充実ぶり。

アプリもあり、出先で撮影したレシートをスマホで撮影するだけで自動的に読み取って、経費として計上できるという便利な機能もあります。月980円〜と料金は発生しますが、クラウド会計ソフトで悩んだらとりあえずfreeeを選んでおけば間違いないでしょう。

やよいの青色申告オンライン

やよい青色申告オンライン
出典元:やよい青色申告オンライン(https://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro_ol/)

freeeに並んで人気が高いのがやよいの青色申告です。やよいは会計ソフトの中でも歴史が長いので、昔から会計ソフトを使っている方からするとやよいは信頼度が高いでしょう。

やよいの青色申告は安さが強み。初年度は無料で、2年目以降も8,000円/年〜となっています。クラウド会計ソフトは年間1万円以上が基本なので、この料金はかなりお得でしょう。ただ、年8,000円のセルフプランだとサポートがつかないことは理解して使う必要があります。したがって、やよいの青色申告は1回以上確定申告を自分でやった経験があって、ある程度確定申告に慣れている人におすすめです。

マネーフォワードクラウド確定申告

マネーフォワードクラウド確定申告
出典元:マネフォワードクラウド確定申告(https://biz.moneyforward.com/tax_return/)

利便性の面で優れている確定申告クラウドソフトがマネーフォワード。スマホアプリマネーフォワードMEと連携することができ、ここからクレジットカードや銀行の履歴を明細データを自動取得できます。そのため、銀行口座の引き落とし履歴を細かくチェックして経費を記録する手間が省けます。

しかも、Windows・Macはもちろん、スマホにも対応。移動中や出先でのちょっとした空き時間に作業ができるのも便利ですね。

料金は9,600円〜/年。個人事業主向けのプランだと、領収書・請求書の自動作成機能や銀行残高・帳簿残高との突合も行ってくれるので、必要最小限の作業で確定申告を終えられます。

まとめ

確定申告の際、フリーランスだと、青色申告の方が特別控除額が大きくなるなど、節税の面でのメリットが大きいです。したがって、フリーランスなら必ず白色申告ではなく青色申告を選択すべきでしょう。

しかし、青色申告は手続きが面倒なのが難点。事前に税務署からの承認が必要だったり、帳簿が複雑で簿記に関する知識がない人からすると理解しにくかったりするので、投げ出したくなるかもしれません。

現代ではクラウド会計ソフトを使えば、青色申告もスムーズに終えられるので、クラウド会計ソフトを導入して確定申告に臨みましょう。