Go言語vsPythonどっちが稼げるの?!年収から単価、特徴まで徹底比較

「Go言語とPythonについて、知りたい!」
「Go言語とPythonどっちの言語が稼げるの?」
「Go言語とPythonの年収や特徴は?」

Go言語とPythonは人気のあるプログラミング言語です。2つのプログラミング言語は学びやすく、シンプルなコードで読みやすいため初心者向けでしょう。

とはいえ、Go言語とPythonの両方に興味がある人は、どちらからプログラミング言語を学べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで本記事ではGo言語とPythonの年収や単価、特徴について紹介!徹底比較していきながらどちらの言語がおすすめなのか解説していきます。把握していきましょう。

具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人は、Go言語とPythonの特徴を理解でき、どちらの言語を学ぶべきか明確になるでしょう。

Go言語vsPythonどっちが稼げる?

Go言語とPythonは、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。また、プログラミング言語の中でも人気があります。

両方のプログラミング言語に興味がある人は、「Go言語とPythonってぶっちゃけどちらが稼げるの?」と気になりますよね。

そこで、以下の項目毎にGo言語とPythonについて解説していきます。

Go言語とPythonの年収や将来性などを、比較していくので参考にしてくださいね。

Go言語とPythonの単価は?

言語 単価
Go言語 Python
25万~70万 25万~80万

今回、調査したところGo言語の仕事の相場単価は、25万円(エンジニア経験1年)から70万円(エンジニア経験5年)です。単価は経験年数によって、大きく差があります。

一方、Pythonの仕事の相場単価は、25万円(エンジニア経験1年)から80万円(エンジニア経験5年)です。

仕事の単価は、Pythonの方がGo言語よりも少し高くなっています。

PythonはGo言語よりも普及しているため、優秀な人材が求められています。そのため、仕事の単価が高くなっているのです。

上記の単価は会社や仕事内容で異なりますが、経験が長くなるほど高い報酬を得られるでしょう。

Go言語とPythonの年収は?

言語 平均年収 最高年収
Go言語 600万 1600万
Python 868万 1920万

調査の結果として、Go言語の平均年収「600万」、最高年収「1,600万円」です。この数値は他のプログラミング言語よりも高く水準になっています。

2位はScalaで平均年収「600万」、最高年収「1,300万」です。Go言語は「プログラミング言語別年収ランキング2018」で、1位を獲得しました。

一方、Pythonは平均年収「868万」、最高年収「1920万」です。このプログラミング言語はGo言語よりも年収が高くなっています。

Pythonはさまざまな開発ができ、優秀な人材を必要としている会社が多くあります。そのため、好待遇の求人が多くなっているのです。

高収入を得たい人はPythonを選び、経験を積んでいくことをおすすめしますよ。

Go言語とPythonの将来性は?

Go言語は初心者から経験者まで人気のプログラミング言語で、将来性があります。この言語はIT技術との相性が良く、需要も高くなるでしょう。

Go言語はアプリケーション開発や構築が行え、多くの企業が採用しています。そのため、今後もGo言語を導入する企業が増えていくでしょう。

一方、Pythonも人工知能開発に必須な言語のため、将来性があります。人工知能の注目度は高く、今後の需要も増えていくでしょう。

そのため、Go言語とPythonはともに将来性があり、今後も需要が高くなる見込みがあるといえますね。

Go言語の将来性についてくわしく知りたい方は、以下の記事も合わせて見てくださいね。

Go言語がアツい!将来性が高い3つの理由とできること、おすすめ学習方法も解説

Go言語とPythonの難易度は?

Go言語とPythonは初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

また、難易度が高くなく、プログラミング言語の未経験者でも取り組みやすくなっています。

Go言語とPythonはシンプルなコードで、記述する量が少ないです。そのため、プログラミング言語を学習するときに知識や技術が身につきやすいでしょう。

エンジニアを目指している人は、どちらのプログラミング言語が向いているのか見極めましょう。

Go言語とは

Go言語に興味がある人は「Go言語って、どんなことができるの?」と気になりますよね。

Go言語はシンプルなコードかつ信頼性が高いため、初心者でも取り組みやすいプログラミング言語です。

ここからは、Go言語についてくわしく紹介していきますね。具体的な内容としては以下のとおりです。

  • Go言語の3つの特徴
  • Go言語のできること
  • Go言語のできないこと

それぞれ以下で解説していきます。

また、Go言語の仕事内容やメリットなどを知りたい方はこちらの記事を合わせて見てくださいね。

【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語の3つの特徴

Go言語は現役のエンジニアからも注目されています。なぜなら、シンプルなコードで使いやすいからです。

Go言語の特徴は、以下の3つです。

Go言語は、シンプルなコードや機能が限定されているから初心者でも使いやすくなっています。コードは基本の型が決まっていて、わかりやすくなっているんですよ。

また、「並列処理が可能」や「処理速度が速い」特徴もあり効率的に作業を進めやすく、時間や労力を抑えられるでしょう。

こちらの記事は、Go言語の特徴やできること、将来性について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【初学者必見】Go言語6つの特徴!できることや将来性、習得におすすめな人も紹介

Go言語のできること

Go言語は初心者から経験者まで幅広い層に人気があり、開発や構築に向いています。Go言語のできることは以下の3つです。

Go言語は「アプリケーションの開発」に向いていて、複数のOS(Windows・Android・iOSなど)に対応可能なんですよ。

アプリケーション開発では「並列処理が可能」や「処理速度の速さ」が活かされます。

また、「Webサービス・サーバーの構築」や「組み込みシステムの開発」ができるので、「アプリケーション開発やシステム構築をやりたい!」という人はGo言語が向いているでしょう。

こちらの記事ではGo言語のできることやメリット・デメリットを解説していますので、ぜひご覧ください。

Go言語のできることってなに?特徴や、メリット、向き不向き、学習方法も解説

Go言語のできないこと

Go言語のできることを知った人は、「できないことがあるのかな?」と疑問に感じるでしょう。

この言語の特徴には「並列処理が可能」や「処理速度が速い」があり、アプリケーション開発やシステム構築で力を発揮します。

しかし、Go言語にもできないことがあるのです。Go言語ができないことは以下の3つあります。

Go言語はコードの継承ができず、一から作る必要があります。他のプログラミング言語にはある機能なため、経験者にとって不便だと感じるでしょう。

また、例外処理ができないため、決まった型以外のコードに対応できません。そのため、予想外の動作が起きる可能性があります。

他のプログラミング言語に慣れている人は、Go言語を使いにくいと感じる部分があるでしょう。

Pythonとは

Pythonに興味がある人は「Pythonってどんなことができるの?」と気になりますよね。

Pythonは、1991年に「グイド・ヴァンロッサム氏」が開発したプログラミング言語で少ないコードでプログラムを書くことが可能になっています。

専門的なライブラリーも多く、コードも難しくなく読みやすいため、初心者向けの言語といえるでしょう。

ここからは、Pythonについてくわしく紹介していきますね。具体的な内容としては以下のとおりです。

  • Pythonの3つの特徴
  • Pythonのできること
  • Pythonのできないこと

それぞれ以下で解説していきます。

Pythonの3つの特徴

Pythonは、初心者でも使いやすいプログラミング言語でしょう。なぜなら、この言語には以下の3つの特徴があるからです。

Pythonはプログラムの量が短く、文体が難しくありません。そのため、読み取りやすくなっています。

また、「Windows」「macOS」「iOS」「Android」など、さまざまな環境に対応可能です。パソコンだけでなく、スマートフォンに対応したアプリも作れるんですよ。

Pythonのできること

Pythonは「どのようなことができるの…」と気になる方もいるでしょう。この言語は、さまざまな環境に対応できるプログラミング言語です。

Pythonは以下の開発が可能になっています。

Webアプリケーションの開発が可能でコードの記述が少なく、読みやすいです。そのため、「Instagram」や「YouTube」などの開発に活用されています。

他にもブロックチェーン技術や人工知能の開発ができ、さまざまな開発に対応できるプログラミング言語と言えるでしょう。

Pythonできないこと

Pythonのできることを知った人は「できないことはなに?」と疑問に感じますよね。汎用性が高いプログラミング言語なため、さまざまな開発に活用されています。

しかし、以下の3つのことに関しては、向いているとは言い難いです。

Pythonは、スマートフォン向けのアプリ開発に向いていません。なぜなら、他のプログラミング言語の方が向いているからです。

例えば、「Java」や「Swift」の方がスマートフォン向けアプリ開発に適しています。スマートフォン向けのアプリ開発は、複数のプログラミング言語で開発可能です。

上記のようにプログラミング言語によって、作業効率が大きく変わってきます。アプリ開発やシステム構築を行う場合は、適しているプログラミング言語を選びましょう。

おすすめの学習方法

Go言語やPythonなどのプログラミング言語を学ぶ人は、プログラミングスクールで学習を進めることをおすすめします。

プログラミングスクールは費用がかかる分、効率的な学習ができる仕組みが作られています。そのため、カリキュラムに沿って知識や技術を身につけられるのです。

もしも、プログラミングスクールに通学できない人は、オンラインで受講することをおすすめします。

実際に手を動かしながら学習することによって、学習効率は高くいち早く言語を習得できるでしょう。

以下におすすめの学習サイトを紹介します。

上記のおすすめの学習サイトを活用していきながら、本や参考書で補足しながら学習できるといいですよ。

まとめ

今回は、Go言語とPythonの年収や単価、特徴まで比較しながら解説しました。2つの言語を比較した結果、以下の4つの点がわかったことです。

  • PythonはGo言語より平均年収が高い
  • Go言語とPythonの難易度は高くない
  • 言語によってできること、できないことの特性がある
  • Go言語、Python共に将来性がある

上記4つの点を理解した上で、学習する言語を定めていきましょう。あなたの目指す目標や目的に繋がる言語を選ぶことをおすすめします。