フリーランス確定申告ソフトおすすめ3選!特徴・価格なども紹介

「フリーランスになったけど、どの確定申告ソフトを選べばいいかわからない」
「自分に合う、フリーランス向けの確定申告ソフトが知りたい」
「おすすめのフリーランス向け確定申告ソフトを教えて!」

フリーランスとして独立して一番やりたくないけどやらなければいけない確定申告。初めての確定申告は何から始めたらいいかわからない人が多いのではないでしょうか。はじめはどの確定申告ソフトを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、フリーランス向けの確定申告ソフトを4つに絞ってご紹介。無料で使用できるタイプやクラウドで使用できるタイプ、PC上にインストールするタイプなど様々ありますので、あなたにあったソフトを選んでください。

【フリーランス確定申告ソフト】インストール型とクラウド型

フリーランス が利用する確定申告ソフトは、クラウド型とインストール型に分かれます。どちらにも、メリット・デメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

インストール型の特徴

インストール型は、パソコンにソフトをインストールして使います。

メリットとしては、

  • ネット環境がなくても使用できる
  • 入力のときのレスポンスがいい

などが挙げられます。逆にデメリットとしては、

  • バージョンアップ有料

パッケージ購入、またはダウンロード購入なので、パソコンの容量を圧迫する
スマートフォンやタブレットと同期できない

などがあります。「ネット環境が整ってない」「スマートフォンやタブレットと同期する必要がない」という方であれば、買い切り型のものなので、初期費用のみ(バージョンアップは有料とはなりますが)というのは魅力かもしれません。

クラウド型の特徴

最近では、ネット環境が整ってきていることから、クラウド型の確定申告ソフトを利用する方が増えています。

そのメリットとしては、

  • パソコンの容量を気にしないですむ
  • クラウド保存なので、ログインすればどのパソコンからでもアクセスできる
  • バージョンアップ無料

などがあります。パソコンの容量を気にしないですむのは、気楽に使えていいのではないでしょうか。

デメリットとしては、

  • ネットに繋がっていないと、利用できない
  • 入力のとき、微妙なタイムラグがある
  • 月額、または年額支払いを続けなければならない

などがあります。クラウド保存なので、入力時のタイムラグは、避けて通れません。しかし、利用にあたってストレスを感じるほどのものではありません。もちろん、個人の感じ方によるところがあります。

また、ネット環境が必須となりますので、自宅で作業をされる方は、ネット回線を引く必要が出てきます。

フリーランス向け確定申告ができる3つのソフト【クラウド型】

クラウド型の確定申告ソフトは、どれも基本的な入力仕様に大きな差はないので、最終的には、好みに応じて下記の3つの中から選べば問題はありません。どれも、銀行口座・各種クレジットカード・電子マネーなどと連携・自動入力もできます。手入力も簡単なので、クラウド型は初心者向けです。

freee

freeeは、家計簿感覚で記帳でき製品の仕様も初心者向きなため、人気のあるクラウド型会計ソフトです。

確定申告書の作成も、質問に答えていくだけという簡単さで、5ステップで完了します。書類も自動的に入力されるので、プリントアウトして、郵送するだけです。e-Taxにも対応しているので、マイナンバー・カードと必要なカード・リーダーさえあれば、数時間とかからず確定申告ができます。

価格

30日間の無料お試し期間がついて、以下のようなプランがあります。プランによって、受けられないサービスもありますので、ご注意ください。

プラン料金(月額)
スターター980円
スタンダード1,980円
プレミアム3,316円

やよいの青色申告オンライン

弥生の会計ソフトは、もともとはパッケージ版のみでしたが、「freee」「マネーフォワード クラウド」に続き、クラウド型もリリースされました。弥生は、会計ソフト国内シェアNo.1であり、パッケージ版共に根強い人気です。また、パッケージ版ではWindowsのみ対応でしたが、クラウド型ではMacにも対応しています。

弥生の会計ソフトについては、税理士の大河内薫さんも、著書「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」やご自身のYouTube動画の中でおすすめされていますので、「どうしても決められない」という方は「やよいの青色申告オンライン」にしてみるといいでしょう。

価格

セルフプランは、初年度無料で利用でき、ベーシック・トータルプランも初年度は、それぞれ6000円・10000円とお得に試すことができます。

プラン料金(年額)
セルフプラン8,000円(税抜)
ベーシックプラン12,000円(税抜)
トータルプラン20,000円(税抜)

マネーフォワード クラウド

フリーランスだけではなく、事業所まで幅広く対応しているのがマネーフォワード クラウドです。銀行口座・クレジットカードなどとの自動連携・自動入力は、人工知能(AI)がビッグデータをもとに勘定科目を提案してくれて、かつ学習してくれます。使えば使うほどに自動仕訳・自動入力の精度が上がるのがいいところです。

価格

フリーランス 向けプランは、以下のような料金体系になっています。パーソナルミニ・パーソナルの2コースのみ1ヶ月の無料期間があります。

プラン料金
パーソナルミニ9,600円
パーソナル11,760円
パーソナルプラス35,760円

【フリーランス確定申告ソフト】インストール型

「どうしてもインストール型のソフトがいい」「クラウド型はセキュリティが心配」という方には、「やよいの青色申告」がおすすめです。他にもインストール型の確定申告ソフトはありますが、国内シェアNo.1の弥生からリリースされているため、安心して使えます。

やよいの青色申告21

やよいの青色申告21では、e-Taxにも対応しており、製品から直接申告できるようになっています。また、AI(人工知能)により、銀行口座・クレジットカードなどの自動仕訳もできます。また、データのバックアップもクラウドに保存・共有できるので、クラウド型に劣りません。
価格 11000〜12000円(販売店舗による)

フリーランス確定申告ソフト料金比較表一覧

 最低価格(年額)中間価格(年額)最高価格(年額)
Freee11,760円23,760円39,800円
やよいの青色申告
オンライン
8,800円13,200円11,760円
マネーフォワード
クラウド
9,600円11,760円35,760円

【フリーランス確定申告ソフト】今後の主流はクラウド型

いままでクラウド型確定申告ソフトというと、「freee」と「マネーフォワード クラウド」の2択でした。新たに「やよいの青色申告オンライン」が加わるなど、インストール型よりも、クラウド型に注目が集まっています。その理由として考えられるのが、以下のようなものです。

スマートフォン・タブレットと連携できる

やはり、スマートフォンやタブレットと連携できる、というのは強みです。パソコンを開けない時でも、スマートフォン・タブレットからデータを確認したり、レシートを写真に撮ることで入力ができたりと、気軽に入力・仕訳ができます。

データの引き継ぎが不要

インストール型ですと、パソコンを買い換えた時など、一度クラウドにバックアップをとり、新しいパソコンにダウンロードする、といった手間がかかってしまいます。その点クラウド型であれば、クラウドにデータを保存するため、パソコン間でのデータの移行が不要です。「データを引き継ぐ」といった手間がかかりません。

まとめ

今回は、フリーランス向けの確定申告ソフトをご紹介しました。フリーランス にとって、確定申告は避けては通れないことです。

ご自身にとって、必要なサービスはどれか
使い勝手の良いプラットフォームはどれか

上記のような点を踏まえて確定申告ソフトを選ぶと良いと思います。ぜひ、ご自身にあった確定申告ソフトを選んでください。