むしろマイナス?フリーランスエンジニアがやめとけと言われる5つの理由

「フリーランスエンジニアにはならない方がいいの?」
「やめとけと言われる理由って何だろう?」
「フリーランスになるのが不安になってきた…」

と悩んでいませんか?

フリーランスエンジニアへ転身したくても、検索画面に「やめとけ」なんて出てくれば「どうして?」と気になりますよね。

結論から言うと、容易にフリーランスエンジニアへ転身するのは危険です。つまり、「やめとけ」の言葉は「勢い任せでフリーランスにはなるな!」という警告なのです。

とはいえ、「容易になるな」と聞いただけでは納得できませんよね。

そこで今回はフリーランスエンジニアがやめとけと言われる5つの理由を、なるのに最適なタイミングやロードマップも交えてご紹介します。

この記事を読めば、フリーランスへ転身すべきかを判断できるだけでなく、フリーランスエンジニアとして理想を実現する道のりも具体的になりますよ。

フリーランスエンジニアがやめとけと言われる5つの理由

冒頭でも触れた通り、容易にフリーランスエンジニアへ転身するのは危険です。

フリーランスとして働くのがどういうことなのかも知らないまま転身しては後で悔やみかねません。

そのため、転身前にフリーランスエンジニアとして働く方の意見を聞いておくのが重要なんです。

前置きが長くなりましたが、フリーランスエンジニアがやめとけと言われる下記5つの理由を紹介します。

  • スキルアップしづらい
  • 営業活動しないと仕事が取れない
  • なかなか休日を取れない
  • いつ仕事を失ってもおかしくない
  • 高齢になると仕事が減る

実際にフリーランスエンジニアとして働く人の口コミも交え、それぞれ紹介していきます。

スキルアップしづらい

会社員と違い、スキルを高められる環境がない点はフリーランスエンジニアがやめとけと言われる理由の1つです。

あくまでフリーランスは今の自分にできることを対価に報酬を得るため、今のスキル次第で受けられる仕事の幅が決まります。

そのため、今のスキルに関わらず会社から仕事を任される会社員エンジニアとは立場が違うのです。

会社からすれば、社員のスキルアップは業績に直結しても、フリーランスのスキルアップは直結しませんからね。

会社員エンジニアほどスキルアップできる環境がないのは、会社に所属しないで働くフリーランスエンジニアの宿命ともいえますね。

営業活動しないと仕事が取れない

仕事をするのに営業活動が必要になる点も、フリーランスエンジニアがやめとけと言われる理由の1つです。

会社員エンジニアであれば、営業部が取ってきた仕事を担当できますよね。

しかし、フリーランスエンジニアは「自分の仕事は自分で取る」がモットーの働き方。気付けば目の前に仕事がある、なんてことはありません

また、エンジニアの中には「人と話すのが苦手…」「営業したくないからエンジニアになった」という方も多くいます。

にもかかわらず、営業が必要なのを知らないままフリーランスになり、仕事が取れなくて会社員に出戻り…といったケースも珍しくありません。

仕事を取るための営業活動ができないと、フリーランスは務まらないと言えますね。

関連記事

なかなか休日を取れない

フリーランスエンジニアの中には、なかなか休日を取れない方もいるようです。

もちろん、すべてのフリーランスエンジニアに休みがないわけではありません。フリーランスは働く時間を自由に決められるため、計画的に休日を取るのは可能です。

しかし、会社員と違い収入や仕事が保証されていないため、「稼げなくなったら、仕事がなくなったらどうしよう…」といった不安は常にあります

自分が仕事した分だけ報酬を得るフリーランスの働き方は、魅力的な一方で不安を感じやすい方や頑張りすぎてしまう方にはむしろストレスになるといえますね。

いつ仕事を失ってもおかしくない

いつ仕事を失ってもおかしくないフリーランスの働き方は、やめとけと言われる理由にも繋がるようです。

先でも軽く触れましたが、フリーランスは会社員と違い収入や仕事が保証されていません。そのため、いつ仕事を失ってもおかしくないのです。

「仕事がなくなったらどうしよう…」という不安やプレッシャーから、いつも気が収まらず不安に駆られ休みなく働いているフリーランスエンジニアもいます

心が休まらない点は、フリーランスエンジニアがやめとけと言われる理由にも繋がりますね。

高齢になると仕事が減る

フリーランスエンジニアが受けられる仕事は、高齢になればなるほど減っていく側面があります。

これは、大規模または長期間のプロジェクトは体力が必要とされるため、高年齢のフリーランスエンジニアへ依頼するのは困難だと判断する会社もあるからです。

また、年齢による身体の衰えでこれまでのように働けず仕事が減るケースもあります。会社の後ろ盾がないフリーランスエンジニアにとって、高齢になる不安はやめとけと言われる理由にも繋がるのです。

関連記事

フリーランスエンジンアになる最適なタイミングは?

上記を読んで、「フリーランスになるのはやめておこう…」と思った方もいるでしょう。ただ一方で、「ちゃんと準備を整えてからフリーランスになればいいのでは?」と感じた方もいますよね。

結論、フリーランスエンジニアにはスキルと実績を積んでからなるのがベストです。

勢い任せにスキルや実績がない状態でフリーランスエンジニアへ転身しても、先に解説した「やめとけと言われる理由」のような状況になるのは目に見えてますよね。

しかし、スキルと実績を積んだ状態でフリーランスへ転身すれば、スキルアップのしづらさや仕事がなくなる可能性は低くなります。

また、営業活動が苦手な方や体調を崩しがちな方でもスキルと実績が証明できれば、自分が働きやすい条件を取引先へ提案しやすくなるんです。

とはいえ、「どんなスキルや実績を積めばいいの?」とイメージが湧かない方もいますよね。

そんな方は、下画像のようなフリーランス向けの仕事募集サイトで、理想の報酬を獲得するにはどんな実績やスキルが必要なのかを確認してみると良いですよ。

出典元:クラウドワークス

実際に理想の報酬が獲得できる仕事の採用条件を見てみると、必要な実績やスキルが具体的にわかります。必要な実績やスキルがわかれば、今から習得に動き出せますよ。

フリーランスエンジニアになるためのロードマップ

「フリーランスエンジニアになる最適なタイミングはわかったけど、どうやって目指せばいいの?」

と疑問を感じていませんか?

フリーランスを見据えて動こうにも、何をすればよいかがわからないと目指しようもないですよね。また、できるだけ遠回りしないよう最短ルートでなりたい方は多いはず。

そこでここからは、フリーランスエンジニアを目指すのに最適なロードマップを紹介します。

  1. フリーランスエンジニアについて知る
  2. 理想の案件獲得に必要な実績を作る
  3. フリーランス専門のエージェントサービスに登録する
  4. フリーランスエンジニアに必要な手続きをする

上記のロードマップを参考にすれば、遠回りすることなくフリーランスエンジニアになることができますよ。

ではそれぞれ解説していきますね。

1.フリーランスエンジニアについて知る

まず、フリーランスエンジニアについて理解を深めましょう。もちろん、「そんなの知っているよ!」という方は不要です。

具体的には、フリーランスエンジニアとはどんな働き方なのか、会社員と何が違うのかなどを抑えておくと良いですね。上記でも解説しましたが、フリーランスとして働くのがどういうことなのかも知らないまま転身しては後で悔やみかねません。

フリーランスエンジニアの働き方や会社員との違いを理解できれば、目指す決心も一層強いものになりますよ。

関連記事

2.理想の案件獲得に必要な実績をつくる

次に、あなたが理想とする報酬や案件の獲得に必要な実績を作りましょう。

「フリーランスエンジニアになってから実績を積もう」と考えては後悔しかねません。依頼相手の提示する採用条件を満たさなくては、希望の仕事は獲得できませんからね。

スキルや実績が証明できれば、それだけ獲得できる仕事の幅も広がります。フリーランスエンジニアとして獲得したい理想の報酬が決まっている方は、前述の通り仕事募集サイトで必要な実績やスキルをチェックし、習得に励みましょう

理想の報酬があいまいな方は、アプリやシステムが開発できるスキルを磨くのがおすすめです。アプリやシステムの開発経験があれば、高単価の案件を獲得できますよ。

3.フリーランス専門のエージェントサービスに登録する

2と並行しながらフリーランス専門のエージェントサービスに登録しましょう。

エージェントサービスとは、仕事を依頼したい人と仕事がしたい人を繋ぐサービスです。恋人が欲しい人へ出会いのきっかけをつくるマッチングサービスを想像するとイメージしやすいですね。

エージェントサービスでは、担当者が希望の報酬や仕事内容に適した仕事を紹介してくれます。また、無料で専門家と相談しながら理想のフリーランスキャリアを築いていけるため、多くのフリーランスが活用しているんです。

もちろん、相談するのにお金はかかりません。営業活動ができるか自信のない方やフリーランスとしてやっていけるか不安な方は利用してみると良いですよ。

関連記事

4.フリーランスエンジニアに必要な手続きをする

フリーランスエンジニアに必要な手続きも忘れずに行いましょう。

開業届や青色申告の提出から年金・保険の切り替えなど、フリーランスエンジニアとして働く上でやっておいた方が良い手続きはいくつかあります。

もちろん、上記の手続きをしないとフリーランスになれないわけではありません。しかし、手続きを済ませておけば、税金や保険料が安くなったり支払いに関する手続きが楽になります

今後フリーランスエンジニアとして働き続けるなら、早いうちに済ませておくのが賢明ですよ。

関連記事

フリーランスエンジニアに欠かせない実績を積むならフリーランスのミカタがおすすめ

上記でエージェントサービスについて解説しましたが、中でもフリーランスエンジニアに欠かせない実績を積むなら、フリーランスのミカタがおすすめです。

フリーランスのミカタでは、豊富に取り揃えたエンジニア向けの高単価案件や一般には出ていない未公開案件の中から、あなたの目的や条件に適した仕事を提案・紹介してもらえます。

また、悩みや疑問が出てきてもすぐに相談できるのは嬉しいポイント。フリーランスエンジニアとしてやっていけるか不安な方は、下のボタンから気軽に相談してみると良いですよ。

まとめ

この記事では、フリーランスエンジニアがやめとけと言われる下記5つの理由を、なるのに最適なタイミングやロードマップも交えて紹介しました。

  • スキルアップしづらい
  • 営業活動しないと仕事が取れない
  • なかなか休日を取れない
  • いつ仕事を失ってもおかしくない
  • 高齢になると仕事が減る

フリーランスエンジニアはなるのをやめとけと言われる一方で、然りべき準備を整えてから転身すれば理想を実現しやすい働き方です。

理想の報酬が得られる仕事に必要なスキルや実績を積んでからフリーランスエンジニアになれば、あなたの理想も実現しやすくなりますよ。

まずは、今回解説したロードマップを参考にフリーランスエンジニアへの一歩を踏み出しましょう。