バックエンドエンジニアになるには?おすすめ勉強方法を学習別に紹介

バックエンドエンジニアを目指す方法や勉強方法はさまざまです。必要とされる知識やスキルも多く、何から勉強したらいいか悩んでしまいますよね。

バックエンドエンジニアについて勉強しようとしている方の中には、

「バックエンドエンジニアになるには、何を勉強したらいいの?」
「そもそも、バックエンドエンジニアってどういう仕事なの?」
「おすすめの勉強方法が知りたい!」

など疑問に思った経験や、勉強につまづいてしまったことはありませんか?

ITエンジニアの中でも、バックエンドエンジニアは特に幅広い分野を担当するエンジニアです。特に必要な知識やスキルを、効率的に勉強していきたいですよね。

そこで、バックエンドエンジニアの勉強方法について解説していきます。バックエンドエンジニアになるには、何をどのように勉強すればいいのか詳しく紹介していきますね。

本記事を読み終える頃には、バックエンドエンジニアを目指すために勉強すべきことが明確になっているはず。

バックエンドエンジニアの勉強方法について知りたい方は、本記事を参考にしてください。

そもそもバックエンドエンジニアって?

いきなり勉強方法について知る前に、バックエンドエンジニアの仕事内容を理解しておきましょう。

現場で活躍するエンジニアになるためには、職業について正しく知っておく必要があります。

また、バックエンドエンジニアの年収や必要なスキルについても解説していきます。あらためてバックエンドエンジニアとはどんな仕事なのか、確認してみてくださいね。

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアとは、Webコンテンツ制作においてユーザーの目に見えない裏側を担当する職種です。

Webコンテンツの中には、ニュースサイトやスマホアプリなど普段の生活に密接しているものも多くあります。

また、バックエンドエンジニアはサーバーやデータベースの構築や管理なども担います。Webコンテンツを制作する上で、バックエンドエンジニアは欠かせない存在なんですね。

バックエンドエンジニアはサーバーサイドの知識や領域を扱うことから、サーバーサイドエンジニアと同様に扱われることもあります。

バックエンドの領域は幅広く、企業や現場によって求められる役割やスキルが違うと理解しておきましょう。

バックエンドエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの中でも、バックエンドエンジニアは幅広い分野を担当するエンジニア職種です。

会社や企業によっては、1つのサービスの運用や管理までバックエンドエンジニアが担うこともあるんですよ。

バックエンドエンジニアの主な仕事内容としては、Webコンテンツの制作やサーバー・データベースの構築などが挙げられます。

また、Webサービスを支えるシステムの運用や開発も仕事の1つです。

バックエンドエンジニアの仕事内容については、以下の記事で網羅的に解説しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

【完全保存版】バックエンドエンジニアの仕事とは?年収やスキルも紹介

バックエンドエンジニアの平均年収

ずばり、バックエンドエンジニアの平均年収は430万円〜500万円前後(2021年8月時点)です。ITエンジニア全体の平均年収が500万円前後なのと比べても、平均に位置しています

しかし、バックエンドエンジニアの年収は雇用形態や実務経験によっても変化します。たとえば、フリーランスとして月単価70万円の案件を獲得できれば800万円以上の年収を得ることも可能です。

また、バックエンドエンジニアの年収については以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。

バックエンドエンジニアの平均年収は?他のエンジニアとの比較や年収を上げる方法も合わせて紹介

バックエンドエンジニアに必要なスキル

幅広い分野での活躍が期待されるバックエンドエンジニアだからこそ、必要なスキルも多くあります。どのようなスキルが必要なのか確認しておきましょう。

PHPなどのプログラミング言語に加えて、フレームワーク・ライブラリやミドルウェアに関するスキルも必要とされるんですね。

主に、バックエンドエンジニアに必要とされるスキルとしては

バックエンドエンジニアに必要なスキル

などが挙げられます。

また、バックエンドエンジニアに必要なスキルについて以下の記事で詳しく解説しています。どのスキルから勉強しようか迷っている方は、チェックしてみてくださいね。

バックエンドエンジニアが習得すべきスキル17選!言語やフレームワーク、ミドルウェア別

バックエンドエンジニアは何を勉強すればいいの?

「実際、バックエンドエンジニアは何を勉強すればいいの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

バックエンドエンジニアを目指すには、何を勉強すればよいのか正しく知っておくことが大切です。

そこで、バックエンドエンジニアになるために勉強すべきことを解説していきます。勉強するのにおすすめの順番で紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

1.HTML/CSS/JavaScriptの基礎知識

まずは、バックエンドエンジニアに必要なプログラミング言語の中でもフロントエンドの言語を学んでいきましょう。

フロントエンドの言語としては、HTML・CSS・JavaScriptなどが挙げられます。フロントエンドの言語から勉強する理由は、プログラミング言語の中でも習得しやすいためです。

また、バックエンドエンジニアはフロントエンドと密接に関わるので現場でも必要な知識となります。

2.jQueryなどフレームワーク・ライブラリの知識

JavaScriptなど言語の基礎知識が習得できたら、jQueryなどフレームワーク・ライブラリの知識を身に付けていきましょう。

フレームワークやライブラリは、コードを0から打つ手間を省くなど作業の効率化を担ってくれます。

また、複数人で作業するプロジェクトなどでも利用されるので理解しておく必要があります。

フレームワークやライブラリを使いこなすことができれば、コードを書くなどの作業時間を大幅に削減できますよ。

3.PHP/Python/Rubyの基礎知識

サーバーサイドのプログラミング言語としては、PHP・Python・Rubyの基礎知識を身に付けましょう。

特にPHPやPythonは、Webコンテンツ制作において欠かせない言語になります。

たとえば、PHPであればWordPressなどのWebコンテンツに使われています。まずはPHPの基礎知識から習得して、他の言語についても学んでいきましょう。

4.MySQLなどデータベースの知識

バックエンドエンジニアにとって、データベースの制御や操作も重要な仕事の1つです。データベースの作業を行う上では、SQLについて知っておく必要があります。

SQLはデータベースを操作するための言語です。DDL・DML・DCLなどの言語がありますが、MySQLを理解できることが1つの基準となります。

バックエンドエンジニアになるためのおすすめ勉強方法【学習サイト編】

「勉強する内容が分かっても、勉強の仕方が分からなくて進まない…」という経験はありませんか?勉強しなくてはと思っても、手が進まない時もありますよね。

そこで、バックエンドエンジニアになるための実践的な勉強方法について紹介していきます。

学習サイトを利用した勉強方法は、まとまった勉強時間が取れない方やコストを抑えたいという方におすすめですよ。それでは、さっそく解説していきます。

Progateを活用する

progate
出典元:progate

「色々な言語を学びたい!」という方におすすめなのが、Progateです。

最初に陥りやすい開発環境でのトラブルがないので、プログラミング言語にあまり触れたことがない方でも安心して学ぶことができますよ。

学べる言語としては、

  • HTML
  • CSS
  • Ruby
  • PHP
  • Java

など多くの主要な言語を学ぶことができます。効率的に言語を学習したい方は、1度使ってみてください。

ドットインストールを活用する

ドットインストールは、3分間の動画解説型という特徴的なプログラミング学習サイトです。あなたの隙間時間を使って、プログラミング言語を勉強できます。

現在では、公開している動画も4000本以上と豊富な知識や情報を得ることができます。

パソコンだけでなくスマホなどのデバイスからも利用できるので、あなたの都合に合わせて活用してみてくださいね。

Udemyを活用する

Udemy
出典元:Udemy

信頼できる学習サイトで勉強したい方におすすめなのが、Udemyです。Udemyでは、学習したいコースごとに料金を支払って勉強を進めていきます。

ただ、1度購入したコースは期限などはなく繰り返し勉強できます。「自分のペースで知識をしっかりと身につけたい!」という方におすすめのサービスですよ。

バックエンドエンジニアになるためのおすすめ勉強方法【書籍編】

今では、電子書籍が普及したことで気軽に本を読みやすくなりましたよね。だからこそ、書籍でバックエンドエンジニアについて勉強することも可能です。

基礎的なプログラミング言語を学びたいという人から、データベースの知識を身にけたいという人にまでおすすめできる書籍をピックアップしました。

あなたに必要な知識に合わせて参考にしてみてください。

「1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座」

HTMLやCSSなど基礎的なフロントエンドの言語を学びたい人におすすめなのが、「1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座」です。

この本1冊で、Webデザインの基礎まで学ぶことができます。HTMLとCSSに関して学びたい方はチェックしてみてくださいね。

「確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版」

JavaScriptについて学びたいのであれば、「確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版」を読んで勉強しましょう。

JavaScriptはバックエンドエンジニアに必要な言語だというだけでなく、あらゆるエンジニア職で扱う言語です。今後のキャリアを考えても、学んで損はない言語と言えます。

また、JavaScriptの学習本については以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

【2021年最新】Javascriptの学習本・参考書おすすめ13選!初心者から経験者まで

「基礎からのMySQL 第3版 (基礎からシリーズ)」

バックエンドエンジニアに欠かせないデータベースの知識を学ぶのであれば、「基礎からのMySQL 第3版 (基礎からシリーズ)」がおすすめです。

書籍の解説がとても丁寧なので、データベースやMySQLについて知識が浅くとも安心して学ぶことができます。

バックエンドエンジニアになるために必要なMySQLの知識を、1冊で学ぶことができますよ。

バックエンドエンジニアになるためのおすすめ勉強方法【スクール編】

バックエンドエンジニアになるための勉強方法の1つとして、スクールを利用する方法があります。現役のエンジニアがメンターになって教えてくれるのは心強いですよね。

プログラミングスクールの中でも、実績や人気のあるスクールを紹介していきます。「時間やお金をかけてでも、本格的に学んでいきたい!」という方はチェックしてみてください。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾
(出典元:侍エンジニア塾

オンラインで学びたいという方におすすめなのが、侍エンジニア塾です。マンツーマン指導を受けられるので、基礎から1つずつ学んでいくことができますよ。

また、Webエンジニアに特化したコースを提供している(2021年8月現在)のでバックエンドエンジニアを目指す方には特におすすめです。

転職に成功すれば、受講料がタダになるという特典も付いています。プログラミングスクールに迷ったら、侍エンジニア塾をチェックしてみましょう。

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.
(出典元:TECH I.S.

TECH I.S.は、サポートも充実しているオンラインプログラミングスクールです。未経験の方でも安心して学ぶことができます。

また、マンツーマン指導を無料体験できるので、「自分の目で確かめたい!」という方にもおすすめですよ。

未経験の方から転職目的の方まで、さまざまなコースが用意されているのであなたに合ったものを探してみてください。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP
(出典元:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、300社以上とのつながりを持つ実績あるオンラインスクールです。就職や転職後のサポートまで任せられるのは大きな魅力の1つと言えるでしょう。

また、転職ができなかった場合に費用を全額保証する制度をDMM WEBCAMPは導入しています。「未経験からエンジニアに挑戦できるか不安…。」という方にもおすすめですよ。

バックエンドエンジニアを目指すならロードマップも活用しよう

今では、インターネットや書籍からさまざまな情報や知識を勉強できます。だからこそ、独学や自分のペースでバックエンドエンジニアを目指したいという方もいるでしょう。

バックエンドエンジニアを目指して勉強していくのであれば、ロードマップを活用する方法もあります。

ロードマップとは、何をどのように勉強していけばいいのか道のりを示したものです。まずは、ロードマップに沿って勉強を進めていくのも1つの手段として有効ですよ。

バックエンドエンジニアのロードマップについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

→coming soon…

まとめ

今回は、バックエンドエンジニアになるための勉強方法について解説しました。

さまざまな分野で活躍が期待されるバックエンドエンジニアには、幅広い知識やスキルが必要とされます。だからこそ、何から勉強すればいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

本記事では、書籍やおすすめのオンラインスクールなどバックエンドエンジニアを目指す方法を分かりやすく紹介しています。

バックエンドエンジニアを目指そうか迷っている方は、本記事を参考にしてください。