【2021年版】ReactNativeの学習本おすすめ6選!選び方も簡単に紹介

React Nativeの学習本を探している方の中には、

「種類が多すぎてどの本を選べば良いのかわからない….」
「どの学習本も同じに見える…」
「本を買ってから後悔したくない….」

といった悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

いざ買おうにも、たくさんありすぎると迷ってしまいますよね。

そこで今回はReact Nativeのおすすめ学習本6冊を入門・中級・上級別に選ぶポイントも交えて紹介します。

この記事を読めば、あなたに適した本が見つかりますよ。

React Nativeの学習本の選び方

React関連の本はたくさんありますんで、どれから読むべきなのか選び方のポイントいついて紹介していきます。

選び方①:初学者はReact Nativeの入門書から読もう

Reactをこれから勉強する方はまず、入門書から読んでいくのが定跡です。
本のタイトルに「入門編」や「初心者」というキーワードの物を参考にして手にとってみると良いでしょう。

選び方②:試し読みをする

タイトルを読んで、この本良さそうと直感的に思ったものは、冒頭部分や適当なページをみて、解説文や構成が自分にとってわかりやすいと感じるものを選ぶと良いでしょう。

基本用語やそれに対してわかりやすい説明がある方が、頭に入って来やすいですよね。

逆に、最初から基本用語に対しても難しいと感じる説明文やわかりにくかった場合は、その分野自体が苦手意識が出てしまってそこから成長できなくなる恐れがあるので、入門本選びはかなり重要になってきます。

選び方③:その本のレビューを確認する

良いと思った本に関して、購入サイトやSNSで口コミ・レビューを確認するのも良いでしょう。

選び方②で紹介したように自分で内容をざっくりと把握して自分にあった本だと確認できる場合は、レビュー等を重視する必要はありませんが、確認できない場合は、レビューを見ることでその本の評価をある程度把握することが出来ます。

また、レビューを確認することで、「この説明がなかった」、「この解説が合ったのは嬉しい」等と気づけなかった発見ができるかもしれません。

【入門編】React Nativeのおすすめ学習本

React Native ~JavaScriptによるiOS/Androidアプリ開発の実践

これからReact Nativeを学びたいという方にはこの本がおすすめです。

クロスプラットフォームアプリ開発について、環境の用意の仕方や開発ビルド・ストアへのアップロードまで網羅的に解説されており、初心者にとってもわかりやすく説明されています。

発売して間もないため、記載されている情報も最新版となっておりおすすめです。

React Native入門

本の名前の通りこれから学びたいという方にピッタリの入門書になります。
環境用意の仕方や、基本的な開発方法、コンポーネントやレイアウトの基礎知識、サンプルアプリの作成を作り切るところまで解説されています。

サンプルコードもダウンロードして利用することも出来ます。

知識がない初心者でも試しに作って動かしてみるところから、実際に思いついたアプリを開発できる様になるまでの知識が得られる一冊となっていますのでおすすめです。

【中級編】React Nativeのおすすめ学習本

作りながら学ぶReact入門

作りながら学ぶReact入門は、React.jsを実際に使って、作りながら学ぶ事ができる本となっています。

本で理解した上で実施するのでより理解が深まり上達が早まる一冊となています。

プログラミングに関しての仕組みの解説がないので、一からプログラミングを学びたいという方よりは、ある程度基礎知識を持った上で実践しながら学びたいという方におすすめのです。

開眼JavaScript

この本は、JavaScriptの初心者向けの本には載っていないようなちょっと変わった言語仕様についても紹介しているのが特徴の本です。

初心者向けの書籍を読み終えたあとは、この本を読むことで少し難し目なJavaScriptの特徴が把握することが出来ます。

【上級編】React Nativeのおすすめ学習本

React開発 現場の教科書

Reactの設計方法やチームでの開発方法やリリース後のメンテナンスなど、初心者〜中級者までの内容ではなく、実践目線で書かれております。

書かれているサンプルコードの書かれ方も上級者向けのもので、断片的に書かれています。

応用的なReactの使い方や、ReactへのCSS作法分離した方法なども記載されており、実践的に使用していく人にとっては大変重宝する本となっています。

いまどきのJSプログラマーのための Node.jsとReactアプリケーション開発テクニック

React単品での開発ではなく、Node.jsとReactを組み合わせてアプリを開発するための方法が記載されてた本になります。

Reactを使用した全般的な開発について網羅されて記載されているので、実践的な内容となっており、仕事で使用する方にとっては助かる一冊となっています。

初心者では難しい、ライブラリやツールを扱う内容が多く記載されており、結構なボリュームがあり上級者向けの本となっています。

まとめ

今回はReact Nativeのおすすめ学習本6冊を入門・中級・上級別に選ぶポイントも交えて紹介しました。

Reactについてこれから学んで行こうと考えている方は今回紹介した入門編を参考にして勉強してみてください。

新しい分野を始める時は最初が肝心です。本選びにある程度時間をかけるのは必須でしょう。

こちらの記事もおすすめ

ReactNativeとは?特徴からできること、使い方やおすすめの学習本まで解説 【入門者必読】Reactとは?意味から特徴、できることや勉強法も解説 フリーランスエンジニアに なるにはどうしたらいいの?フリーランスエンジニアになるには?なる方法と案件獲得方法、欠かせないスキルも紹介