2021年最新!在宅ライターおすすめ募集サイト9選から人気求人・稼ぎ方まで

「在宅ライターってどれくらい稼げるの?」
「在宅ライターの求人ってどこで探せるんだろう…」

この記事を訪れたあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

在宅ライターは働く場所や時間を自由に決められるため、とても魅力的な職業です。職場の人間関係が苦手な方や、家事・育児との両立が必要な主婦の方にぴったりな職業ですよね。

とはいえ、在宅ライターの求人の探し方が分からず困っているという方もいるはず。また、在宅ライターの稼げる金額はかなり低いのではないかと思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、在宅ライターの人気求人や稼ぎ方、在宅ライター募集サイトをご紹介!

人気求人をチェックした上で、月収のレベル別に稼ぎ方や仕事内容、必要なスキルなどを詳しく解説します。

この記事を読めば、在宅ライターで稼ぐ際のイメージがつくほか、あなたが希望とする月収に合った募集サイトを知れますよ。

それでは、参ります。

2021年在宅ライター人気案件3選

「在宅ライターって何を書けばいいの?」と疑問に思っている方向けに、クラウドワークスで人気を集めている案件を3つご紹介します。

どのような案件が人気を集めているのかを確認すれば、在宅ライターとして稼ぐイメージが持てるでしょう。

介護施設・事業所の紹介文作成

出典元:Crowd Works

400~500文字で介護施設・事業の紹介文を作成する案件です。

短い文章で初心者でも挑戦しやすい上、1記事1,000円という報酬金額なので、文字単価は2.0円となります。

難易度が低くて単価が高いとなると、挑戦したくなりますよね。人気を集めているのも納得です。

小説や絵本・エッセイなど本にまつわる記事作成

出典元:Crowd Works

2,000文字でこれまでに読んだ本の感想と紹介を執筆する案件です。1記事500円という報酬金額なので、文字単価は低いですが、執筆現在で74人が受注しています。

本好きな方にとっては、「好きな本のことを楽しみながら書いて報酬がもらえるなんて嬉しい!」と思いますよね。

ライターは文章を書くことはもちろん、文章を読むことも好きな方が多い傾向にあると思うので、余計に人気が集まりやすいのかもしれませんね。

ビジネスやライフスタイル系メディアのWeb記事

出典元:Crowd Works

3,000文字で指定された記事構成を基に記事を執筆する案件です。1記事1,300円という報酬金額なので、文字単価は0.4円ほどになります。

記事構成が既にされているほか、マニュアルが充実しており、初心者でも書きやすいのが特徴です。見出しが決まっていると書きやすいですよね。

自分の好きなテーマではなく、発注者から提示されるテーマに沿って記事を執筆する経験ができるため、Webライターの第一歩に適した案件でしょう。

在宅ライターの3つの稼ぎ方

在宅ライターの求人には執筆内容から文字数、報酬金額までさまざまな種類があり何を基準に決めたらいいか悩んでしまうことってありませんか?

同じような悩みを抱えている方は、在宅ライターでどれくらいの報酬を得たいのかを明確にするといいですよ。

お小遣い稼ぎでいいのか、本業として生活費を稼ぎたいのかによって、稼ぎ方は変わってきますよね。

具体的な目標を設定した上で、目標を達成するために最適な在宅ライター募集サイトを活用するのが稼ぐためのコツですよ。

在宅ライターには以下の3つの稼ぎ方があります。

  • 【未経験OK!】スキマ時間でお小遣い稼ぎ
  • 【主婦・学生必見】副業ライターで収入アップ
  • 【プロライター】在宅ワークを本業にする

それぞれの稼ぎ方について、報酬の相場や仕事内容、必要なスキルなど、詳しく紹介していきますので、あなたが理想とする稼ぎ方をイメージしてみましょう。

【未経験OK!】スキマ時間でお小遣い稼ぎ

未経験で在宅ライターを始める場合は、まずはお小遣い稼ぎ程度の収入から目指してみましょう。スキマ時間を活用し、単発の案件を受注するような稼ぎ方となります。

報酬の相場

未経験で在宅ライターを始めた場合の報酬の相場は、月数千~3万円未満です。

生活するには足りませんが、副業やお小遣い稼ぎとして執筆するなら嬉しい報酬ですね。

文字単価の相場は1文字0.1~0.7円となっており、未経験者でも執筆できる記事は、2,000~4,000文字程度のものが多くなっています。

文字単価が低いため、とにかく大量に受注して納品するのが稼ぐコツです。

仕事内容

初心者でもできる在宅ライターの仕事は、やはり単価が低いようです。とはいえ、単価の低い案件は、ブログ記事の作成やお役立ち情報の記事作成といった内容で、書きやすいテーマが多いため、楽しみながら働けそうですね。

専門的な知識を必要とする文章を書くのではなく、「好きな漫画やゲームなどについて楽しみながら書きたい!」という方におすすめの稼ぎ方です。

必要なスキル

資格をはじめとした専門的なスキルまでは求められませんが、正しい日本語の知識と、読みやすい文章を書くスキルが求められます。

読者としても、日本語の用法が間違っていると、記事を信頼できなくなり、途中で読むのをやめたくなってしまいますよね。

ライティングに関する本などで学びながら、実際に案件を受注して記事を書くなかで学んでいくと良いですよ。

まずは文章を書くことに慣れ、執筆スピードを上げながら、発注者からの修正依頼やアドバイスに耳を傾けましょう。

【主婦・学生必見】副業ライターで収入アップ

お小遣いレベルではなく、副業としてまとまった金額を稼ぎたい場合は、ライターとしての実績を積み、スキルを磨いていきましょう。継続的な案件を受注するのが稼ぐコツですよ。

報酬の相場

副業として在宅ライターをする場合の報酬の相場は、月3~10万円未満です。

本業の仕事や主婦業、学生業をしながら、在宅ライターでこれだけガッツリ稼げれば自信にも繋がりますね。

低単価な案件でも多くの記事を執筆すれば、月3万円程度は目指せますが、最低でも文字単価0.5円以上でないと難しいでしょう。

クライアントから実績を認められたり、単価交渉を行い、文字単価が1円以上になれば月収10万円を目指しやすくなりますよ。

仕事内容

お小遣い稼ぎ程度なら、好きな漫画やゲームについての記事など、書きたいテーマだけを選んで楽しく記事執筆ができるでしょう。

しかし、月3万円以上稼ぐとなると、ビジネスに繋がるような記事を書く必要があります。

あなたの興味や知識のない分野でも、企業に指定されたキーワードを基に記事を書くのが主な仕事内容となるでしょう。

好きな内容で執筆できないという苦痛を伴うこともありますが、プロ意識を持って取り組むことが大切です。

必要なスキル

5,000文字以上のまとまった文章を書ける集中力と文章力が必要となります。

「長い文章は書き慣れていない…」という方は、文字数の多い案件にも挑戦して、苦手意識を解消していきましょう。

指定されたキーワードを基にリサーチし、記事の構成を考えるスキルも求められます。

好きなように書くのではなく、発注者や読者がどのような記事を求めているのかを考えると、質の高い記事になりますよ。

SEOスキルを身につけて、検索結果の上位に表示されるような記事を執筆できれば、より発注者の満足度を高められるでしょう。

【プロライター】在宅ワークを本業にする

在宅ライターを本業にしたい場合は、高単価な案件を受注する必要があります。低単価な案件ばかりだと、たくさん納品してもなかなか稼げませんよね。

ライターとしての実績や専門的なスキルを身につけ、高単価な案件を受注できるライターになりましょう。

報酬の相場

在宅ライターを本業にする場合の報酬の相場は、月10万円以上となります。安定した生活をするためには、月13万円以上を目指したいですね。

文字単価1円の場合、5,000文字の記事を月に20本納品すれば月10万円の収入を達成できます。ただし、月に20本となるとフル稼働する必要がありますので、少し苦しいですね。

スキルアップして文字単価2円以上の案件を獲得できれば、より効率的に稼げるでしょう。

仕事内容

発注元の企業に利益が出るようにするためには、検索結果の上位に表示されるような記事を書き、アクセスを集める必要があります。

さらに、商品の購入やサービスの利用に読者の行動を促せれば、企業の利益に直結しますので、ライターとして重宝されるでしょう。

ビジネスに直結するWebマーケティングとしての記事執筆が求められます。

必要なスキル

記事を検索結果の上位に表示させるためのSEOスキルはもちろん、商品の購入へ促すためのコピーライティングスキルやセールスライティングスキルが必要です。

独学として本などで学ぶほか、講座を受講してスキルを身につけると良いでしょう。

さらに、資格を持っているような知識の深い分野があれば、専門性の高い記事が書けるため、ライターとしての希少価値を上げられますよ。

本業や前職の知識を活かすのはもちろん、興味のある分野について、新たに資格取得を目指すのも良いですね。

月収レベル別!おすすめの在宅ライター募集サイト9選

在宅ライターを始めたり、既に在宅ライターとして活動していて、さらに高単価な案件を受注したいと思ったとき、「どこで案件を探せばいいの?」という疑問が湧いてきますよね。

在宅ライターの3つの稼ぎ方をお伝えしましたが、目指す収入によって利用するべき在宅ライター募集サイトも異なってきます。

そこで今回は「月3万円未満」「月3~10万円」「月10万円以上」の3つに分けて在宅ライター募集サイトをご紹介します。

あなたの希望する収入の項目を参考にしてくださいね。

それぞれの在宅ライター募集サイトで受注できる案件の相場や特徴などを詳しく紹介していきます。

月3万円未満

未経験者やスキマ時間で稼ぎたい方には、クラウドソーシングサービスがおすすめです。

クラウドソーシングサービスとは、発注者とライターを結びつけるサービスで、1記事だけ納品して契約完了といった単発の案件が多くあります。

本業や子育てがあって継続案件は難しい場合も、単発の案件であれば気軽に応募しやすいですよね。

単価が低く、高額な報酬を得ることは難しいですが、月3万円未満のお小遣い稼ぎにはぴったりです。

さまざまな種類の案件を経験できるため、未経験者の方は実績を積む場所として活用すると良いでしょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

  • クラウドワークス
  • シュフティ
  • サグーワークス

それぞれ詳しく解説していきます。

クラウドワークス

出典元:Crowd Works

記事作成やシナリオ作成、セールスレター作成をはじめとしたライティングの案件や、文字起こし、動画編集など、種類豊富な案件を受注できるサイトです。

「ライター以外の在宅ワークにも興味がある!」という方はいろいろな案件を見てみると、楽しみながらできるような在宅ワークが見つかるかもしれませんね。

報酬は「15日締め・月末振込」または、「月末締め・翌月15日振込」となっており、指定した銀行口座に振り込まれます。

クラウドワークスでは報酬の2割が手数料として引かれるため、手取りが少なくなるのがデメリットですが、仮払い制度を設けているため、未払いを防げます。

種類豊富な案件の中から選び、安全な取引をしたい方におすすめですよ。

シュフティ

出典元:shufti

記事作成やレビュー、文字起こしなどの案件を受注できる主婦向けのサイトで、案件の難易度が低く、スキマ時間でも取り組めるのが魅力です。

発注者は主婦の方に依頼したくてシュフティを利用しているので、家事や育児に関する記事執筆の依頼も多く、自身の経験を活かすチャンスかもしれませんね。

報酬は605円以上から振込申請が可能で、申請された金額が銀行口座に振り込まれます。

シュフティでは報酬の1割が手数料として引かれるため、手取りが少なくなるのがデメリットですが、報酬はシュフティが代行して支払うため、未払いの心配がありません。

未経験でも取り組める案件を希望しており、安全な取引がしたい方におすすめです。

サグーワークス

出典元:ザグワークス

テキスト作成やアンケート回答、データ入力などの案件を受注できるサイトです。クラウドソーシングサイトでは珍しく、手数料がかかりません。

案件を受注し、納品完了するとポイントが付与され、1ポイント=1円で現金またはドットマネーに交換できます。

経験値に応じてレベルが上がったり、月間のポイント獲得数や名文数に応じたランキングで上位に入ったりした場合もボーナスポイントが付与されるのが特徴です。

レベルアップやランキング入りなどを目標にしてゲーム感覚で取り組めば、モチベーションも保てそうですね。

また、実績によってライターがレギュラー、ゴールド、プラチナという3つのグレードで分けられ、グレード別で受注できる案件も異なります。

グレードを上げていくことが稼ぐコツですよ。

プラチナはサグーワークス独自のテストを受ける必要がありますが、合格すれば高単価な案件を受注できる可能性が高くなりますので、挑戦してみると良いでしょう。

月3~10万円

月3万円以上の収入を目指す場合は、企業と直接契約するのがおすすめです。

単発の案件を受注したことのある方は、「依頼文を書いて応募するのって大変だな…」と思ったことがあるのではないでしょうか?

継続的な案件は、納品完了するたびに次の案件に応募する手間が省けるため、効率的に稼げます。

また、単発の案件を繰り返すのではなく、継続的な案件を受注することで、発注者との信頼関係を築きやすくなるのもメリットです。

信頼関係を築き、実力を認めてもらえれば単価を上げてもらえることもありますよ。

おすすめのライター募集サイトは以下の3つです。

  • ライターステーション
  • 株式会社ブリジア
  • ライターズバンク

それぞれ詳しく解説していきます。

ライターステーション

出典元:ライターステーション

ライターとして登録すると、メールで記事執筆の依頼が届き、受託可能かどうかの返事をして記事執筆を開始するという仕組みのサイトです。

年齢不問で未経験でも登録でき、編集部からのアドバイスも受けられるため、報酬を得ながらライティングスキルを身につけられます。

案件例は800文字程度の記事で1,000円となっているため、文字単価0.5円以下も多いクラウドソーシングサイトと比較すると、少し高めの単価ですね。

報酬は納品完了日の翌月末営業日に銀行口座に振り込まれます。

コスメやサプリ、街コンなど幅広いジャンルの記事執筆が可能です。

株式会社ブリジア

出典元:BRIDGEA

記事作成代行サービスを展開している株式会社ブリジアは随時ライターを募集しています。

初心者でも応募できるのが特徴で、テストライティングでは採点するだけでなく、技術指導をしてもらえます。

契約に至るまでに練習記事を執筆しながら指導を受けられるため、スキルアップをしながら案件を受注したい方におすすめです。

支払い料金例では、月に10記事執筆して5万円となっているため、株式会社ブリジアとの契約だけでも月3万以上稼げそうですね。

報酬は依頼月の翌々月5日に銀行口座に振り込まれます。

ライターズバンク

出典元:Webライターズバンク

ライターズバンクはインターネット上で数多くのメディアサイトを運営しており、記事執筆のできるライターを多数募集しています。

ライティング経験1年以上が応募条件ですが、案件例が1記事2,000文字/3,000円となっており、文字単価1円以上が期待できるサイトです。

報酬は納品完了した月の末締めとなっており、翌月末にライターズバンクから銀行口座に振り込まれます。

メディアのジャンルが法律や建築、経営、健康など多岐にわたるのが特徴です。

月10万円以上

月10万円以上の収入を目指す場合は、高単価な案件を受注できるサイトを利用することが必要です。

ライターとして登録するためにテストがある場合や、案件の難易度が高い場合が多いため、相応のライティングスキルを身につけてから挑戦しましょう。

テストの合否や納品した記事へ評価は、腕試しにもなるかもしれませんね。

おすすめのライター募集サイトは以下の3つです。

  • アナザーパス
  • BOOOON!!!
  • フォークラス

それぞれ詳しく解説してきます。

アナザーパス

出典元:ANOTHER PATH

最低文字単価1.5円のクラウドソーシングサイトです。

誰でも案件を受注できる一般的なクラウドソーシングサイトとは異なり、アナザーパスは独自のライティングテストに合格しなければライターとして登録できません。

ライティングスキルに自信がついた際には、挑戦してみると良いでしょう。

文字単価1.5円の場合、5,000文字の記事を月に14本かけば月収10万円以上となります。

BOOOON!!!

出典元:BOOOON

記事単価で案件を受注できるライター募集サイトです。

文字単価に換算すると最低単価は0.3円となっており、あまり高くありませんが、実績豊富なライターや資格があるライターには2円や3円の案件も紹介してもらえます。

達成したい収入を担当者に伝えることによって、その金額を達成できるペースで依頼してもらうことが可能です。思い切って月収10万円と伝えてみると良いかもしれませんね。

フォークラス

出典元:four class

ライターとして登録することで、案件を紹介してくれるサイトです。

案件参考例として、報酬1.5万円以上のインタビュー記事や報酬1万円以上の電話取材記事などがあり、取材好きな方におすすめのサイトとなっています。

初心者でも登録できますが、いきなり取材するのはハードルが高いかもしれません。ライターとしての実績をある程度積んでおり、高単価な案件を受注したい方におすすめです。

まとめ

今回は、在宅ライターの人気求人や稼ぎ方について解説し、在宅ライター募集サイトを月収レベル別にご紹介しました。ご紹介した在宅ライター募集サイトの一覧は以下のとおりです。

月3万円未満

  • クラウドワークス
  • シュフティ
  • サグーワークス

月3~10万円

  • ライターステーション
  • 株式会社ブリジア
  • ライターズバンク

月10万円以上

  • アナザーパス
  • BOOOON!!!
  • フォークラス

それぞれの在宅ライター募集サイトで受注できる案件の相場や特徴について詳しくご紹介しましたので、気になるサイトがあればぜひ活用してみてください。

自身の理想とする働き方や月収のレベルに合ったサイトを活用し、充実したライター生活を手に入れましょう。

月収アップを目指す場合は、ライターとしての実績を積み、スキルアップしながら、利用するサイトの選択肢も広げてみるのがおすすめですよ。

この記事が、ライターとして新たな案件に挑戦するための助力となれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

ライター募集サイト8選!【2021年最新版】ライター募集サイト8選!正社員から単発まで ライターが爆速で成長する勉強方法!稼ぎたい人必見!ライターが爆速で成長する勉強方法! ライターの仕事はつらい?6つの理由と解決する5つの方法を紹介【徹底調査】ライターの仕事はつらい?6つの理由と解決する5つの方法を紹介