Python学習本おすすめ8選【初学者、ゲーム制作者、人工知能・機械学習者向け】

「Pythonの学習本はたくさんあってどれを選んだら良いのかわからない…」
「ゲーム制作するときに参考にできるPython学習本が知りたい!」
「本選びに失敗したくない…」

コードのシンプルさが何よりの特徴である「Python」。エラー箇所の特定や修正がしやすく、作業の引継ぎにもコストがかかりません。とにかく使い勝手の良いプログラミング言語です。汎用性も高いため、ゲームや機械学習・人工知能にいたるさまざまな分野で扱われています。

しかし、使い勝手が良くさまざまな分野で扱われている人気言語である反面、学ぼうとすれば学習ツールもさまざまです。いざ本から学ぼうにも、数ある中から選ぶとなると一苦労、どれを選んでよいのかわからないと頭を抱え続けますよね。

また、Pythonの用途は多岐にわたるため「せっかく買った本が的外れなものだったらどうしよう…」と不安を感じなかなか購入に踏み切れない人もいるはず。

そこで今回は、Pythonのおすすめ学習本を下記のカテゴリー別に8冊紹介します。

  • 初学者向け
  • ゲーム制作者向け
  • 人工知能・機械学習者向け

また、学習本を選ぶ際のポイントも解説するので、参考にしてみてください。

この記事を機にあなたの目的や用途に適した学習本を見つけ、一層実りあるエンジニアライフを送りましょう。それでは参ります。

Python学習本を選ぶ際のポイント

目的や用途に適した本を選ぼう

Pythonの学習本は、自分の目的や用途に適した本を選びましょう。上記でも解説しましたが、Pythonはゲームや機械学習・人工知能にいたるさまざまな分野で扱われる用途の高い言語です。

そのため、自分が何の用途で使うのかによって勉強する範囲が異なります。目的や用途がはっきりしないまま、手当たり次第でPythonの学習に取り組んでも、膨大な勉強量を前に断念してしまうでしょう。

学習本選びは、Python攻略の最初にして重要なファーストステップです。めんどくさがらず、自分の目的や用途に適した本を選ぶようにしましょう。

自分のレベルに合っているか確認しよう

Pythonを学ぶ際は、プログラミング言語はわからないが、Pythonを学びたい、日々、コーディングはしているがPythonを学びたい、現場レベルで身につけられることを学びたい。など、自分がどのステージにいるのかによっておすすめの本は変わってきます。

自分がどのステージにいるのかをしっかりと見極めてPythonの本を選ぶようにしましょう。

【初学者向け】Pythonのおすすめ学習本

たった1日で基本が身に付く! Python超入門

プログラミングがそもそもわからない方に向けた「超初級本」の一冊。プログラミングとは何か?から、丁寧に解説してくれる本なので、プログラミングが未経験でPythonを学んでみたい方におすすめの本です。

Pythonのおすすめ本です。

確かな力がつくPython超入門

Pythonのインストールから関数、クラスなど、徐々にステップをあげながらPythonを紹介している一冊。プログラミングがそもそもわからない方にはハードルが高い本にはなりますが、確かなPythonの知識が身につけられる本です。

3ステップでしっかり学ぶ Python 入門

実際に、Pythonに触れながら学べる入門書。予習、実行、復習を繰り返して学べる本なので、しっかりスキルを身につけられます。

最後には、練習問題も用意されており、Pythonの知識が定着したかを確認できますよ。

Pythonをしっかりと学びたい方はこちらの本がおすすめです。

いちばんやさしい Python入門教室

日本だけではなく、世界でも高い評価を受けているPythonの入門書。約10万部も売れており、Pythonのインストール方法から基本文法などがしっかりと解説されています。

【ゲーム制作者向け】Pythonのおすすめ学習本

Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座

Pythonでゲームを作るということを目的としている本です。ただ、Pythonとは何かの基礎からしっかり記載しています。

また、サンプルコードなども用意されており、Pythonを使ってゲーム開発をしたい方にはおすすめの本です。

ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング

ゲーム作りを通してPythonが学べる一冊。Pythonの基本的な特徴や仕組みが多くのサンプルとともに解説されているので、実践ベースでPythonを学べる仕様になっているのが嬉しいポイント。

また、本書で題材にしているゲームの多くは1つのファイルで完結するように設計されており、解説もわかりやすいためなじみやすく学習できるでしょう。

これからPythonでゲームをつくりたい人はもちろん、既存のPythonのスキルをゲームづくりへ応用したい人にもおすすめです。

【人工知能・機械学習者向け】Pythonのおすすめ学習本

ゼロから作るDeepLearning2

初心者がPythonを使ってディープラーニングを実装できるようになるまでの知識やスキルを解説した一冊。Pythonにおける知識が0の人を対象に書かれているため、やさしい言葉でわかりやすく解説されています。

0からつくるをモットーに、ディープラーニングの実装までが丁寧に解説されているので、Pythonを一から学びたい人、ディープラーニングを実装できるまでのスキルを養いたい人におすすめです。

Pythonではじめる機械学習-scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎

さまざまな技術書を出版しているオライリー社のPythonの技術本です。はっきり言って、内容はかなりレベルが高い話をしているので、現場レベルでPythonをしている方でも読み進めるのは結構難しい本です。

内容が専門的なので、Pythonを学術的に捉えて学びたい方にはおすすめです。

まとめ

今回は、Pythonのおすすめ学習本を初学者、ゲーム制作者、人工知能・機械学習者向けに8冊紹介しました。

Pythonは、他の言語と比べてコードがシンプルなので、プログラミング初心者でも勉強しやすい人気の言語です。汎用性も高くゲームや機械学習などさまざまな分野でも活用できます。

かといって、学ぶ前につまずいては元も子もありません。今回紹介した下記3つのポイントを意識して、あなたの目的や用途に沿う本を選びましょう。

  • 自分の目的や用途に適した本を選ぼう
  • 自分のレベルを見極めよう
  • ジャンルを見極めよう

この記事が一層実りあるあなたのエンジニアライフの一助となれば幸いです。