【徹底解明】ネットワークエンジニアはやめとけと言われる5つの理由


「ネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由は?」
「ネットワークエンジニアに向いている人ってどんな人?」
「ネットワークエンジニアはやめとけと言われるけど魅力もあるの?」

この記事を訪れたあなたはそのような疑問を持っているのではないでしょうか?ネットワークエンジニアは過酷のためやめとけと言われていますが、なぜ過酷だからやめとけと言われるのか気になりますよね。

さまざまな理由からネットワークエンジニアはやめとけと言われています。しかし向いている人もいるんです。

では、ネットワークエンジニアに向いている人はどのような人なのでしょうか。またネットワークエンジニアはやめとけと言われていますが魅力もあります。

ネットワークエンジニアを目指すのであればネットワークエンジニアについて正しく知ってから目指すかどうか決めたほうがよいですよね。

そこで今回は、ネットワークエンジニアをやめとけと言われる理由について紹介します。ネットワークエンジニアに向いている人や魅力についても紹介していくのでネットワークエンジニアを目指そうか迷っている人は記事を参考にしてみてください。

それでは参ります。

ネットワークエンジニアは激務だからやめとけ?

ネットワークエンジニアは専門性が高いため、将来性もあれば転職にも有利ですが慣れない間は地獄でしかありません。

覚える仕事が山のようにあり尚且つ24時間365日、常に誰かがネットワークを監視している状態です。ネットワークが稼働していない日はないため監視する人が必要になりますよね。

さすがに一人で24時間監視できませんので交代制で監視します。女性は特に体調を崩しやすい人が多いため、日中監視する分には構いませんが夜勤になると体が壊れてしまいます。

24時間365日、常に誰かが監視しておかなければならないだけでも地獄といえますよね。だからネットワークエンジニアはやめとけと言われてしまうんですよ。

【徹底解明】ネットワークエンジニアがやめとけと言われる8つの理由

先程、ネットワークエンジニアはやめとけと言われると解説しました。

ではなぜ、やめとけと言われるのでしょうか?きついからですか?

いえ、きついだけではないんですね。他にも、やめとけと言われるのにはさまざまな理由が存在します。

ネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由は、以下の8つです。

  • 気が休まらない
  • 勤務時間が不規則
  • トラブルが解決できなかったときの責任が重い
  • 作業内容が慣れるまで難しい
  • 資格取得が厳しい
  • 給料が上がらない
  • 作業が深夜までかかってしまう
  • 労働時間が長い

それぞれネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由について具体的に詳しく解説していきますね。

気が休まらない

ネットワークには予期せぬ突発的なトラブルが発生してしまう場合があります。トラブルを回復させるのはネットワークエンジニアの仕事です。

突然トラブルが起ってしまう場合、ネットワークエンジニアはすぐに対応に当たらなければなりません。

ネットワークエンジニアはいつでもすぐに動けるようにしておかなければなりませんので休まる時が少なく、精神面でも辛いと感じてやめとけと言われる理由になるんですね。

勤務時間が不規則

2つ目は、勤務時間が不規則であるのが、やめとけと言われる理由です。

ネットワークのメンテナンスを行うのは、休日や夜間など、多くの人がネットワークを利用していない時間帯になります。

したがって、普通の人が働いていない時間などに稼働することがあるんですね。

ですので、勤務時間が不規則になり、やめとけと言われてしまうんです。

トラブルが解決できなかったときの責任が重い

ネットワークにトラブルが発生した場合、早急に対応しなければいけません。

会社であれば仕事に遅れが出てしまい大損失につながりますよね。また一般家庭でも大きな迷惑になります。

他の仕事をしていてもトラブル回避の対応を優先します。すぐに原因が見つかればいいのですがなかなか解決に至らなかった場合、責任重大の仕事になりますのでかなりストレスが溜まってしまいますね。

責任が重い分、やめたいと感じてしまうんですよ。

作業内容が慣れるまで難しい

ネットワークエンジニアは専門性の高い仕事が多いことから仕事を覚えるまでかなり時間がかかってしまいます。

仕事に慣れるまでどの職場であっても苦労が絶えません。その中でも特にネットワークエンジニアはスキルを磨いていかなければ仕事に就くことは厳しいんですね。

仕事を覚えるまでにかなり時間がかかってしまうし、スキルを磨かなければ仕事にならないので、ネットワークエンジニアはやめておけと言われるんです。

資格取得が厳しい

ネットワークエンジニアは国家資格も多いため資格取得が難しいと言われています。

他のIT資格よりも難しい試験ばかりですので、よほど試験に合格するぞという熱意がない限り途中で諦めてしまう可能性が高いです。

合格率が低い、試験が受かりにくいことを知ると資格取得から遠ざかってしまいます。

給料が上がらない

ネットワークエンジニアはなりたての頃から給料が高いと思われがちですがそれは大きな間違いです。

未経験からネットワークエンジニアになろうとしている人は、さらに初期給料が低くなる可能性があります。

初めから給料が高い職業はありません。しっかし給料って気になりますよね。

あなたが求める給料がもらえない可能性があるため、やめとけと言われがちな職業のひとつなんですね。

作業が深夜までかかってしまう

ネットワークエンジニアの都合ではなく優先される人はお客様です。定時に終わればいいのですが、ネットワークエンジニアの仕事は短時間で終われるような仕事ではありません。

深夜二時や三時まで作業していたということもあるんですね。

人のために活躍できる仕事ですが、さすがに深夜まで働きたくないという理由からネットワークエンジニアはやめておこうと思う人も多いようです。

労働時間が長い

労働時間が長いといわれることもやめとけといわれれる理由の一つです。

ネットワークに障害やトラブルが発生した場合、短時間で解決できることは少ないんですね。

トラブル解決までに長時間かかってしまうため、その分働く時間も長くなります。

労働時間が長いと嫌になってしまう人もいるため、やめとけと言われてしまうんですよ。

ネットワークエンジニアの魅力4選

ここまで読み進めてくれたあなたは、

「ネットワークエンジニアっていいことないじゃん」
「今から目指そうと思っていたけど、やっぱりやめようかな?」

なんて思っていませんか?

あまりいいイメージの良くないネットワークエンジニアですが、実は魅力もあるんですよね。

ではどんな魅力があるのか?というと、以下の4つです。

ネットワークエンジニア4つの魅力
  • 高収入が得られる
  • 達成感がある
  • ビジネス社会においてとても重要な仕事である
  • 仲間と団結できる

それぞれネットワークエンジニアの魅力について具体的に詳しく解説していきますね。

高収入を得られる

ネットワークエンジニアは常に人材不足です。あなたがネットワークエンジニアについて知識と能力があるならスキルに応じて納得のいく収入が得られるんですね。

スキルを高めてネットワークエンジニアとして実績を積んでいけば、さらに高収入が見込めますよ。

他のエンジニアと比べてもネットワークエンジニアは比較的高い収入を得られますので大きな魅力と言えるでしょう。

達成感がある

一連のプロジェクトを完成させるために長い場合は1年以上もかかります。1つのプロジェクトを完成させるにはひとりの力だけでは達成できません。

ネットワークを正常に運用するにはトラブルも生じるでしょう。何が原因でトラブルが起るのかあらかじめ推測しながら構造まで導く必要があります。

長期間に及ぶプロジェクトは完成までの道のりが長い分、焦りや不安もでてきますよね。ですが、一連の仕事がすべて完了した時には大きな達成感があります。

その達成感がネットワークエンジニアの魅力のひとつと言えるでしょう。

ビジネス社会においてとても重要な仕事である

情報化社会と言われている近年では、ネットワークはビジネスになくてはならない存在になりました。アナログ化からデジタル化に移行している企業も多くあります。

ネットワークに何かトラブルや障害が発生した場合、ビジネス自体が止まってしまいます。ビジネスが止まってしまったら膨大な損失になりかねません。

したがって、ネットワークエンジニアはビジネス社会にとって、とても重要な存在になるんですね。

社会にとって必要な仕事であり人材のため、貢献があなたの幸福度につながるのであれば、魅力のひとつと言えますね。

仲間と団結できる

ネットワークエンジニアは一人で作業する仕事ではありません。様々な部署の人たちと連携を取りながら作業にあたるため、仲間と団結して課題解決ができるのも魅力のひとつでしょう。

なぜなら、プロジェクトの仕事が大規模であればチームを組んで作業します。一つの到達点に仲間と向かっていくんですね。

ですのでわからないことなどを協力しながら仕事を進められるので、楽しみややりがいもあるといった点もネットワークエンジニアの魅力のひとつなんですね。

ネットワークエンジニアに向いている人

人には向き・不向きがあります。人それぞれ個性があるためあなたが決めた職業でも向いている場合と、向いていなかったとなる可能性もあるでしょう。

ネットワークエンジニアに向いている人は以下の4つです。

ネットワークエンジニアに向いている人
  • 忍耐力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • プログラミングやその他機器に関心がある
  • コツコツした作業が好きな人

それぞれネットワークエンジニアに向いている人について具体的に詳しく解説していきますね。

忍耐力がある

作業が慣れてくると同じ作業の繰り返しです。毎日同じことをコツコツと行いながら成果を出していく作業になりますので忍耐力が必要とされます。

毎日同じことをコツコツと行いながら作業するのは忍耐力がないとできませんよね。作業が同じことの繰り返しでも平気だと思える人はネットワークエンジニアに向いているでしょう。

コミュニケーション能力が高い

ネットワークエンジニアはお客様と関わることが多い仕事です。

ネットワークエンジニアは一人で黙々と作業しているイメージがある人もいるかもしれませんが人とコミュニケーションを取りながら作業する方が多いんです。

ですのでコミュニケーション能力の高い人はネットワークエンジニアに向いています。

プログラミングやその他機器に関心がある

プログラミングやネットワークに関わる機器は専門的な技術が必要です。

ネットワークは常に進化し続けています。時代と共に新しいものへアップデートされていきます。

プログラミングやネットワーク周辺機器に興味があり、習得したいと思っている人であればネットワークエンジニアに向いていますよ。

コツコツした作業が好きな人

マニュアル通りに作業を進めることで完成に近づけたり数多く資料作成したりします。そのためネットワークエンジニアはコツコツとした作業が多いんですね。

仕事に慣れてしまえば毎日同じような作業の繰り返しです。同じような作業を毎日コツコツ繰り返すことが好きな人はネットワークエンジニアの仕事に向いていますよ。

ネットワークエンジニアに向いていない人

仕事に向いている人とそうでない人がいます。適性があるため以下の一つでも当てはまるものがあればネットワークエンジニアには向いていない人になるでしょう。

ネットワークエンジニアに向いていない人はどのような人なのでしょうか。

ネットワークエンジニアに向いていない人は以下の3つです。

ネットワークエンジニアに向いていない人
  • ストレスを抱え込む人
  • ネットワーク機器が苦手な人
  • 長時間労働に耐えられない人

それぞれネットワークエンジニアに向いていない人について具体的に詳しく解説していきますね。

ストレスを抱え込む人

お客様を相手にして要望通りに行えなかった場合、怒声が響く可能性があるかもしれません。

また仕事に慣れるまでの間は覚えることが多すぎてついていくだけで精いっぱいになってしまいます。

毎日のように怒声を浴びたり、仕事が覚えられなかったりするとストレスを抱えてしまいますよね。ストレスを溜めやすい人はネットワークエンジニアに向いていません。

ネットワーク機器が苦手

ネットワーク機器を扱う仕事になりますので機械がそもそも苦手な人はネットワークエンジニアに向いていません。

ネットワーク機器について知ろうと思わない限り触れ合うこともありません。機械が苦手という人もいるでしょう。

ネットワークについてそもそも興味がなかったりネットワーク機器が苦手で操作できない人はネットワークエンジニアに向いていませんので別の道を考えたほうがよさそうです。

長時間労働に耐えられない

就業時間が不規則なネットワークエンジニアは業務の終了時間が決まっていません。

業務が立て込んでいる時やネットワークが正常に機能するようにメンテナンスを行う場合もあります。

業務が立て込んで深夜までかかってしまうのはしんどいと感じる人はネットワークエンジニアに向いていません。

ネットワークエンジニアになる前に職業を調査して判断しよう

ネットワークエンジニアは設計・構築・保守・運用に分かれており、ネットワークが正常に機能しているのかどうか、ネットワーク環境を整えていく仕事になります。

ネットワークエンジニアはよく激務だからやめとけと言われがちですが、魅力もありますしやりがいもあります。

ネットワークエンジニアの仕事に就きたいのかどうか考えてから決めるようにしましょう。

まとめ

今回は、ネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由について紹介しました。

ネットワークエンジニアは確かに地獄と感じる人が多いかもしれません。24時間365日、常に誰かが監視しておかなければなりません。

それに加えて仕事が難しすぎてついていけずに悩む人もいるでしょう。周りからネットワークエンジニアはやめとけと声がかかるかもしれません。

たとえネットワークエンジニアが地獄であっても向いている人もいれば魅力もあります。一口にやめとけと言わずにネットワークエンジニアとはどのような仕事なのか十分に理解したうえでなりたい職業なのか選ぶようにしましょう。