Go言語おすすめ資格6選!基礎と応用別に紹介し学ぶ方法も解説

Go言語おすすめ資格6選!

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語におすすめの資格を知りたい!」
「おすすめの資格はなにがあるのか…」
「資格の選ぶ方法を教えて欲しい!」

などの疑問を持っていませんか?

Go言語には専門の資格がなく、本や学習サイトなどで知識や技術を身につけていきます。この言語は、初心者でも学びやすいプログラミング言語ですが、ITの知識も必要になりますよ。

その理由は、ITの知識を学ぶことでGo言語の理解もしやすくなるからです。Go言語の知識や技術を身につけたい人は、おすすめの資格習得を目指したいでしょう。

しかし、Go言語に関連する資格は複数あり、どのようなものを選べばいいのかわかりませんね。そこでGo言語におすすめの資格や選び方について、把握していきましょう。

この記事では、Go言語におすすめの資格について解説します。

具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人は、Go言語におすすめの資格や選び方を把握できます。さらに、Go言語だけではなくITの知識や技術を身につけられるでしょう。

Go言語に関連する資格の選び方は?

Go言語に関連する資格を取りたい人は、自分のIT知識や技術が取得状況に応じて選びましょう。なぜなら、レベルに合った資格を取ることで自己PRや自信に繋がるからです。

例えば、IT未経験者の場合は「基本情報技術者試験」を取得すると、ITの知識や技術を身につけられますよ。未経験者はITの知識を深めることから始めることをおすすめします。

一方、IT経験者は難易度の高い資格「応用情報技術者試験」の取得を目指しましょう。難易度の高い資格を取得した人は、スキルアップや社内での昇進に繋がりますよ。また、専門的な知識や技術を身につけられることで、自信になるでしょう。

Go言語には専門の資格がないため、ITに関連する資格を積極的に取得することをおすすめします。そのときは、自分のレベルに合った資格を選ぶようにしてください。

Go言語におすすめの資格6選

Go言語には関連する資格がいくつかあり、レベルに合ったものを取得することをおすすめします。なぜなら、自分のレベルにあった資格を取得することで着実に知識や技術を身につけられるからです。

以下がGo言語におすすめの資格6選になります。

  • 基本情報技術者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • システムアーキテクト試験
  • 応用情報技術者試験
  • Android技術者認定試験
  • Unity認定試験

Go言語には専門の資格がないため、関連するものを取得しましょう。仮に複数の資格を取得したい場合は、難易度が低いものから学習して下さい。

【初級編】おすすめの資格2選

Go言語に関連する資格取得したい人は、以下の2つを目指してみましょう。

  • 基本情報技術者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

この2つの資格は初心者向けの資格で、ITの基礎を身につけられますよ。IT未経験者は、基礎から学んでいくことをおすすめします。

基本情報技術者

「基本情報技術者」は、IT業界を目指している人や仕事している人が取得を目指す資格です。この資格は基本的な知識を身につけて、論理的な考え方ができるのか問われます。

「基本情報技術者」では、IT業界で働くために必要なものが備わっているのか試されてますよ。

資格取得を目指す人はITの基本や経営など、幅広い知識を学べられるでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」は、マイクロソフト社の認定資格です。これは国家資格で「Word」や「Excel」などのスキルが試されます。

試験ではパソコンを使った実技が行われて、「一般」と「上級」のレベルにわかれていますよ。受験者は自分のレベルに合ったものを受けるようにしてください。

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」は人気がある資格なため、資格取得を目指してみましょう。

【上級編】おすすめの資格4選

Go言語に関連する資格取得したい人の中でITの知識を身につけている場合は、上級者向けの資格を目指してみましょう。

以下がおすすめの資格4選です。

  • システムアーキテクト試験
  • 応用情報技術者試験
  • Android技術者認定試験
  • Unity認定試験

ITの知識や技術を身につけている人は、難易度の高い資格習得を目指すことでレベルアップや周囲からの評価が高くなりますよ。

システムアーキテクト試験

「システムアーキテクト試験」は、上級のエンジニアを目指す人におすすめですよ。

この試験は、システム開発を行う立場の人が豊富な知識から分析やグランドデザインを設計する能力が問われます。そのため、豊富な経験があるエンジニアでなければ、資格取得が難しいです。

エンジニアとして働いている人は、一定の経験を積んだ後に目指してみましょう。

応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」は、「基本情報技術者試験」の中でも難易度が高い資格です。

この試験はITの知識や技術が求められるため、一定の経験があるエンジニア向けになっています。

「応用情報技術者試験」はシステムや開発のことだけではなく、管理や経営の知識も学べられますよ。

豊富な経験があるエンジニアの人は、積極的に受けてみましょう。

Android技術者認定試験

「Android技術者認定試験」には、「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」があります。受験者は、自分のスキルや担当ジャンルに合った方を受けるようになるでしょう。

この試験は「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2つに分かれております。受験者は、段階的に学習を進められるのです。

「Android技術者認定試験」は、ETEC(組込み技術者試験制度)と連動しています。そのため、両方の試験を受けることでAndroidと組込み技術者のスキルを証明できますよ。

Unity認定試験

「Unity認定試験」は、ゲーム開発に必要とされている「Unity」の知識と技術が身についているのか試されます。この試験では一定のレベルに達していないと、合格できません。

Unityは需要がある開発ツールの一つであり、専門のエンジニアを目指している人におすすめします。また、自分の能力を把握したい人や実績をつけたい人も積極的に受けてみましょう。

Go言語を学ぶ方法

Go言語は、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。この言語を学ぶ方法として、以下の2つがあります。

  • Go言語を学習サイトで学ぶ
  • Go言語を本で学ぶ

2つの学習方法はGo言語を学ぶ人のライフスタイルによって、異なりますよ。また、2つの方法を組み合せて学んだ方がよいこともあります。こちらの記事で、Go言語の学習方法を詳しく解説していますので、ご覧ください。

→Coming Soon……。

Go言語を学習サイトで学ぶ

Go言語を学ぶ方法の1つ目は、「学習サイト」を活用することです。学習サイトは「動画を視聴する」や「練習問題を解く」などでプログラミング言語を学んでいきます。

例えば、学習サイト「ドットインストール」の場合は、約5分の動画を視聴して理解を深めていくのです。

Go言語の学習を隙間時間に行いたい人は、動画で学ぶことをおすすめします。また、社会人の場合は通勤や休憩の時間にスマホを使って学習が可能です。

Go言語を学習サイトで学ぶ人は、計画を立てて学んでいきましょう。

Go言語を本で学ぶ

Go言語を学ぶ方法の2つ目は、「本」を活用することです。本を活用する人は、自分のレベルに合ったものを探しましょう。

例えば、Go言語の初心者は基礎から学べる本を使うと、理解しやすいでしょう。また、自分が学びやすい内容であることも確認しておく必要があります。これは、人によって読みやすさが異なるからです。

Go言語を本で学ぶ人は自分に合ったものを見つけて、日々学習を進めていきましょう。こちらの記事でおすすめの本を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

Go言語が学べるおすすめ学習本・書籍6選!【基礎、実践別に紹介】

Go言語に関連する仕事を見つける方法は?

Go言語の知識や技術を身につけた人や興味がある人は、仕事を見つける方法が気になりますよね。この言語は人気があるプログラミング言語で、世界や日本の企業でも導入されています。

Go言語の仕事を探す方法には

  • 転職サイトを活用
  • エージェントを活用

の2つがあります。それぞれを簡単に解説していきますね。

Go言語は人気があり将来性があるため、今後も求人が増える見込みがあります。こちらの記事でGo言語の求人について、詳しく解説していますので、ご覧ください。

→Coming Soon……。

転職サイトを活用

Go言語に関連する仕事を探す方法の1つ目は「転職サイト」があります。転職サイトには複数の企業が掲載されているため、自分の条件に合ったものを見つけられるでしょう。

例えば、在宅勤務を希望している場合は条件を指定して、企業を探せられます。

転職サイトを活用する場合は複数のサイトに登録して、一社でも多くの企業と出会えるようにしましょう。

エージェントを活用

Go言語に関連する仕事を探す方法の2つ目は、「転職エージェント」があります。転職エージェントは転職サイトと異なり、専任のキャリアコンサルタントが就活をサポートしてくれますよ。

例えば、専任のキャリアコンサルタントが仕事探しや提出書類のアドバイスを行ってくれます。就活に慣れていない人は、キャリアコンサルタントにサポートしてもらうと効率的に行えるでしょう。

転職エージェントを活用する人は、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

フリーランスノミカタを活用

Go言語に関連する仕事を探す方法の3つ目は、「フリーランスのミカタ」の活用です。「フリーランのミカタ」は転職エージェントの一つで、フリーランスとして働きたい人におすすめします。

このサイトでは、エンジニア向けの求人やフリーランスに役立つ情報を提供していますよ。また、仕事探しも行ってくれるため、効率的に進められるでしょう。

フリーランスとして働こうとしている人は、「フリーランスのミカタ」を活用してみてください。

まとめ

Go言語におすすめの資格6選を基礎・応用別に解説しました。初心者はITの知識を学ぶために、Go言語に関連する資格の習得をおすすめします。

  • Go言語の関連する資格は、ITの知識を深められる
  • 資格を取得するためには計画的に学習を進めていく

Go言語に関連する資格取得を検討している人は、自分のレベルにあったものから受けてください。また、スキルアップしながら新たな開発や構築などの作業に取り組んでいきましょう。今後、IT業界で活躍する人材になる可能性がありますよ。

こちらの記事もおすすめ

Go言語フレームワークおすすめ7選!【最新】Go言語フレームワークおすすめ7選!選び方やメリット、デメリットも Go言語5つのメリットと4つのデメリット!【徹底解明】Go言語5つのメリットと4つのデメリット!向いてる開発内容やおすすめの学習方法も Go言語Webアプリの作成方法!Go言語Webアプリの作成方法!効率を上げる方法やおすすめの学習方法も解説