【初心者必見】プログラマーとは?仕事内容や年収、スキル、将来性も解説

【初心者必見】プログラマーとは?

「プログラマーってどんな職業?」
「プログラマーの仕事内容が知りたい」
「プログラマーになりたいけど、どんなことをすればいいの?」

この記事に訪れたあなたはこうお考えではないでしょうか?最近ではインターネットの普及などによりIT業界が発展してきています。

そしてIT業界の中で一番よく聞く職業は「プログラマー」ではないでしょうか?

この記事ではプログラマーのあれこれについて広く浅く解説します。

プログラマーがわからない人でもこの記事を読めば、仕事内容、メリットやデメリット、プログラマーになる方法などがわかりますよ。

プログラマーとは?

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてシステムやサービスを作る職業のことです。あなたがイメージしている通り、パソコンに向かってコードを打ち続けていますね。

IT業界ではプログラマーは一番下に位置しており、キャリアアップするとシステムエンジニア(SE)になります。さらに実績を積んでキャリアアップするとプロジェクトマネージャー(PM)になりますよ。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容はシステムの実装、テスト、実装後のメンテナンスなどプログラミングすることが主な仕事です。

システムの実装、テストはエンジニアにより作成された設計書やマニュアルがあるので、それを満たすようにシステムを作り、テストしなければなりません。

また実装後も不具合が見つかったことによるメンテナンスや追加の機能を実装するアップデートもあるので、この部分もプログラマーの仕事になりますね。

企業によってはプログラマーが顧客と打ち合わせしたり、設計書の作成をしたりすることがありますよ。詳しい内容は以下の記事で扱っているので参考にしてみてください。

【職業別】プログラマーの仕事内容や将来性、必要なスキル、言語を紹介!

プログラマーの平均年収

プログラマーの仕事の平均年収は約438万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。

出典:求人ボックス 給料ナビ

求人ボックスの調査によると、プログラマーの平均年収は約438万円とやや低い位置にいます。プログラマーはとても稼げるイメージがありますが、実はそんなことはないんですね。

また1,000万を超えるプログラマーがいれば、200万しか稼げないプログラマーもいます。ところが平均年収は約438万なので、高い年収を稼いでいるプログラマーはほとんどおらず、あまり稼いでいないプログラマーはたくさんいるんですね。

このことから高い年収を稼ぐのは難しいのがわかるでしょう。プログラマー種類別の平均年収を知りたい方は以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

1000万超えも!プログラマーの平均年収を年齢や職業別にに徹底解説!

プログラマーに必要なスキルは?

必要なスキルはプログラミング能力とコミュニケーションスキルです。

プログラマーはプログラミングが主な仕事になるので、プログラムができないと仕事になりません。そのため仕事を貰えるように会社で働きながら、スキルアップのために学習する必要があります。

また仕事はチームでやるのでコミュニケーションスキルも必要になってきますね。上手くコミュニケーションを取ることはチーム全体の進行をより良くし、システムの質を上げていくのに最も大事な要素です。

わからないことを教えたり進捗を話したりして助け合うことで、チームの状況を把握できるわけなんですね。また英語で書かれたレポートを読むなど、英語を使う機会もあります。

必須のスキルではありませんが、英語読解力を身に着けておくと役立つ場面があるかもしれませんね。

プログラマーに必要な資格は?

資格は無くてもプログラマーにはなれますが、おすすめする資格はあります。プログラマーに最もおすすめな資格は「基本情報技術者」でしょう。

資格はその知識を持っていることの証明になります。「基本情報技術者」はITの幅広い分野から問題が出題されるので、合格すればプログラマーとして必要なIT知識を持っていることになるんですね。

ITの資格には、データベースやネットワークに特化した専門的な資格や、Javaなどプログラミング言語の資格もあります。

これらは会社で働いていく間に取る資格ですので、プログラマーになろうと考えている人は取らなくても問題ありません。

他にはどんな役立つ資格があるのか知りたい人は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

【2021年最新版】プログラマーに資格は必要?メリットやおすすめの資格10選

プログラマーのメリット・デメリット

プログラマーのメリット、デメリットには次のようなものが挙げられます。

プログラマーのメリット
私たちの生活を支える身として働ける
さまざまなモノが作れる
非常に需要が高く、誰でもなれる
SEやフリーランスなど、年収アップが見込める
プログラマーのデメリット
プログラミングが凄く難しい
学習することがとても多い
スキルアップしないと生き残れない
長時間パソコンを見続ける

プログラマーは年収アップなどやりがいの多い仕事でありますが、大変な点も多くあるんですね。それぞれ詳しく見ていきます。

プログラマーのメリット

私たちの生活を支える身として働ける

プログラミングはさまざまなサービスで必ず使われています。スマートフォン、ホテルの予約サイト、動画サイト、電化製品、ゲームなど、これらすべてはプログラマーがかかわっているんです。

サービスを作りそれがたくさんの人に使っていただけることにやりがいを感じられるのはとてもうれしいですよね。

最近ではITが発展してきていて、私たちの暮らしを豊かにするのに必要不可欠になってきました。誰かの役に立ちたいという思いを持つ人にはやりがいの感じられる職業といえるでしょう。

さまざまなモノが作れる

プログラミングはシステム、サイト、ゲームなどいろんなモノが作れます。さらにモノが作れるだけでなく、自分がこんなものを作りたいと考えたものが実現できるんですね。

例えば、コンピュータとしりとりをするWebサイト、敵を倒してどんどんレベルアップできるゲームなどはプログラミングで作れます。このように新しいものを作るのが好きな人にはプログラマーがとても楽しめますよ。

非常に需要が高く、だれでもなれる

IT技術の発展や人材不足により、プログラマーの仕事は非常に需要が高くなっています。

そのため企業では未経験や文系でも採用していく姿勢がみられるようになりました。企業では入社後の研修サポートにより、誰でもプログラマーになれるんですね。

現在はプログラミングスクールや参考書など、学べる場は多くなっているので理系で情報系や工業系の大学に通っていなくてもプログラミングを学びやすくなりましたよ。

将来性についても、今後はプログラマー不足が深刻化していくとみられます。AIにとって代わられる職業とは言われていますが、それはまだ先の話といえるでしょう。

SEやフリーランスなど、年収アップが見込める

優秀なプログラマーになると、キャリアアップしてSEになれます。

統計データによると、SEの平均年収は550.8万円となっています。
全体の平均年収が454.5万円なので、SEの年収は比較的高い水準にあります。

出典:CREATIVE VILLAGE

CREATIVE VILLAGEの調査によるとSEの平均年収が550万とプログラマーよりも年収が高いことがわかります。このように、キャリアアップして年収アップを図れるわけなんですね。

またフリーランスで仕事をするという手もあります。フリーランスは未経験には向きませんが、SEよりも高い年収アップを狙えるので稼ぎたいプログラマーにはおすすめの職業になるでしょう。

プログラマーのデメリット

プログラミングが凄く難しい

プログラマーは誰でもなれますが、プログラミングは誰もがマスターできるほど簡単ではありません。特に学習を始めたころはいくつかの壁に当たるんですね。

  • どこでエラーが起きているのかわからない
  • わからないことを人に聞けない、聞ける人がいなかった
  • どんなコードを書けばいいかわからない
  • 環境構築で詰んであきらめてしまった

これらは学習者のほぼ全員が躓くポイントでしょう。挫折してしまった人も少なくないので、プログラマーになろうと考えている人は、一度プログラミングを触ってみるのがいいですね。

学習することがとても多い

プログラミングは難しいだけでなく、日々学習していかなければなりません。なぜなら言語の需要が著しく変わるからです。

プログラミング言語を一つだけしか覚えていないと、新しい言語が生まれて需要が高くなり、覚えている言語が使われなくなった時に仕事が減ってしまうんですね。

そのため、今使われている需要の高い言語は何かを調べて自分の知識として取り込んでいくことが重要になってきます。

スキルアップしないと生き残れない

40代になってもプログラムを書くだけのプログラマーだと生き残れなくなります。「35歳定年説」という言葉があるように、スキルアップしないで年をとっていくと生涯プログラマーとして働くことになり、年収が低いままになってしまうんですね。

プログラムを書くだけなら20代の将来性のある若いプログラマーにも任せられるので、リストラされてしまう可能性もありますよ。

長時間パソコンを見続ける

プログラマーはパソコンに向かって仕事することがほとんどです。なので長時間パソコンを見続けることによる目の疲労を感じやすくなります。

年を取ってくると体の衰えとともに目の疲労も感じるようになるので、適度な休憩を取れるようにしておくのがいいでしょう。

キャリアアップしてSEになっている場合は、プログラマーよりもパソコンを見続ける時間は減りますが、プログラマーのままだと納期も気にしながら休憩をとっていかなければならなくなります。

プログラマーとエンジニアの違いは?

エンジニアはシステムを作るための設計書を作り、プログラマーがその設計書をもとにシステムを作ります。

つまりエンジニアは上流工程、プログラマーは下流工程の仕事を担当しているわけなんですね。これがプログラマーとエンジニアの大きな違いでしょう。

しかしエンジニアの方が年収は高く、将来性もあるので目指すならエンジニアになりますね。この二つの違いは以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

今さら聞けない!プログラマーとエンジニアの違いまとめ!仕事内容や年収、将来性も解説

プログラマーの労働環境

プログラマーの労働環境はどうなっているのでしょうか?プログラマーはとても難しそうと考える人もいれば、人とあまり喋らなそうなので気楽かもと考える人もいるでしょう。

では実際にプログラマーの労働環境はどうなっているのか見てみましょう。

プログラマーはきついのか?

残念ながら、プログラマーの仕事は楽ではありません。先ほど解説した通り、プログラミングを学習するのはとても難しく、挫折して仕事を辞めてしまう人もいます。

プログラマーは日々学習していかなければなりませんので、きついと感じる人も多くいるんですね。またプログラマーには納期があり、期限内にシステムを完成させて納品する必要もあります。

そのため効率良く、迅速にシステㇺを実装しなければなりません。さらに仕様の変更や想定外のエラーにより仕事に追われる日もあり、残業や徹夜をする日が増えることもありますよ。

他にはどんなところがきついのか、以下の記事で対処方法も合わせて紹介しているので、参考にしてみてください。

8割強が挫折を感じる?プログラマーがきつい理由8つと文系や年齢の限界も解説

なぜプログラマーはやめとけと言われるのか?

プログラミングの習得が難しい、残業が多いという理由からプログラマーはやめとけという人も多く存在します。実際に企業によってはブラックなところもあり、月150時間を超える残業を強要されることも。

雑用だけ任せられ、プログラマーという仕事をほとんどしない人もいるのが現状です。ブラック企業で働くと、スキルアップができませんし、体を壊す恐れもあります。

ところが実際には、プログラマーはやめるべき職業ではありません。やめるべきではない理由を以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

プログラマーやめとけはウソ!?言われる10個の理由や向いてる人失敗事例も紹介

プログラマーに向いている人の3つの特徴

プログラマーに向いている人は、入社後も挫折することなくプログラマーとして働き続けられます。どんな人がプログラマーに向いているか見てみましょう。

モノ作りが好きで誰かの役に立ちたいと思える人

プログラマーはサービスを作る仕事なので、モノを作ることが好きな人にはとても楽しい仕事になるでしょう。また誰かの役に立ちたいと思える人は、「誰かの役に立つ」というプログラマーになる目的を決めているんですね。

入社後も「プログラマーになったのはいいけど、思っていたのと違った」という考えのズレからプログラマーを辞めてしまうことがなく働けます。

数学的な思考ができる人

プログラマーはプログラミングができるだけではなく、プログラムが書けることも必要になります。そのために必要なのが数学的思考力です。

問題は何か、それを解決するにはどうするか考えることはプログラミングにおいても重要になります。数学的思考力が無いと、プログラミングはできても他の人から「この機能を実装して。」と頼まれた時に、まずどんなプログラムを書けばいいのかわからなくなってしまうんですね。

とにかく楽をしたい人

あまり良いようには聞こえませんが、実はいかに仕事を楽にできるかが重要になってくるんですね。

例えば、Webサイトを作るツールを使う、チームと共有するためにGitを使うなど、作業の量を減らして効率良くすることで、余裕をもって納期に間に合えます。

他にもプログラムのコードを工夫してコードの書く量を減らしたりすることで、作業がはやくなるだけでなくタイプミスによるエラーも減らせるんです。このように楽をすることで作業を早く進められ、余裕ができるようになるわけなんですね。

プログラマーに向いていない人の3つの特徴

逆にプログラマーに向いていない人はどのような特徴が挙げられるのでしょうか?こちらも3つ挙げて紹介します。

集中力、忍耐力が無い人

学習意欲が無いのはもちろん、集中力や忍耐力が無い人も苦労します。

プログラミングを学習するときに、集中して学習する、エラーを解決できるまで原因を探す忍耐力というのは大事です。さらにこの二つの力は仕事でも役立つんですね。

仕事では納期に追われる日もありあわただしい状況になることもあります。そんな時に焦らずに仕事をやりきる集中力というのは、企画を成功する大きな要因にもなるんです。

忍耐力についても現場で起こる思いもよらないエラーの対処で役に立ちます。これらが身についている人はどんな状況においても強いですね。

妥協してしまう人

これは先ほどの「とにかく楽をしたい人」と似ていますが、妥協して楽をするということではありません。むしろ、妥協してしまうとかえってリスクを生むんですね。

妥協するということはそれだけ仕事の手を抜くことになりますから、質の低いシステムができてしまうわけです。特にフリーランスの場合は個人で仕事をするので、仕事の手を抜いた分だけそのままシステムに反映されてしまいます。

クライアントは納品されたシステムにがっかりして信頼を失ってしまうかもしれません。

コミュニケーションが苦手な人

実はプログラマーはコミュニケーションを取ることが多くあります。チームとの連携だけでなく、リーダーやSEと担当している部分はいつまでに終わるのか報告したりすることもあります。

またわからないことを聞くときにも、担当している部分はどんな状況でどこがわからないかをしっかりと説明できないと助ける側も助言しにくくなってしまいます。

顧客と話し合うことはほとんどありませんが、企業によってはプログラマーが上流工程に携わることもあり、そこでは顧客とのコミュニケーションも多発しますよ。

未経験からプログラマーになるには?

未経験からプログラマーになるにはどうすればいいのか、3つほどザックリ見ていきましょう。もっと具体的に知りたい人は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

未経験からプログラマーになるのは大変?ぶつかる壁や向き不向き、年代別になる方法も解説

目標を決める

目標が決まっていると、入社後は目標に向かって働けます。そうすると、目標を実現するために学習するため、途中でやめてしまうことなく学習し続けるわけなんですね。

目標を決めることは、挫折せずにプログラマーになるために大切だということになります。学生の頃、嫌いな科目でも「受験に合格していい大学に入る」ために猛勉強していたのではないでしょうか。

プログラマーでも同じで、「今後も長く働けるようになる」ためにプログラミング言語を学習していくわけですね。

サポートとなる人を見つける

プログラマーになるためにはプログラミング言語の取得も大事ですが、わからないことを聞ける人を見つけるのも大事です。

プログラミング学習時に「つまずいた経験がある・挫折したことがある」と回答したのは全体の87.5%に及びました。つまりプログラミング学習を行っている10人のうち、9人は挫折を経験してしまうということですね。

出典:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾の調査では、プログラミング学習者が挫折してしまう原因として「周りにわからないことを聞ける人がいなかった」が一番の理由として挙げています。

これは独学で学習する場合に一番関わってくる要素であり、エラーなどの不明点は参考書では説明してくれず、またサイトで調べても解決することが難しいんですよね。何より自分で解決することになるので、非常に時間がかかってしまいます。

未経験募集の会社に入る

未経験でも歓迎する企業に入ってしまうのも一つの手でしょう。この方法は新卒の人なら有効な手段になります。

なぜ自分はプログラマーになりたいのか、自分の長所を生かして会社でどう役に立っていきたいかをアピールすることで、内定をもらえやすくなります。

大事なポイントは、面接官に「この人と一緒に働きたいな」と思わせること。熱意のある姿勢を出すのはもちろん、身だしなみや話し方などちゃんとした社会人としてなっているかをしっかりと確認しましょう。

フリーランスプログラマーになるには?

フリーランスプログラマーは自分で案件を探し、仕事するのが一連の流れです。仕事もすべて自分でこなしていくので、実務経験は必須になるでしょう。

ほとんどの案件にも実務経験を必要としてくるので未経験では難しいと言えますね。また自ら進んで行動する営業力も必要になります。自分で行動しないと案件を獲得できないので収入が入りません。

さらに年収アップのために提案する必要も出てくるんですね。フリーランスになるなら、実務経験と営業力は絶対に備えておいた方がいいでしょう。

フリーランスプログラマーについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になった方は参考にしてみてください。

フリーランスプログラマーのありがちな失敗談8選!案件獲得方法なども解説

プログラマーの就職・転職事情

プログラマーの就職と転職状況はどうなっているのでしょうか。現在は需要があるので入りやすくはなっているものの、注意点もあります。

どんなところに注意するか見ていきましょう。

プログラマーとして就職するには

先ほどプログラマーは誰でもなれると解説しましたが、難易度については人によって変わってきます。

例えば30代で未経験だと会社から採用されることがほとんどありません。プログラマーは入社してすぐに身につくわけではないので、30代は即戦力が求められてきます。

40代になるとプログラマーになるのさえ難しくなるといっていいでしょう。一方、若いほど将来性が出てきますから高卒や文系でも熱意を見せることによって採用されるわけなんですね。

つまりプログラマーは若い人ほど有利になりますよ。

プログラマーへ転職するには

プログラマーへ転職したいと考えた時も、若い方が有利になってきます。転職する際にも40代になると難しくなるんですね。未経験から転職するならある程度のプログラミングスキルを身に着けてから応募することをおすすめします。

具体的にどのくらいのスキルが必要になるのかについては、募集要項を見ればわかりますが、たくさんの条件が付いてあることが多いので早めにプログラミングを学習するといいでしょう。

プログラマーになるためのおすすめの学習方法

プログラマーに就職するなら早いうちからプログラミングスキルを身に着けるのがいいですが、社会人になると忙しくてなかなか時間が作れませんよね。

現在ではもっと手っ取り早くスキルが習得できるための手段が多く出ています。どんな学習方法があるか見ていきましょう。

学習本の活用

最もメジャーな方法は参考書を購入して学習する方法です。参考書一冊で基本的な構文すべてが載っているので初心者でも簡単に学習できるのがメリットですね。

しかし参考書でわからないことがあった場合、別の方法で解決する必要があります。プログラミングに詳しい人に聞いて解決するのが一番ですが、独学で学習している人には自分で解決するしかありません。

疑問点を参考書では解決できないのが難点ですね。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うことでもスキルを習得できます。お金はかかってしまいますが、メンターとのチャットのやりとりや定期的な課題の実施により、短期間でスキルを身につけられます。

特に参考書のデメリットであるわからないことを解決できない点が、プログラミングスクールではメンターに質問することによって解決できるのが魅力的ですね。

しかしスクールにも質がいいものもあれば悪いものもあります。プログラミングスキルが身に着けられるスクールで学習できるよう、口コミを見たり無料体験を受けてみたりして探してみてくださいね。

プログラマーのポートフォリオの作り方

ポートフォリオは自分のスキルを証明するものとして非常に役立ちます。特に30代の社会人は即戦力にもつながるので是非作っておきたいところ。

ポートフォリオの作り方ですが、プログラミングスクールでは成果物を作る課題を出されそれを面接でも使うことが良いとされています。

そのためポートフォリオを作りたいと考えているならばスクールに通うのが一番良いでしょう。

まとめ

今回はプログラマーのあれこれについて解説しました。

プログラマーの年収は想像していたよりも低い傾向にあったこと、若い人の方がプログラマーになれる確率が高いことなど、初めて知ったことがたくさんあったかと思います。

仕事内容、未経験からなる方法などそれぞれの分野では、他の記事で詳しく解説してあります。もっとプログラマーについて知りたい人はぜひ読んでみてください。

また現在私たちが利用しているさまざまなモノを作っているプログラマーは、私たちの暮らしをより豊かにしてくれる必要不可欠な職業であるのを忘れないでくださいね。

こちらの記事もおすすめ

プログラマーになるためには?5つの方法と4つの近道、適正人材、注意点も紹介プログラマーになるためには?5つの方法と4つの近道、適正人材、注意点も紹介 フリーランスプログラマーフリーランスプログラマーとは?仕事内容や実態、メリット、デメリット、独立方法も紹介