【5分でわかる】Go言語のインストール方法を画像で解説!注意点も紹介

Go言語のインストール方法を画像で解説!

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語をインストールする方法を知りたい!」
「Go言語はどこからインストールするの…」
「インストールの手順を教えて欲しい!」

などの疑問を持っていませんか?

Go言語は初心者でも使いやすく人気があるプログラミング言語ですね。

実際に、Go言語を使うためには公式サイトからインストールする必要があります。

この言語のインストールしたい人は、どのような手順で行っていくのか知りたいでしょう。

しかし、Go言語をインストールする手順や注意点を把握しておかなければ、正しく起動してくれません。

そこでこの記事では、Go言語がインストールする方法や注意点について解説します。

具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで記事を読んだ人は、Go言語のインストールする方法がわかりますよ。

さらに、オリジナルのアプリやゲームが作れるようになるでしょう。

【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語をインストールする前の注意点

Go言語は公式サイトからインストールしますが、作業する前に注意する点があります。

この注意点は、Go言語をスムーズにインストールするために大事なことです。そのため、注意点を確認することから始めましょう。

  • OSを確認する
  • 手順通りに作業を進める
  • エラーが発生した場合は各工程を確認する
  • コマンドプロンプトを使う

Go言語のインストールは難しくありませんが、手順通りに進めなければ正しく起動してくれません。

インストールする場合は、工程を一つずつ確認していきましょう。

MEMO
コマンドプロンプトは、コードを入力する場所。

OSを確認する

Go言語をダウンロードする人は、事前にOSを確認しましょう。

なぜなら、公式サイトからダウンロードするときに使用しているOSのファイルを選択するからです。

例えば、OSが「Windows」の場合、指定のファイルをクリックしダウンロードします。

他にも「Mac」や「Linux」などOSがあるため、確認することが大切です。

Go言語をダウンロードする人は、自分が使用しているOSのファイルを正しく選択しましょう。

手順通りに作業を進める

Go言語をインストールする場合は、手順に従って作業を進めていきます。

また、パソコンの画面に表示されるダイアログボックスを確認するようにしましょう。

作業者はダイアログボックスを確認し、次の作業に進んでください。

例えば、ダイアログボックスで「YES」や「NO」を問われた場合は、適した方をクリックします。

このときに適当にクリックしないように内容を確認してください。

Go言語のインストールの作業は難しくないため、落ち着いて行いましょう。

MEMO
ダイアログボックスは、作業者に入力や通知を行うために表示される小さい画面

エラーが発生した場合は各工程を確認する

Go言語をインストールした後に正しく起動しなかった場合、各工程で誤りがなかったのか、確認しましょう。

なぜなら、インストールの工程を写真に撮っておくと、エラーの原因が分かる可能性があるからです。

例えば、「OSの選択」や「ファイルがダウンロードが途中だった」などの初歩的なミスもわかるでしょう。

Go言語をインストールする際は、インターネットや本など参考することをおすすめします。

この理由は作業の工程を一つずつ確認できるため、ミスが防げるからです。

作業者は購入した本や書籍をパソコンの横に置き、作業を進めましょう。

コマンドプロンプトを使う

Go言語のインストールした後は、コマンドプロンプトを使いましょう。

なぜなら、コマンドプロングトを使うことで正しくインストールされているのか確認できるからです。

例えば、正しくインストールできている場合、「go version」と打ち込むとバージョンが表示されます。

作業者はGo言語が正しくインストールされているのか、確認作業を行いましょう。

Go言語のインストールの手順

Go言語のインストールは、手順に従って行いましょう。インストールの作業は難しくないため、都合のいいタイミングで行えますよ。

Go言語のインストールの手順は、以下のようになります。

  • ダウンロードを行う
  • インストールを行う
  • 動作の確認を行う
  • エディタを用意する
  • 「Hello World」を表示させる

Go言語をインストールする場合は、通信環境が安定している状態で行いましょう。その理由はGo言語のファイルをダウンロード中に、通信環境の不安定で中断しないようにするためですよ。

ダウンロードを行う

Go言語をインストールするためには、公式サイトからファイルをダウンロードします。

このときに、使用しているパソコンのOSのファイルを選びましょう。

例えば、パソコンのOSが「Windows」の場合は、指定のファイルをクリックします。

指定のファイルを選択した後、Go言語がダウンロードされますよ。この時の注意点として、「OS」を間違えないことです。

インストールを行う

Go言語をダウンロードした後は、ファイルを開きインストール先を決めましょう。

作業者は画面に表示される「インストール」のボタンを押します。このときに、「インストールのボタン」以外をクリックすると正しく作業が進まないため、気をつけましょう。

動作の確認を行う

作業者はGo言語が正しくインストールできているのか、動作を確認します。動作の確認をするためには、コマンドプロンプトを使いましょう。

Go言語が正しくインストールされている場合、コマンドプロンプトに「go version」と打つとバージョンが表示されますよ。

エディタを用意する

出典元:ATOM

Go言語を使用する人はエディタを用意しましょう。エディタは、編集するためのソフトウェアです。

テキストエディタは、コードを直接打てますよ。

例えば、テキストエディタにコードを打つことで実践しながら学べられます。また、作業する際にもエディタがあれば、効率的に進められますよ。

「Hello World」を表示させる

「Hello World」は簡単なプログラムのことで、インストール後に行う作業になります。

これはコマンドプロンプトにコードを打ち込んで、プログラムが正しく表示されるのか確認する作業です。

プログラムを作成した人は、Go言語の専用ファイルに保存してください。

なぜなら、専用のファイルを分けることで、他のものと一緒にならないからです。

専用ファイルを用意して、各ファイルがわかりやすくしましょう。

Go言語をインストール後、アプリやゲームを作成する

Go言語をインストールした人は、実際にアプリやゲームを作成してみましょう。

これはオリジナルのアプリやゲームを作ることで、就職活動のアピールポイントや自信につかがるからです。

例えば、アプリやゲームを作る際にフレームワークやライブラリを使うと効率的に作業が進みます。

また、アプリやライブラリを使うことで、一から作業する必要がありません。

自分が身につけた知識や技術を活かして、オリジナルの作品を作ってみましょう。

“MEMO”
ライブラリは、複数のプログラムを利用できる形でまとめているもの。
フレームワークは、アプリやシステムを開発するために用意された骨組み。

Go言語を学んだ人はオリジナルのアプリやゲームを作りたいと考えますよね。

こちらの記事ではGo言語のゲームについて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【完全攻略】Go言語でゲームを作る方法!事前準備やおすすめエンジンも

まとめ

Go言語のインストールの手順や注意点を解説しました。この言語でオリジナルのアプリやゲームも作ってみましょう。

  • Go言語のインストールは簡単にできる
  • Go言語をインストール後は、起動の確認をする

Go言語は、初心者でも独学で学習できるプログラミング言語です。そのため、知識や技術を身につけやすく、オリジナルのアプリやゲームも作れますよ。

Go言語の知識や技術を身につけた人はアプリやゲームを作り、自分のレベルを上げていきましょう。