【完全ガイド】インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、必要なスキルも紹介

【完全ガイド】インフラエンジニアとは?

IT関連における仕事で最も需要の高い職種が、インフラエンジニアなんです。インフラエンジニアは、サーバーやデータベースなど作業や仕事の幅も広い職種になります。

昨年、通商産業省は「IT人材需給に関する調査」という調査報告書の中で2030年に約79万人のIT人材が不足すると警鐘を鳴らしています。

そんな需要が高まるインフラエンジニアについて知りたい方の中には、

「インフラエンジニアって、どんな仕事なの?」
「インフラエンジニアの収入や将来性が知りたい!」
「人手不足っていうことは、未経験でも目指すことはできるの?」

など、疑問に思っている方もいるでしょう。

最近のエンジニア職種の中でも、需要が高いのがインフラエンジニアです。ITエンジニアへの就職や、転職を検討している人は年収など気になるポイントも多いですよね。

そこで今回は、インフラエンジニアがどんな仕事なのか網羅的に解説していきます。インフラエンジニアの仕事内容はもちろん、年収や必要なスキル・資格についても紹介していきますね。

インフラエンジニアについて知りたい方は、本記事を参考にしてください。

インフラエンジニアとは?

「インフラ」とは「インフラストラクチャー」のことで、日本語にすると「基盤」になります。従ってインフラエンジニアとは、「ITサービスの基盤を作るエンジニア」のことを指しているんですね。

世間一般に「インフラ」と言うと電気、ガス、水道、電車のような公共サービスを指します。これは生活をする上で必須の基盤であるため、総称して「インフラ」と呼ばれています。

同様にITサービスの世界では、IT機器類がネットワークで繋がるシステムを「インフラ」と呼びます。そしてこのインフラを作り上げるエンジニアを「インフラエンジニア」といいます。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの主な仕事内容は、下記の3つです。

  1. システムの設計
  2. 設計したシステムの構築
  3. 構築したシステムの運用

まずシステム設計では、インフラの規模と予算やスケジュールを決定します。ユーザー数や通信容量を見積ってサーバー機器やネットワーク経路を設計します。

次にシステム構築では、先に説明したシステム設計に基づき、サーバー機器類の設置やネットワークの接続・ソフトウェアのインストールなどを行うことを指します。また、設計したインフラサービスが正しく稼働するかの動作チェックも行います。

またシステム運用では、クライアントに納品したインフラサービスが24時間365日稼働するように監視・運用します。障害が発生した場合は、真っ先に原因究明と障害復旧を担当。一般的にシステム運用は開発メンバーとは別の専任メンバーが行います。

インフラエンジニアの種類

普段インフラエンジニアは総称として呼ばれていますが、業務に沿って大きく4つに分かれているんですよ。インフラエンジニア4つの種類としては、

  1. サーバーエンジニア
  2. ネットワークエンジニア
  3. データベースエンジニア
  4. セキュリティエンジニア

上記の職種が挙げられます。どの分野も、それぞれ深く相互に関わり合っているものの違う役割を持っています。

一概にインフラエンジニアと言っても、担当する業務や専門分野は分かれています。もしインフラエンジニアを目指そうと考えていたら、それぞれの種類や仕事内容をチェックしておきましょう。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、その名のとおりサーバーの構築や運用、保守を担う職種になります。サーバーにも種類があり、

  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • アプリケーションサーバー

などいくつかに分かれているんですね。サーバーエンジニアは、あらゆるサーバーの種類の知識を備えている必要があります。

また、近年のサーバー構築はクラウドサーバーを利用するケースが主流になってきています。クラウドスキルを身につけておけば、サーバーエンジニアとしての需要や価値が高まりますよ。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークやルーターなどデバイス同士の接続に関わるお仕事です。ネットワーク機器の設定は、安全なネットワーク環境を提供するのに重要な作業になるんですね。

上記で紹介したサーバーエンジニアと同様に、クラウド環境での業務が増加傾向にあります。これからのネットワークエンジニアには、クラウドネットワークに関する知識も必要になってきます。

ネットワークエンジニアについては、以下の記事で網羅的に紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

ネットワークエンジニアとはどんな仕事?年収や資格、将来性も簡単に紹介

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの設計や構築、運用や保守まで担う職種になります。どんなシステムであっても、情報を保管するデータベースが使われるのでシステムになくてはならない仕組みなんですね。

ただ、システムエンジニアがデータベースの設計や構築、運用や保守を担う場合がほとんどなんですね。なので、データベースエンジニアとしての需要は限られています。

本記事の以下の内容で、システムエンジニアのお仕事については紹介しているのでそちらも参考にしてみてくださいね。また、以下の記事ではデータベースエンジニアについて詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

今更聞けない!データベースエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、資格も紹介

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアも名前のとおりに、セキュリティソフトの導入や運用、テストを実施する職種になります。最近では、サイバー攻撃への対策も考慮する必要があるためセキュリティエンジニアの需要がは高まる傾向にあります。

仕事の特徴として、専門的かつ幅広い知識がセキュリティエンジニアには求められます。一般的には、サーバーエンジニアなどの職種を数年以上経験したキャリアアップの先として、セキュリティエンジニアがあるんですね。

インフラエンジニアの平均年収

年齢年収
20代300万円〜400万円
30代350万円〜400万円
40代400万円〜700万円

20代はインフラエンジニアの基礎を学ぶ期間のため、先輩エンジニアの指示を基に補助的な設計を担います。

一方、30代はインフラエンジニアの独り立ちも終えて安定的に会社に貢献できる年代です。更に仕事の質も求められる年代となり、若手エンジニアを育てながら自己のステップアップも考える必要があります。

40代はインフラエンジニアも円熟期となり、自身のキャリア選択が必要になります。更にスキルを磨いてスペシャリストを目指すのも良し、マネジメント能力を高めてゼネラリストを目指すこともできます。

この年代になると人によって仕事のスケール差が出て来ますので年収にも幅があります。更なる収入を目指すコースとしてフリーランスを狙うことも可能です。フリーランスとなると年収1000万円以上がベースになると言われています。

インフラエンジニアに必要な言語

インフラエンジニアは一般的に、サーバーやネットワークなどインフラ基盤の設計や構築を担当します。そのためプログラミングのスキルは必須ではないですが、プログラミング言語を理解しておくことで業務の効率化を図れるんですね。

実際の具体例としては、システム障害対応の際にログを調べるにはシェルプログラミングの知識が必要となります。特にインフラエンジニアの現場では、OSコマンドの自動実行や、サーバー管理に必要なシェルスクリプト言語としてBashが使われています。

また、システム開発では環境構築からプログラミング、サービスのリリースまで全てを手がけられるフルスタックエンジニアへの関心も高まっています。インフラエンジニアがプログラミング言語を習得することは、キャリアアップにもつながっているんですね。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルは、主に下記の3つです。

  1. コミュニケーション能力
  2. クラウドに関するスキル
  3. 英文のリーディング能力

まずインフラサービスの構築は、ネットワークやサーバー機器だけで無く、セキュリティやソフトウェアのスキルが求められるため、様々の技術者と進捗確認や課題共有等ができるコミュニケーション能力が必要です。

最近では物理サーバーは、設置場所やコストの関係から仮想サーバーにシフトしています。これに伴ってインフラエンジニアは、仮想サーバーを構築するためのクラウドスキルが求められています。

またインフラサービスの構築には、ネットワーク機器やサーバー機器に加えてさまざまなソフトウェアを扱います。これらの機材を扱うためには、操作マニュアルやインストールマニュアル等を読みこなす英語能力も必要になるんですね。

インフラエンジニアに資格は必要?

インフラエンジニアになるために必須な資格はありません。しかしながら、未経験からインフラエンジニアを目指す方や転職を計画している方は取得して置くことが望ましい3つの資格を紹介します。

まず1つ目が、シスコ技術者認定CCNAです。シスコシステムズ社は世界最大手のネットワーク機器メーカーで、この企業が運営するネットワーク技術の認定試験が世界標準になるんですね。

次に、シスコ技術者認定CCNPです。この試験は上述した「シスコ技術者認定CCNA」の上位試験で、受験資格もあることからネットワークのスペシャリストに相応しい試験といっても過言ではありません。

3つ目におすすめできるのが、Linux技術者認定試験です。この試験は2種類存在し、日本市場向けの認定試験がLinux技術者認定試験なんですね。もう1つの世界市場向けの試験であるLPICは知名度も高いですが、今後の流れを注視する必要があります。

インフラエンジニアとその他のエンジニアの違い

数多く存在するITエンジニアの中でも、インフラエンジニアはサーバーやデータベースなどシステムに関わることが多いお仕事です。何かサービスを提供する際には、システムはその中核となる重要な要素と言えます。

しかし、他のITエンジニアも同様かと言うとそうではありません。それぞれのエンジニアには仕事の特徴があり、活躍する市場も業務内容も大きく変わってくるんですよ。

ITエンジニアを目指す方の中には、どのエンジニアを目指そうか迷っている方もいるでしょう。そこでここでは、インフラエンジニアと他のエンジニアの違いについて紹介していきます。

ITエンジニアの中でも、あなたに合ったエンジニア職種が見つかる可能性もあるので参考にしてみてくださいね。それではさっそく、それぞれのエンジニアの仕事について詳しく紹介していきます。

インフラエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

Webコンテンツを制作する現場では大きく分けて、フロントエンドとバックエンド2つの分野に分かれています。中でもユーザーから見えないバックエンドを担当するのが、バックエンドエンジニアなんですね。

バックエンドエンジニアは業務の中で、サーバー側の処理を担当することもあります。サーバーに関わる職種という点では、インフラエンジニアと共通しているんですね。

ただ、バックエンドエンジニアの主な仕事はあくまでバックエンドシステムの保守や運用です。サーバーに関する業務もあるという程度で、業務や仕事内容は大きく異なると理解しておきましょう。

また、バックエンドエンジニアに必要な言語など以下の記事で詳しく紹介しています。バックエンドエンジニアについてさらに知りたい方は、参考にしてみてくださいね。

バックエンドエンジニアに必要な言語は?バックエンドエンジニアに必要な言語7選!フレームワークやライブラリ、必須スキルも紹介

インフラエンジニアとマークアップエンジニアの違い

先ほど紹介したバックエンドエンジニアと対照的に、フロント部分を担当するエンジニア職種の1つがマークアップエンジニアです。中でもマークアップエンジニアは、Webコンテンツ制作の画面に関わる作業が多いんですね。

マークアップエンジニアは、マークアップ言語であるHTMLやスタイルシート言語であるCSSを用いて画面制作を行います。同じエンジニアであっても、まったく違うお仕事なんです。

フロントエンドに関わるマークアップエンジニアのキャリアパスとしては、この後に紹介するフロントエンドエンジニアやWebデザイナーなどが挙げられます。マークアップエンジニアについては、以下の記事で網羅的に紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

【完全ガイド】マークアップエンジニアとは?【完全ガイド】マークアップエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、必要なスキルも紹介

インフラエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

フロントエンドを担当するエンジニアの中でも、需要が高いのがフロントエンドエンジニアです。なぜ需要が高いかというと、幅広い分野で活躍する知識とスキルをフロントエンドエンジニアは備えているからなんですね。

フロントエンドエンジニアは、マークアップエンジニアが主に担当する画面制作はもちろんSEO対策やUI/UX設計の知識を駆使してWebコンテンツを制作します。フロントエンドにおけるプロフェッショナルとも言えるお仕事なんですね。

ただ、どんなにデザインが良いWebコンテンツを制作してもサーバーやネットワークなしにはサービスは成立しません。インフラエンジニアとは全く違う職種ですが、それぞれが専門分野で互いに関わり合っているんですね。

また、フロントエンドエンジニアについては以下の記事で網羅的に紹介しています。フロントエンドエンジニアに必要なスキルや年収が気になる方は、参考にしてみてくださいね。

【完全保存版】 フロントエンドエンジニアとは?【初心者必見】フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や年収、スキル、資格、将来性も解説

インフラエンジニアとシステムエンジニアの違い

先ほどもインフラエンジニアの種類で少し触れましたが、システムエンジニアはデータベースの設計や運用、保守に関わる職種です。インフラエンジニアとも、業務の中で関わりがあるエンジニアになります。

システムエンジニアという名前は、ITエンジニアの中でもよく耳にするでしょう。知名度のとおり、ITエンジニアの代表的な職種と言えるのがシステムエンジニアです。

システムエンジニアは、サービスやコンテンツの核となるシステムの設計を担当しています。システムの設計は大きく分けると基本設計と詳細設計の2つに分けられていて、設計後にはプログラムを作成し動作確認まで行う精密なお仕事なんです。

また、システムエンジニアについてさらに知りたいという方には、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

システムエンジニアとはどんな仕事?年収や資格、将来キャリアパスも紹介

インフラエンジニアの仕事はきつい?やりがいはある?

実際、インフラエンジニアってきついの?と気になる方もいるでしょう。生活の大半を占める仕事は、人生の満足度を左右するものです。

これからインフラエンジニアを目指そうと思っている方は、仕事にやりがいがあるかどうかやつらさは事前に知っておきたいですよね。収入や将来性だけでなく、就職や転職時の判断材料にもなります

そこでここでは、サーバーサイドエンジニアやりがいや仕事の苦しい部分にについて解説していきます。仕事の良い面でなく、苦しい部分など両方の側面からインフラエンジニアがあなたに合っているかどうか判断してみてください。

インフラエンジニアはきつい仕事?

「インフラエンジニア」とGoogleで検索してみると、きついという関連キーワードが出てきます。実際に、きついと感じているエンジニアの方も一定数いるということなんですね。

インフラエンジニアは仕事の中で急な対応に追われたり、休日出勤や残業が必要な場合もあります。ただ、上記のことはインフラエンジニアに限ったことではありませんよね。

急なトラブル対応をしなければいけない理由としては、サーバーに関わる業務だということが大きな要因です。もしサーバーに不具合があったことで、サービスが停止してしまったりシステムに支障が出てしまっては対応必須ですからね。

インフラエンジニアは仕事内容の特徴からも、やむを得ない理由で急な対応に追われることがあります。仕事とプライベートはしっかり分けたいという方であれば、苦しい思いをする職種の1つと言えるでしょう。

インフラエンジニアのやりがいは?

「社会貢献度が高い仕事!」
「仕事がなくなる心配は少ない。」
「ITエンジニアの中でも、高収入が狙える!」

など上記で挙げたように、インフラエンジニアのやりがいは多く存在します。特にやりがいにつながる要素を紹介していきますね。

中でも、インフラという名前のとおりインターネットがない世界は想像しにくいですよね。インターネットを構築、整備する仕事だからこそ需要は高まる傾向にあります。

また、上記の年収の部分でも紹介しましたがインフラエンジニアは高収入を狙える仕事でもあります。ただ、発生するであろうリスクなどを予想する先見性が問われるので、知識と経験値が必要なことは理解しておきましょう。

インフラエンジニアの将来性や需要は?

先ほどインフラエンジニアのやりがいでも紹介したように、インフラエンジニアの需要はこれからも高まる傾向にあります。今ではインターネットを支えるということは、世界経済の基盤を支えるとも言えるでしょう。

しかし、クラウド技術の台頭によりインフラエンジニアの需要に対して懸念の声も上がっているんですね。懸念の理由はクラウド上にサーバーが形成されることで、既存のサーバーが無くなるのではと言われているんですね。

そうなれば実際に、会社や企業のサーバールームなど物理的に需要が減ることもあるでしょう。ただ、24時間稼働が必要なサーバーはクラウドに移すことが難しいなど、まだまだ不透明な部分も多いんですね。

結論、クラウドが普及することでインフラエンジニアの仕事がなくなるということはありません。物理的なサーバーというインフラを扱うところから、クラウド上にシフトすることで新しく知識や技術をキャッチアップする需要が生まれるとも言えます。

インフラエンジニアになるためのロードマップ

ネットワークの構築に関わることでIT業界を支えるインフラエンジニアの仕事は、決して簡単ではありません。さらに、インフラエンジニアは多様な業務を担うのでロードマップも複雑になります。

そこでここでは、インフラエンジニアになることを見込んで必須なスキルを踏まえてロードマップを紹介していきます。インフラエンジニアになるためには、以下3つの知識やスキルの習得が必要です。

  1. ITインフラにおける必須知識・スキル
  2. 設計書に関する知識、スキル
  3. 障害対応に関するスキル

まず、インフラエンジニアにとってネットワークやサーバー、ソフトウェアなどに関する知識や技術は必須です。あらゆるサーバーに関する知識や、運用ミドルウェアなどのスキルを身につけておけば、クライアントに合わせたサービスを提供可能になります。

次にインフラエンジニアの基本的な業務の1つになるのが、要件定義を元に設計書を作成することです。設計書作成時には、誰が見ても分かるよう明確かつシンプルな設計書の作成スキルが求められます。

また、大規模なインフラ環境ではシステム障害のリスクも高くなります。インフラエンジニアは、障害に対して迅速にシステムを正常に復旧させることが求められます。

上記のスキルに加えて、今後はクラウドに関する知識やスキルも必要となってきます。ただまずは、上記3つのスキルを身につけてインフラエンジニアを目指していきましょう。

新卒からインフラエンジニアになるには?

結論から言うと、インフラエンジニアはIT業界の入り口として新卒の方におすすめできる職業なんです。新卒の方にもおすすめできる理由としては、大きく分けて2つあります。

  1. 開発エンジニアに比べて、常に若手を募集している
  2. 会社や企業側も、固定概念から新卒を取るのに苦労している

それぞれの理由について、解説していきますね。

まず、インフラエンジニアが若手を募集しているのには人件費などコストに関する背景があります。保守や運用に関する仕事は、24時間体制がほとんどでどうしても人手と労働者に払うコストが増えてしまうんですね。

なので、インフラエンジニアの中でも特に保守や運用の部門では常に若手を募集しているんです。経験者が優遇されることが多いIT業界にとっては、貴重な機会とも言えますよね。

また、ITエンジニアのイメージはプログラマーという固定概念が新卒採用をしづらくしている現状もあります。やはり、プログラマーという言葉からも1台のパソコンと向き合うイメージが強いですよね。

インフラエンジニアが担う仕事は、インターネットやサーバーに関わる多くの場所や案件で需要があります。だからこそ、上記2つの理由から新卒の方にもおすすめできる職業になります。

未経験からインフラエンジニアなるには?

先ほど、新卒からインフラエンジニアを目指すには?でも紹介した理由のように未経験の方でも需要があります。実際に調べてみても、未経験や中途採用をしている会社や企業があるのでチェックしてみてください。

もちろん、未経験からインフラエンジニアになるために勉強をするのは大変です。ただ、勉強が大変なのはインフラエンジニアに限った話ではありません。

インフラエンジニアには、特別な才能が必要というわけではありません。どのような仕事であっても、始めてすぐは大変なことに変わりないので挑戦する価値はあると言えます。

独学でもインフラエンジニアは目指せる?

インフラエンジニアになるのに、資格は必要ないと上記では紹介しました。資格と同様に、インフラエンジニアには学歴が求められるわけでもありません。

ただ、独学でいきなりインフラエンジニアを目指すには注意が必要です。結論、独学ではインフラエンジニアになるのに3〜5年かかってもおかしくないでしょう。

なぜなら、インフラエンジニアが扱うITに関する技術や知識は膨大だからです。運用や保守に関する現場で学ぶのとは違い、独学で学ぶには限りがあります。

独学でインフラエンジニアを目指せないわけではありませんが、いきなりインフラエンジニアになれる人は多くないでしょう。一般的にも、ITに関する現場で実務経験を積んだのちインフラエンジニアになるのが主流です。

インフラエンジニアになるためのおすすめ学習方法

インフラエンジニアになるには、インターネットに関する情報通信技術の基礎知識を身につけ、ハードウェア・ミドルウェアについても理解を深める必要があります。

インフラエンジニアを目指す方におすすめなのが、基本情報技術者試験を受け資格を取得する方法です。IT全般を学べる上記の資格は、インフラエンジニアに必要な知識が身についているか1つの指標となります。

また、いきなり資格はハードルが高いと感じる人でも、Web上かつ無料で基礎知識は身につけることができます。「3分間ネットワーク」などは、初心者向けで有名なWebサイトなのでチェックしてみてくださいね。

インフラエンジニアにおすすめの学習本

学習方法の中でも一般的なのは、書籍で勉強することですよね。自分のペースで学習することができ、ほとんどの書籍は電子化されていてすぐに読み始められます。

インフラエンジニアになるために学習を進める上でおすすめな学習本としては、「インフラエンジニアの教科書」が挙げられます。

無料で提供しているWebサイトの教材サービスと比べると、特に「インフラエンジニアの教科書」は必要な知識が体系化されています。初めにコストをかけてでも、学習のしやすさや効率は高まる可能性もありますよ。

インフラエンジニアのポートフォリオの作り方

インフラエンジニアのポートフォリオを作成する際には、一般的なポートフォリオとは異なる場合が注意が必要です。プログラミング言語を扱わない場合もあるインフラエンジニアは、ポートフォリオを作成できるスキルは問われないんですね。

なのでインフラエンジニアの場合は、ネットワークやサーバーの設計・構築・運用に関する知識やスキルを証明する必要があります。個人の環境で行った設定などをまとめたドキュメントやファイルをポートフォリオとして使用しましょう。

中でも、Linuxサーバーの構築は独学でも習得しやすいスキルと言えます。未経験からの転職を検討しているのであれば、サーバ構築手順書から作成してみるのがおすすめですよ。

まとめ

これまで、インフラエンジニアのお仕事について網羅的に紹介してきました。インフラエンジニアは社会的な需要も高く、将来性もやりがいもある魅力的な職種です。

しかし、サーバーに関わるからこそ急な対応を求められるなど、つらい仕事でもあります。インフラエンジニアになろうか迷っている方は、やりがいや収入などあらゆる側面から総合的に判断してみてくださいね。

業務が幅広いインフラエンジニアの仕事に関しては、さまざま疑問に思っている方も多いでしょう。本記事では、インフラエンジニアに関する多くの疑問を解決することができるので参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ

プログラムエンジニアはどんな仕事?年収や将来性、おすすめの資格も紹介 【完全ガイド】サーバーサイドエンジニアとは?【初心者必見】サーバーエンジニアの仕事内容や年収、将来性、資格やスキルも紹介