【初心者必見】フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や年収、スキル、資格、将来性も解説

【完全保存版】 フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアは、仕事内容や活躍する場所が幅広いフロントエンドエンジニアの定義はまだまだ曖昧なんです。

フロントエンドエンジニアはエンジニア職種の中でも最近注目が集まっている職種の1つでもあります。Webコンテンツに関する技術が進化するにつれて、需要も高まってきているんですよ。

フロントエンドエンジニアについて知りたい方の中には、

「フロントエンドエンジニアってどんな仕事なの?」
「フロントエンドエンジニアの収入や将来性が気になる!」
「未経験でも目指すことはできる?」

などの疑問を持っている方も多いでしょう。

そこで今回は、仕事内容や年収、将来性などフロントエンドエンジニアの仕事を詳しく解説していきます。また、未経験から目指せるのかどうかやフロントエンドエンジニアに必要な言語・資格も紹介していきますね。

フロントエンドエンジニアについて知りたい方や、何か疑問を持っている方は本記事を参考にしてみてください。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアについて知るためにも、まずはフロントエンドの意味を知っておきましょう。フロントエンドとは、Webページやサイトなどのユーザーが直接触れる部分のことを指しているんですね。

たとえば何かWebコンテンツを作る際に、Webデザイナーが設計したデザインを元にコーディングしていくのがフロントエンドエンジニアです。

Webコンテンツの制作には、ブラウザに正しく表示できるよう緻密な作業や技術が求められるんですね。

また、先ほども紹介しましたがフロントエンドエンジニアは比較的新しい職種でもあるんです。フロントエンドに要求されるものが今まで以上に増えたことで、必要とされた職種がフロントエンドエンジニアなんです。

フロントエンドエンジニアとして活躍される方の中には、企画や設計から関わるプロジェクトリーダーの役割を担う方もいらっしゃいます。

様々な職種との関わりもあることで、豊富なキャリアパスを持つことができるのも特徴です。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

実際、フロントエンドエンジニアの仕事ってなんなの?と気になりますよね。フロントエンドエンジニアの主な仕事は、Webコンテンツを作ることです。

そもそもWebコンテンツとは、Webサイトやアプリなどの総称になります。普段、ニュースや天気をチェックしたりするアプリやサイトの開発にフロントエンドエンジニアは大きく関わっているんです。

今まで、フロントエンドの仕事はWebコーダーやマークアップエンジニアなどのエンジニアが担当してきました。

Webコンテンツ市場が急速に発達してきたことで、高度なコーディング技術を持つフロントエンドエンジニアが必要とされるようになったんです。

Webデザイナーが設計したものを正確にコーディングするフロントエンドエンジニアには、現場によってデザイナー同様の知見が求められます。

主な仕事内容はもちろんコーディングですが、実際の現場では幅広い知識とスキルが必要とされるんですね。

フロントエンドエンジニアの平均年収

結論からいうと、フロントエンドエンジニアの平均年収は約550万円(2021年5月現在)です。

ITエンジニア全体の平均年収は約500万円ほどなので、エンジニアの中でも高く位置しているんですね。

ただ、フロントエンドエンジニアの年収は実務経験やスキル次第で大きく変動します。たとえば、新卒のフロントエンドエンジニアであれば平均を下回ることもあるんです。

もちろん、高いスキルに対して年収が平均を上回るケースもあります。

高度なスキルを持つフロントエンドエンジニアに対して、1000万円以上の年収を提示している企業もあるんですよ。

フロントエンドエンジニアは、あなたのスキル次第で年収アップも狙うこともできます。またフロントエンドエンジニアの年収については、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

稼げる?フロントエンドエンジニアの平均年収と収入を上げていく方法、将来性などを紹介

フロントエンドエンジニアに必要な言語

フロントエンドエンジニアにはフロント言語だけでなく、バックエンド言語の習得も大切なんです。フロントエンド側の仕事には、フロント言語だけが必要というわけではないんですね。

フロントエンドエンジニアは、仕事の中でWordPressなどのCMSを用いてWebサイトの構築を行うことがあります。

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略称で、たとえばWordPressであれば専門知識なしにWebサイトの編集や作成を行えるんです。

ただ、主要なCMSの多くはPHPなどのバックエンドで作られています。クライアントに合わせたオリジナルのCMSを作ることもあるフロントエンドエンジニアは、PHP含めバックエンド言語を身につけておいた方がいいんです。

PHP以外にも、フロントエンドエンジニアにおすすめの言語としてRubyやPythonなどが挙げられます。中でもPythonは、最近注目が集まってきている言語でもあります。

フロントエンドエンジニアに必須であったりおすすめな言語については、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアに必要な言語11選!必要な知識やスキル、能力も紹介

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアにはさまざまなハードスキルが求められます。必要なハードスキルとして、

  • JavaScript
  • CSS
  • HTML
  • コーディング
  • サーバーサイドの言語
  • CMS構築
  • UI/UX設計(モバイル対応)
  • SEO
  • デザイン

などが挙げられます。

主要なフロント言語に関するスキルはもちろん、サーバーサイド(バックエンド)エンジニアとの関わる機会が多いことからもサーバーサイド側の知見も必要なんです。

また、キャリアアップのためにはマネジメント能力やコミュニケーション能力などのソフトスキルが大切なポイント。ソフトスキルとは、人間性に関わるスキルの総称になります。

多くのフロントエンドエンジニアの中には、デザイン領域に特化していたりSEOの知見に長けている方もいらっしゃいます。特に自分が伸ばしていきたい分野に注力できるのも、フロントエンドエンジニアの魅力の1つなんですよ。

フロントエンドエンジニアを目指している方の中には、どのスキルから学んでいけばいいの?と迷ってしまいますよね。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルについては、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

習得できてる?フロントエンドエンジニアの必須スキル17選!ハードスキルとソフトスキル別で紹介

フロントエンドエンジニアに資格は必要?

資格という言葉からは、ハードルが高く感じる方もいるでしょう。実際、ITエンジニアの資格はリサーチしたところ100種類以上もあって内容や取得にかかるお金もさまざま。

結論から言うと、フロントエンドエンジニアにとって資格はキャリアをサポートする1つの手段になります。ただ、資格を取得すればいいというわけではないんですね。

あなたが資格を取得したからといって、実際のスキルが伴わなければ意味がありません。だからこそ、スキル獲得を前提に資格を取ることをおすすめします。

資格の中には、あなたのスキルの習得度を図るのにぴったりなものもあります。求められているスキルや、参画しようと検討している案件に合わせて資格を取るか検討するのがおすすめですよ。

中でも、

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • 基本情報技術者試験
  • Webデザイン検定

などの資格がおすすめです。それぞれの資格で、フロントエンドエンジニアに活かせるスキルを身につけることができますよ。

またフロントエンドエンジニアにおすすめな資格についてさらに知りたい方は、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアにおすすめな資格10選!求められるスキルも紹介

フロントエンドエンジニアとその他のエンジニアの違い

フロントエンドエンジニアは、エンジニア職種の中でも主にWebコンテンツ制作に関わります。活躍する市場がWeb業界中心なエンジニアとも言えるんですね。

ただ、他のエンジニアも同様かと言うとそうではありません。それぞれのエンジニアに仕事の特徴があり、活躍する市場も変わってくるんですね。

エンジニアを目指す方の中には、どのエンジニア職種を目指せば良いのか分からない…。という方もいるでしょう。そこで、フロントエンドエンジニアと他のエンジニアの違いを紹介していきます。

同じエンジニアの中でも、あなたに合ったエンジニア職種が見つかる可能性もあるので参考にしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

IT業界やWeb制作の現場では、フロントエンドやバックエンドはよく耳にする言葉じゃないでしょうか。これからWeb制作の現場を経験する人の中には、

「実際、フロントエンドとバックエンドの違いがよく分からない…。」
「会話についていけない。どうしよう…。」
「話がよく分からなかったから、後回しにしよう。」

などの経験をする方もいるでしょう。恥ずかしい経験や思いをする前に、フロントエンドとバックエンドの違いは事前に理解しておけるといいですよね。

実際、フロントエンドとバックエンドは対照的な仕事であるものの双方の知識を持てるといいんです。どれだけ繊細なフロント部分を制作しても、バックエンドのシステムなしに動作することはありませんからね。

だからこそフロントエンドエンジニアでもバックエンドエンドエンジニアでも、両方の知識を理解しておくことが重要なんです。それぞれのエンジニアの違いについては以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いを解説!収入やそれぞれの仕事の特徴も紹介

フロントエンドエンジニアとマークアップエンジニアの違い

マークアップエンジニアは、エンジニア職種の中でもフロントエンドエンジニアと仕事内容が似ているんです。他にも、Webコーダーがフロントエンドエンジニアやマークアアップエンジニアと似た役割を担っています。

そもそも、フロントエンドエンジニアが登場するまでフロントエンドの仕事を主に任されていたのはマークアップエンジニアでした。

フロントエンドで要求されることが増えてきたことで、必要とされて生まれたのがフロントエンジニアなんですね。

今では、フロントエンドエンジニアはマークアップエンジニアやWebコーダーのキャリアアップ後の職種でもあります。それぞれのエンジニアが、同じ現場で一緒に働くこともあるんですよ。

また、マークアアプエンジニアについて詳しく知りたい方は以下の記事でも詳しく紹介しています。参考にしてみてくださいね。

【完全ガイド】マークアップエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、必要なスキルも紹介

フロントエンドエンジニアとシステムエンジニアの違い

システムエンジニアという言葉は、エンジニアの中でもよく耳にするのではないでしょうか?ITエンジニアの代表的な職種とも言えるのが、システムエンジニアです。

システムエンジニアは、名前の通りにコンテンツの核となるシステムの設計を担当します。システムの設計は大きく分けると、

  • 基本設計
  • 詳細設計

の2つに分けられます。

中でも、主にユーザーの見える部分の仕様を考える基本設計ではそれぞれのエンジニアが関わり合うこともあります。ユーザーに見える部分というのはフロントエンドを指していて、フロントエンドエンジニアの専門領域ですからね。

ただ、システムエンジニアはシステム設計の後にプログラムを作成し動作確認まで行います。システムエンジニアの仕事の中には、精密かつ地道な作業も多いんですね。

さらにシステムエンジニアについて深く知りたいという方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

システムエンジニアとはどんな仕事?年収や資格、将来キャリアパスも紹介

フロントエンドエンジニアとインフラエンジニアの違い

IT業界における仕事の中でも、もっとも需要の高い職種の1つと言われるのがインフラエンジニアです。フリーランスとして活躍するインフラエンジニアの方の中には、年収が1000万円以上になる人もいるんですね。

そもそも IT業界におけるインフラとは、IT機器同士がネットワークでつながるシステムのことを指します。Webやインターネットなしに生きていくことは困難な現代にとって、インフラエンジニアは非常に重要な役割を担っているんですね。

インフラエンジニアの仕事内容は主にシステムの設計、また設計したシステムの構築・運用になります。

Webコンテンツのフロント部分を担当するフロントエンドエンジニアと、Webコンテンツの土台に関わるインフラエンジニアとでは仕事内容は大きく異なるんですね。

また、インフラエンジニアについてもっと詳しく知りたいという方には、以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてくださいね。

【完全ガイド】インフラエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、必要なスキルも紹介

フロントエンドエンジニアとプログラムエンジニアの違い

プログラムエンジニアと聞いて、仕事内容のイメージがしづらいという方もいるのではないでしょうか?プログラムエンジニアは、みなさんがプログラマーと呼んでいるお仕事なんですよ。

プログラミング言語の知識を活用して、さまざまなプログラムを作成するのがプログラムエンジニアの主な役割です。システムエンジニアの設計書に沿って、プログラムを作成していくんですね。

現在では、フレームワークをあらかじめ用意して開発に着手するのが主流になっています。フレームワークとは、よく使うプログラムの機能を集めたテンプレートのようなものなんですね。

だからこそプログラムエンジニアは、言語に加えてフレームワークに関する知識や技術も必要とされます。フレームワークを使いこなせる必要があるという点では、フロントエンドエンジニアも同様ですね。

プログラムエンジニアについて知りたい方には、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

プログラムエンジニアはどんな仕事?年収や将来性、おすすめの資格も紹介

フロントエンドエンジニアってつらいの?

あなたは、仕事をつらいと感じていませんか?仕事における「楽しい」と「つらい」の割合を調べてみても、20代の7割が「つらい」と感じているんです。

ただ、仕事は生活の大部分を占めるとても大切な要素です。つらい思いをしながら仕事をしていくのは、人生の幸福度を下げることにもなってしまういます。

もしこれからフロントエンドエンジニアを目指そうとしているのであれば、どれだけ大変な仕事かどうかは知っておきたいですよね。実際、フロントエンドエンジニアは仕事の中で苦しいことやつらい側面もあります。

ただ、表面のつらさだけを知ることはあなたにとって損な勘違いになってしまうかもしれません。だからといって、知り合いの中に現役のフロントエンドエンジニアがいるという人も多くはないでしょう。

フロントエンドの仕事が大変といっても、実際の現場はイメージしづらいですよね。現場のリアルな声や意見が仕事を知るには大切です。

そこで、以下の記事では現役フロントエンドエンジニアの口コミをもとにお仕事について紹介しています。

フロントエンドエンジニアの仕事でつらいことや大変なこと、苦しいことについても知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

【失敗談あり】フロントエンドエンジニアのつらいことや大変なこと、苦しいことを紹介

フロントエンドエンジニアのやりがいは?

常に最新技術や知識に触れ続けるフロントエンドエンジニアの仕事は、要求されるスキルが多く大変な仕事です。だからこそ、やりがいがある仕事でもあるんですよ。

フロントエンドエンジニアは、Webコンテンツに関する最新の知識に詳しい!と現場で頼りにされる存在なんです。

キャリアを持つフロントエンドエンジニアの方の中には、企画・設計やプロジェクトを担うリーダー的な役割を果たしている方もいらっしゃいます。

また、個人でパソコンと向き合う作業が多いのが一般的なエンジニア職のイメージですよね。しかし、フロントエンドエンジニアはお客様や他の職種との関わりが多いのも魅力の1つなんです。

仕事は、人生の満足度を左右する大切な要素です。あなたが仕事に求めるものが、フロントエンドエンジニアのお仕事にはあるのかチェックしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアのやりがいについては、以下の記事で詳しく紹介しているのでそちらも参考にしてみてくださいね。

フロントエンドエンジニアにやりがいはある?理由や魅力、注意点を紹介

フロントエンドエンジニアの今後や将来性、需要は?

今後も、フロントエンドエンジニアは将来性のある仕事としてより注目が集まっていくでしょう。なぜなら、フロントエンドエンジニアが主な市場とするWebコンテンツはこれからも発展、拡大していくからです。

今では、Webサイトやアプリなど日々の生活でWebコンテンツに触れない人はほとんどいません。Webコンテンツへの接し方も、スマホやタブレットなどさまざまなデバイスで人それぞれですよね。

また、フロントエンドエンジニアはWebデザイナーに関わりが深いことからWebデザインの分野へのキャリアパスを持つこともできます。

もちろんデザインの分野に限らずUI/UXデザイナーやバックエンドエンジニア、フルスタックエンジニアも可能なんですよ。

高い将来性がありながら、幅広いキャリアパスを持つことができるのがフロントエンドエンジニアの特徴です。また、フロントエンドエンジニアの今後については以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

将来も安心!フロントエンドエンジニアの今後と将来性について解説!

フロントエンドエンジニアになるためのロードマップ

就職・転職やキャリアアップを考えた時に、何から学んだらいいの…?と悩んだ経験がある方も多いでしょう。特にエンジニアの領域は、学べる分野や学び方も人それぞれで勉強する前から立ち止まってしまいますよね。

そこで、活躍するのがロードマップなんです。ビジネス用語として使われるロードマップは、目標までの道のりを示したものになります。

実際にフロントエンドエンジニアのロードマップは多岐にわたり複雑です。仕事としてコーディングやCMS構築、UI/UX設計やデザインの分野までフロントエンドエンジニアに必要とされるスキルはさまざま。

これからのキャリアを考えている人の中では、フロントエンドエンジニアは独学でも目指せるかどうかは気になるポイントですよね。

結論、フロントエンドに関する知識を学ぶツールや環境が整っているからからこそ独学で目指すことはできます。

そこで最新版のロードマップに加えて、独学からフロントエンドエンジニアになるためのロードマップを以下の記事で紹介しています。現役のエンジニアの方はもちろん、未経験の方も参考にしてみてください。

【最新版】フロントエンドエンジニアのロードマップは?独学から目指す方法もあわせて紹介

独学でもフロントエンドエンジニアは目指せる?

結論から言うと、独学でもフロントエンドエンジニアを目指すことはできます。実際に、0ベースから独学でフロントエンドエンジニアになられた方もいるんですよ。

そこで、ここでは知識がない状態からフロントエンドエンジニアになるまでの期間や工程を紹介していきます。1つの例として、参考にしてみてくださいね。

期間学習方法(内容)
6週間〜2ヶ月程度Progateで基礎を学ぶ
1ヶ月程度簡易的なサイトを作れるようになる
1ヶ月〜6ヶ月程度ポートフォリオを活用して転職活動
1ヶ月フレームワーク・ライブラリの習得

未経験からフロントエンドエンジニアになるまでの期間は、約4ヶ月〜1年以上となっています。もちろん、転職活動も含めると個人差は大きくなるのである程度の目安と捉えてくださいね。

また、先ほども紹介しましたが上記の記事では独学からフロントエンドエンジニアになるためのロードマップについて解説しています。さらに具体的な学習方法などが知りたい方は、参考にして見てくださいね。

未経験からフロントエンドエンジニアになるには

結論からいうと、フロントエンドエンジニアには未経験でもなれます。ただ、独学で未経験からフロントエンドエンジニアになるのは容易ではないんですね。

なぜなら、フロントエンドエンジニアはエンジニアの中でも多様なスキルが求められるかエンジニア職種だからなんです。

一般的に、Webサイト制作にHTMLなどを用いるコーダーやマークアップエンジニアを経て、フロントエンドエンジニアになる方も多いです。

ただ、フロントエンドエンジニアは需要も将来性もあり注目が集まっているお仕事。たとえ未経験であったとしても、将来性のあるお仕事を獲得していきたいですよね。

そこで、どのようなステップで学んでいけば未経験でもフロントエンドエンジニアになれるのか以下の記事で紹介しています。どの言語を勉強して、必要なスキルが明確になれば勉強も進めていくことができますよね。

未経験からだとしても正しい手順に沿って学ぶことで、フロントエンドエンジニアになれる可能性が高まります。フロントエンド エンジニアを目指そうか悩んでいる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

あなたでもなれる!フロントエンドエンジニアに未経験でもなる方法と注意点も紹介

新卒からフロントエンドエンジニアになるには

大学生や20代の世代の中でも、エンジニアの仕事は身近に感じられるようになってきましたよね。リサーチしたところ、会社や企業によっては30万円の初任給を出すところもあり収入に関しても魅力的なお仕事ですよね。

中でも、新卒から目指せるエンジニア職の1つが、フロントエンドエンジニアです。ただ、仕事内容が多岐にわたるフロントエンドエンジニアにはかなりのスキルが要求されるんですね。

新卒からフロントエンドエンジニアを目指すには基本的なフロント言語の習得は必須になります。さらにWeb業界のトレンドは移り変わりが激しく、常に新しい知識や技術をキャッチアップしていく必要があるんですね。

需要の高いフロントエンドエンジニアを必要としている会社や企業の中には、研修制度を設けていたりスキルアップを前提に採用活動を行なっているところもあります。

将来性のある市場だからこそ、挑戦する価値のあるお仕事なのは間違いありません。

新卒からフロントエンドエンジニアを目指す方法に関して、以下の記事で詳しく解説しています。フロントエンドエンジニアを目指そうか悩んでいる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

新卒でフロントエンドエンジニアになる方法は?収入や必須のスキルも紹介

フロントエンドエンジニアになるためのおすすめ学習方法

結論から言うと、フロントエンドエンジニアになるための学習方法として書籍から学ぶのはあまりおすすめしません。というのも、書籍で学ぶにはタイミングがあるからなんですね。

プログラミングに関する参考書は、難易度の高いものが多いんですね。書籍の中には、実際に現場で働くエンジニアが必要とする知識や技術を解説しているものもあります。

難解な書籍を前にして、学ぶ機会を失ってしまっては本末転倒です。プログラミングや言語について学ぶコンテンツが充実している今、まずは学習サービスを使っていくのがおすすめです。

経験の浅い方にもおすすめな学習サービスとして、

  • Progate
  • ドットインストール
  • Udemy

などが挙げられます。中でもおすすめなのがProgateです。

なぜなら最初に陥りやすい開発環境でのトラブルがないので、経験の浅い方にもおすすめなんですね。イラスト中心のスライドで学習した後で、実践形式で学ぶことで知識の定着が早いのもProgateの特徴です。

また、学べる言語も豊富なんです。Progateで学べる言語は、

  • HTML
  • CSS
  • Ruby
  • PHP
  • Java

など多くの主要な言語を学ぶことができます。もし学習するためのサービスに迷ったなら、まずはProgateがおすすめですよ。

フロントエンドエンジニアにおすすめの学習本

先ほども紹介しましたが、いきなり参考書から学ぶというのはおすすめしません。ただ、あなたのスキルや知識量によっては、参考書や書籍が必要になる時があります。

そこで、フロントエンドエンジニアにおすすめな学習本について紹介していきます。おすすめな学習本としては、

  • HTML&CSS3標準デザイン講座
  • HTML5/CSS3モダンコーディング

上記の2冊について紹介していきます。

まず、「HTML&CSS3標準デザイン講座」は経験や知識の浅い方にもおすすめの参考書です。フロントエンドに関する基本知識を学ぶことができます。

ただ、やはり専門用語や単語の意味が分からない状態では読み進めづらいんですね。ある程度、言語についての知識や関連用語を理解し始めた!という方におすすめの参考書です。

また、「HTML5/CSS3モダンコーディング」は実践的なスキルにつながる知識を学ぶことができる参考書です。簡易的なLPの制作ができるレベルまで学ぶことができます。

また、フロントエンドエンジニアに大切な言語の1つであるJavascriptの学習本について、以下の記事で詳しく紹介しています。気になる方は参考にしてみてくださいね。

【2021年最新】Javascriptの学習本・参考書おすすめ13選!初心者から経験者まで

フロントエンドエンジニアのポートフォリオの作り方

フロントエンドエンジニア未経験の方の中には、ポートフォリオは必要?と疑問に思っている方もいるでしょう。最近では、エンジニアにもポートフォリオを求める会社や企業が増えてきているんですね。

会社や企業にとっても、未経験の人を採用するのはリスクでもあります。未経験であってもどのくらい技術や意欲があるのか、ポートフォリオが1つの判断材料となっているんです。

ただ、そもそもポートフォリオは一般的にデザイナーが作成するものです。レベルの高いポートフォリオを未経験の自分に作れるのかな…?と不安に思ってしまいますよね。

結論から言うと、フロントエンドエンジニア未経験のポートフォリオはレベルの高いものである必要はありません。あなたにどんな作品が作れるのかといったスキルや、自己発信している意欲的な様子を伝えられればいいんです。

だからといって、もちろん簡易的なポートフォリオを作ればいいという訳ではありません。ポートフォリオ作成時にはポイントや注意点が存在します。

未経験フロントエンドエンジニアのポートフォリオの作り方に関して、以下の記事で詳しく紹介しています。ポートフォリオの作成方法を知りたいという方は、参考にしてみてくださいね。

未経験からフロントエンドエンジニアを目指すポートフォリオの作成とコツを紹介

まとめ

これまで、フロントエンドエンジニアのお仕事について網羅的に紹介してきました。フロントエンドエンジニアは、将来性もやりがいもある魅力的な職種の1つです。

しかし、仕事の中でつらいことや苦しい一面もあります。もしフロントエンドエンジニアになろうと考えているのであれば、収入ややりがいなどあらゆる側面から総合的に判断してみてください。

エンジニア職種の中でも注目が集まっているフロントエンドエンジニアだからこそ、仕事に関してさまざまな疑問を抱く方もいるのではないでしょうか?まだまだ知識が浅く、職業について知りたい!という方もいるでしょう。

本記事ではフロントエンドエンジニアに関する多くの疑問を解決することができるので、参考にしてみてくださいね。