【2021年最新】ライターにおすすめの学習本・書籍9選!初級、中級、上級別

ライターにおすすめの学習本・書籍9選!

「ライターとしてスキルアップしたいけど、何をすればいいの?」
「ライターにおすすめの学習本・書籍が知りたい!」

この記事を訪れたあなたは、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

独学で気軽に始められる上、効率的に知識を吸収できるという点から、本を読むという勉強方法は、ライターとしてスキルアップしたい方にとって非常に効果的です。

しかし、ライター向けの学習本や書籍は数多く出版されているため、どの学習本や書籍を選べば良いか迷ってしまいますよね。一冊の本を読むのにも、それなりの時間と労力がかかりますので、価値のある本を選びたいと思うでしょう。

時間と労力を無駄にしないためにも、どの学習本や書籍を選ぶかというのはとても重要です。そこで今回は、ライターにおすすめの学習本・書籍の選び方をお伝えした上で、初級・中級・上級のレベル別におすすめの学習本・書籍をご紹介します。

この記事の最後には、学習本・書籍以外で学ぶ方法も解説しますので、ライターとしてスキルアップする方法を網羅的に知れるでしょう。ライターとしてスキルアップすることは、クライアントの満足感を高め、案件受注数の増加や単価のアップに繋がります。

ライターとしての仕事もスムーズに進むようになるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

それでは、参ります。

ライターにおすすめの学習本・書籍の選び方

ライター向けの学習本や書籍は数多く出版されていますが、その中から自分にとって価値のある学習本や書籍を選ぶことが大切です。選び方としておすすめしたい着眼点は以下の3つとなっています。

  • 学びたい目的を明確にする
  • 信頼できそうな著者か確認する
  • 口コミや評判を確認する

この3つの着眼点を意識すれば、読んで良かったと思える学習本や書籍を選べるでしょう。3つの着眼点について詳しく紹介していきます。

学びたい目的を明確にする

まずは、ライターとしてどうなりたいのか、という学びたい目的を明確にすることが大切です。学びたい目的を明確にした結果、伸ばしたいスキルがいくつもある場合は、それぞれのスキルに関する学習本や書籍を読むと良いでしょう。

伸ばしたいスキルが助詞の使い方などの基本的な日本語力なのか、伝わりやすい文章を書くための文章力なのかによっても選ぶ本は異なります。SEOスキルやコピーライティングスキルなど、特定のスキルを伸ばしたい場合は、特定のスキルに特化した本がおすすめです。

また、ライティングスキルではなく、ライターとして稼ぐためのノウハウを知りたいという場合には、稼ぎ方を解説するような本が合うでしょう。

信頼できそうな著者か確認する

学びたい目的を明確にして、読みたい学習本や書籍をある程度絞ったら、著者を確認しましょう。インターネットで著者名を検索すれば、多くの情報を知ることができます。

編集者や記者、有名ライター、ライティング講師、メディアの社長、ウェブマーケター、有名ブロガーなどの肩書きがあれば、ある程度の信頼性があると言えるでしょう。無名のライターが執筆している書籍は信頼性に欠けますので、肩書きがライターの場合は、どのような経歴をもつライターなのかを調べるのがおすすめです。

口コミや評判を確認する

読む価値のある本かどうかの判断は、口コミや評判を確認すると良いでしょう。実際に読んだ人の意見を取り入れることで、自分は読んでいなくても、価値のある本を選べる可能性が高くなります。

ただし、人によって求めている情報が異なるため、どれだけ良い本であっても、自分の求めている情報が少なかったということで低い評価をつける人もいるということを理解しておきましょう。複数の口コミや評判を確認することが大切です。

ライター仲間がいれば、直接おすすめの本を聞いてみるのも良いですが、インターネット上の記事やSNS、Amazonなどの各種通販サイトでも口コミや評判を数多く確認できますので、参考にすると良いでしょう。

ライターにおすすめの学習本・書籍3選【初級編】

初級編としておすすめしたいのは、ライティングの基本的な知識が学べる学習本・書籍です。ライターを目指している方や、ライターのお仕事を始めたばかりの方向けとなっています。

今回選出した学習本・書籍3冊は以下の通りです。

一冊ずつ著者や内容、口コミを詳しくご紹介していきます。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

読んでみて

ニュースサイト「ナタリー」で新社員向けのトレーニングを担当してきた唐木元の著書で、文章力を向上させるナタリー式のトレーニング方法を知ることができます。

読みやすい文章を書くための基本的な知識を得られるため、初心者におすすめです。定価は税込1,430円となっています。

書く前の準備として文章の構造を考える方法や、違和感のない正しい文章を書く方法、読者に最後まで読んでもらうためのテクニックなどを学ぶことが可能です。基礎から応用まで網羅されており、スムーズに読ませる文章の書き方が分かる一冊となっています。

口コミ・評判

これまで色々なライティングの本を読んできましたが、この本が一番具体的でわかり易いと感じてます。最初の章では、人に読んでもらえる文章を書く為の本質的な考え方 2章からは人に読んでもらえる文章を書く為のテクニックを説明しています。社会人1年生には是非読んでおいてもらいたい1冊です。

引用元:Amazon

ライターを目指す方はもちろん、社会人にもおすすめということで、誰が読んでも勉強になる一冊ではないでしょうか。具体的でわかりやすいというコメントからも、初心者向けだと言えそうです。

スピードマスター 1時間でわかる Webライティング

読んでみて

株式会社グリーゼ取締役であり、大手前大学通信教育部「Webライティング」講座講師としても活躍する福田多美子と、株式会社グリーゼのディレクターである坂田美知子による著書です。

1時間でWebライティングの基礎が学べる新しいタイプの実用書となっています。定価は税込1,100円です。

正しい文章の書き方や伝わりやすい文章の書き方をはじめとして、基本的なライティングの知識を学べます。さらに、効率よく書くための技術や、読者を惹き付けるコツも知れるため、魅力的な文章の書き方が分かる一冊です。

口コミ・評判

タイトルの通り、WEBライディングに必要な事を、短時間でサクサクと読むことが出来ます。WEBライディングには、色々と書き方のコツがありますが、その要点を短く分かりやすく書いてあります。これからWEBライディングを勉強する方におすすめの一冊です。

引用元:Amazon

短時間で要点を押さえられるということで、ライターの入門書にぴったりですね。分厚い本が苦手な方の第一歩としておすすめです。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

読んでみて

株式会社文道の代表取締役で、編集長としての経歴をもつ藤吉豊と、株式会社文道の取締役で、ライティング講座にも力を注ぐ小川真理子による著書です。

文章術のベストセラー100冊を徹底的に分析して抽出した、文章を書くためのポイントがまとまっています。定価は税込1,650円です。

文章を書くためのポイントがランキング形式で40項目に整理されています。1位から7位までで、文章力の向上を実感でき、20位まで身につければ、文章がうまい人になれるうえ、40位まで身につければ、プロ級の書く力が手に入ると紹介されている本です。

一冊読んでおけば、文章を書く際の基本からプロとして知っておくべきポイントまで網羅的に学べるでしょう。

口コミ・評判

筆者が文章の書き方に関する100冊の書籍を分析して、40項目で順位付けしたもの。多くの場合、ランキング形式だと浅く広くなりがちだが、前半20項目は思ったよりページが割かれていた。40項目が別々になっているかというとそうでもなくて、項目によっては繋がりがあったりする。

引用元:Amazon

文章を書くときのポイントが順位付けされているだけでなく、それぞれの項目についてしっかりと解説されているようです。詳しい内容がわかりやすくまとめられているようですね。

ライターにおすすめの学習本・書籍3選【中級編】

中級編としておすすめしたいのは、SEOライティングやコピーライティングなど、ライターに求められる実用的なテクニックを学べる学習本・書籍です。ライターとして仕事の幅を広げたい方や、ライティングスキルを磨きたい方向けとなっています。

今回選出した学習本・書籍3冊は以下の通りです。

一冊ずつ著者や内容、口コミを詳しくご紹介していきます。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

読んでみて

株式会社ウェブライダーの代表で、Webマーケティングなどのコンサルタントを手がけ、宣伝会議の講師としても登壇する松尾茂起の著書です。SEOライティング教本として有名で、ベストセラーになっています。定価は税込2,200円です。

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学べます。SEOを意識したコンテンツを作るカギや、「USP」を最大限に活かすコンテンツ、オウンドメディアに必要なSEO思考などについて解説されている一冊です。

口コミ・評判

この本はSEOについて初学者から中級者までを対象にストーリー形式で解説しており、とても読みやすく読み物としても、面白い。今SEO関連で活躍、活かしている人のほとんどはこの本を読んでいると思う。

引用元:Amazon

SEOについて知りたい初心者から、SEOで活躍したい中級者までが参考にできるようですね。ストーリー形式で読みやすいSEO解説本を探している方におすすめです。

100倍クリックされる超Webライティング バズる単語300

読んでみて

編集長時代、アクセス数を月1万から650万まで押し上げ、女性サイトの一時代を築いた東香名子の著書です。

PV数アップに役立つ単語を選りすぐって紹介しており、Webライティングに関わるすべての人が持っておきたい必携書となっています。定価は税込1,540円です。

Webでバズる単語や使えるテンプレートが300ワード収録されており、それぞれ用例と解説があるため、バズる理由を理解しながら知識を得られます。

「簡単・手軽」「早わかり」「知識」「お得・特別」「数字・時代」「リアリティ」「ライフスタイル」「ネガティブ」「定番」「トレンド」というカテゴリーに分かれており、見やすく整理されているのが特徴的です。

口コミ・評判

ユーザーに注目されやすい単語がわかりやすく並んでおり記事のタイトルなどに悩んだ時に辞書のように使える一冊です。すぐに手に取れるよう、デスクに置いておきたい一冊です。

引用元:Amazon

読み物というよりかは、辞書のように使うのが良さそうですね。アクセスを集められる記事をかけるライターは重宝されますので、一冊持っておくと良いでしょう。

人を操る禁断の文章術

読んでみて

心理学の膨大な知識と実践経験を持ち、メンタリストとして有名なDaigoの著書です。相手の心理を先回りし、読み手の感情を揺さぶる文章を書くためのノウハウが詰まっています。

セールスレターやキャッチコピーなど、ビジネスにも活用できる文章術を学べる一冊です。定価は税込1,540円となっています。

心理学的な視点から人間が行動を起こす仕組みが解説されており、読み手が行動したくなるような文章を書く方法を学ぶことが可能です。最後まで読ませる記事や、商品の購入などへ読み手を向かわせる記事を書くために必要なコピーライティングのスキルを獲得できるため、スキルアップしたいライターにおすすめの一冊となっています。

口コミ・評判

daigo さんならではのメンタリストという立場を活かして心理学的に書かれています。コピーライティングの本は様々ありますが、どれも分厚いので、この本はわかりやすくサクサク読むことができました。しかし、内容自体は濃いので文章を学びたい方はまず手にとって頂きたい一冊です。

引用元:Amazon

難しいコピーライティングの本ではなく、メンタリストDaigoによる人を操る文章術というかたちで解説されている本なので、読みやすさが魅力なようですね。ただ、内容はコピーライティングですので、ライターのスキルアップにしっかりと活かせます。

ライターにおすすめの学習本・書籍3選【上級編】

上級編としておすすめしたいのは、ライターとして稼ぐ方法を学べる学習本・書籍です。ライターとしての収入が安定しない方や、スキルを磨いて単価アップを目指したい方向けとなっています。

今回選出した学習本・書籍3冊は以下の通りです。

一冊ずつ著者や内容、口コミを詳しくご紹介していきます。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

読んでみて

ランサーズに登録して4ヶ月で月収20万を稼げるようになったWebライターである吉見夏実の著書です。頑張っているのに稼げないライターが陥りがちな5つの原因が解説されています。

稼げるようになる方法が分かる本ですので、収入に伸び悩むライターにおすすめです。定価は税込1,650円となっています。

稼げない5つの原因をはじめ、「クライアントが求める原稿を作る習慣」や「早く書く/原稿の質を上げる習慣」、「受けるべき仕事、避けるべき仕事を見分ける習慣」、「ライターとしての評価を上げる習慣」、「次につなげる活動をする習慣」が解説されている本です。稼げるライターになるためのノウハウを知ることができます。

口コミ・評判

「稼げない仕事」とよく言われるWebライターの世界で、未経験から高収入を得るようになった著書が実行してきたテクニックが、具体的に書かれている。よくある自分語りの武勇伝はなく、「地雷クライアントの見分け方」や「単価交渉をするときのポイント」など、特に初心者のフリーランスは一読しておいたほうがいいテクニックが多い。

引用元:Amazon

ライティング術ではなく、フリーランスとしてのクライアントの見分け方や単価交渉など、営業面でのポイントが解説されているようですね。営業の仕方は教わる機会があまりないので、フリーランスライターとして活躍したい方におすすめです。

SEOに強いwebライティング 売れる書き方の成功法則64

読んでみて

初級編でご紹介した「スピードマスター 1時間でわかる Webライティング」の著者でもある福田多美子の著書です。

集客と成約を目的としたWebライティングの本で、サイトに人が集まる文章や売れる文章の書き方を知ることができます。定価は税込2,178円です。

伝わる文章・買わせる文章の書き方や、上位表示のためのキーワード選定、コンテンツ戦略、良質で有益なコンテンツの企画方法、SEOに強いオリジナルコンテンツの作り方などについて解説しています。すぐに真似して使える文章テクニックも紹介されている実用的な一冊です。

口コミ・評判

軸はあくまでWebライティングで、ついでにSEOというバランス。だけどそれが正解です。この本はWebライティングを軸に、Googleの提唱する「良質なコンテンツ」の作り方を丁寧に教えてくれます。社内のWeb担当者がこの本を読めば間違いなくサイトが良くなると思います。

引用元:Amazon

Webライティングが軸になっているということで、文章力の底上げを図ることのできる一冊だと言えそうですね。良質なコンテンツを作れる文章力とSEOスキルをもったライターを目指したい方におすすめです。

10倍売れるwebコピーライティング

読んでみて

コンテンツマーケティングやWeb制作、コンテンツ制作代行などのサービスを提供している企業であるバズ部の著書です。

コピーライティングのスキルや文字によるセールスを成功させるためのルールなどが解説されており、商品を売れる文章が書けるようになります。定価は税込1,628円です。

単なるコピーライティングの書籍ではなく、ビジネスに好循環をもたらすための書籍となっています。リサーチの方法や組み立て方を始めとした10個の要素を学べるほか、売りたい商品を思い浮かべながら実践するワークシートもついているのが魅力的です。

口コミ・評判

内容はタイトル通りで、Webコピーライティングについて書かれています。とにかく、内容が簡潔に書かれてあり、必要なこと以外はすべて省かれています。コピーライティングとういと、難しいのかと思いきや、まずはとても読みやすいです。コピーライティングの方法もとても充実していて、再現性が高いのがこの手法の良いところです。

引用元:Amazon

読みやすく、簡潔だと評価されていますね。コピーライティングに関する知識を効率的に学ぶことのできる一冊となっているため、文章で商品を売りたいライターにおすすめです。

ライターが学習本・書籍以外で学ぶ方法

ライターにおすすめの学習本・書籍をご紹介しましたが、スキルアップのために学ぶ方法は本以外にもあります。おすすめの勉強方法は以下の3つです。

  • サイトの活用
  • 講義動画の閲覧
  • 実践でアウトプット

学習本・書籍で学びながら、3つの勉強方法も活用することで、より効率的にスキルアップができます。それぞれの勉強方法について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

サイトの閲覧

インターネット上には、誤用しやすい日本語について解説された記事やライティングのコツ、ライターとして稼ぐためのノウハウなどがまとめられたサイトが数多く存在します。

学びたいスキルについて検索するだけで、多くの記事やサイトがヒットするほか、スマホでも簡単に閲覧できるというメリットがありますので、隙間時間に勉強したい場合におすすめです。

講義動画の視聴

文章の読み書きに疲れてしまった場合には、講義動画の視聴がおすすめです。YouTubeで検索すると、有名ブロガーやライティング講師、Webマーケターなどのチャンネルがヒットします。

ライティングのコツやライターとして稼ぐためのノウハウなどをまとめた動画が投稿されているので、視聴すれば知識を得られるでしょう。YouTube以外にも、インターネット上には「WEBライター入門講座(JMWA)」や「WEBライティングオンライン講座(Schoo)」などの無料で視聴できるオンライン講座があります。

ライターにとって学びになる内容ですので、ぜひ参考にしてください。

実践でアウトプット

本やサイト、講義動画を活用してインプットするだけでなく、実際に文章を書くことでアウトプットすることも大切です。クラウドソーシングサービスや求人サイトなどを活用して案件を受注し、実際にライターの仕事に活かしてみましょう。

クライアントからのフィードバックがあれば、より実践的に学べます。また、自分のブログサイトを開設して、ライティング練習の場にするのも良いでしょう。

クライアントからの依頼で執筆する文章は、テーマや構成などを指定されますが、自分のブログサイトであれば自由に執筆できます。学んだ知識を活かして執筆してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、ライターにおすすめの学習本・書籍の選び方をお伝えし、おすすめの学習本・書籍を初級・中級・上級のレベル別にご紹介しました。ご紹介した学習本・書籍の一覧は以下のとおりです。

初級

  • 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
  • スピードマスター 1時間でわかる Webライティング
  • 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた

中級

  • 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
  • 100倍クリックされる超Webライティング バズる単語300
  • 人を操る禁断の文章術

上級

  • 頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
  • SEOに強いwebライティング 売れる書き方の成功法則64
  • 10倍売れるwebコピーライティング

本の概要から著者、口コミ・評判まで詳しくご紹介しましたので、気になる本があれば手に取ってみてください。電子書籍化されている本については、書店に行かなくても、どこでも読めます。スキルアップのための一歩として活用すると良いでしょう。

本以外にも、サイトの閲覧や講義動画の視聴といった勉強方法もありますので、併せて取り組むのがおすすめです。多くの知識をインプットしたら、ぜひ実践して、知識として得たスキルを使いこなせるようにしていきましょう。

使いこなせるようになって初めてスキルアップしたと言えます。

この記事が、ライターとしてスキルアップするための助力となれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

Webライターにおすすめの勉強方法5選!本やサイト、動画別に紹介 フリーランスWebライターの実態を大暴露フリーランスWebライターの実態を大暴露【収入・年収・評判まで】 ライターに向いてる人の7つの特徴とは?ライターに向いてる人の7つの特徴とは?向いてない人が獲得するべきスキルは?