今更聞けない!データベースエンジニアとは?仕事内容や年収、将来性、資格も紹介

データベースを構築したり運用したりする技術者は「データベースエンジニア」と呼ばれます。

データベースエンジニアは、今後金融業界や製造業界などあらゆる場面でビッグデータが発達していくなかで、必要不可欠な存在です。今回は、データベースエンジニアについて関心がある人に向けて、仕事内容や必要なスキルなどを解説します。

情報化社会の発達によって膨大なデータが出回るようになりました。 しかし、これらのデータを上手に取り扱うためには、適切に管理したうえで容易に参照できる仕組みが必要となります。 これを実現させる技術が「データベース」です。

データベースを構築したり運用したりする技術者は「データベースエンジニア」と呼ばれます。 データベースエンジニアは、今後金融業界や製造業界などあらゆる場面でビッグデータが発達していくなかで、必要不可欠な存在です。

今回は、データベースエンジニアについて関心がある人に向けて、仕事内容や必要なスキルなどを解説します。

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアは、「データベースやそれに関連する知識を活用して、データベースを設計・構築・運用する技術者」を指す言葉です。

データベースエンジニアの意味

データベースエンジニアの「データベース」は、大量のデータを保管したり検索したりするための仕組み、またそれを実現させたコンピューターを指します。

データベースを活用する最大のメリットは、データの整理・検索を容易にすることです。データベースでは、データを取り出すときに「○○のデータを取り出して」という命令を出すだけで目的のデータを取り出せます。

データを取り出そうとする人が、どこにデータを保存しているかを逐一考える必要がありません。特に、取り扱うデータの規模が大きければ大きいほどデータベースの効果は大きくなります。

データベースを活用するには、どのような種類のデータを管理するのか、データはどのような形式で管理するかなど、設計・構築するうえでさまざまなことを考えなければなりません。

さらに、外部からの攻撃を防ぐためのセキュリティ対策も講じなれけばならず、高度で専門的な知識が必要となります。 これらの知識を持ち、データベース構築のために応用できる技術者がデータベースエンジニアです。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの主な仕事内容は、下記の3つです。

  1. データベースの設計
  2. 設計したデータベースの構築
  3. 構築したデータベースの運用

それぞれ解説していきますね。

1.データベースの設計

データベースエンジニアの1つ目の仕事内容は、データベースの設計です。

システムエンジニアが要件定義工程において決めた要件に従い、その要件を満たすためにどのようなデータを取り扱えばよいのかを検討します。

例えば、製造会社であれば、社員名簿・取り扱う商品・取引先などがデータベースで取り扱うべきデータと言えるでしょう。取り扱うデータの形式(属性)についてもシステムエンジニアと連携しながら検討します。

うまく連携しないと、データベースとプログラムの間で形式のズレが生じて、システムが正常に作動しなくなります。また、データベースを構築するために必要なコンピューターやソフトウェアを選定したり、どのような設定が必要なのかを洗い出したりする作業も、必要不可欠な作業です。

データベースを構築するためのソフトウェアは「DBMS」と呼ばれ、代表的なものに「MySQL」や「Microsoft SQL Server」があります。

2.設計したデータベースの構築

データベースエンジニアの2つ目の仕事内容は、設計したデータベースの構築です。
必要なコンピューターを用意してDBMSのインストールを行ったら「SQL」と呼ばれる専用の言語を利用して命令文を作成・実行します。

SQLではこの他にも、テーブルの作成やデータの挿入など、データベースに関するあらゆる操作を命令文を記述・実行することで実現できる便利な言語です。

データベースの作成が完了したら、プログラムと連携しながら正常に動作するかテストを行います。 データの形式に間違いがないかなどを確認し、不具合があればSQLを利用してデータベースを改修することで、不具合が起きないようにしなければなりません。

さらに、データベースのスループット(処理能力)やスケーラビリティ(負荷に耐えられるか)など、パフォーマンスについても業務に支障をきたすことがないかを確認します。

3.構築したデータベースの運用

データベースエンジニアの3つ目の仕事内容は、構築したデータベースの運用です。
クライアントに導入したあとも、データベースが正常に動作しているかを監視して、不具合が起きたら対応にあたります。

不具合が起きればその後の業務に支障をきたすため、問題をスピーディーに解決するのが重要です。

データベースエンジニアの平均年収

年齢年収
20代300万円〜450万円
30代500万円〜600万円
40代600万円〜700万円

データベースエンジニアの年収は、20代で300万~450万、30代で500万~600万、40代で600万~700万程度です。 ただし、スキルや経験量に応じて年収は変化し、会社によっては年収1,000万以上もらえます。

※年収のデータは、求人情報サービスの求人ボックスを基にしております。

データベースエンジニアに必要な4つのスキル

データベースエンジニアに必要なスキルは、主に下記の4つです。

  1. DBMSを扱う技術スキル
  2. SQLを扱う技術スキル
  3. セキュリティ対策スキル
  4. ハードウェアを扱う技術スキル

それぞれ解説していきますね。

1.DBMSを扱う技術スキル

データベースエンジニアに必要なスキルの1つ目は、DBMSを扱う技術スキルです。
「データベース管理システム」とも言って、データベースの作成・管理などを実現させるためのソフトウェアのことを指します。

世の中にはさまざまなDBMSがリリースされていますが、特に広く利用されているものは「MySQL」「Oracle」「Microsoft SQL Server」などです。

先に挙げたDBMSを利用した経験があるかを応募条件にしている企業も多くあるため、データベースエンジニアになるためには必須のスキルであるといえます。

2.SQLを扱う技術スキル

データベースエンジニアに必要なスキルの2つ目は、SQLを扱う技術スキルです。SQLは、データベースの作成・データの挿入など、データベースに関する操作を命令文として記述するために利用します。

さまざまなDBMSがリリースされているものの、どれもSQLを利用すればある程度使いこなせるため、必ず覚えておきたい知識です。

3.セキュリティ対策スキル

データベースエンジニアに必要なスキルの3つ目は、セキュリティ対策スキルです。

近年、企業を狙ったサイバー攻撃によって企業秘密のデータが流出してしまう事案が発生しており、サイバー攻撃を防ぐためのセキュリティ対策が企業に求められています。

しかし、巧妙化するサイバー攻撃を防ぐためには、高度で専門的な知識が必要です。データベースエンジニアは、自身が構築するデータベースに企業の大事なデータを管理することを意識して、外部からの攻撃を防止するための対策を講じなければなりません。

具体的には、DBMSの機能を駆使して特定の人しかアクセスできないように設定したり、データベースと他のシステム間のデータの受け渡しは暗号化を施したりします。

4.ハードウェアを扱う技術スキル

データベースエンジニアに必要なスキルの4つ目は、ハードウェアを扱う技術スキルです。データベースを構築・運用するには、不具合を起こさないだけでなく、業務に差し障りのないパフォーマンスを維持し続けれなければなりません。

そのためには、データベースを構築するためのコンピューターについて、性能を把握する必要があります。

CPUの処理速度やメモリ・ハードディスクの容量など、ハードウェア的な知識を持っていいることで、コンピューターの性能を把握でき、パフォーマンスに優れたデータベースが構築できるようになるのです。

データベースエンジニアの資格おすすめ4選

データベースエンジニアになるために必要な資格はありません。 しかし、データベースに関する資格を有していれば、知識や技術力を持っていることの証明になるため、転職活動で有利に働きます。

データベースに関する資格は複数ありますが、その中でもおすすめの資格を4つ紹介しましょう。

おすすめ資格①:基本情報技術者

データベースエンジニアにおすすめの資格、1つ目は基本情報技術者です。

基本情報技術者は、IT技術に関する国家資格「情報処理技術者」の1区分であり、IT技術に関する基本的な知識・技術力を持っている人が資格認定の対象となります。

データベースにエンジニアに限らず、システムエンジニアなども最初に取得すべき資格として注目されているのが特徴です。データベースに限らず、プログラミング言語やネットワークなど、IT技術に関する問題が幅広く出題されます。

一見データベースエンジニアに関わりが無いように思えますが、データベースもIT技術の1つであり、他のIT技術と密接に関わる要素であるため、勉強しておいて損はありません。

実際の試験では午前と午後に分けて行われ、午前中ではIT技術に関する選択問題を解き、午後は長文読解しながら選択問題・記述問題を解きます。

午前試験で出題される問題のいくつかは、過去に出題された問題をそのまま出しているため、過去問を解いていればある程度カバー可能です。午後試験では、限られた時間内でいかに正確に文章を読解できるかが合格のカギとなります。

おすすめ資格②:データベーススペシャリスト

データベースエンジニアにおすすの資格、2つ目はデータベーススペシャリストです。

基本情報技術者と同じく国家資格「情報処理技術者」の1区分であり、基本情報よりも高度な知識、とりわけデータベースに関する技術を理解して、システム開発において専門家として技術支援できる人を対象としています。

試験難易度は高く、令和2年度の実績では合格率は15.8%でした。試験は午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱの4つに分けられ、午前Ⅰ・Ⅱは選択問題を解き、午後Ⅰ・Ⅱは、文章や図表などを参照しながら記述問題を解いていきます。

特に午後試験は、大量の文章や図表を素早く正確に読み解けるかが肝です。

おすすめ資格③:マイクロソフト認定資格プログラム

データベースエンジニアにおすすめの資格、3つ目はマイクロソフト認定資格プログラムでMCPとも言います。

マイクロソフトが主催する民間資格で、Microsoft SQL Serverなどマイクロソフトがリリースしている製品に関する知識を持っており、実践で活用できる人が認定対象です。

Microsoft SQL ServerはDBMSの1つで、数あるDBMSの中でも広く利用されているため、Microsoft SQL Serverを使いこなせるようになれば、さまざまな現場で活躍できます。

MCPは、製品ごとに複数の試験を設けており、その中からいくつかの試験に合格することで、難易度に応じた称号を認定されるのが特徴です。

称号は、未経験者レベルの「MTA」、新人エンジニアレベルの「MCSA」、ベテランエンジニアレベルの「MCSD」「MCSE」の4つ。最低限「MCSA」の称号の認定を受けていれば、十分に技術力をアピールできます。

データベースエンジニアとしては、MCPの中でも特にデータベースに関連する試験「MCSA: SQL 2016 Database Development」を受験するのがおすすめです。

おすすめ資格④:Oracle Master

データベースエンジニアにおすすめの資格、4つ目はOracle Masterです。
Oracleが開発したDBMS「Oracle Database」についての知識・技術力がある人が認定対象となります。

Oracle Databaseも、Microsoft SQL Serverと並んで多くの現場で採用されているため、身につけておいて損はありません。

難易度が4つに分かれており「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の順で難易度が高くなっていきます。 また、Oracle Masterはステップアップ形式の試験となるため、初受験の際はBronzeしか受験できませんので注意が必要です。

Oracle Databaseがバージョンアップすると認定資格も古くなってしまうため、新バージョンの認定資格をもらわなければなりません。 Oracle Masterでは、既に旧バージョンの認定資格を有する人に向けて、新バージョンの機能に関する問題を受けられる移行試験を設けています。

一から受験するよりも手間が少ないため、認定資格を更新したいときにおすすめです。

データベースエンジニアの将来キャリアパス

データベースエンジニアのキャリアパスは複数あります。ここでは、主に4つのキャリアパスを紹介しましょう。

プロジェクトマネージャー

1つ目のキャリアパスは、システム開発のプロジェクトマネージャーです。
スケジュールの調整やタスクの管理などを行い、システム開発をプロジェクトとして進めるために指揮を執ります。

プロジェクトマネージャーは、データベースエンジニアとしてシステム開発に参画した経験のほかに、マネジメントの知識やコミュニケーション能力が不可欠です。

責任のある立場であるため、プレッシャーに強くプロジェクトを成功させるという目標を強く持ち続けられる人に向いています。

スペシャリスト

2つ目のキャリアパスは、スペシャリストです。

その名の通り、データベースやそれに関わる知識をさらに深めて、システム開発における技術的な問題点について支援を行います。 知識を深めるには日々の勉強・調査が欠かせません。さらに、新しい技術に常に注目することも重要です。

勉強が苦にならず常に探求心を持って取り組める人は、スペシャリストに向いています。

セキュリティエンジニア

3つ目のキャリアパスは、セキュリティエンジニアです。

セキュリティエンジニアは、システム開発において主にセキュリティに関する設計・開発・運用を担当します。 データベースエンジニアは、データベースの知識以外にもセキュリティの知識も必要とすることから、セキュリティエンジニアの道に移るのも1つの手です。

とはいえ、データベースエンジニアのときよりも要求されるセキュリティ知識は深く、広範囲であるため、常に勉強して技術力を身につけることが求められます。

データサイエンティスト

4つ目のキャリアパスは、データサイエンティストです。
データサイエンティストは、ビッグデータを解析してその結果をビジネスに活用する人・職業を指します。

データサイエンティストになるために必要なスキルとして、データベースに関する知識が挙げられるので、データベースエンジニアからジョブチェンジするのも1つの手です。

データベース以外にも、データサイエンティストはプログラミング言語や統計学など、あらゆる知識が必要になります。 また、ビジネスに活用する場合はクライアントに正確に説明するためのコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力も必要不可欠です。

今後さらにビッグデータが普及するため、最新のトレンドに触れながら将来性のある仕事をしたい人におすすめのキャリアパスといえます。

まとめ

今の時代、データは非常にビジネスにおいて重要なファクターです。データを蓄積し、どう扱うか。それによって、企業のビジネス成長度は変わってきます。
そのため、各企業がデータ収集を日々行なっています。今回は、データベースエンジニアについて解説しました。本記事を見て、データベースエンジニアを目指して見てください。