ネットワークエンジニアとはどんな仕事?年収や資格、将来性も簡単に紹介

「ネットワークエンジニアって何するの?」
「目指したいけど、年収や将来性が気になる…」
「なるには何から始めればいいの?」

と悩んでいませんか?

実際に目指すなら、ネットワークエンジニアがどんな仕事をするのか?年収はどれくらいなのか?将来性はあるのか?など、詳しい事情は知っておきたいですよね。

そこで今回はネットワークエンジニアの仕事内容を将来性や必要なスキル、就職・転職のロードマップも交えてご紹介します。

この記事を読めば、この記事を読めば、あなたにネットワークエンジニアが最適な職業なのか判断できるようになりますよ。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワーク全般の管理から設計や構築、運用までを担当する技術者です。

「コンピュータネットワーク」と聞いても、あまりイメージが湧きませんよね。しかし、電子メールやSNS・電子決済など、あらゆるWebサービスを日常的に使えるのはネットワークがあるからこそ。

ネットワークなしでは、動画やオンラインゲームも楽しめません。そんな、生活に欠かせないネットワークを管理するのが、ネットワークエンジニアの役割です。

いわばネットワークエンジニアは、ネット社会の現代を支える「縁の下の力持ち」といえますね。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、下記1~3の手順に沿って仕事を行います。

  1. ネットワークの設計
  2. 設計したネットワークの構築
  3. 構築したネットワークの運用・保守

1つひとつの仕事をバラバラに理解するのではなく、1~3の順序で頭に入れるとネットワークエンジニアの仕事がイメージしやすくなりますよ。

ではそれぞれ解説していきますね。

1.ネットワークの設計

クライアントの要望に沿ったネットワークの設計は、ネットワークエンジニアが担当する仕事の1つです。

「クライアントがどんなシステムを求めているか」を詳細に聞き、要望に適したネットワークを設計します。いわば設計図を作るわけですね。

クライアントがイメージする理想のネットワークが作れるよう、使用するルーターの種類や数、回線など仕様に関する細かなすり合わせが大切です。クライアントの意向にズレた設計図を作ってしまうと、後で取り返しがつかなくなりますからね。

また、ネットワークを構築するまでのスケジュール感はもちろん、構築にかかる費用や維持コストもこの段階でクライアントとすり合わせを行います。

2.設計したネットワークの構築

ネットワークの設計ができたら、立てたスケジュールをもとにシステムの構築を行います

クライアントからの依頼内容にもよりますが、大規模なネットワークの構築には数か月者時間がかかることもあるんです。システムの構築後は、正常に作動するかを確認するため、テストやシュミレーションも行いますからね。

テストやシュミレーションを重ね問題がなければ、実際に運用する段階へ入ります。

3.構築したネットワークの運用・保守

ネットワークエンジニアの仕事は、「クライアントの要望に沿うシステムを作って終わり」なんてことはありません。

構築したネットワークの運用・保守も、ネットワークエンジニアの仕事です。問題なくシステムが稼働し続けるよう、点検を怠りません。

もちろん、トラブルが起きた際にはすぐさま現場へ駆けつけ、原因の特定と解決に当たります。システムの設計から運用の保守まで担当するネットワークエンジニアは、まさにクライアントを支える「縁の下の力持ち」なのです。

ネットワークエンジニアの平均年収は約451万円

ネットワークエンジニアの仕事内容が理解できた方の中には、

「ネットワークエンジニアの年収ってどれくらいなの?」

と気になっている方もいますよね。

下に、ネットワークエンジニアの平均年収をシステムエンジニア・会社員全体の年収と比較できるようまとめてみました。

平均年収
ネットワークエンジニア 約451万円
システムエンジニア 約551万円
会社員の平均年収 約436万円

出典元:転職・求人doda厚生労働省「平成29年 賃金構造基本統計調査」国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」

上の表から、ネットワークエンジニアの平均年収は一般会社員よりも高く、システムエンジニアよりも低いことがわかります。

他のIT技術者と比べ、ネットワークエンジニアの平均年収は低い傾向にありますね。ただ、コンサルティングや管理といった上流工程の仕事ができるスキルや実績を積めば、年収アップは十分に期待できます。

ネットワークエンジニアとして獲得する年収は、身につけるスキルや実績次第で変わりますからね。そのため、「理想の年収」を見据えて、必要なスキルや実績を積むと良いですよ。

ネットワークエンジニアに必要な言語

「アプリエンジニアに必要なプログラミング言語ってどれだろう?」

と疑問を感じている方も多いはず。

どの言語を学んだら良いかなんて、経験者でもなければ見当もつかないですよね。

結論、ネットワークエンジニアとして働くなら、下記のプログラミング言語の習得をおすすめします。

  • Java
  • Python
  • PHP

上の3つは、Webシステムやアプリの開発に使われるプログラミング言語です。「開発言語」とも呼ばれていますね。

先にも解説しましたが、ネットワークエンジニアはシステムの設計から構築、運用・保守を担当します。しかし、上3つのような開発言語を扱えるネットワークエンジニアは少ないのが現状なんです。

そのため、開発言語が扱えるスキルを身につけておけば、仕事の幅が広がるだけでなく周囲と差をつけられますよ。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

先にて解説したネットワークエンジニアの仕事を卒なく行うためには、次3つのスキルが必要です。

  • コミュニケーション能力
  • ネットワークの構築スキル
  • 論理的思考力

ネットワークエンジニアの仕事内容を頭に思い浮かべながら読んでいただくと、必要なスキルのイメージが湧きやすくなりますよ。

ではそれぞれ解説していきます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、ネットワークエンジニアに欠かせない能力の1つです。

上記でも解説しましたが、クライアントに対して適切なヒアリングが行えなくては、要望に沿うネットワークを構築できませんからね。

ネットワークの仕様から構築までのスケジュール感や費用など、クライアントの意向とズレがないよう細かくすり合わせられるかは、ネットワークエンジニアのコミュニケーション能力次第です。

また、円滑なコミュニケーションはクライアントとの良好な信頼関係にも繋がります。コミュニケーション能力なくして、ネットワークエンジニアの仕事は務まらないですね。

ネットワークの構築スキル

ネットワークを構築する技術も、ネットワークエンジニアに必要な能力です。設計したシステムを自身で作れなくては、技術者とは呼べませんからね。

構築にはネットワーク全般の知識はもちろん、無線LANやWebサーバーに関する知識が求められます。また最近では、クラウド型サービスが普及しているため、クラウドに関する知識を求められる場合も多いです。

ネットワークの構築スキルが高ければ、あらゆるクライアントの要望に応えられるため、請け負える仕事の幅も広がりますよ。

論理的思考力

物事を順序立てて考えられる論理的思考力も、ネットワークに欠かせない能力の1つです。

つじつまが合うよう物事を順序立てて考えられなくては、適切なネットワークの設計や構築はできません。

また、ネットワークの運用中にトラブルが発生した際、専門的な知識がないクライアントへわかりやすい説明ができるかどうかもネットワークエンジニアの論理的思考力次第です。

構築するネットワークやクライアントへの説明など、ネットワークエンジニアが的確にアウトプットするには論理的思考力が求められますよ。

ネットワークエンジニアに資格は必要?

結論、ネットワークエンジニアになる上で必要な資格はありません。ネットワークエンジニアの仕事に「この資格がないとできない」といった業務はないからです。

しかし、ネットワークエンジニアに精通する資格を取得しておけば、、就職や転職・フリーランスとして案件を獲得する際などに信頼へ繋がる武器になります。

そのため、就職や転職を有利に進めたい方は、次の資格を取得しておくと良いですよ。

  • 基本情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • シスコ技術者認定
  • CCNA
  • CCNP(CCNP取得後)

また、次の記事ではネットワークエンジニアにおすすめの資格について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

ネットワークエンジニアおすすめ資格6選!必要性や理由、メリット・デメリットも紹介

ネットワークエンジニアとその他のエンジニアの違い

「エンジニアの職種ってたくさんあるみたいだけど、違いがよくわからない…」

システムエンジニアやインフラエンジニア・サーバーエンジニアなど、エンジニアは職種ごとに名前がわかれているものの、一見するとややこしいですよね。

しかし、エンジニアの名前が何を基準にわけられているかがわかれば、このややこしさは解決できます。

結論、エンジニアの名前は担当する仕事によってわけられています

そのため、エンジニアごとの仕事内容が理解できれば、自然と区別できるようになるわけです。

前置きが長くなりましたが、ここからはネットワークエンジニアとの違いに焦点を当てながら、ほかのエンジニアの仕事内容を紹介していきます。

ぜひ、上記を頭に入れながら読み進めてみてください。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いは、コンピュータネットワークの管理や構築・運用を担当するか、コンピュータ上で利用するソフトウェアの設計・開発を担当するかです。

住宅に例えるならば、家を作るのがネットワークエンジニア、家具を作るのがシステムエンジニアとなります。

ネットワークエンジニアが構築したコンピュータネットワークの上で利用できるソフトウェアを設計・開発するのが、システムエンジニアの仕事です。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアでは何を作るかが異なるものの、どちらもWebサービスを利用するには欠かせない役割を担っています。

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違いは、コンピュータネットワーク全般の管理や構築・運用を担当するか、ネットワークを含めたインフラ全般を担当するかです。

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク領域以外のインフラを担当する技術者になります。

そのため、「ネットワークエンジニアの仕事はインフラエンジニアが担当する仕事の一部」と捉えても問題ないですね。

また、ネットワークエンジニアは、ネットワーク領域においてインフラエンジニア以上の専門家と位置づけるとわかりやすいですよ。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違いは、コンピュータネットワークの管理や構築・運用を担当するか、サーバーの管理や構築・運用を担当するかです。

サーバーの管理や構築・運用を担当するのがサーバーエンジニアの仕事になります。「エンジニアの名前は担当する仕事によってわけられている」と上記で解説しましたね。

そのため、ネットワークを担当するのがネットワークエンジニア、サーバーを担当するのがサーバーエンジニアになります。

「担当が違う」と覚えておくとイメージが湧きやすくなりますよ。

ネットワークエンジニアって実際どうなの?

「実際にネットワークエンジニアとして働いている人の声が聞きたい!」

とネットワークエンジニアの実態が気になっている人は多いはず。

ネットワークエンジニアを目指すなら、実際に働いている人がどう感じているのかは知っておきたいですよね。

そこで下記からは、ネットワークエンジニアとして働く人の口コミを紹介しながら、その実態に迫っていきます。

口コミから、前述したようにネットワークエンジニアはネット社会を支える縁の下の力持ちたる存在のようです。

日々電子メールやSNSを快適に利用できるのは、ネットワークエンジニアがいるからこそ!なんて実態は多くの人が知る由もありません。

とはいえ、大勢の生活インフラを支えているという事実は、ネットワークエンジニアのやりがいになると言えますね。

また、ネットワークエンジニアの仕事は資格が必須でないため、実績で評価される側面もあるようです。これはもちろん、ネットワークエンジニアに限った話ではありません。

しかし、理想の年収や仕事を獲得できるかは、自身の経験やスキル次第で決まるようです。

ネットワークエンジニアはきつい?やめとけ?

「ネットワークエンジニアってきついの?やめておいた方が良いかな…」

と上記の口コミから不安になった方もいますよね。

結論、ネットワークエンジニアにならない方が良いと断言はできません。どの職業にも良い面と悪い面があるからです。

大切なのは、ネットワークエンジニアの良い面と悪い面を理解し、「自分に合う、または理想を実現できる職業なのか」を判断すること。都合の良いところや悪い面だけで判断しては、後で悔やみかねません。

ただ、ネットワークエンジニアがやめとけと言われているのも事実。そこで、下記にネットワークエンジニアがやめとけといわれる代表的な理由をまとめました。

  • 勤務時間が不規則
  • 1日の労働時間が長い
  • 深夜まで働くことも珍しくない

上記から、ネットワークエンジニアがきつい・やめとけと言われるのは、クライアントの要望に応える仕事であることが大きな理由のようです。

もちろん、ネットワークエンジニアに限った話ではありませんが、クライアントベースの仕事は働く時間が不規則かつ長くなります。

「できるだけ人とのコミュニケーションを取りたくない…」「決められた時間で働きたい」などの条件がある方は、ネットワークエンジニアを目指すかどうか慎重に検討すると良いですよ。

また、下の記事では今回紹介したネットワークエンジニアがやめとけと言われる理由について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

【徹底解明】ネットワークエンジニアはやめとけと言われる5つの理由

ネットワークエンジニアの今後や将来性、需要は?

結論、ネットワークエンジニアが今後の需要を高めるには、ネットワーク領域に留まらないスキルの習得が必要です。

これには、クラウド型サービスの普及が大きく影響しています。そもそも、これまで多くの企業は、サーバーやネットワークを自前で保有し社内の設備を整えていました。

しかし、第三者のサーバーを自由に利用できるクラウド型サービスが普及したことで、サーバーやネットワークの保有は不要に。企業は必要な時に必要な分だけクラウドを借り、社内のネットワークを整えられるようになりました。

例えるなら、これまで買うしかなかったCDやDVDがレンタルできるようになったのです。レンタルの利便性は、皆さんも普段から身にしみていますよね。

もちろん、クラウド型サービスが普及したからといって、すべての会社が自前でサーバーやネットワークを保有しなくなるわけではありません。常に稼働し続けるようなサーバーの運用を、クラウド型サービスで代行するのは難しいからです。

前置きが長くなりましたが、上記から今後ネットワークエンジニアにはネットワーク領域だけでなく、クラウドに関する知識や技術も必要になります。

「仕事がなくなるってこと?」と不安を感じた方もいるかもしれません。しかし、仕事がなくなるどころか、ネットワークエンジニアにとってはむしろチャンスなんです。

クラウドのように新しいインフラ環境が生まれれば生まれるだけ、ネットワークエンジニアの仕事場は増えますからね。

そのため、日々目まぐるしく変化する状況の変化に適応しながら必要なスキルを習得できれば、需要の高いネットワークエンジニアとして活躍できますよ。

ネットワークエンジニアへ就職・転職するためのロードマップ

いざネットワークエンジニアへ就職・転職しようにも、道のりがわからなくては目指しようもないですよね。

また、ネットワークエンジニアになるなら、遠回りせずできれば最短で職に就きたいと望んでいる人は多いはず。

そんな方は、次のロードマップを参考にネットワークエンジニアへの就職・転職を目指すと良いですよ。

上画像を見ればわかるように、ネットワークエンジニアになるなら、PythonやJava、PHPといったプログラミングスキルを習得してから就職・転職するのがおすすめです。

上記でも解説しましたが、現状プログラミングスキルのあるネットワークエンジニアは多くありません。またネットワークエンジニアは他エンジニアの仕事と比べ、はじめのうちから専門的なスキルが必須ではないため、未経験の方を採用するケースも珍しくないのです。

そのため、PythonやJava、PHPといったプログラミングスキルを習得していれば、就職・転職後も即戦力として活躍できますよ。

独学でもネットワークエンジニアへ就職・転職できるの?

結論、独学でもネットワークエンジニアへの就職・転職は可能です。

上記でも解説しましたが、未経験の方をネットワークエンジニアとして採用する企業は少なくありません。また、PythonやJava、PHPといったプログラミングスキルは独学でも十分習得できます。

そのため、独学でネットワークエンジニアになるなら、必要なプログラミングスキルを習得した後に就職・転職すると良いですよ。

未経験からでもネットワークエンジニアへ就職・転職できるの?

ネットワークエンジニアへの就職・転職は、未経験からでも可能です。これは、上記でも何度か解説しましたね。

ただ、企業よっては未経験の方を採用しないところもあります。将来のキャリアを見据えるなら、上記ロードマップを参考にプログラミングスキルを習得した後、ネットワークエンジニアへの就職・転職を目指すと良いですよ。

フリーランスのネットワークエンジニアとして副業できるの?

ネットワークエンジニアがフリーランスとして独立・転身を果たすのは可能です。また、アプリ開発やセキュリティの環境構築など、ネットワークエンジニア向けの案件も豊富にあります。

ただ、会社に所属しないフリーランスのネットワークエンジニアが理想の報酬や仕事を獲得できるかどうかは、自身のスキルや実績次第です。

下の引用からもわかるように、仕事を依頼する企業へ証明できるスキルや実績があれば、フリーランスのネットワークエンジニアとして十分に活躍できますよ。

フリーランスの場合、得られる報酬は、本人の能力に比例する。最新の技術を保有し、高い開発能力を持つなど、需要が高い人材には高い報酬が支払われることになる。

フリーランスの収入は、個々に契約した仕事に対して支払われる報酬で成り立っているため、年功序列による年齢や勤続年数の影響を受けない働き方と言える。

引用元:IT人材白書2016

次の記事では、ネットワークエンジニア向けの副業案件について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

ネットワークエンジニアで副業できる?種類やメリット、デメリット、始める方法も解説

ネットワークエンジニアになるおすすめの勉強方法

これまで解説してきた通り、ネットワークエンジニアは未経験からはもちろん、独学でなるのも可能です。

そこで最後に、ネットワークエンジニアになるおすすめの勉強方法を紹介します。

  • 学習本を使って勉強する
  • 学習サイトを使って勉強する

自分に適した勉強法選びにご活用ください。ではそれぞれ解説していきますね。

学習本を使って勉強する

ネットワークエンジニアに必要な知識やスキルが学べる本は、基礎から応用、資格の取得に特化したものまでさまざまです。

そのため、自分の目的に合わない本を選んでは後で悔やみかねません。自分に適した学習本が選べるよう、学びたい内容を明確にしたり買う前に本の内容を確認すると良いですよ

また、下の記事ではネットワークエンジニアに必要な知識やスキルが学べるおすすめ本を基礎・実践のカテゴリー別に紹介しているので、良ければ参考にしてください。

ネットワークエンジニアの学習本・参考書おすすめ6選【基礎・実践別】

学習サイトを使って勉強する

ネットワークエンジニアに必要な知識やスキルは、学習サイトを使って学ぶのもおすすめです。通信できる環境とデバイスさえあればどこでも勉強に励めるのは、学習サイトの最たる特徴ですね。

しかし、本とサイトはどちらも一長一短です。そのため、自分に適した学習方法を選ぶと良いですよ。

ちなみに、おすすめの学習サイトを下記にまとめているので、良ければ参考にしてください。

サイト名 特徴
Minutes Networking ネットワーク全般の知識をわかりやすく学べる
ネットワークエンジニアとして ネットワークエンジニアが運営する学習サイト
Ping-t CCNA対策に特化した学習サイト

まとめ

今回はネットワークエンジニアの仕事内容から将来性、なるために必要なスキルや就職・転職のロードマップまで紹介しました。

ネットワークエンジニアは、Webサービスの利用を支える縁の下の力持ちたる存在です。また、他のエンジニアと比べて、未経験から目指しやすい職種でもあります。

ただ、今後はネットワーク領域に留まらないスキルの習得が欠かせません。先のキャリアを見据えつつ、今から必要なスキルの習得に動き出すと良いですよ。