Go言語Webアプリの作成方法!効率を上げる方法やおすすめの学習方法も解説

Go言語Webアプリの作成方法!

Go言語はプログラミング言語の中でも新しい言語ですが、初心者から経験者まで注目を集めています。

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語のwebアプリを作成するタイミングはいつ?」
「webアプリを作成するには、何から始めたらいいの?」

などGo言語のwebアプリを作成するタイミングや使用環境を整える方法を知りたいと思っていませんか?

Go言語は処理速度が高く、並列処理が可能でアプリケーション開発に向いています。そのため、自分でwebアプリを作成できます。

しかし、webアプリを作成するためには知識や技術を身につけておく必要があります。これは基本的なことを理解していないと、作業途中で諦めてしまうからです。

Go言語のwebアプリを作成したい人は、どのタイミングで行えばよいのか気になるでしょう。この記事では、Go言語のwebアプリの作成について解説します。

具体的な内容としては、

  • Go言語のwebアプリを作成するタイミングは?
  • Go言語のwebアプリを作成するために環境を整える
  • Go言語のwebアプリを作成するときにおすすめのフレームワーク
  • Go言語を学習する方法
  • Go言語おすすめ資格

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人は、webアプリの作成のタイミングや使用環境を整える方法を把握できます。さらに、オリジナルのwebアプリを作成しようとチャレンジしてもいいでしょう。

Go言語について

Go言語は、プログラミング言語の初心者から経験者まで幅広い層に適しています。この言語はシンプルな記述かつ機能を限定しているため、作業がスムーズに行えるのです。例えば、アプリケーション開発やサーバー構築などが可能になります。

Go言語は2009年にリリースされたプログラミング言語で、歴史が浅いです。しかし、現役のエンジニアからも注目を集めており、今後も需要が高くなる見込みがあります。この言語に関連する仕事に就きたい人は、早めに学習することをおすすめします。

今後、Go言語は需要が高くなる見込みがあるため、求人数が増えていくでしょう。この言語の歴史や仕事内容について、こちらで詳しく解説しています。

Go言語とは?【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語の特徴

Go言語はさまざまな特徴があり、作業を進めやすいです。この言語の特徴の中でも、以下の3つが他のプログラミング言語よりも優れている部分だといえるでしょう。

  • 初心者が使いやすい言語
  • 並列処理が可能
  • 実行速度が速い

Go言語はシンプルなコードかつ機能が絞られているため、初心者でも使いやすくなっています。さらにフレームワークを活用することで、効率的な作業ができますよ。

ソースコードを記述した後はコンパイルを行い、機械が読み込めるようにします。その際、実行速度が速くなっており、時間が短縮できるのです。さらに、大量のデーターの処理も可能になっています。

Go言語はシンプルな記述で、初心者でも使いやすい言語です。また、並列処理や実行速度の速さなども特徴ですが、こちらの記事で詳しく解説しています。

Go言語6つの特徴【初学者必見】Go言語6つの特徴!できることや将来性、習得におすすめな人も紹介

Go語できること

Go言語の特徴として、「処理速度の高さ」や「並列処理」が挙げられます。この特徴は、以下の開発や構築する作業で力を発揮するのです。

  • アプリケーションの開発
  • Webサービス・サーバーの構築
  • 組み込みシステムの開発

Go言語は、「アプリケーションの開発」や「サーバー構築」に向いています。さらにフレームワークやパッケージを使うことで、効率的に作業が行えるでしょう。

フレームワークとパッケージは作業によって使い分けると、作業時間を短縮できますよ。

MEMO
パッケージは、複数のものを一つにまとめたものです。
フレームワークは、アプリケーション開発で使われる固定の型が決まっているものです。

Go言語は、アプリケーションの開発やサーバーの構築まで可能です。特にアプリケーションの開発に向いているプログラミング言語ですが、こちらで詳しく解説しています。

Go言語のできることってなに?Go言語のできることってなに?特徴や、メリット、向き不向き、学習方法も解説

Go言語のwebアプリを作成するタイミングは?

Go言語のwebアプリケーションを作成するタイミングは、基本的な知識や技術を身につけた後がおすすめです。なぜなら、基本のことを理解していないとアプリケーションを作れないからです。

例えば、本や学習サイトで学んだ後に、オリジナルのアプリやゲームの作成に行いましょう。

webアプリケーションを開発するためには、コードを正確に打ち込むことが大事です。仮にコードが間違っている場合は、正しく変換してくれません。

Go言語は基本の型が決まっているため、難しいコードを打つ必要がありません。初心者は基礎から応用まで自分に合ったペースで学習するようにしましょう。

仕事でGo言語に関連することに就いた人は、業務でアプリケーション開発を行う機会があるでしょう。その場合は、今まで培った知識や技術を活かして実践してください。

Go言語のwebアプリを作成するために環境を整える

webアプリケーションを作成する人は、Go言語が使える環境を整える必要があります。なぜなら、パソコンにGo言語の使える環境が整っていないとwebアプリの作成ができないからです。

以下がGo言語を使える環境に整える手順です。

  • ダウンロードを行う
  • インストールを行う
  • 動作の確認を行う
  • エディタを用意する

アプリケーションを作成するときは「Go言語」をダウンロードして、起動できるようにしておきましょう。インストールの詳しい内容はこちらで解説しています。

→Coming Soon……。

ダウンロードを行う

Go言語の開発環境を整えるためには、公式サイトからファイルをダウンロードします。ダウンロードする際は、自分が使用しているOSのファイルを選んで下さい。

例えば、OSがWindowsの場合は「microsoft Windows」のファイルをダウンロードします。他のOSである「mac」や「LinuX」を使用している人は、そちらのファイルを選択しましょう。

ダウンロードのときはOSを確認して、正しいファイルを選ぶようにしましょう。

インストールを行う

Go言語のファイルをダウンロード後は、ファイルをインストールします。ファイルをダブルクリックして「使用許諾契約の条項」を確認しましょう。そして、インストールを行います。

Go言語をインストールの最終画面の「Finish」のボタンを押せば、作業完了です。インストールの手順は難しくないため、一つずつ作業を進めていきましょう。

動作の確認を行う

Go言語をインストール後は「コマンドプロンプト」を使って、動作を確認します。コマンドプロンプトにコードを入力すると、正しくインストールされているのか確認できるのです。

例えば、インストールができていない場合は正しく表示されません。インストールができていない場合は、もう一度ダウンロードを試みてみましょう。

コマンドプロンプトを使う場合にGo言語のバージョンも表示されるため、間違いがないのか確認しましょう。

MEMO
コマンドプロンプトは、コードを入力できるところです。

エディタを用意する

Go言語の作業を行う際は、エディタを用意するようにしましょう。なぜなら、エディタを使うことで効率的に作業が進められるからです。

MEMO
エディタはテキストファイルのことで、文字の作成や保存などを行うソフトウェアのことです。

例えば、エディタにコードを保存していると作業の際に使用できます。事前にテキストコードを書いていると、作業の時間が短縮できるのです。

Go言語の開発や構築を行う人はテキストエディタを活用して、プログラミングの作業を効率的に進めていきましょう。

Go言語のwebアプリを作成するときにおすすめのフレームワーク

Go言語のwebアプリを作成する場合、「フレームワーク」が欠かせません。フレームワークは基本の型が決まっており、一から骨組みを作る手間が省けますよ。

おすすめのフレームワークは、

  • 例外にも対応できる「gin」
  • 拡張性が高い「echo」
  • 高速な反応「aero」

Go言語の作業に慣れていない人はフレームワークを使い、webアプリケーションを作成してみましょう。フレームワークを使用することで、オリジナルのアプリケーションができますよ。

こちらの記事でフレームワークを活用するコツを解説していますので、ご覧だくさい。

→Coming Soon……。

例外にも対応できる「gin」

Gin(ジン)は例外にも対応できるフレームワークです。また、ミドルウェアが豊富になっています。

MEMO
ミドルウェアは、OSとアプリケーションの間に存在するソフトウェアです。

例えば、アプリケーションがエラーで動かくならないようにサポートしています。そのため、アプリケーションにエラーが起きた場合に対応しやすくなるのです。

この言語は「Martini」というフレームワークが基礎で、高速処理が可能です。さらにセキュリティ面も安全なため、アプリケーション開発に向いていますよ。

拡張性が高い「echo」

echo(エコー)は拡張性が高く、カスタマイズがしやすいフレームワークです。このフレームワークは「RESTAPI」に向いています。

例えば、echo(エコー)はWebアプリケーション開発に適しています。

echo(エコー)はURI単位で処理の定義ができるようになっています。また、コードの記述が読みやすいです。このフレームワークは軽量で注目されていますよ。

MEMO
RESTAPIは、Webシステムを利用するためのプログラムを呼び出す規約です。
URIは情報やサービスなどを区別するためのデータ書式です。

高速な反応「aero」

aero(エアロ)は、シンプルで高速なフレームワークです。特に高速な点が最大の特徴といえるでしょう。例えば、他のフレームワークと比べるとaeroの方が速いです。

効率的な作業を行いたい人におすすめします。ただし、初心者よりも経験者の方が向いているフレームワークです。

それは、ドキュメントや情報が少ないためです。プログラミング初心者は経験を積んでから取り組んでみましょう。

Go言語を学習する方法

Go言語は初心者でも使いやすく、独学で学習できる言語です。独学でGo言語を学ぶ方法としては、

  • Go言語を学ぶサイトを活用
  • Go言語を学べる本を活用

が挙げられます。

上記の方法を活用することで、自分に合ったスタイルで学習を行えます。効率的に学習するためには、自分に合った本やアプリを見つけることが大事ですよ。こちらの記事で詳しい内容を解説しているので、ご覧ください。

→Coming Soon……。

Go言語を学ぶサイトを活用

Go言語を学ぶ方法として学習サイトがあります。学習サイトでは動画で学ぶスタイルがあり、隙間時間を活用して知識を深めていくのです。

以下がおすすめの学習サイトです。

  • 動画で学習する「ドットインストール」
  • 初心者向けの学習サイト「Progate(プロゲート)」

それぞれの学習サイトの特徴などについて簡単に解説していきますね。

ドットインストール

「ドットインストール」は、動画で学習するスタイルです。動画時間は約5分と短く、隙間時間でも学習を進められます。また、24回分の「Go言語入門コース」を活用すれば、Go言語の基礎を身につけられるでしょう。

Progate(プロゲート)

progate
出典元:progate

「Progate(プロゲート)」は、スライド式の学習とコードを書く方法で理解を深めていきます。このサイトは初心者でも学びやすい学習サイトのため、スムーズに行えますよ。

Go言語を学べる本を活用

Go言語を学べる本や参考書はいくつもあります。その中でも、基礎から応用まで分かれており学習する人のレベルに合った本や参考書を探しましょう。

以下がおすすめの本や参考書です。

  • スターティングGo言語
  • みんなのGo言語現場で使える実践テクニック

それぞれの本の特徴などについて簡単に解説していきますね。

スターティングGo言語

「スターティングGo言語」は、プログラミング言語を基礎から学びます。本の内容としては基本的な機能や開発ツールなどが解説されています。スターティングGo言語は、初心者向けの本です。

みんなのGo言語現場で使える実践テクニック

「みんなのGo言語現場で使える実践テクニック」は、「みんなのGo言語」の改訂版で基礎から学べます。Go言語を使うために必要な知識や技術を身につけられる一冊です。

Go言語を学びたい人は自分に合った本や参考書を見つけたいと考えるでしょう。こちらの記事では厳選した本や参考書を解説しています。

→Coming Soon……。

Go言語おすすめ資格

IT業界で働きたい人は、プログラミング言語以外にも必要な知識や技術があります。その中でも、以下の資格を取っておくことをおすすめしますよ。

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • 基本情報技術者

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」はマイクロソフト社の認定資格で、WordやExcelなどのレベルを証明します。受験者は自分のレベルに合った試験を受けて、合格を目指していくのです。IT関連の中でも人気のある資格なため、取得することをおすすめします。

基本情報技術者

「基本情報技術者」はIT業界で働く人にとって、おすすめの資格の1つです。この資格は国家資格であるため、取得することで一定の評価や実力が証明されます。IT業界の基本的な知識だけではなく、マネジメントも身につけられますよ。

IT業界で働きたい人は関連する資格を取るようにしましょう。資格を習得すると自分にとって、プラスになるからです。こちらの記事で資格について、詳しく解説しています。

→Coming Soon……。

まとめ

Go言語のwebアプリを作成するタイミングやダウンロードする手順、フレームワークについて解説しました。この言語を使って、webアプリケーション開発やサーバー構築などを行ってみましょう。

  • Go言語のwebアプリ作成の際はフレームワークを使い、効率化を図る
  • Go言語のwebアプリ作成は、知識や技術を身につけた後に行う

Go言語はフレームワークを活用することでwebアプリの作成が簡単にできるようになります。プログラミング初心者はGo言語を学んだ後に、オリジナルのwebアプリを作ってみましょう。webアプリが作成できるようになると、自信がつきますよ。

こちらの記事もおすすめ

Go言語の入門を解説!【初心者必見】Go言語の入門を解説!特徴や仕事内容、学習方法、おすすめサイトも紹介