【徹底解明】Go言語5つのメリットと4つのデメリット!向いてる開発内容やおすすめの学習方法も

Go言語5つのメリットと4つのデメリット!

Go言語は2009年に開発されたプログラミング言語です。この言語は、シンプルな記述かつ信頼性の高く初心者から経験者まで人気があります。

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語のメリットってなに?」
「Go言語のメリットとデメリットの両方を知りたい!」

などGo言語のメリットやデメリットについて知りたいと思っていませんか?

Go言語はシンプルな記述なため、初心者でも使いやすくなっています。また、学習サイトや本を活用して、独学で学んでいけるのです。しかし、Go言語のメリットやデメリットの両方を知っておく必要があります。それはGo言語を使い始めたときに、効率的に活用できるからです。

Go言語のメリットを知りたい人は、具体的な内容が気になるでしょう。この記事では、Go言語のメリットについて解説します。

具体的な内容としては、

  • Go言語の5つのメリット
  • Go言語の4つのデメリット
  • Go言語で開発すると便利な開発内容
  • Go言語が学べるおすすめ学習方法

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人は、Go言語のメリットを把握できますよ。さらに、この言語を学んでいこうとやる気に満ち溢れるでしょう。

それでは、本題に入っていきましょう。

Go言語について

Go言語はgoogleが2009年に開発したプログラミング言語で、初心者から経験者まで幅広い層に人気があります。この言語はシンプルなコードになっているため、初心者でも使いやすいのです。また、機能が限定されており基本の型が決まっています。

例えば、基本の型に従ってコードを打っていくため、複雑な型を覚える必要がありません。また、コードの基本の型が決まっていると、途中で分らなくなるリスクが減ります。

Go言語について、詳しい内容を知りたくなった人もいるでしょう。こちらの記事でGo言語に関連することを項目に分けて解説していますので、ご覧ください。

【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語の5つのメリット

Go言語は「静的型付け言語」と「動的型付け言語」のメリットがあり、使いやすくなっています。さらに、シンプルな記述のため、コンパイルの処理も速いです。

この言語には、以下の5つのメリットとして

  • 初心者でも使いやすい
  • 処理速度が速い
  • 並列処理が可能
  • 豊富なライブラリ
  • 安全性が高い

があります。それぞれのメリットについて詳しく解説します。

MEMO
静的型付け言語は、変数や関数などの方法を決めている言語。
動的型付け言語は、変数や関数などの方法を想定する言語。
コンパイルは、プログラミング言語を機械語へ変換する方法。

初心者でも使いやすい

Go言語の1つ目のメリットは、初心者でも使いやすいところです。この言語はシンプルな記述なため、プログラミング言語の未経験者でも理解しやすくなっています。

例えば、コードの基本の型が決まっているため、他の方を覚える必要がありません。また、機能を限定しており、作業が進めやすいです。

Go言語は、他のプログラミング言語よりもシンプルなコードになっています。今後、プログラミング言語を習得する人におすすめしますよ。

処理速度が速い

Go言語の2つ目のメリットは、処理速度が速いことです。

例えば、コードを機械語に変換するときの処理が速くなっています。この処理をコンパイルといいますが、プログラミング言語やコンパイラによって処理速度が異なるのです。

Go言語の場合はコードがシンプルで種類が限られているため、コンパイルが速くなっています。この言語は他のプログラミング言語に比べて処理速度が速くなっており、作業時間を短縮できます。

MEMO
コンパイラは、コンパイルするときに使用するソフトウェア。

並列処理が可能

Go言語の3つ目のメリットは、並行処理が可能であることです。複数の作業処理や大量のデータを効率的に行えます。さらに、CPUに大きな負担をかけずに処理が可能です。

エンジニアが仕事する場合に、Go言語を使うことで効率的に作業が進められます。また、フレームワークやライブラリーを使用することで、作業時間が短縮できるでしょう。

MEMO
並列処理は、複数のCPUを効率的に使うための機能。

豊富なライブラリ

Go言語の4つ目のメリットは、豊富なライブラリがあることです。作業でライブラリーを活用することで、効率的に進められます。

Go言語は豊富なライブラリーがあるため、状況に応じた機能が使えます。例えば、ライブラリーを活用することでコードを減らせますよ。コードが減らすことでシンプルな実装になるため、複雑な仕組みになりません。

効率的に作業を行うためには、ライブラリーの活用をおすすめします。

MEMO
ライブラリーは、複数のプログラムを利用できる状態でまとめたもの。

安全性が高い

Go言語の5つ目のメリットは、安全性が高いところです。この言語はシンプルな記述のため、複数の人が業務に携わった場合でも統一性があります。また、基本の型が決まっており、複雑なコードになりません。

Go言語は基本の型に従って作業を進めて、型を宣言します。そのため、途中でミスが起きにくくなりリスクを減らせるのです。Go言語はシンプルなコードかつ機能が限定されていますが、安全性が高いプログラミング言語です。

Go言語の4つのデメリット

Go言語は、シンプルな記述かつ信頼性が高く、初心者でも使いやすくなっています。しかし、この言語にも4つのデメリットがあります。Go言語は簡単に作業ができる機能をもっていますが、非効率な部分もあるのです。

デメリットとしては、

  • 例外処理ができない
  • 継承ができない
  • Genericsがない
  • 情報量が少ない

があります。それぞれのデメリットについて解説します。

例外処理ができない

Go言語の1つ目のデメリットは、例外処理ができないことです。これは基本の型以外の型に対応できないことを指します。

例えば、決まった型以外のコードに対して、正しく処理ができません。また、例外処理が含まれてしまうと、予想できない動作が起きるリスクもあります。

Go言語は決まった型に従って、コードを正確に打てるようにしましょう。

継承ができない

Go言語のデメリットの2つ目は、コードの継承ができないことです。

この機能は他のプログラミング言語で用意されています。そのため、プログラミングの経験者にとって、不便と感じることもあり得るでしょう。

コードの継承が無い場合は、一から作らなければいけません。効率的な作業を行いたい人は、Go言語にコードの継承がないことを覚えておきましょう。

Genericsがない

Go言語の3つ目のデメリットは、Genericsが存在しないことです。Genericsが無い場合は、同じコードで他の型の処理ができません。この機能に慣れている人は、作業の効率性が下がることもあるでしょう。

Go言語は管理機能で、メモリの値の型を明確しなければいけません。一つのコードで複数の型に対応できませんが、安全性が高くなる面もあります。

MEMO
Genericsは、同じプログラムコードでさまざまなデータを処理できることです。

情報量が少ない

Go言語のデメリットの4つ目は、情報量が少ないことです。この言語は2009年に開発されたプログラミング言語のため、情報量が多くありません。そのため、他のプログラミング言語よりも情報がないのです。

Go言語は、現役のエンジニアからも注目されているプログラミング言語です。今後、新たな情報が増えていくでしょう。

また、新たなバージョンが更新されることから、新たな機能が追加される可能性もありますよ。

Go言語で開発すると便利な開発内容

Go言語は並列処理が可能で、処理速度が高くなっています。そのため、大量のデータ処理にも対応できるため、以下のような開発や構築に向いているのです。

  • Webサービス・サーバーの構築
  • アプリケーションの開発
  • 組み込みシステムの開発

Go言語は「Webサービス・サーバーの構築」で活用され、パッケージを使うことで効率的に作業が行えます。サーバー構築の作業を一から行うと、時間がかかってしまいます。そのため、パッケージを導入することで大幅に時間や労力を削減できますよ。

MEMO
パッケージは、いくつもの要素を1つにまとめたもの。

Go言語は、「アプリケーションの開発」に向いています。この言語は、「Windows」や「mac」などのOSに対応しています。それぞれのOSに対応したアプリケーションの開発が可能です。

Go言語は並列処理が可能なことや処理速度が高いことなど、アプリケーションの開発で力を発揮します。この言語は「組み込みシステムの開発」も可能です。

また、フレームワークを活用することで作業効率が向上します。例えば、フレームワークの「Gobot」を使うことで、複雑な作業が可能になります。機械やドローンを作る場合は、Go言語とフレームワークを使いましょう。

Go言語が学べるおすすめ学習方法

Go言語は、独学で学習を進めていくようになります。この場合、自分の生活スタイルに合った学習方法を選びましょう。

Go言語を学習する方法には、

  • Go言語を学ぶサイトで学ぶ
  • Go言語を本で学ぶ
  • Go言語のアプリで学ぶ

があります。それぞれの学習方法の中から自分に合ったものを選んで、計画的に学びましょう。自分にはどのような学習方法が合っているのか悩んでいる人は、こちらの記事をご覧ください。

独学で習得するあなたへ!Go言語おすすめ学習方法を紹介【学習サイト・本】

Go言語を学習サイトで学ぶ

Go言語を学ぶ方法の1つ目は、「学習サイト」を活用することです。学習サイトは「動画」や「スライド式の学習」などの方法で、プログラミング言語の知識や技術を身につけていきます。

例えば、学習サイト「ドットインストール」では約5分の動画を視聴して、Go言語を学んでいきます。また、他のサイトでは練習問題が準備されており、自分のレベルに合ったものを解いていくスタイルもあるのです。

Go言語の学習サイトはいくつもありますが、自分の生活スタイルや学びやすいものを選ぶようにしましょう。

Go言語を本で学ぶ

Go言語を学ぶ方法の2つ目は、「本」を活用することです。本は基礎編から応用編までさまざまな種類があるため、自分のレベルに合ったもので学習しましょう。

例えば、Go言語の初心者の場合は基礎を学べる内容の本を選びます。また、基礎から応用まで幅広く学びたい人は対応した本を見つけましょう。

自分に合った本を見つけ出せない人は、インターネットの口コミや評価を見てみましょう。実際に本を使った人の意見が聞けるため、参考になりますよ。

こちらの記事では、Go言語を学べる本を基礎から応用に分けて解説しています。本選びに悩んでいる人は、参考して頂ければ幸いです。

Go言語が学べるおすすめ学習本・書籍6選!【基礎、実践別に紹介】

Go言語のアプリで学ぶ

Go言語を学ぶ方法の3つ目は、「Go言語のアプリ」を活用することです。これはGo言語を公式サイトからファイルをダウンロードします。そして、パソコンにファイルをインストールした後に動作の確認を行い、コードを打てるようにするのです。

例えば、Go言語のコードを直接打ち込んで学習したい人は公式サイトからファイルをダウンロードして、使用できる環境を整えます。Go言語が使用できる環境が整うことで、オリジナルのゲームやアプリが作れますよ。

プログラミング言語を習得するためには、直接コードを打っていくことが大事です。その理由は、実践する方が知識や技術が身につきやすいからです。コードを打つときは、ミスがないように気をつけましょう。

まとめ

Go言語5つのメリットと4つのデメリットや向いてる開発内容、おすすめの学習方法を解説しました。この言語は初心者でも使いやすく、優れた機能があります。

  • Go言語の処理速度や並列処理が、アプリケーションの開発に向いている
  • Go言語を学ぶ方法は、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶ

Go言語は、初心者から経験者まで活用できるプログラミング言語です。その中でも初心者に向いている言語のため、学習を進めてみましょう。Go言語の知識や技術を身につけることで、オリジナルのアプリやゲームが作れるようになりますよ。