【初学者必見】Go言語6つの特徴!できることや将来性、習得におすすめな人も紹介

Go言語6つの特徴

Go言語は、シンプルなコードかつ信頼性が高いプログラミング言語です。

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語の特徴ってなに?」
「Go言語にはどのような特徴があるのか知りたい!」

などGo言語の特徴を知りたいと思っていませんか?

Go言語は、プログラミング言語の中で歴史の浅い言語です。この言語はアプリケーション開発やサーバー構築などに向いており、大量のデータ処理に対応できます。

Go言語に関心がある人は、仕事として携わりたいと考えるでしょう。しかし、Go言語の特徴や将来性、向いている人などの情報を知っておく必要があります。

それは、仕事を始めてからギャップを感じないためです。この言語にはどのような特徴があり、仕事に活かしていけるのか把握できますよ。

この記事では、Go言語の特徴について解説します。具体的な内容としては、

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人はGo言語の特徴や将来性について、具体的な内容を把握できます。さらに、自分にとってこの言語が向いているのか判断でき、Go言語を習得したいと思うことでしょう。

それでは参ります。

そもそもGo言語とは?

Go言語(ゴーげんご)はGoogleが開発しました。

この言語は2009年に開発されたプログラミング言語で、歴史が浅いです。

しかし、初心者でもわかりやすいシンプルな記述と信頼性が高いため、人気があります。

MEMO
ソースコードは、コンピューターを動作するために必要な文字列です。

Go言語はシンプルな記述に加えて、機能が絞られています。そのため、プログラミング言語の初心者でも理解しやすくなっているのです。

この言語は「静的型付け言語」と「動的型付け言語」のメリットを持っており、コードを記述する際に使いやすくなっています。

MEMO
静的型付け言語は、変数や関数などを使う方法を決めている言語です。
動的型付け言語は、変数や関数などの使う方法を想定していく言語です。

Go言語は、プログラミング言語の初心者から経験者まで幅広い層におすすめできます。

今後、Go言語の学習を進めようと考えている人は、具体的な内容が知りたくなるでしょう。

以下の記事では、将来性や学習する方法などを詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【初心者必見】Go言語の入門を解説!特徴や仕事内容、学習方法、おすすめサイトも紹介

Go言語の6つの特徴

Go言語は、初心者でも知識や技術を身につけやすくなっています。また、「静的型付け言語」と「動的型付け言語」のメリットも持っているため、機能性が高いです。

この言語の特徴には、

  • 初心者でも使いやすい言語
  • 安全性が高い
  • 並列処理が可能
  • 処理速度が速い
  • 独自のキャラクター
  • 2人の開発者の存在

があります。6つの特徴について、項目ごとに解説します。

初心者でも使いやすい言語

1つ目の特徴は、「初心者でも使いやすい言語」であることです。

Go言語はシンプルなコードで、機能が限定されています。

例えば、コードの基本の型が決まっているため、初心者でも使用しやすいです。

また、コンパイラのときにミスがわかりやすくなっています。

Go言語は初心者でも学びやすい言語のため、知識や技術が身につけやすいでしょう。

さらにミスが見つかりやすく、作業をスムーズに進められますよ。

MEMO
コンパイルは、ソースコードをコンピューターが実行できるように変換することです。

安全性が高い

2つ目の特徴は安全性が高いことです。Go言語はポインタ演算がないため、メモリの安全性が高いのです。

例えば、ポインタ演算の計算が間違っている場合、危険な状態になります。

ポインタ演算がある場合に正しい知識を持っていないと、サイバー攻撃にも利用されるリスクがあります。

ポインタは使い方次第で、安全性が大きく左右されるのです。Go言語はポインタが無い分、リスクを避けられますよ。

MEMO
ポインタは、変数のアドレスを記憶することです。

並列処理が可能

特徴の3つ目は並列処理が可能なことです。

仕事する際に並列処理があることで、効率的に作業を進められます。

MEMO
並列処理とは、複数のCPUを効率的に使うための機能です。

例えば、エンジニアがアプリ開発を行うときにGo言語を使うことで、効率的に業務が行えます。

並列処理は大量のデータを処理する場合、同時に作業が進めながらCPUに負担をかけません。

仕事で複数の作業を行う場合、並列処理を活用することで効率的な作業ができますよ。

処理速度が速い

4つの特徴は処理速度が速いことです。そのため、コンパイルに費やす時間が短くなります。

例えば、Go言語で打ち込んだソースコードを機械語への変換する場合、他のプログラミング言語よりも早くなることがあります。

さらにコンパイルが早いことで、仕事の効率が向上するのです。

Go言語を用いた業務は、処理速度が速くスムーズに作業を進められるでしょう。

独自のキャラクター

5つ目の特徴は、独自のキャラクターが存在することです。

Go言語には、Gopher(ゴーファー)というキャラクターがいます。Gopherの意味は「ホリネズミ」で、インパクトのあるイラストになっていますよ。

Go言語のキャラクター・Gopherはライセンスが付与されており、クレジットを表記すると使用できます。

さらに、オリジナルのGopherが作成可能なため、グッズの販売も可能です。Gopherに興味がある人は、公式のホームページを確認してみましょう。

参考 The Go Programming LanguageThe Go Programming Language

2人の開発者の存在

6つ目の特徴は2人の開発者の存在です。

Go言語は2009年に開発されたプログラミング言語で、ログ・パイク氏とケン・トンプソンの2人が開発しました。

ログ・パイク氏は「Limbo」の言語、ケン・トンプソン氏がC言語を開発しています。

2人はプログラミングの複雑化やコンピューターの処理速度を高めるため、Go言語を開発したのです。

Go言語は2014年にリリースされた「バージョン1.4」をきっかけに、インターネットやWeb業界で注目されるようになりました。

Go言語できることは?

Go言語はシンプルなコードで信頼性が高く、処理機能も優れています。

この言語の特徴である並列処理や処理速度の高さは、アプリケーション開発やサーバー構築などに向いてます。

各項目で具体的な例を挙げて解説します。

Go言語を使ったアプリケーション開発やサーバーに構築について、詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

Go言語のできることってなに?特徴や、メリット、向き不向き、学習方法も解説

Webサービス・サーバーの構築

Go言語は、Webサービスやサーバーの構築に向いています。

さらに、Webサーバー構築するときにパッケージを用いることで、効率的に作業を進められるのです。

例えば、Go言語とパーケージを用いることで「YouTube」のサーバー構築も可能になります。

Go言語はパッケージやフレームワークを使うことで、時間をかけずに作品ができます。

作業を効率的に行うためには、状況に応じてパッケージとフレームワークを使い分ける必要があるでしょう。

アプリケーションの開発

Go言語は、アプリケーション開発に向いているプログラミング言語です。

アプリケーション開発を行う場合は、データ処理が優れているとスムーズに作業が行えます。

この言語が対応しているOSは、

  • Windows
  • macX
  • Android
  • iOS

などがあり、幅広く対応可能です。

「メルカリ」や「YouTube」などのアプリケーションにも活用されています。

Go言語は処理速度の高く並列処理が可能なため、アプリケーション開発に向いているのです。

また、個人でオリジナルのアプリケーションも開発できますよ。

組み込みシステムの開発

Go言語は組み込みシステムの開発が可能です。

また、組み込みシステムの開発ではフレームワークを使うと作業の負担が軽減できます。

例えば、「ドローン」や「ロボット」のシステム開発が可能です。

この場合は、フレームワークの「Gobot」を使うことで、複数のデバイスと通信できようになります。複雑な作業する場合はフレームワークを使いましょう。

MEMO
デバイスは、機械や装置のことです。

Go言語の将来性は?

Go言語はエンジニアからも注目されるプログラミング言語で、将来性が高くなっています。

この言語はIT技術との相性が良く、今後も需要があるでしょう。

例えば、アプリケーション開発やサーバー構築が可能で「メルカリ」にも使用されています。

Go言語は国外企業だけではなく、国内企業でも導入されています。

今後、Go言語を導入する企業が増えていくでしょう。

そのため、この言語を使えるエンジニアは会社から必要とされるようになりますよ。

HackerRank社は「Developer Skills Report」を発表して、Go言語が開発者の学びたいプログラム言語で一位を獲得しました。

この言語は現役の開発者が注目しているプログラミング言語であるため、今後も人気が続くでしょう。

プログラミングの初心者は、Go言語を学習してみましょう。

Go言語は初心者でも学びやすい言語であり、知識や技術が身につけやすいですよ。

この言語は、プログラミングの初心者から経験者まで幅広い層に注目されています。

今後、Go言語に関連する仕事を目指している人は、こちらで将来性について詳しく解説しています。

Go言語がアツい!将来性が高い3つの理由とできること、おすすめ学習方法も解説

Go言語の学習をおすすめする人は?

Go言語は初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

また、現役のエンジニアから注目を集めているため、さまざまな人に向いている言語といえるでしょう。

その中でGo言語は以下の人におすすめします。

  • プログラミング未経験者におすすめ
  • Go言語に関連する仕事に就く人におすすめ

Go言語の仕事内容は、アプリケーション開発やサーバー構築などがあります。

また、オリジナルのアプリケーション開発も可能です。

プログラミング未経験者におすすめ

プログラミング未経験者は、Go言語から学習するようにしましょう。

この言語はシンプルな記述かつ機能が限定されているため、初心者でも使いやすくなっています。

また、学習しやすい言語であり、独学で理解を深めていきます。

例えば、Go言語を学ぶ場合は「学習サイト」と「本・参考書」の両方を使い、自分のスタイルに合った学習ができますよ。

Go言語は、プログラミング未経験者でも知識や技術を身につけられます。

この言語を学習して、アプリケーション開発やサーバー開発などに挑戦してみましょう。

また、Go言語を習得後に他のプログラミングの学習も可能です。

Go言語の関連する仕事へ就く人におすすめ

Go言語の関連する仕事へ就きたい人におすすめします。

この言語は現役のエンジニアから注目を集めており、導入する会社も増えているからです。

今後、求人数が増える可能性があるため、Go言語の知識と技術を身につけておきましょう。

この言語の学習を検討している人は、一日でも早く取りかかりましょう。

学習方法は自分のスタイルに合った「学習サイト」や「本・参考書」を活用すると、効率的に進めれられます。

Go言語の知識や技術を身につけた人は、サンプル作品を作るようにしましょう。

就職活動を行う際に、サンプルの作品があるとアピールできる要素になりますよ。

まとめ

Go言語の特徴やメリット、将来性、向いている人を解説しました。

この言語は初心者でも使いやすく、機能性に優れています。

  • Go言語は、シンプルかつ信頼性の高いプログラミング言語
  • Go言語は、アプリケーション開発やサーバー構築に向いている

Go言語は初心者でも習得できる言語のため、学習することをおすすめします。

将来、アプリケーション開発やサーバー構築などの仕事ができるようになりますよ。