Go言語のできることってなに?特徴や、メリット、向き不向き、学習方法も解説

Go言語のできることってなに?

Go言語は、シンプルなコードやデータの処理能力が優れているプログラミング言語です。

この記事に訪れたあなたは、

「Go言語って何ができるの?」
「Go言語ができることを知りたい?」
「Go言語の学習方法も知りたい!」

などGo言語ができることや学習方法を知りたいと思っていませんか?

Go言語はGoogleが開発した新たな言語ですが、さまざまな場面で活用されています。例えばアプリケーション開発やサーバー構築などで力を発揮しているのです。また、組み込みシステムの開発やCLI開発にも使われています。

Go言語ができることに関心がある人は、将来的に自らも開発や構築に携わりたいでしょう。しかし、Go言語のメリットやデメリット、向きや不向きについて、把握しておく必要がありますよ。

この言語を使った仕事が自分に合っているのか、事前にわかるからです。この記事では、Go言語ができることについて解説します。

具体的な内容としては、

  • Go言語できることは?
  • Go言語のメリットとデメリット
  • Go言語が向いてる人・不向きな人
  • Go言語の学習方法

を項目ごとにわかりやすく解説していきますね。

最後まで本記事を読んだ人はGo言語ができることを把握して、より一層興味を持てますよ。さらに、自分に合っているプログラミング言語なのか、判断できるでしょう。

そもそもGo言語とは?

Go言語は、2009年に開発された新しいプログラミング言語です。この言語はGoogleが開発したオープンソースで、シンプルなコードになっています。

MEMO
オープンソースは、ソースコード(記述した文字列)を無償で使用可能な文字列のことです。

Go言語はシンプルなコードで、初心者でも学びやすい言語です。さらに、機能が優れているため、使いやすくなっています。プログラミングを学び始める人は、Go言語から学習してみることをおすすめしますよ。

言語の特徴の1つとして、「静的型付け言語」と「動的型付け言語」のメリットを持っています。Go言語はシンプルかつ信頼性の高いプログラミング言語です。

MEMO
静的型付け言語は、変数や関数などの方法を事前に決めている言語です。
動的型付け言語は、変数や関数などの方法を想定して使う言語です。

プログラミング言語の中で人気があるGo言語に興味を持った人は、新たな情報を知りたくなりますね。こちらの記事でGo言語に関連した内容を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

Go言語とは?【完全網羅】Go言語とは?特徴や仕事内容、メリット、デメリット、需要、平均年収も解説

Go言語の特徴は?

Go言語は初心者でも使いやすいソースコードです。また、以下の3つの特徴があり、効率的に作業を進められるようになっています。

  • シンプルな記述
  • パッケージが充実
  • ミスを抑えられる

1つ目の特徴はシンプルな記述になっており、初心者でも理解しやすいところです。そのため、プログラミング未経験者でも学習しやすくなっています。

2つ目の特徴は、パッケージが充実しているところです。Go言語を使いアプリ開発やサーバー開発などを行う際に、スムーズに作業を進められますよ。

MEMO
パッケージは、複数の要素を1つにまとめたものです。

3つ目の特徴はミスが抑えられることです。Go言語はコンパイルが速いため、ミスがあった場合に発見しやすくなっています。

MEMO
コンパイルは、プログラミング言語を機械語へ変換する方法です。

例えば、記述したソースコードをコンパイルした場合に、ミスが発見しやすいです。Go言語に慣れていない人は早急にミスを見つけられるため、作業に集中できますよ。

この言語はシンプルな記述でミスを防げられるだけではなく、処理速度や並列処理も優れています。処理速度や並列処理のことに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

→Coming Soon……。

Go言語できることは?

Go言語はシンプルかつ信頼性の高いプログラミング言語です。また、処理速度や並列処理も優れているため、以下の開発や構築に向いています。それぞれの項目について、例を挙げながら解説します。

アプリケーションの開発

Go言語は、さまざまなOS(Windows・macX・Android・iOSなど)に対応できます。そのため、この言語を使い幅広いアプリケーション開発が可能です。

例えば、「YouTube」や「メルカリ」などのアプリケーションに使われています。Go言語の特徴である「処理速度の早さ」や「並列処理」の2点が、アプリケーション開発で活かされるのです。

アプリケーション開発はGo言語を学んでいくことで、オリジナルのものを作成できますよ。Go言語の知識や技術を身につけた人は、オリジナルのアプリを作って実績を作っていきましょう。

Webサービス・サーバーの構築

Go言語は、Webサービスやサーバーの構築でも活用されます。また、Webサーバー構築する場合はパッケージを使うことで、簡単に行えるのです。

例えば、「Net/httpパッケージ」を使うとサーバー構築がスムーズになりますよ。Go言語は「YouTube」のサーバー構築でも活用されます。

Webサービスやサーバーの構築を行う場合、Go言語とパッケージの両方を活用しましょう。

組み込みシステムの開発

Go言語は、組み込みシステムの開発ができますよ。また、開発を行う際はフレームワークを使い、効率的に作業を進められるのです。

例えば、ロボットやドローンなどのシステムの開発が可能になります。組み込みシステムの開発は、「Gobot」というフレームワークを使いましょう。

「Gobot」は複数のデバイスと通信できる機能があるため、組込みシステムの開発に向いています。

MEMO
デバイスは機械や装置のことです。

CLI開発

Go言語はCLIを使うアプリケーションの作成ができます。また、クロスコンパイル機能があるため、効率的に作業が行えるのです。この言語の特徴を活かしながら作業を進められますよ。

Go言語はさまざまなOSに対応できることから、環境に適した開発や構築が可能です。

MEMO
CLI(コマンドラインツールインターフェース)は、キーボードにコマンドを打ち操作する方法です。
MEMO
クロスコンパイルは、ソースコードを実行可能なコードを作ることです。

Go言語のメリットとデメリット

Go言語は、アプリケーション開発やサーバーの構築などができる汎用性の高いプログラミング言語です。この言語を活用しようと検討している人は、メリットやデメリットについて把握しておきましょう。

Go言語3つのメリット

この言語は、プログラミング言語を学び始めたい人におすすめの言語です。Go言語は、「静的型付け言語」と「動的型付け言語」の両方のメリットを持っています。

  • シンプルなコード
  • 並列処理ができる
  • 処理速度が高い

プログラミング言語の中でも初心者でも使いやすいGo言語は、並列処理や処理速度が速いなどのメリットがあります。さらに、並列処理や処理速度を詳しく解説した記事はこちちの記事ですよ。

→Coming Soon……。

シンプルなコード

1つ目のメリットはシンプルなコードです。この言語は他のプログラミング言語よりも機能が限定されており、無駄なものがありません。

例えば、Go言語以外に備わっている機能が無いこともあります。また、シンプルなソースコードでコンパイラが速いため、ミスが分かりやすいです。

Go言語は初心者でも学びやすい言語で、ミスを抑えながら知識や技術が身につけられますよ。

並列処理ができる

2つ目のメリットは並列処理ができることです。この並列処理は、大量のデータを処理するときに力を発揮します。

例えば、複数のデータを処理する場合に同時に作業できます。さらに、パソコンのCPUに負担をかけません。大量のデータを同時に処理を行えるため、効率的な作業が可能になりますよ。

処理速度が高い

3つ目のメリットは処理速度が高いことです。Go言語で記述したソースコードを機械語への変換する場合、コンパイルが速くなっています。コンパイルの時間が短縮できれば、作業効率も向上しますよ。

また、コードがシンプルなため複数の処理が同時に可能です。この言語は他のプログラミング言語に比べて、処理の面が優れています。

Go言語3つのデメリット

Go言語はプログラミング言語の中でも優れた面を複数持っています。ただし、この言語は機能が限定されているため、プログラミング経験者が作業面で不満を感じることもあるでしょう。

3つのデメリットとして、

  • 継承がない
  • 例外処理がない
  • Genericsがない

があります。それぞれのデメリットについて、項目ごとに解説します。

継承がない

デメリットの1つ目は継承がないことです。これはコードの再利用ができず、拡張性を高められないのです。新たなものを作成する場合、一から作っていく必要があります。

他のプログラミング言語で使える「継承」ですが、Go言語はサポートされていません。しかし、継承に代わる「埋め込み」が存在します。この作業は「継承」よりも時間を費やしますが、同じようなことが可能です。

例外処理がない

デメリットの2つ目は、例外処理ができないことです。Go言語は基本の型を決めているため、それ以外の型に対応できません。

例えば、ソースコードに例外の型が入っている場合、正しく処理できません。さらに、想定外の動きが起こるリスクも発生します。ソースコードをコンパイルするときは、正しいコードを打つように気をつけましょう。

Genericsがない

デメリットの3つ目はGenericsがないことです。

MEMO
Genericsは、同じコードでさまざまなデータを処理できる方法です。

Genericsはさまざまなデータ処理に使用できるため、便利な機能になります。しかし、使い方によってコードが読みにくくなるリスクがあるのです。

Go言語の場合はGenericsがない分、安全性が高くシンプルな構造になっていますよ。

Go言語が向いてる人・不向きな人

Go言語は、プログラミングの初心者から経験者まで注目されているプログラミング言語です。今後、Go言語を学ぼうとしている人は自分に合っている言語なのか、判断する必要があります。

この言語に向いている人や不向きな人について、解説します。

向いている人

Go言語は、プログラミング言語の初心者やエンジニアを目指している人に向いています。また、エンジニアとして働いている人にもおすすめの言語です。

例えば、他のプログラミング言語を学んだ人は、Go言語を習得しやすいでしょう。この言語はシンプルなコードや基本の型が決まっているため、プログラミングの初心者におすすめです。

また、本や参考書・学習サイトを活用すれば、効率的に学べますよ。Go言語を使った仕事を行いたい人は、早いうちから学習を進めましょう。

不向きな人

基本の型には捉われずにアプリ開発やサーバー構築したい人には、不向きです。Go言語は基本の型が決まっているため、それ以外の型に対応できません。

例えば、想定外の動作が発生するリスクがあります。さまざまなコードを用いたい人は、使いづらく感じる部分があるでしょう。

また、他のプログラミング言語を習得している人は、使い方の違いに戸惑う部分もあります。Go言語に興味がある人は自分にとって使いやすいのか、判断しましょう。

Go言語の学習方法

Go言語を学び始めようとしている人は、どのような方法があるのか気になるでしょう。この言語を学習するためには、以下の学習方法があります。

  • Go言語を学ぶサイトを学ぶ
  • Go言語を学べる本で学ぶ
  • Go言語のアプリで実践する

プログラミング言語を効率的に学習する方法としては、サイトや本を使うことをおすすめします。以下の記事では、自分に合っている学習サイトや本・参考書を見つけられる内容になっているので、ぜひご覧くさだい。

→Coming Soon……。

Go言語を学習サイトで学ぶ

Go言語を学習する方法として、「学習サイト」の活用があります。学習サイトでは「動画を視聴する」や「練習問題を解く」などのやり方で、Go言語を学んでいくのです。

以下がおすすめの学習サイトです。

  • 初心者におすすめ「Progate(プロゲート)
  • 動画で学習する「ドットインストール」
  • 動画と練習問題でスキルアップ「paiza(パイザ)

学習サイトでは動画を視聴しながら学べるため、隙間時間を有効的に活用できます。

初心者におすすめ「Progate(プロゲート)」

progate
出典元:progate(https://prog-8.com/)

Progate(プロゲート)は、Go言語の初心者におすすめの学習サイトです。このサイトではGo言語を学ぶために「スライド式の学習」を取り入れています。また、コードを書きながら基礎から応用まで知識や技術を身につけられますよ。

Go言語の学習では知識だけではなく、技術を身につけることも大事です。効率的な学習を進めたい人は一度試してみてください。

動画で学習する「ドットインストール」

ドットインストール
出典元:ドットインストール(https://dotinstall.com/

「ドットインストール」は、動画を視聴して学習するサイトです。動画は約5分で視聴できるため、隙間時間でも活用できます。例えば、通勤や通学の間にGo言語を学習できるのです。

受講者は24回分のGo言語入門コースを受けられるため、基礎から知識を身につけられます。長時間の学習ができない人は、「ドットインストール」を活用してみましょう。

動画と練習問題でスキルアップ「paiza(パイザ)」

paiza
出典元:paiza(https://paiza.jp/

paiza(パイザ)は動画と練習問題で学習するサイトです。受講者は動画を視聴して練習問題を解くことで、知識が身につきやすくなります。例えば、動画を視聴後に知識が身についているのか、練習問題を解き確認できます。

このサイトの練習問題の難易度は分かれているため、自分に合った学習が可能です。また、Go言語を学習しながら、自分のレベルを確認できますよ。

Go言語を本で学ぶ

Go言語の学ぶ方法として本や参考書があります。この言語を学ぶために本や参考書を使うことは、効率的な学習方法です。

以下の3つがおすすめの本や参考書になります。

  • 読みやすい参考書「スターティングGo言語」
  • ノウハウを一冊に凝縮「改訂2版みんなのGo言語」
  • 初心者におすすめの一冊「Go言語入門」

Go言語を本で学ぶためには、自分に合ったものを見つける必要があります。以下の記事ではおすすめの本や参考書を含めて、さまざまなものを紹介していますのでご覧ください。

→Coming Soon……。

読みやすい参考書「スターティングGo言語」

「スターティングGo言語」は、Go言語の基本から学べる一冊です。また、基礎の機能や開発ツールの使い方を身につけられます。Go言語の初心者は基礎から学べるため、安心して学習を進められるでしょう。

Go言語以外のプログラミングを学んでいる人は類似している部分があるため、学習しやすくなっていますよ。

ノウハウを一冊に凝縮「改訂2版みんなのGo言語」

「改訂2版みんなのGo言語」は、基礎から応用まで学べる一冊です。また、「Windows」や「mac OS X」の環境にも対応可能です。

具体的な内容としては、「基本」「関数」「メソッド」「構造体」「配列」「並列処理」などを各項目で解説しています。Go言語の初心者から経験者まで知識や技術を身につけられるでしょう。

初心者におすすめの一冊「Go言語入門」

「Go言語入門」は、言語の基礎から構文まで着実に学べられる本です。また、学んだ知識や技術を活かしたゲームやアプリの作り方も知れます。

この本では並列処理についても解説しており、Go言語の特徴も把握できます。さらに例を挙げながら解説しているため、理解しやすいでしょう。将来、オリジナルのゲームやアプリを作りたい人は一度読んでみましょう。

Go言語を独学で勉強するおすすめ学習方法

Go言語はプログラミングスクールが無いため、独学で勉強するようになります。独学で勉強する方法としては、「学習サイト」と「本」の2つを活用することをおすすめします。

例えば、本や参考書で知識を身につけて、学習サイトで実践していくのです。学習サイトでは、動画を視聴しながら学んでいきます。

また、練習問題を解くことで自分の学習度を把握できるでしょう。Go言語を学習するときは、自分に合った「学習サイト」と「本・参考書」を見つけましょう。

本や参考書の場合は、「解説が分かりやすい」や「イラストが入っている」などの学習の意欲が湧くものを選んでください。効率的な学習を行いたい人は、「学習サイト」と「本・参考書」のそれぞれのメリットを活用していきましょう。

まとめ

Go言語のできることや特徴、メリット、向き、不向き、学習方法を解説しました。この言語を使い、アプリケーション開発やサーバー構築などが行えますよ。

  • Go言語は、初心者やエンジニアを目指している人に向いている
  • Go言語はシンプルなコードで、データの処理能力に優れている

Go言語は、初心者から上級者まで使えるプログラミング言語です。また、一日でも早く学習を始めることで知識や技術を身につけられますよ。

こちらの記事もおすすめ

Go言語の入門を解説!【初心者必見】Go言語の入門を解説!特徴や仕事内容、学習方法、おすすめサイトも紹介