RPAエンジニアはどんな仕事?年収や将来性、必要なスキル・資格も紹介

製品の製造や伝票作成など、作業手順がマニュアル化されている定型的な業務は、機械やプログラムで自動化させると作業の効率化につながります。

これを「ロボティック・プロセス・オートメーション」、略して「RPA」と言い、人手不足を補うために必要不可欠な技術です。

企業に対してRPAを導入する技術者は「RPAエンジニア」と呼ばれています。

RPAエンジニアは、人手不足で悩む企業・業界は増えていることもあり、需要が拡大しているエンジニア職です。興味を持っている人も多いことでしょう。

今回は、RPAエンジニアに興味がある人に向けて、どのような仕事をするのかやどんなスキルが必要かなどを解説します。

RPAエンジニアとは?

RPAエンジニアは、「ロボットなどの専門知識を駆使して、定型的業務を自動化させるRPAロボット・ツールを開発する技術者」を指す言葉です。

RPAエンジニアの意味

RPAは、「Robotic Process Automation」の略で、人間が行っている定型的な業務をロボットやツールを利用して自動化させることです。 また、作業を代行してくれるロボットやツールは「RPAツール」ともいい、日本語では「仮想知的労働者」や「デジタルレイバー」ともいいます。

RPAツールを導入ことはさまざまなメリットがありますが、特にコスト・労働時間削減が大きなメリットです。 機械やプログラムに作業を任せることで、新たに人を雇う必要はなくなるため、人件費の削減につながります。

また、機械やプログラムは指示された作業手順を間違いなく正確にこなせるのが強みです。 そのため、労働時間も削減できます。

そして、コスト・労働時間を削減できれば業務は効率良くなり、さらに余ったコスト・労働時間を新たなビジネスに投資可能です。 RPAを導入することは、今後企業が生き残るうえで非常に重要といえます。

RPAエンジニアの仕事内容

RPAエンジニアの仕事内容は、大きく3つに分けられます。

  1. クライアント業務の分析
  2. シナリオ作成
  3. RPAツールの保守

1.クライアント業務の分析

RPAエンジニアの1つ目の仕事は、クライアントの業務を分析することです。

クライアントの業務のどの辺を自動化させたいのかを検討します。 そのため、RPAエンジニアはクライアントの業務について正確に把握することから始めなければなりません。

RPA導入に置いて重要なのは、人間が行う業務とRPAツールが行う業務の境界を明確にすることです。 RPAツールは、あくまで繰り返し作業を人間に代わって遂行するためのものなので、全業務の自動化を検討しません。

自動化させる業務の範囲を定めたら、RPAツールにどのような機能を持たせれば良いかを検討します。 システム開発でいう「要件定義」のようなものです。 今後、RPAツールの開発をするうえで手戻りが発生しないように、クライアントとコミュニケーションを取りながら要件を洗い出します。

2.シナリオ作成

RPAエンジニアの2つ目の仕事は、シナリオ作成です。

シナリオは、テレビや映画の脚本や筋道などを意味します。 しかし、RPAにおけるシナリオは意味が異なり、自動化させる作業の手順のことです。

シナリオは、「ファイルを開く」「データを入力する」など、人間がマウスやキーボードで行う操作を組み合わせることで構築していきます。 シナリオを正確に、かつ無駄のないように作成するためには、先述したようにクライアントの業務を正確に把握することが重要です。

WinActorやBizRobo!などのRPAツールは、個々の操作がパーツになっておりそれを組み合わせるだけでリナリオを作成できます。 簡単な業務の自動化であれば、プログラムをゼロから作成する必要もないのがRPAツールの強みです。

導入前には、RPAツールで作業が正確に自動化されているかテストして、不具合が起きないようにします。

3.RPAツールの保守

RPAエンジニアの3つ目の仕事は、RPAツールの保守です。

導入した後も、クライアントからの問い合わせに対応したりRPAツールの不具合を修正したりして、サポートを行います。 特に、不具合はクライアントの業務に影響を及ぼすため、スピーディーに修正することが重要です。 また、クライアントから業務内容を変更したいという要望もあるため、適宜RPAツールの改修を行うこともあります。

RPAエンジニアの平均年収

年齢年収
20代350万円〜500万円
30代500万円〜600万円
40代650万円〜700万円

RPAエンジニアの年収は、20代が350万~500万、30代が500万~600万、40代が650万~700万程度です。 ただし、スキルの有無や役職に応じて年収は人それぞれで、1,000万以上をもらえる場合もあります。

RPAエンジニアに必要な3つのスキル・能力

RPAエンジニアとして仕事をしていくためには、主に3つのスキル・能力が必要です。

  • スキル①:RPAツールを扱う技術力
  • スキル②:論理的思考力
  • スキル③:システムの開発スキル

スキル①:RPAツールを扱う技術力

RPAエンジニアに必要なスキル、1つ目はRPAツールの知識です。

RPAの導入では、システム開発のようにゼロから作り上げるのではなく、RPAツールを利用します。 そのため、RPAツールを使いこなせることが、RPAエンジニアになるための必須条件です。

現在、数多くのRPAツールがリリースされています。 中でも代表的なRPAツールは、NTTが開発した「WinActor」です。

WinActorは、2020年5月には導入実績が5000件を突破し、国内シェアトップに輝いています。 RPAエンジニアの求人でも、WinActorの利用経験があるかを採用基準としているところがあるため、RPAエンジニアになるために身につけておきたいところです。

また、利用するRPAツールによっては、VBAと呼ばれるプログラミング言語について知っておく必要があります。 VBAは、Excelで簡易的なプログラムを作成するためのプログラミング言語です。

スキル②:論理的思考力

RPAエンジニアに必要なスキル、2つ目は論理的思考力です。

論理的思考は、矛盾や論理の飛躍のないように問題を解決するための手順を検討することをいいます。 論理的思考力を身につけていれば、物事の因果関係を理解できたり他人にわかりやすい説明をしたりできます。 RPAツールを利用してシナリオを作成する仕事では、論理的思考でシナリオを組み立てられるかが重要です。

論理的思考を鍛えるには、はじめに結論を捉えることから意識しましょう。 シナリオ作成においても、「業務を遂行した結果」を最初に思い描いてから、その結果を導くための手順を逆算して考えると矛盾なく作成できます。

スキル③:システムの開発スキル

RPAエンジニアに必要なスキル、3つ目はシステムの開発スキルです。

RPAエンジニアとシステムエンジニアの仕事内容を比べてみると、共通する部分が多いことが分かります。 そのため、システムエンジニアのメイン業務であるシステム開発の知識・経験があると有効的です。

RPAエンジニアが取得しておきたいおすすめ資格

RPAエンジニアになるためには、4つのスキルが必要と述べましたが資格が必要というわけではありません。

しかし、資格の認定を受ければ実力をアピールするための材料になり、会社からも評価されます。

ここでは、RPAエンジニアが取得しておきたいおすすめの資格について、4つ紹介しましょう。

  1. RPA技術者認定(WinActor)
  2. BizRobo! 検定
  3. UiPath Certified Professional(UCP)
  4. 基本情報技術者

1.RPA技術者認定(WinActor)

RPAエンジニアにおすすめの資格、1つ目はRPA技術者認定です。

NTTデータが開発したRPAツール「WinActor」の認定資格で、WinActorの知識・技術力を持ち、実践で応用できる人を対象としています。

WinActorを利用するRPAエンジニアは、ぜひ取得しておきたい資格です。

難易度によって「RPA入門講座」「アソシエイト」「エキスパート」「プロフェッショナル」の4つのグレードが設けられています。 RPA入門講座は、動画による講座を受けた後に確認テストのようなものを行う形式で、はじめてWinActorに触れる人におすすめです。

「アソシエイト」は、WinActorをある程度利用した人向けで、50問の選択問題を解きます。 「エキスパート」では、実務経験を重ねた人向けの試験で、実技試験では実際にWinActorでシナリオ作成を行うため、実務経験を応用できるかが重要です。 4つ目の「プロフェッショナル」は、今後準備を進めて開催する予定となっています。

2.BizRobo! 検定

RPAエンジニアにおすすめの資格、2つ目はBizRobo!検定です。

RPAテクノロジーズが開発したRPAツール「BizRobo!」の知識・技術力を持ち応用できる人が認定対象となります。

BizRobo!検定は、初級者向けの「BizRobo!基礎検定」と中・上級者向けの「BizRobo!認定開発者検定」の2種類あり、受験するには「BizRobo! LAND COMMUNITY」の会員登録が必要です。 基礎検定では、BizRobo!の基本的な機能を理解しているかが問われ、試験では40問の選択問題を解きます。

基本的な使い方を押さえていれば、合格は容易いです。 認定開発者検定では、実際にBizRobo!を操作してロボットを作成できるかを実技試験で問われます。

RPAテクノロジーズでは、BizRobo!試験以外にもRPAの推進を目的にセミナーやe-ラーニングなどの教育・研修サービスを提供しています。 FAQや導入事例なども紹介しているので、RPAについてしっかり勉強したい人にうってつけです。

3.UiPath Certified Professional(UCP)

RPAエンジニアにおすすめの資格、3つ目はUiPath Certified Professional、略してUCPです。

UiPathとは、ルーマニアの企業UiPath社が開発したRPAツールで、世界で4,000社以上、日本においても1,000社以上の導入実績を持ちます。

UiPathは「UiPath Studio」「UiPath Orchestrator」「UiPath Robot」の3つのツールで構成され、開発・管理・実行をそれぞれのツールで実現可能です。

試験区分は「アソシエイト資格」と「デベロッパー上級資格」の2種類。 アソシエイト資格はRPA初心者向きの資格で、UiPathの基礎的知識が問われます。 デベロッパー上級資格は、UiPathを利用してロボットを開発できるかが問われる、実務経験向きの資格です。

なお、試験はすべて英語で記述されていることに注意してください。

4.基本情報技術者

RPAエンジニアにおすすめの資格、4つ目は基本情報技術者です。

先に紹介した3つの資格がRPAツールの知識を問う資格に対して、基本情報技術者はIT技術に関する基礎的な知識・技術力を持つ人が認定対象となります。 システムエンジニアネットワークエンジニアなど、多くのITエンジニアが最初に受験する登竜門的な資格です。 RPAエンジニアにとっては、先の3つの資格ほどなじみが薄いように見えますが、RPAもIT技術の1つであることやシステム開発に関する知識も問われることから、受験しておいて損はありません。

試験は筆記形式で行われ午前中は4択問題、午後は記述問題を解いていきます。 午後の試験では、プログラミング言語の問題が出題されるため対策が必要です。

RPAエンジニアの将来キャリアパス

RPAエンジニアとして経験を積んだら、RPAコンサルタントへキャリアアップするのが一般的です。 コンサルタントは、企業の抱える経営課題について解決策を示して支援を行う人・職業を意味します。

つまり、RPAコンサルタントはRPA導入によって経営課題を解決に導くのがメインの目的です。

コンサルタントになるには、RPAエンジニアに必要なスキルのほかに、経営者に対して的確に分かりやすく解決案を伝えるためのプレゼンテーション能力が重要になります。また、経営に関する知識も、課題を把握するために必要です。

RPA市場は、今後も拡大することが予想されるため、RPAエンジニア・RPAコンサルタントともに、さまざまな現場で活躍が期待できます。

まとめ

RPAを使い、自動化することで、企業の生産性を向上させることができます。 大手企業になればなるほど、自動化した際のコスト削減の寄与度は高く、より効率的な運用をすることができます。

企業への貢献度も非常に高い職種で、重宝されます。